カテゴリーアーカイブ: EC

ライフ×アマゾン/生鮮配送エリアを埼玉・京都で拡大

ライフコーポレーション(以下ライフ)とAmazonは9月30日、共同展開している「ライフ ネットスーパー」の配送エリアを、埼玉県と京都府でさらに拡大したと発表した。 <配送エリアを埼玉県と京都府でさらに拡大> 埼玉県では、戸田市、蕨市、上尾市、川越市、富士見市、ふじみ野市を新たに配送エリアに加え、川口市の配送エリアを拡大。一方の京都府では、京都市山科区の一部が新たに配送エリアに加わり、京都市北区・左京区の配送エリアを拡大した。 これにより、同サービスの配送エリアは、東京23区・16市、神奈川県9市、…

無印良品/ネット注文店舗受け取りサービスの対象アイテム大幅拡大

無印良品を展開する良品計画は9月29日、「ネット注文店舗受け取りサービス」の対象アイテムを大幅に拡大した。今回新たに家具家電などの大型商品約500点を追加することにより食品・超重量商品以外すべての商品を無印良品のネットストアで注文し、店舗で受け取ることができるようになった。 <ネット注文店舗受け取りサービス> 重さ60kg以上の安全に運ぶことが難しい商品は除く生活雑貨の全商品が対象となり、受け取れるアイテム数が約2倍に拡大した。 「ネット注文店舗受け取りサービス」はパソコンやスマートフォンから24時…

カインズ/Google Cloudの内製化支援でEC・需要予測システムを強化

Google Cloudは9月27日、東京・六本木のオフィスで「Tech Acceleration Program」(以下:TAP)記者説明会を開催した。 <TAP専用ルームも新設> TAPを活用したカインズの事例について、カインズのデジタル戦略本部システム統括の長尾秀格統括部長、プロダクト開発部の菅武彦部長が解説した。 TAPは、迅速で効率的なアプリケーション開発をクライアントの社内で行えるよう支援するための数日間で完結するアジャイル型のワークショップ。ワークショップ自体は無料で行う(Google…

キユーピー/同社初の食品直販EC「Qummy」カスタマイズサラダなど販売

キユーピーは9月28日、野菜料理を楽しむための商品と情報を提供するD2C(Direct to Consumer/消費者直販サイト)の新サービス「Qummy」を立ち上げ、関東地方(1都6県)で販売を開始する。 <新サービス「Qummy」> 「Qummy」は、「あなたとつくる、野菜のある食卓」をコンセプトに、ひと手間未満で用意できる商品と情報を提供するサービス。Q(kewpie)×Yummy(おいしい)×My(私の)を掛け合わせたネーミングに、「キユーピーが私のものになる」ような印象と、食卓を楽しくする…

ワンダーテーブル/新スタイルピッツァのオンラインショップ開設

ワンダーテーブルは9月20日、オンラインショップ「ピンサ専門店 PINSA DE ROMA(ピンサ・デ・ローマ)」を開設した。 同社によると、「ピンサは ヨーロッパを中心に人気を集めている、従来のピッツァに代わる新しいスタイルのピザ。​古代ローマでは、食器代わりに平らなパンが使われていた。ラテン語で押しつぶすという意味のピンセーレがピンサの由来であり、現在あるピッツァの語源となった。従来のピッツァのような焼き上がりの重い小麦粉とは違い、たんぱく質含有量の高い最良質の軽い小麦粉を使用することで、中はフ…

そごう・西武/広島店・横浜店のフードデリバリーサービス拡充

そごう・西武は9月16日、そごう広島店・横浜店で、フードデリバリーサービスを新たに追加すると発表した。 <デパ地下グルメお届け便 「e.デパチカ」> コロナ下でフードデリバリー市場は急速拡大し、今年もさらに成長が見込まれている。そごう・西武では、デパ地下グルメを自宅などへ配送するサービス「デパ地下グルメお届け便 e.デパチカ」を、西武池袋本店、そごう横浜店、そごう千葉店、そごう広島店、西武秋田店の5店舗で展開中。2022年上半期の売上は前年比約20%増と好調に推移している。 2021年2月にサービス…

ECプラットフォーム「Stailer」/クーポン・バナー管理機能を提供開始

10Xは9月15日、同社が提供する小売りECプラットフォーム「Stailer(ステイラー)」に新機能「クーポン管理機能」「バナー管理機能」を追加した。 <Stailerに新機能を追加> Stailerは、スーパーマーケットやドラッグストアといった多店舗運営(チェーンストア)を行う小売り・流通事業者を対象とし、ECや店舗受け取りなどの便利な顧客体験の実現とそのためのサプライチェーン構築を支えるプラットフォーム。長期的にチェーンストア事業を成長させるために必要な顧客向けのモバイルアプリ、店舗スタッフ向け…

バロー×アマゾン/ネットスーパーの配送エリア愛知県14市・2町に

バローホールディングスの子会社Vソリューションは9月14日、アマゾンと共同展開しているバローネットスーパーの配送エリアに愛知県の大府市と豊明市を追加した。 <アマゾン上のバローネットスーパー> 同日時点で配送エリアは、愛知県14市2町となった。 対象エリアのプライム会員は、バローの実店舗で取り扱っている新鮮な野菜や果物、精肉、鮮魚をはじめ、出来たての総菜や焼きたてのパン、「valor select」「valor plus」といったバローのプライベートブランド商品などを、アマゾンのWebサイトやショッ…

Uber Eats Market/杉並区に食品・日用品専門のダークストア5号店

Uber Eatsは9月13日、食品・日用品専門店Uber Eats Market(ウーバーイーツ マーケット)の第5号店「杉並井萩店」(東京都杉並区)をオープンした。 <西五反田に食品・日用品専門のダークストア5号店> 「Uber Eats Market」は、「ダークストア」と呼ばれる、一般店頭販売は行わない、商品のピックアップおよび配達準備専用の小型店舗となる。食品・日用品の専門店で、Uber Eatsでのみ利用できる。 Uber Eats Market杉並井萩店は、日本橋兜町店、世田谷赤堤店、…

亀田製菓/EC刷新、Shopify Plus採用でロイヤリティプログラム導入

イーライフは9月8日、Shopify Plusを用いたサイト構築と一部運用をサポートしている亀田製菓の公式ECサイト「亀田製菓通販いちば」をリニューアルオープンした。 今回のリニューアルでは、Shopifyの中でも最高位プランである「Shopify Plus」を採用することにより、UIとUXの向上に加え、既存システムの課題となっていたロイヤルティプログラムを実現。Shopify Plusへの移行によりユーザーとの接点を増やし、将来的なグローバル展開を後押しして、さらなる発展が期待できるという。 米菓…

SHIRO/自社オンラインストア購入製品の「返品受付サービス」導入

コスメティックブランド「SHIRO」を展開するシロは9月20日、SHIROオンラインストアで購入した製品を配送から14日以内の場合、開封後であっても返品できるサービスを開始する。直営店舗で購入前に製品の香りや色、使用感を試すことができない地域のユーザーにも、安心して買い物を楽しめることを目指していく。 SHIROではかねてより、直営店舗がない地域のユーザーから「実際に製品を試してから選びたい」という要望を受け、試香紙を送るなど、より多くの顧客に自社製品を楽しんでもらえるよう努めてきた。コロナ禍で人流…

SHIRO/自社オンラインストア購入製品の「返品受付サービス」導入

コスメティックブランド「SHIRO」を展開するシロは9月20日、SHIROオンラインストアで購入した製品を配送から14日以内の場合、開封後であっても返品できるサービスを開始する。直営店舗で購入前に製品の香りや色、使用感を試すことができない地域のユーザーにも、安心して買い物を楽しめることを目指していく。 SHIROではかねてより、直営店舗がない地域のユーザーから「実際に製品を試してから選びたい」という要望を受け、試香紙を送るなど、より多くの顧客に自社製品を楽しんでもらえるよう努めてきた。コロナ禍で人流…

ライフ/大阪府箕面市の「ライフ箕面店」にネットスーパー導入

ライフコーポレーションは9月7日、大阪府箕面市の「ライフ箕面(みのお)店」で「ライフネットスーパー」のサービスを開始した。 <ライフネットスーパーのイメージ> これまで近隣のライフから配送していたエリアに加えて、豊中市内の配達エリアの拡大が実現。隣接する池田市内・箕面市内の一部地域でも「ライフネットスーパー」を利用できるようになった。「ライフネットスーパー」は、店舗で販売している商品をパソコンやスマートフォンから注文し、近隣店舗から商品を配送して自宅で受領できるサービス。ライフネットスーパー箕面店の…

そごう・西武/ショッピングサイト「e.デパート」をリニューアル

そごう・西武のショッピングサイトe.デパートは9月7日、リニューアルオープンした。 これを記念して限定商品の販売やe.デパートの買い物に利用できるnanacoギフトが当たるキャンペーンなどを実施する。サイトのデザインも刷新し、スマートフォンでの操作性も考慮した、利用者がより快適に買い物をできるサイトになった。 <クレ・ド・ポー ボーテ ル・セラムキット> リニューアルを記念した限定商品も登場する。「クレ・ド・ポー ボーテ ル・セラムキット」(税込2万7500円)は、ル・セラム50mL(本体)の購入者…

そごう・西武/ショッピングサイト「e.デパート」をリニューアル

そごう・西武のショッピングサイトe.デパートは9月7日、リニューアルオープンした。 これを記念して限定商品の販売やe.デパートの買い物に利用できるnanacoギフトが当たるキャンペーンなどを実施する。サイトのデザインも刷新し、スマートフォンでの操作性も考慮した、利用者がより快適に買い物をできるサイトになった。 <クレ・ド・ポー ボーテ ル・セラムキット> リニューアルを記念した限定商品も登場する。「クレ・ド・ポー ボーテ ル・セラムキット」(税込2万7500円)は、ル・セラム50mL(本体)の購入者…

横浜市立大学/モバイルオーダー、OMOについてスカイファームと共同研究

横浜市立大学は9月7日、同大学院データサイエンス研究科の佐藤彰洋教授と、横浜を拠点とするスタートアップ企業であるスカイファームが共同研究を実施すると発表した。 2者が昨年度実施したフードデリバリー・テイクアウトの購買データ分析の共同研究をさらに発展させ、新規事業モバイルオーダーとOMO(Online Merges with Offline=実店舗で商品を確認し、オンラインで商品を購入するシステム)におけるデータ分析の共同研究を新たに開始するもの。 コロナ禍でフードデリバリー・テイクアウトが浸透。これ…

渋谷ヒカリエ/ShinQs婦人靴売場にショールーミングコーナー展開

東急百貨店は9月8日~10月5日、「渋谷ヒカリエShinQs」3階婦人靴売場「ShinQsシューズカレイド」で、DtoCブランド「MANA」をショールーミングコーナーとして展開する。 <DtoCブランドの一例> 消費者とのダイレクトな接点を生かして個性的な商品を提案するDtoCブランドを、通常取り扱っている商品に加え、より幅広い品ぞろえをお客に提案するとともに、AIデジタルサイネージや従業員の接客により取得したデータを出品ブランドに提供し、マーケティングの支援を行う。 ショールーミングコーナーでは、…

Yahoo!ショッピング/「ゆっくり払い」に電子バーコード請求機能を導入

ネットプロテクションズは9月1日、自社が提供する「NP後払い」をホワイトラベルで提供するヤフーが展開する「Yahoo!ショッピング」の後払い決済「ゆっくり払い」において、電子バーコード請求機能の提供を開始した。 <電子バーコード請求機能> 電子バーコード請求機能では、紙の請求書の代わりに、購入者のスマートフォンなどにバーコードへアクセス可能なURLが記載されたメールが届く。購入者は、コンビニのレジでそのバーコードを提示して代金を支払いする。 「Yahoo!ショッピング」は、2021年7月に商品代金の…

ビックカメラ/JR東日本のEC「JRE MALL」での取扱商品拡大

JR東日本とビックカメラは9月2日、JR東日本が運営するECサイト「JRE MALL」でのビックカメラ取扱商品数を大幅に拡大し、「ビックカメラJRE MALL店」をグランドオープンした。 <ビックカメラJRE MALL店> 家電、スポーツ用品、日用雑貨など幅広くラインアップし、取扱商品数がこれまでの約5000点から約80万点に大幅に増えて利便性が向上。JRE POINTが「貯まる」「使える」ショッピングサイトとして楽しめるようになった。今回の「ビックカメラJRE MALL店」グランドオープンにより、…

ユニクロ/店舗とオンラインを一体化するサービス拡充

ユニクロは9月1日、個々のお客のニーズに応える「店舗とオンラインを一体化する」サービスを拡充すると発表した。 新たに「お取り寄せ」サービスを開始するほか、パーソナルサービスを充実させ、店舗から商品情報を発信する「LIVE STATION」実施店舗を拡大するほか、ユニクロ公式をアプリを活用した着こなし発信を強化する。 <桑原CEO> ファーストリテイリンググループ上席執行役員の桑原尚郎ユニクロ日本CEOは、同日開催したユニクロ「LifeWear Exhibition 2022」記者発表会で、「店舗とオ…

薬王堂/盛岡エリア最短1時間で配送、Wolt Driveと連携

10Xは8月30日、同社が小売ECプラットフォーム「Stailer(ステイラー)」を通じて提供する薬王堂「P!ck and」アプリで、Wolt Japanが展開する法人向け即時配送プラットフォーム「Wolt Drive」を活用し、盛岡エリア8店舗で顧客宅に最短1時間で配送するサービスを開始した。 <岩手県内でラストワンマイル配送を開始> 10Xと東北6県で367店舗のドラッグストアを展開する薬王堂は、2021年3月よりECアプリ「P!ck and」を提供。利用客は「P!ck and」アプリで店舗を選…

OPA/専門店向け販売支援EC「opa closet」開始

OPAは9月1日、全国のオーパ、フォーラス、ビブレの全7施設において、専門店の販売支援ECサイト「opa closet」を順次導入開始する。 <販売支援EC「opa closet」> 横浜ビブレより、サイトの運用をスタートする。同サイトは、多様化する顧客ニーズへの対応と利便性を向上するとともに、自社でオンライン販売ツールを用意することが難しい出店企業への支援を目的にしている。オフライン(実店舗)とオンライン(EC)双方の良さを合わせたシームレスな購買体験を提供するもの。 具体的には、各専門店スタッフ…

カテゴリー:EC, OPA

錦糸町テルミナ/オンラインショップ「Get!East Tokyo」開始

錦糸町ステーションビルが運営する駅直結型ショッピングセンターのテルミナは8月26日、墨田区をはじめとしたイースト東京エリアのアイテムを販売するオンラインショップ「Get!East Tokyo」をグランドオープンした。 <Get!East Tokyo> 6月7日にプレオープンした「Get!East Tokyo」は、錦糸町や墨田周辺の活性化を狙って誕生したオンラインショップ。プレオープン時の店舗に加え、新たに「made in RYOGOKU」、「隅田屋商店 Get!East Tokyo 店」、「TOKY…

セブンイレブン/イトーヨーカドーネットスーパー注文品の店頭受取開始

セブン&アイ・ホールディングスは8月25日、今月から都内のセブン‐イレブン10店舗の店頭レジカウンターで、「イトーヨーカドーネットスーパー」での注文商品の受け取りを開始したと発表した。 <受け取りイメージ> 同取り組みは、都内マンションに併設したセブン-イレブンを中心に展開し、マンション居住者や近隣居住者へのサービス向上を目的としたテストとなる。セブン-イレブン店頭レジカウンターで、「イトーヨーカドーネットスーパー」の野菜や肉・魚などの生鮮品から日用品まで、常温、冷蔵、冷凍の3温度帯の商品が受け取り…

楽天/コモディイイダと「楽天全国スーパー」出店について合意契約締結

楽天グループは8月25日、コモディイイダと、楽天が運営するネットスーパーのプラットフォーム「楽天全国スーパー」への出店について合意する契約を締結した。 これにより、2023年春頃からコモディイイダが「楽天全国スーパー」に出店し、ネットスーパーサービスの提供開始を予定している。 「楽天全国スーパー」は、全国のスーパーマーケット事業者向けに、楽天が受注管理やオンライン上の決済などの機能を提供するプラットフォーム。楽天は、西友と協働運営する「楽天西友ネットスーパー」で培ったノウハウを生かし、集客・販促活動…

ライフ×アマゾン/生鮮配送の対象エリアを神奈川・兵庫で拡大

アマゾンとライフコーポレーションは8月25日、共同で実施しているアマゾン上の生鮮配送の対象エリアに神奈川県の川崎市麻生区の一部を追加した。 <生鮮食品などが最短2時間で届く> アマゾンプライム会員向けにライフで取り扱っている生鮮食品、総菜、PBなどを最短2時間でアマゾンが配送する。 8月4日には、兵庫県の明石市の一部と神戸市西区の一部が新たに配送エリアに加わっている。8月25日時点で、対象エリアは、東京23区・16市、神奈川県9市、千葉県13市、埼玉県10市、大阪府26市・1郡、京都府3市、兵庫県7…

ライフ/ネットスーパー大阪府の対象エリアを拡大

ライフコーポレーションは8月24日、大阪府門真市の「ライフ門真(かどま)店」で「ライフネットスーパー」のサービスを開始した。 <ネットスーパーの大阪府内対象エリアを拡大> 「ライフネットスーパー」は、店舗で販売している商品をパソコン、スマートフォンから注文し、自宅近隣店舗から商品を配送、自宅で受け取れるサービス。取扱商品は食料品、総菜、日用品などとなっている。 これまで近隣のライフから配送していたエリアに加えて、守口市内・寝屋川市内・大東市内・門真市内に配達エリアを拡大。また、隣接する四條畷市内の一…

ベルーナ/EC事業強化「撮影スタジオ」併設の新オフィス稼働

ベルーナはこのほど、アパレル・雑貨事業におけるECの取り組みを強化するため、埼玉県上尾市の「JR上尾駅」駅前の複合施設「アリコベール上尾 サロン館」4階に、商品画像を撮影する撮影スタジオを併設した「ベルーナ アリコベールオフィス」を本格稼働させた。 <アリコベールオフィスのエントランス> これまで、アパレル・雑貨事業におけるEC関連部署は、複数個所に分散していたが、今回、アリコベールオフィスを開設したことで、いくつかの部署を集約した。EC事業本部の第2EC事業部、EC企画部、企画本部内の第7企画室、…

日本出版販売/知的財産を活用「偏愛良品」約1000アイテム集積のグッズサイト開設

日本出版販売は8月24日、「偏愛」をコンセプトに生活者の偏愛欲を満たすグッズ「偏愛良品」が集まるECサイト「Pubip!(パビップ!)」をオープンした。 「偏愛」とは、あるモノやジャンルへの探求心と愛情をとことん突き詰めた状態として捉えられる。価値観の多様化やSNSの普及により、誰もが自分の「偏愛」を自由に発信することができるようになり、その魅力を周囲に啓蒙することで、新しい消費行動につながっている。 日販は、こうした「偏愛」ファンをもつIP (Intellectual property:知的財産)…

楽天ラクマ/リユース品の購入経験者は約5割、レディースファッション盛況

楽天グループは8月24日、「楽天ラクマ」において実施した「リユース品の利用における意識調査」の結果を発表した。調査は、2022年7月22日~25日、「楽天ラクマ」ユーザーの2万6332人を対象に実施した。レポートでは小数点第2位以下を四捨五入しているため、合計値は必ずしも100%とならない場合がある。 調査によると、リユース品の再販として売られている商品を「購入したことがある」ユーザーは約5割だった。リユース品の再販として売られている商品を購入した理由は、「ほとんど使っておらず状態が悪化していないか…

スクロール/販促支援型コンタクトセンター「八王子センター」稼働開始

スクロールの子会社で、通販ソリューション事業を手がけるスクロール360は8月24日、販促支援型コンタクトセンター「八王子センター」の稼働を開始した。 EC・通販市場の成長に伴う「消費者ニーズの多様化・高度化」により、EC・通販事業者は柔軟な対応力が求められるようになり、この「顧客対応力」こそが他社との差別化や事業拡大につながるキーファクターとして重要視されている。 このような状況の変化を受け、スクロール360は、EC・通販事業者の「顧客対応力向上」へのサポートを拡充させるため、既存のコンタクトセンタ…

スクロール/フェムケアに関する情報発信のコラムサイト「F.path」開設

スクロールの子会社でeコマース事業を手がけるスクロールR&Dはこのほど、運営するオンラインショップ 「きれいみつけた」内に、フェムケアに関する情報を発信するコラムサイト「F.path(エフパス)」を開設した。 <F.path> 近年「フェムケア」「フェムテック」などの言葉を耳にする機会が増えるなか、商品に興味はあるけど使ったことがない人や、使い方がわからない人が増えている。「F.path」は、「さまざまな現代女性の悩みに対して、一緒に勉強しながら快適な毎日を提案していく」をテーマに、フェムテックビギ…

ロイヤルHD/ECサイト限定「敬老の日セット」人気洋食10パック入り

ロイヤルは8月19日、ロイヤルオンラインショッピングで、世界各国の料理を家庭で楽しめるフローズンミール「ロイヤルデリ」シリーズとして、数量限定「#敬老の日に贈りたいセット」(税込5500円、送料無料)の販売受付を開始した。 <「#敬老の日に贈りたいセット」とメッセージカード> 「#敬老の日に贈りたいセット」はECサイト限定商品で、昨年の好評につき今年で2回目の販売となる。「日頃の感謝を込めて、ごちそう洋食を楽しんでもらいたい」をコンセプトとして、湯煎や電子レンジ対応商品の詰め合わせとオリジナルメッセ…

EC最新トレンド/ビームス、オルビス、ユナイテッドアローズ登壇9月15・16日無料開催

インプレスは9月15日、16日、無料オンラインイベント「ネットショップ担当者フォーラム2022夏 ファンマーケティングDays」を開催する。 <イベント告知> eコマースで売上を伸ばすためには、獲得できた新規顧客をリピート顧客に育成し、自社ブランドのファンになってもらうことが重要であり、全てのEC事業者にとっての必須課題となっている。イベントでは、話題のD2C(Direct to Consumer)、サブスク、CRMなど、リピート顧客の売上向上、ファン作りなどに焦点をあて、顧客満足と企業利益を継続的…

アマゾン/「アットコスメ」と協業、新オンラインストア開設

アマゾンジャパンは8月15日、米国Amazonとアイスタイルとの間に業務資本提携契約が締結されたと発表した。 <アマゾンとアイスタイルが協業> 同契約に基づき、アマゾンジャパンとアイスタイルはコスメ・美容における買い物体験の向上に向けて協業するという。 協業を通じて、アマゾンジャパンとアイスタイルは、アマゾンジャパンが販売事業者向けに日本国内で提供している各種サービス・テクノロジーと、アイスタイルが展開するコスメ・美容に特化したクチコミ・品ぞろえ、店舗づくりの知見を活用し、コスメ・美容関連の買い物に…

新宿駅など/LINE上のEC専用受け取りロッカー設置

京王電鉄は8月17日、LINE上に新設する専用ECモール「トレくる by KEIO」で注文した商品を最短当日中に駅の専用ロッカーで受け取れる実証実験を開始する。 <LINE上のEC専用受け取りロッカー> 「トレくる by KEIO」は、京王沿線にある京王百貨店や京王プラザホテルのほか、うかい、富澤商店の各店舗が厳選したコスメやお菓子、お酒など100点以上の商品がそろう。 店の混雑や営業時間を気にすることなく好きな時間に駅の専用ロッカーで商品を受け取ることができ、最短当日中に専用ロッカーで受け取りが可…

ライフ/兵庫県西宮市の「浜甲子園店」でネットスーパー開始

ライフコーポレーションは8月5日、兵庫県西宮市の「ライフ浜甲子園店」で「ライフネットスーパー」を開始した。 <店舗で販売している商品を購入できる> 「ライフネットスーパー」は、店舗で販売している商品をパソコンやスマートフォンから注文し、自宅の近隣店舗から商品を配送し、自宅で受け取れるサービス。同店のサービス開始により、ネットスーパー導入店舗は、81店舗(近畿圏49店舗・首都圏32店舗)となった。 ■ライフネットスーパー https://www.life-netsuper.jp/ ■「ライフネットスー…

チヨダ/「マルイウェブチャネル」にシュープラザ出店

チヨダは8月4日、丸井が展開するECサイト「マルイウェブチャネル」に「シュープラザ」を出店した。「マルイウェブチャネル」は、レディース、メンズ、キッズの人気ファッションブランドのほか、コスメやライフスタイル雑貨、スポーツ、アウトドアからアニメキャラクターグッズまで、30万点以上の品揃えを誇る通販サイトとなっている。 <マルイウェブチャネルに出店> 会員数は800万人を超え、30代から40代の女性を中心に幅広い顧客層に支持されている。今回、「マルイウェブチャネル」へ出店することにより、販売チャネルを増…

OPAほか/バーチャルショップの実証実験開始、XRで伝統工芸を販売

OPAとpalanは8月3日~12月31日、WebXRコマースを活用した新しい買い物体験に関する実証実験を実施する。 実証実験は、「OPAアクセラレータープログラム2021」の一環で、WebARサービスを中心にXRプロダクト体験を提供するpalanとの共創し、バーチャルショップを期間限定でオープンする。 WebXRコマースとは、ウェブ上でバーチャルショップを回遊し、気になった商品をARで試し、購入から発送までをワンストップで行うECプラットフォーム。簡易操作でVR店舗を回遊でき、気になった商品は、ス…

スギ薬局/アリババグループの越境EC「天猫国際」に旗艦店

越境EC事業を展開するインアゴーラは8月2日、アリババグループが運営する中国大手の越境ECモール天猫国際(Tmall Global)において「杉薬局海外旗艦店」を開設したと発表した。 <天猫国際「杉薬局海外旗艦店」のページデザイン> インアゴーラとスギ薬局は、インバウンド事業の強化を目的に2020年1月より業務提携し、「豌豆(ワンドウ)」アプリにてスギ薬局PB商品の取り扱いを開始。同時に中国各種SNSにて、ブランド・商品の認知度拡大のための情報発信をしている。また、スギ薬局実店舗内でライブコマース配…

赤ちゃん本舗/デリバリーサービスWolt導入、3500アイテム対応

赤ちゃん本舗は8月4日から、デリバリーサービス「Wolt(ウォルト)」を展開するWolt Japanと提携し、札幌、仙台、広島エリアのアカチャンホンポ 計4店舗でデリバリーサービスをスタートする。デリバリーサービスの「Wolt」がベビー用品の専門店と取り組むのは今回が初という。 <Woltを導入> サービス対応店舗は、札幌市の「新さっぽろアークシティ店」、仙台市の「仙台泉店」「ララガーデン長町店」、広島市の「フジグラン緑井店」となる。利用料金は、1㎞未満50円、1㎞~2㎞150円、2㎞~3㎞250円…

ヤオコー/埼玉県比企郡「みどりが丘店」にネットスーパー導入

ヤオコーは8月25日、埼玉県比企郡小川町の「ヤオコーみどりが丘店」にネットスーパーサービスを導入する。ヤオコーネットスーパーは、店舗で販売する商品のうち、お客から支持の高い商品を中心に、パソコンやスマートフォンから注文でき、自宅に届けるサービス。 ネット上の掲載商品には、チラシ商品のほか、生鮮食品や日配食品、加工食品、ヤオコーこだわりのデリカ(惣菜・寿司・ベーカリー)商品を品揃えしている。また、妊娠中や小さい子どもがいて忙しいお客向けの商品を充実させる等、自宅でも買い物を楽しめる工夫を施している。 …

河原町オーパ/食品ロス削減の無人販売機「fuubo(フーボ)」導入

ZEROは8月1日、京都市中京区の商業施設「河原町オーパ」に、自社が運営する食品ロス削減ボックス「fuubo(フーボ)」を導入した。 <河原町オーパ店舗イメージ> 河原町オーパでは、食品ロスの削減と福利厚生の充実を図ることを目的に、「fuubo」を6階のエスカレーター横と、9階の従業員用休憩室内に設置。廃棄される商品を顧客や同施設従業員に提供することで、食品ロス削減につなげる。 <「fuubo」の利用方法> 「fuubo」は、まだおいしく食べることができるにも関わらず、廃棄されてしまう可能性のある商…

JR東海MARKET/名古屋駅でオンライン購入品受取サービスの実証実験開始

ZEROは8月1日、東海旅客鉄道が運営するオンラインショップ「JR東海MARKET」上で取り扱う一部の商品を非対面・非接触で受け取れる「スマートPick」BOXを名古屋駅コンコースに設置して実証実験を開始する。 <「スマートPick」BOX> 「スマートPick」では、ZEROが運営する食品ロス削減ボックス「fuubo(フーボ)」を活用し、レジに並ばないスムーズな購買体験や、駅スペースを活用したSDGs貢献など、駅ナカでの顧客ニーズを検証していく。 実証実験では、「スマートPick」の将来的な展開可…

バロー×アマゾン/生鮮配送エリアを愛知県12市2町に拡大

アマゾンとバローホールディングスは7月27日、両社がコラボして実施している生鮮配送の対象エリアを愛知県で拡大した。 愛知県の尾張旭市、瀬戸市、長久手市、日進市、愛知郡東郷町が新たに配送エリアに加わった。同日時点でのサービスの配送エリアは、愛知県12市2町となった。 対象エリアのプライム会員は、バローの実店舗で取り扱っている新鮮な野菜や果物、精肉、鮮魚、出来たての総菜、焼きたてのパン、「valor select」「valor plus」といったバローのプライベートブランド商品をオンラインで注文できる。…

そごう・西武/スタッフが独自視点で編集するオンライン売場開始

そごう・西武は7月28日、西武池袋本店の商品を、新しい切り口で提案するオンライン売り場「エア イケセイ」をスタートしたと発表した。 <オンデマンド生産にも対応> 西武池袋本店の従業員がプレゼンターとなり、あえて個人の主観・好みを前面に打ち出したオンライン売り場を編集。商品在庫は原則店頭との共用となる。 西武池袋本店の商品・人材と昨年11月にリリースしたクラブ・オン/ミレニアム アプリの「アプリで在宅払い」のスキームを活用することで、店頭とは違った切り口による、商品価値の発掘を行う。 「エア イケセイ…

ライフ×アマゾン/生鮮配送エリアを東京・埼玉・千葉で拡大

ライフコーポレーションは7月26日、アマゾンとコラボしている生鮮配送サービスの配送エリアにおいて、東京都の多摩市、八王子市、町田市を追加した。 <生鮮配送エリアを東京・埼玉・千葉で拡大> 7月28日より、埼玉県の春日部市、川口市、越谷市、さいたま市岩槻区、草加市、吉川市が新たに配送エリアに加わるとともに、千葉県の市川市、鎌ヶ谷市、船橋市、松戸市の市内における配送エリアがさらに拡大した。 同日時点での配送エリアは、東京23区・16市、神奈川県9市、千葉県13市、埼玉県10市、大阪府26市・1郡、京都府…

アマゾン/全国18カ所に配送拠点新設、700万点以上を翌日配送

Amazonは7月27日、日本全国18カ所に、Amazonの配送拠点であるデリバリーステーションを開設すると発表した。新たなデリバリーステーションの開設により、全国のお客は数百万点の商品を翌日に受け取ることができる。 <デリバリーステーション> Amazonのデリバリーステーションは、注文のあった商品を全国のフルフィルメントセンターなどから集約し、周辺地域のお客の玄関先まで届けるAmazonのラスト・マイル・デリバリーの起点となる場所。今回の18拠点の新設により、Amazonは日本国内で45拠点以上…

楽天全国スーパー/大阪いずみ市民生協「コープのお店」が出店

楽天グループと大阪いずみ市民生活協同組合は7月22日、楽天が運営するネットスーパーのプラットフォーム「楽天全国スーパー」への「コープのお店」の出店について合意する契約を締結した。2023年春頃より大阪いずみ市民生協の運営する大阪南部地域の「コープのお店」が「楽天全国スーパー」に出店し、ネットスーパーサービス提供開始を予定している。 「楽天全国スーパー」は、全国のスーパーマーケット事業者向けに、楽天が受注管理やオンライン上の決済などの機能を提供するプラットフォーム。楽天は、西友と協働運営する「楽天西友…

スクロール/「届いてから払い」にスマホ決済・キャリア決済追加

スクロールの子会社で、後払い決済事業を手がけるキャッチボールは7月20日、マルチ決済対応の後払いサービス「届いてから払い」において、4つの決済手段「LINE Pay、d払い、auかんたん決済(au/UQ mobile)、ソフトバンクまとめて支払い・ワイモバイルまとめて支払い」を新たに追加した。 「届いてから払い」とは、ECサイトや通販などでの買い物の際、「商品が届いてから、豊富な選択肢の中から支払い方法を決める」ことができる新しい後払いサービス。従来どおり現金によるコンビニでの支払いや銀行振込、郵便…

レシピ動画「クラシル」/EC専用スーパー開始、共働き・子育て世帯をサポート

レシピ動画サービス「kurashiru」(以下:クラシル)を運営するdelyは7月21日、Eコマース専用スーパー「クラシルマート」の第1号店を東京都品川区五反田にオープンした。 <Eコマース専用スーパー「クラシルマート」開始> 「クラシルマート」は、市場から直送される野菜など新鮮な生鮮食品をはじめ、スーパーマーケット並みの品ぞろえと手頃な価格の商品を、最短1時間で自宅まで配送するEコマース専用スーパー。鮮度管理を徹底した宅配専用の倉庫で商品在庫を保持し、注文を受けてから商品をピッキングして、配達する…

ライフ/東京都足立区の「大谷田店」でネットスーパー開始

ライフコーポレーションは7月20日、東京都足立区の「ライフ大谷田店」で「ライフネットスーパー」のサービスを開始した。 <ライフネットスーパーの作業イメージ> 店舗で販売している商品をパソコンやスマートフォンから注文し、自宅の近隣店舗から商品を配送し、自宅で受け取れるもの。 ライフネットスーパー大谷田店のサービス開始により、同社のネットスーパー導入店舗は、75店舗(近畿圏44店舗・首都圏31店舗)となった。 また、8月31日配達便まで、3500円以上(税別)の注文で配送料が無料となるキャンペーンを実施…

ユナイテッドアローズ/公式ECに商品検索エンジン「ZETA SEARCH」導入

EC商品検索・レビュー・OMOソリューションを開発販売するZETAは7月19日、ユナイテッドアローズが運営する公式通販サイトにてEC商品検索・サイト内検索エンジン「ZETA SEARCH」が導入されたと発表した。 <「モノを探す」という観点でCX向上を追求> ユナイテッドアローズが運営する公式通販サイトにZETAが提供するEC商品検索・サイト内検索エンジン「ZETA SEARCH」を導入し、新たな商品との出会いや適切な検索キーワードが分からないなどの課題解消にむけ「探索のエクスペリエンス向上」に取り…

日本調剤/オンライン診療検索「NiCOナビ」開設

全国47都道府県で調剤薬局を展開する日本調剤は7月14日、オンライン診療対応の医療機関とオンライン服薬指導対応の薬局をまとめて検索して選択できるWebサイト、オンライン診療検索「NiCOナビ」をオープンした。 <NiCOナビ> 日本調剤では、オンライン服薬指導が実施可能となった2020年9月に合わせて自社開発したオンライン服薬指導システム「NiCOMS」を活用し、コロナ禍における患者の薬物治療をサポートすべく、全国の店舗でオンライン服薬指導に取り組んできた。NiCOMSは、オンライン服薬指導が実施可…

モスフードサービス/EC開始、電子レンジで簡単調理のライスバーガーなど販売

モスフードサービスは7月19日、ヤマト運輸と連携し、自宅でいつでも自然を愛するオリジナルモスバーガー商品を楽しめる直販サイト「モス オンラインショップ ~Life with MOS(ライフ ウィズ モス)~」を開始する。 <ひと手間かけるモスライスバーガーなど販売> 冷凍や常温のライフスタイルフードやライフスタイルアイテムを、ヤマト運輸が持つ3温度帯(常温、冷蔵、冷凍)の物流ネットワークを活用し、配送する。 商品は自宅の電子レンジで簡単調理できるものを中心に約30アイテムをそろえた。 「ひと手間かけ…

ミニストップ/出前館デリバリー対応店舗を約700店に拡大

ミニストップは7月14日、 日本最大級のデリバリーサービスを運営する「出前館」の対応店舗を約700店舗と大幅に拡大したと発表した。 <対応店舗数の推移> 同社では、2022年1月から出前館のデリバリーサービスを開始し、2022年中に1000店舗を目指して両社で取り組みを拡げている。今回、デリバリー対応店舗を大幅に拡大し、6月末時点で678店舗となった。これにより、年内の目標である展開店舗数1000店のうち、約7割の展開が完了した。 今回、ミニストップのデリバリーサービスとしては初となる福島県、栃木県…

サンドラッグ/ECサイトと顧客サイトにリスト型攻撃による不正ログイン

サンドラッグは7月11日、オンラインECサイト「サンドラッグe-shop本店」と「サンドラッグお客様サイト」に、海外のIPアドレスから不正アクセスを受けたと発表した。 不正にログインされ、一部会員については会員情報が閲覧された可能性があることが発覚したもの。同社によると、「今回の不正ログインの手法は、他社サービスから流出した可能性のあるユーザーID・パスワードを利用したリスト型アカウントハッキング(リスト型攻撃)の手法で行われていると推測される。現在、不正にアクセスされたと思われる顧客全員に案内メー…

JR東日本/オンラインショップ「NewDays」オープン、初音ミクコラボも

JR東日本クロスステーション リテールカンパニーは7月11日、オンラインショップ「NewDays」を「JRE MALL」に新規オープンする。 <オンラインショップ「NewDays」のラインアップイメージ> オンラインショップ「NewDays」は、JR東日本で展開しているコンビニエンスストア「NewDays」で販売しているオリジナル商品をはじめ、限定・コラボ・定番商品などさまざまな商品を取りそろえたショップ。オープンを記念して鉄道150th×初音ミク15thコラボグッズをはじめ、同ショップでしか買えな…

カテゴリー:EC

ベルーナ/撮影スタジオ併設「アリコベールオフィス」開設

ベルーナは7月12日、埼玉県上尾市に、EC販売の取り組み強化を目的とし、撮影スタジオを備えた「ベルーナアリコベールオフィス」を開設する。 <ベルーナアリコベールオフィス> 施設は、ベルーナでは初となる、撮影スタジオと執務スペースを併設した新オフィスとなる。 撮影スタジオにはテイストの異なる4つのブースを設置し、モデル着用の商品撮影やインスタライブの撮影会場として等、マルチに活用できる仕様となっている。 <撮影スタジオ> 新オフィスには、EC専用商品企画部門やRyuRyuモール運営部門、新事業部門等が…

サミット/「ネットスーパー」10月開始、先行入会キャンペーンも

サミットは7月6日、東京都世田谷区の「サミットストア砧店」周辺地域で、スマートフォンやパソコンから注文した商品を従業員が選定して自宅まで配送する「サミットネットスーパー」を10月からサービス開始すると発表した。 <「サミットネットスーパー」10月にサービス開始> サミットネットスーパーでは、新鮮な野菜や刺身といった生鮮食品を始め、総菜やベーカリー、酒や菓子といった加工食品や日用品など多数の商品を取りそろえ、チラシ掲載のお買得品も注文できる。 月会費を支払うことで、配達料は何度利用しても無料。戸建が税…

ライフ/大阪でネットスーパーの配送エリア拡大

ライフコーポレーションは6月29日、堺市西区の「ライフ福泉(ふくいずみ)店」で「ライフネットスーパー」のサービスを開始した。 <ライフネットスーパー> これまで近隣のライフから配送していたエリアに加えて、堺市内の配達エリアを拡大。隣接する高石市内と和泉市内の一部地域でも「ライフネットスーパー」が利用可能となった。 また、同日堺市南区の「ライフ城山台(しろやまだい)店」でも「ライフネットスーパー」のサービスをスタート。これまで近隣のライフから配送していたエリアに加えて、堺市内の配達エリアを拡大した。隣…

イオン北海道/ネットスーパー配送拠点をイオン札幌苗穂店に、配送時間短縮

イオン北海道は7月1日、イオン札幌苗穂店(札幌市東区)にネットスーパーの配送拠点オープンする。 <ネットスーパーの配送拠点をイオン札幌苗穂店に設置> 近年ネットスーパーを利用するニーズが増え、今後もさらに増えると予想される。同社は、2008年12月よりネットスーパーのサービスを開始して以来、即日配送や取扱品目の拡大を実施し、現在では離島を除く北海道内全ての世帯に届けられる体制を整えている。 今回、イオン札幌苗穂店に配送拠点を設置することにより、札幌市内の北東エリア(中央区、東区、白石区、豊平区の一部…

ライフ/大阪府で「ネットスーパー」導入店舗拡大

ライフコーポレーションは6月22日、大阪市旭区の「ライフ高殿(たかどの)店」、大阪府東大阪市の「ライフ新石切(しんいしきり)店」で「ライフネットスーパー」のサービスを開始した。 <大阪府で「ネットスーパー」拡大> 「ライフネットスーパー」は、店舗で販売している商品をパソコンやスマートフォンから注文すると、近隣店舗から商品を配送し、自宅で受け取れるサービス。ライフネットスーパー高殿店・ライフネットスーパー新石切店のオープンにより、同社のネットスーパー導入店舗は、70店舗(近畿圏40店舗・首都圏30店舗…

D2CでEC販路拡大/消費者行動予測、ファンが喜ぶ体験解説7月7日無料開催

文藝春秋は7月7日、「2025年の『消費者行動・EC市場』予測~D2CモデルでEC販路を拡大するために必要なこと~」をオンライン開催する。 <デジタル販路拡大を解説> コロナ禍の生活様式の一変により、多くの企業が強化し、市場が急拡大した物販系ECの動向と今後の消費行動の予測にも注目が集まっている。消費者とのリアルの接点が減り、オンラインでのコミュニケーションが進化していく中、オンラインとオフラインを併せたOMO施策により、「探す」という行為から好みに合わせて表示されるものの中から「選ぶ」など、購買体…

コクヨ/メタバース上にショップをオープン、文具や家具を3Dで体験

コクヨは6月22日、凸版印刷が提供するバーチャルショッピングモール「メタパ」に「KOKUYOショップ」をオープンする。 <「KOKUYOショップ」展示イメージ> 今後拡大が見込まれるメタバース市場において、新たな顧客接点でのコミュニケーション実験として、文具・家具、WEBメディアの展示により、メタバース空間ならではのユニークなショッピング体験を実現するという。 <テープのりをモチーフにした店舗空間> テープのりの定番「ドットライナー」をモチーフにした店舗空間。ドットライナー型の店舗はエレベーターで上…

ベルーナ/越境ECプラットフォーム「DOKODEMO」に出店

ベルーナはこのほど、グルメ専門通販「ベルーナグルメ」で、ベガコーポレーションが運営する越境ECプラットフォーム「DOKODEMO」へ商品の出店を開始した。 <DOKODEMO> 越境ECプラットフォーム「DOKODEMO」で、ベルーナグルメで展開している商品の販売を開始したもの。豪華純米大吟醸や越乃五蔵大吟醸のセット商品などを販売している。国境を越えて世界の国々にも、ベルーナグルメの商品を届ける。 DOKODEMOとは、「日本製品を世界中のユーザーに届ける」をモットーに、決済・物流・CSなど、越境E…

そごう横浜店/Makuakeのオンライン催事と連動

そごう・西武は6月21日11時~7月30日18時、新しいもの・体験の応援購入サービスを運営する「Makuake(マクアケ)」のオンライン催事上で、中小・新興企業の新商品を集めた特集「Dear Gift」を開催する。 <新商品特集「Dear Gift」> 頑張った自分や大切な人たちに幸せを届ける「Gift」をコンセプトに、中小・新興企業の商品を募集。近年、自分の気持ちを伝える新しいコミュニケーション手段のカジュアルギフトとして提案。すべての商品が今回の取り組みのために新発売される商品で、そごう横浜店の…

千趣会/JFLAホールディングスと合弁会社、ワインECなど

千趣会は6月17日、JFLAホールディングスと合弁会社「ウェルサーブ」を設立すると発表した。 千趣会はJFLAHDと、5月30日に、ECを中心とした酒類・飲料・食品の企画・販売事業を行う合弁会社の設立に向け基本合意書を締結。同社の顧客基盤と、JFLAHDが持つ食のバリューチェーンを補完し合うことで、ワインのEC事業を手始めに、「食」領域における共創モデルを構築し、酒類・食品の企画、販売事業を行うことを目的に、6月17日合弁会社を立ち上げた。 ■ウェルサーブ 所在地:東京都台東区寿3-15-12 代表…

シャディ/初の「メタバースカタログ」発行、バーチャル空間で商品提案

ラオックスグループのギフト販売大手のシャディは6月16日、今夏のギフト商戦に向けて、業界初となる「メタバースカタログ」を発行した。紙カタログ、デジタルカタログに加え、新たな形態として一覧性に優れたメタバースカタログを導入する取り組み。 実店舗空間のように直感的にギフト選びを楽しめる「メタバースカタログ」の特徴を活かし、「Shaddy Summer Gift 2022」では、「再会、共体験」をテーマに夏に贈り、共に楽しみたいサマーギフトをフルラインナップで展開する。「Shaddy Summer Gif…

イオンネットスーパー/自宅以外の住所に配送が可能に

イオンリテールは6月16日、「おうちでイオン イオンネットスーパー」の注文時に自宅以外の住所への配送を選択できる「お届け先変更便」サービスを開始した。 <自宅以外の住所に配送が可能> 「離れた場所に住んでいる家族にネットスーパーの商品を送りたい」「帰省先でもネットスーパーを使いたい」という声に応え、新たなサービスを開始するもの。 自宅以外の住所への配送も一つのアカウントで注文できるサービスを開始することで、実家や離れた場所に住む家族への配送を可能にした。 対象エリアは関東・北陸信越・東海・近畿・中四…

ライフ×アマゾン/生鮮配送対応エリアを神奈川県で拡大

ライフコーポレーションは6月16日から、アマゾンを通じて行っている生鮮配送のエリアについて、神奈川県の鎌倉市、横浜市港南区・栄区を新たに加えた。 <アマゾン「ライフネットスーパー」> 同サービスは、対象エリアのプライム会員が、ライフの実店舗で取り扱っている新鮮な野菜、果物、精肉、鮮魚をはじめ、「ライフプレミアム」や「スマイルライフ」といったライフのプライベートブランド商品など合計数千点の商品をアマゾンのWebサイト・ショッピングアプリを使用してオンラインで注文できるというもの。 注文後、ライフ店内の…

阪急うめだ本店/英国ライフスタイルを発信「オンラインストア」オープン

阪急うめだ本店は6月14日、英国のライフスタイルを発信する情報サイト「#英国ライフ」内でオンラインストアをオープンした。 <「#英国ライフ」オンラインストア> 阪急うめだ本店のフェアで人気を誇る「英国フェア」。開催は50回以上にもなり、関西のみならず全国からファンが訪れる。リアルで楽しむ期間限定フェアとしてだけではなく、オンラインで年間を通じてファンに英国のライフスタイル情報を発信するサイト「#英国ライフ」が2021年11月に誕生した。英国をより身近に感じられるように、イベントの実施や現地情報などを…

いなげや/楽天全国スーパー内に「ネットスーパー」オープン

いなげやは6月20日、楽天グループが運営するネットスーパーのプラットフォーム「楽天全国スーパー」内に「いなげやネットスーパー」をオープンし、神奈川県大和市周辺エリアを対象にサービスを開始する。 <「いなげやネットスーパー」オープン> 「いなげやネットスーパー」は、店舗で販売する新鮮な野菜や果物、鮮魚、精肉をはじめ、手作り惣菜や寿司、店内で焼き上げたパン、加工食品、デイリー食品、冷凍食品、日用品など約1万アイテムをパソコンやスマートフォンから注文し、自宅に配送するサービス。注文後、専門のスタッフが商品…

ベイシア/楽天全国スーパーに群馬県4店舗追加

ベイシアは6月13日、楽天グループが提供するネットスーパーのプラットフォーム「楽天全国スーパー」の対象店舗として、群馬県で新たに4店舗からの配送を開始すると発表した。 <ベイシアネットスーパー> 今回の出店によりベイシアネットスーパーは群馬県7店舗、千葉県1店舗、埼玉県1店舗で対応。群馬県内の配送エリアは13万世帯から24万世帯をカバーすることになるという。 「ベイシアネットスーパー」は、WEB上で注文された商品をベイシアの店舗からピックアップして顧客の自宅へ配送する。最短で注文当日の配送が可能で(…

スギ薬局/アプリで注文、店頭・車上で受け取れる「スギスマホオーダー」

小売りチェーン向けECプラットフォーム「Stailer」を提供する10Xは6月10日、スギ薬局の実証実験として、医薬品(要指導・第一類医薬品除く)や化粧品・日用品・食品などの商品を事前にアプリから注文し、店頭または車上(店舗駐車場)で受け取ることができるサービス「スギスマホオーダー」の提供を開始したと発表した。 <「スギスマホオーダー」BOPIS実証実験を開始> 同サービスは10Xの「Stailer」を通じて提供するもの。「Stailer」は、スーパーマーケットやドラッグストアといった多店舗運営(チ…

資生堂、シップス他EC戦略/アンバサダーマーケティング紹介6月30日無料開催

日本経済新聞社は6月30日、「日経MJフォーラムEC事例2022~実践企業に学ぶ課題解決法~」をオンライン開催する。 <EC事業者の課題解決のための具体的な事例を紹介> 新型コロナウイルスは購買行動・心理を変え、ECで買い物をする消費者・企業・社会のデジタル化を早めた。 今後、EC事業者はどのように売り上げを伸ばしていくのか、競争優位に立つためにさまざまな施策を考えていかなければならない。 さらに最近ではメタバースによるバーチャルショップの展開を始める企業も増えており、今後のEC市場はますます拡大し…

オーケー/ネットスーパーの配送エリアに相模原市中央区、南区一部を追加

オーケーは6月7日、「オーケーネットスーパー」に相模原店を追加し、配送エリアを拡大した。 <「オーケーネットスーパー 」に相模原店を追加> 神奈川県相模原市中央区、南区の一部エリアが追加の配送エリアとなる。 利用対象はオーケークラブ会員でネットスーパー会員200円(税込み)。注文1回あたりの最低買い物金額は1万円から、配送料は原則として買い物金額の3%と設定している。 相模原店配送開始日は6月10日(相模原店登録開始日6月7日)。 ■オーケーネットスーパー https://ok-netsuper.c…

ローソン/北陸エリアでUber Eatsによる医薬品の配達開始

ローソンは6月8日から福井県福井市の「ローソン福井裁判所前店」において、北陸エリアのローソン店舗では初となる「Uber Eats」によるOTC医薬品の取り扱いを開始する。 <Uber Eatsの配達イメージ> 今回の取り扱い商品は、風邪薬や目薬、胃腸薬など第2類医薬品と第3類医薬品の57種類。専用アプリから取り扱い店舗、希望の医薬品を選択すると、必要な説明事項が表示され、確認ボタンのタッチをすると注文できる。店舗では医薬品のみ別の袋に入れ、登録販売者が確認の上配達員にお渡しします。店舗の医薬品販売時…

LOHACO/オートロック式集合住宅向けに「置き場所指定配送」開始

アスクルが運営する一般消費者向け(BtoC)インターネット通販サービス「LOHACO(ロハコ)」は6月6日、受注分から、オートロック式集合住宅向けに置き場所指定配送を開始した。 物流子会社ASKUL LOGIST(アスクルロジスト)が配送する東京都世田谷区で、ライナフが提供するエントランス用スマートロック「NinjaEntrance(ニンジャ・エントランス)」を導入済の集合住宅を対象にサービスを提供する。アスクルロジストの配達員が専用端末と荷物を連携することで、エントランスのオートロックを解錠し、お…

メルカリ/繰り返し利用可能な梱包材「メルカリエコパック」3年ぶりに提供

メルカリグループのメルカリ、メルロジの2社は6月2日、繰り返し利用可能で返却可能な梱包材「メルカリエコパック」の提供を開始したと発表した。 <繰り返し使用できる梱包資材「メルカリエコパック」> 同梱包材はフリマアプリ「メルカリ」を通じた個人間取引における商品の梱包用に、繰り返し使える梱包材としてテントなどで使用するターポリン素材を採用。浸水しにくいという特徴も持ち、厚さ3mmの緩衝材を全面に用いて外からの衝撃を吸収する。より梱包レスの取り組みにつながるよう、内側にサイズの異なる3カ所のポケットを設け…

羽田空港/公式通販サイトで店舗受け取りサービス開始、注文から最短1時間

日本空港ビルデングは5月30日、羽田空港公式通販サイト「HANEDA Shopping」で注文した商品を羽田空港店舗の専用受取カウンターで受け取れる「HANEDA PICK UP」を開始した。 <公式通販サイトで店舗受け取りサービス開始> 注文した商品の受取場所は、第1・第2ターミナルの4店舗(各ターミナル2店舗ずつ)で、注文から最短1時間での受け取りが可能となっている。 なおサービス開始記念として「HANEDA PICK UP」利用者先着200人に羽田空港オリジナルフライトタグをプレゼントする。 …

みんなのお薬/東京都杉並区で「Uber Eats」OTC医薬品等の配送開始

eLcrewsは6月1日から順次、東京都杉並区エリアで、Uber EatsによるOTC医薬品・日用品等の取り扱いを開始する。 <みんなのお薬×Uber Eatsイメージ> 今回、取り扱う商品は、かぜ薬やコンドーム・生理用品など約300種類。オンラインデリバリーサービスによる利便性の需要が新型コロナウイルス感染症の拡大以後高まる中、新たな試みであるUber Eatsを通して、地域貢献、自宅でのセルフメディケーションへの取り組みに注力していく。 eLcrewsは自社ECサイト、Amazon、Yahoo!…

ライフ×アマゾン/生鮮配送対応エリアに大阪府三島郡を追加

ライフコーポレーションは5月26日、アマゾンを通じて実施している生鮮配送のエリアに大阪府の三島郡を追加した。 <アマゾンのライフページ> これにより同日時点での同サービスの配送エリアは、東京23区・13市、神奈川県8市、千葉県13市、埼玉県5市、大阪府26市・1郡、京都府3市、兵庫県6市となった。 同サービスは、対象エリアのプライム会員が、ライフの実店舗で取り扱っている新鮮な野菜、果物、精肉、鮮魚をはじめ、「ライフプレミアム」や「スマイルライフ」といったライフのプライベートブランド商品など合計数千点…

ZOZOTOWN/即日配送サービス「北関東エリア」に拡大

ZOZOが運営するファッションEC「ZOZOTOWN」は5月25日、即日配送サービスのエリアを拡大し、茨城県、群馬県、栃木県の北関東エリアを新たな対象とした。 <配送エリア拡大> 即日配送サービスとは、ZOZOTOWN、ZOZOTOWN PayPayモール店で注文した商品を最短で届ける有料サービス。利用対象ユーザーは、会員登録の有無に関わらず全てのお客で、送料税込210円に、即日配送サービス手数料税込350円を支払うと利用できる。 現在、関東、関西、中部、中国・四国エリアで、即日配送サービスを提供し…

接客のDX/3倍売れるECサイト解説6月8日無料開催、AWESOME STORE登壇

シルバーエッグ・テクノロジーと「STAFF START(スタッフスタート)」を提供するバニッシュ・スタンダードは6月8日、物販・流通ビジネスのEC担当者を対象としたウェビナー「AWESOME STORE 堀口氏に聞く! “接客のDX”で作る、3倍売れるECサイト」を開催する。 <接客のDXで3倍売れるECサイト解説> 今回のウェビナーでは、AWESOME STOREのEC戦略のかじを取るオーサム専務取締役の堀口 周作氏をゲストに招き、同社の採用するスタッフテックツール「STAFF START」を提供…

クックパッド×ANA Cargo/地方の食材を航空輸送、収穫後1都3県へ最短翌日

クックパッドは5月19日、ANA Cargoと連携したと発表した。これにより、生鮮食品EC「クックパッドマート」のユーザーに対し、地方で収穫された食材を最短翌日に届けることが可能になった。 <連携イメージ> 同連携は、クックパッドマート独自の食品流通網とANAの航空輸送を活用するもの。高知県の食材事業者からの相談をきっかけに、昨年の12月から同連携のトライアル運用をスタート。これまで都内の小売店に並ぶまでに5日程度かかっていた野菜などの1次産品が、収穫してから最短翌日には1都3県(東京都、神奈川県、…

BIPROGY/ECなど情報管理・共有ツール提供の「インゲージ」に出資

BIPROGYグループのEmellience Partnersは5月11日、ECサイトなどでのカスタマー・サクセスを支援するインゲージ、産業用ロボットに3D形状処理を組み合わせて製造工程の自動化を行うリンクウィズに出資したと発表した。 今回の出資は、デジタルトランスフォーメーション(DX)領域でのビジネス拡大を目的としたもの。Emellience Partnersは、出資先の2社をワークイノベーション実現のための「共創パートナー」と位置づけ、BIPROGYグループやそのCVCとしてシナジー創出に向け…

アマゾン×成城石井/神奈川県でネットスーパーのサービス開始

アマゾンと成城石井は5月11日、共同運営する「アマゾン上の成城石井ネットスーパー」において神奈川県でサービスを開始した。 <アマゾン上の成城石井ネットスーパー> 同サービスは、成城石井で取り扱っている高品質な生鮮食品や自家製総菜、成城石井オリジナル商品など約4000点の商品(2022年5月11日時点)を注文から最短2時間でアマゾンが配送する。今回、神奈川県川崎市(麻生区、高津区、多摩区、宮前区)、横浜市(青葉区、旭区、港北区、都筑区、緑区)の2市が配送エリアに加わった。 同日時点で配送エリアは東京都…

グーグル、ZOZO、資生堂登壇/ECの新たな顧客体験解説5月27日無料開催

インプレスは5月26日・27日、アフターコロナを考え、今後のさらなる流通業界の活性化に向けた情報提供の場として「ネットショップ担当者フォーラム 2022 春~eコマースコミュニケーションDay~」をオンラインLIVE配信で開催する。 <ECの新たな顧客体験など解説> イベントの聴講資格はEC事業者限定で、ECを運営するマネジャークラス、その右腕となるビジネスパーソンを対象としている。 5月27日には、グーグルが「継続購入の深層心理」、ヤッホーブルーイングのよなよなエール流「ファンとの絆づくり」「組織…

ライフ/「セントラルスクエア恵比寿ガーデンプレイス店」でネットスーパー開始

ライフコーポレーションは5月10日、「セントラルスクエア恵比寿ガーデンプレイス店」(東京都渋谷区)でネットスーパーを開始した。 <店舗の商品を自宅まで配送> セントラルスクエア恵比寿ガーデンプレイス店のサービス開始で同社のネットスーパー導入店舗は、68店舗(近畿圏38店舗・首都圏30店舗)となった。 取扱商品は食料品、総菜、日用品など。配達エリアは、港区(白金、白金台)、品川区(上大崎)、目黒区(上目黒1丁目、下目黒1丁目~2丁目、中目黒、三田、目黒) となっている。 注文金額は1500~4万999…

顧客起点でデザインするOMO/店舗とECの統合など解説5月24日無料開催

日本経済新聞社は5月24日、「流通デジタルイノベーション~顧客起点でデザインするOMO~」をオンライン開催する。 <店舗とECの統合など解説> 新型コロナウイルスの影響でEC利用客が増え、ECの利便性を体感した一方、店舗で実際に商品を触って体験できる良さを改めて認識した機会にもなった。 デジタルを前提として、店舗などのオフラインでの行動もデータとして捉え、顧客の行動や購買体験を中心に設計するOMO、また新たなマーケティング手法であるユニファイドコマースを推進する企業が増えている。 今回のカンファレン…

店舗会員のEC利用率アップ/OMO活性化策を紹介5月18日無料開催

シルバーエッグ・テクノロジーは5月18日、CRM・ECサイト運用担当者を対象としたウェビナー「店舗顧客がECに押し寄せる!シルバーエッグのOMO活性化ウェビナー」を開催する。 <店舗会員のEC利用率アップさせるOMO活性化解説> 広告費用の増大や3rd Party Cookie規制によって、効果的な顧客誘引施策の実施が難しくなっていることから、ECサイトの新規顧客獲得策が頭打ちになっている。この問題を克服するためには、優良顧客の育成が欠かせない。 実店舗の会員顧客の「2回目の購入」をECに誘導するコ…

バローHD/ECなど外販事業を子会社「Vソリューション」に集約

バローホールディングスは4月27日、グループで運営してきたさまざまな外販事業を100%出資子会社の「Vソリューション」に5月1日から統合すると発表した。 対象となる事業は、PB事業(プライベートブランド商品の在庫管理、円滑な供給、販売ロット増加による原価低減)、EC事業(ネットスーパー事業と移動販売事業の運営、管理)、BtoB事業(法人・自治体に対する商品販売事業の運営、管理)。 2008年設立のVソリューションは、商品開発から物流までを含めたバローグループのトータルソリューションを活用して、多くの…

ZOZO/ファッションコーデアプリ「WEAR」にフリマ機能導入

ZOZOは4月27日、ファッションコーディネートアプリ「WEAR」にアプリ上からファッションアイテムを簡単に出品・購入できるフリマ機能を今夏に導入すると発表した。 <「WEAR」にフリマ機能導入> 2013年にサービスを開始したWEARは、現在アプリダウンロード数1600万を突破し、1200万件を超える多種多彩なコーディネートが集まるファッションSNS(2022年3月時点)。今回、ファッション特化型ソーシャルコマースで導入するフリマ機能では、WEARアプリのマイページに登録されているファッションアイ…

クリエイトSD/アプリで注文、店頭・駐車場受け取り開始

クリエイトエス・ディー(以下:クリエイト)と10Xは4月27日、クリエイトのドラッグストア店舗の商品をスマートフォンアプリで注文し、店頭または店舗駐車場で受け取ることができるサービス「REMO CART(リモカート)」の提供を開始した。 <アプリで注文、店頭・駐車場受け取り開始> 「REMO CART」は、クリエイト店舗で販売されている商品をスマホアプリで注文できるサービス。アプリから商品の受取店舗を指定し、商品を選んで注文、決済まで完了しておくことで、店舗や駐車場で最短2時間後に商品を受け取ること…

カインズ、オイシックス、アマゾン登壇/EC活性化を解説5月26日無料開催

インプレスは5月26日・27日、「ネットショップ担当者フォーラム2022春~eコマースコミュニケーションDay~」をオンラインLIVE配信で開催する。 <EC活性化策などを解説> eコマースを運営するマネジャークラス、そのマネジャーの右腕となるビジネスパーソン対象に、アフターコロナを考え、今後のさらなる流通業界の活性化に向けて成長のための議論を配信する。 カインズにおけるDXとオムニチャネル戦略、シニア通販の雄「ハルメク」に学ぶデジタル時代のシニア攻略法、オイシックス・ラ・大地などEC事業者と考える…

アルペン/ローコードツール「キントーン」で社内システム内製化

サイボウズは4月25日、ローコードツール「kintone(キントーン)」が、アルペンのシステム内製化を推進する業務プラットフォームとして導入されたと発表した。 <EC基幹系システムとkintoneを連携> 「kintone」は、業務アプリ開発プラットフォーム。営業の案件管理、問い合わせ履歴やクレーム対応の管理、プロジェクトの進行、タスク管理、従業員の業務日報など、用途に合わせた業務アプリの作成が可能となっている。アプリケーションはノンプログラミングで開発できる。社内SNSのようなコミュニケーション機…

通販・EC国内市場/22年15兆4263億円見込む、スマホ経由のEC売上拡大

富士経済は4月22日、「通販・e-コマースビジネスの実態と今後 2022」を発表した。 2020年からの新型コロナウイルスの流行により、外出自粛を余儀なくされたため、通販チャネルが見直され、店舗からの新規顧客の流入が進んだ。2021年もコロナ禍での外出控えが継続しており、伸びはやや落ち着いたものの、通販利用は増えている。 同調査によると、2021年は通販(物販)の国内市場全体で14兆4645億円(前年比5.4%増)、その内訳はEC12兆6295億円(6.4%増)、カタログ1兆1380億円(1.5%減…

電通/ファンの声を活用しEC売り上げを拡大するサービス開始

電通は4月21日、電通プロモーションプラス、データアーティストと共同で、ブランドのファンが創り出すUGC(User Generated Contentsの略称、企業ではなく一般生活者が作成したコンテンツ)を活用して、ECサイトなどでの売り上げの拡大に寄与するサービス「ウルバ(User Linked Value Activation、商標出願中)」を開発し、提供を開始したと発表した。 <ウルバの仕組み> 電通とデータアーティストが開発した独自のコミュニティー創造ソリューションと、電通プロモーションプラ…

電通/ファンの声を活用しEC売り上げを拡大するサービス開始

電通は4月21日、電通プロモーションプラス、データアーティストと共同で、ブランドのファンが創り出すUGC(User Generated Contentsの略称、企業ではなく一般生活者が作成したコンテンツ)を活用して、ECサイトなどでの売り上げの拡大に寄与するサービス「ウルバ(User Linked Value Activation、商標出願中)」を開発し、提供を開始したと発表した。 <ウルバの仕組み> 電通とデータアーティストが開発した独自のコミュニティー創造ソリューションと、電通プロモーションプラ…