カテゴリーアーカイブ: セミナー

SCビジネス/リーシングの超基本とこれからの時代への対応解説、9月6日開催

マーケティング研究協会は9月6日、オンラインセミナー「SCビジネスの基本から今後の展望まで解説!SCビジネスセミナー『短時間で勘所を掴む!SC・商業施設のテナントリーシング』リーシングの超基本とこれからの時代への対応」を開催する。 セミナーでは、テナントリーシング業務に必要なビジネスの仕組みやテナントとの交渉、賃貸借契約の知識を体系的に解説する。「少子高齢化、人口減少、ネット社会の到来におけるSC像の変化と今後求められるテナントリーシングとは?」を考察する。 テナントリーシングの担当になった人、テナ…

値上げで変わる購買行動/スーパー向け23年春夏提案のポイント9月16日開催

マーケティング研究協会は9月16日、「値上げで変わる購買行動への対応~スーパーマーケット向け23年春夏提案のテーマを探る~」を開催する。 <スーパー向け23年春夏提案のポイント解説> 3月末のまん延防止法解除、4月以降続く値上げは消費者の購買行動をどう変えたのだろうか。2023年春夏提案を実施する際のポイントとして、チェーンも対応を意識している購買行動の変化を確認し、チェーンの共感を得る提案の切り口を探る。 世代によって異なる生活防衛意識・危機感、小売りチェーンの取組への対応などを紹介。食品メーカー…

クラウドカメラ活用/ロス率・オペレーション改善を紹介8月19日無料開催

ネクスウェイは8月19日、「見えるだけじゃない!クラウドカメラの未来~ロス率・オペレーション改善に挑む~」を無料開催する。 <利益率・ロス率の改善などカメラの活用法を解説> スーパーマーケット向けのカメラソリューションの活用がニュースでも聞かれるようになった。カメラで売り場画像を見る以外に何ができるのか、疑問に思っている人も多いのではないだろうか。 今回のセミナーでは、AIや複雑なシステムが搭載されていないシンプルなカメラソリューションであっても、ロス率改善、品出しオペレーションの改善が可能であるこ…

日経MJフォーラム/8月19日まで「顧客接点の再考」アーカイブ配信

日本経済新聞社は8月19日まで、「日経MJフォーラム 顧客接点の再考~ワンランク上の顧客体験を実現~」のアーカイブ配信を実施する。7月25日に開催したセミナーをオンラインでアーカイブ配信するもの。 <アーカイブ配信告知> OMO(Online Merges with Offline)の取り組みをする企業が増えているが、成功の鍵を握るのが顧客接点の設計だ。オンライン・オフラインを問わず、企業が提供する商品・サービス・場所のすべてが重要な顧客接点で、そこでのコミュニケーションが顧客体験価値に大きな影響を…

Hacobu/「輸配送DX!配送状況の可視化がもたらす価値とは」8月25日無料WEB開催

Hacobuは8月25日、無料オンラインセミナー「ヤマエ久野が事例で語る 輸配送DX!配送状況の可視化がもたらす価値とは」を開催する。 <セミナー告知> 九州No.1の総合卸売企業であるヤマエ久野では、一般加工食品や冷凍食品等をスーパーやコンビニエンスストアなどの店舗に配送する物流機能を有している。流通のプロとして「つなぐ」ことを使命としている同社は、災害やトラブル発生時こそ安心して届けられる仕組み作りのために、2021年に3つの物流センターでMOVO Fleetを導入した。 現在、MOVO Fle…

JILS/「ストラテジックSCMコース受講説明会」8月24日無料WEB開催

日本ロジスティクスシステム協会(JILS)は8月24日、10月に開講する「第26期ストラテジックSCMコース」に向けた講演会・受講説明会をオンラインで開催する。サプライチェーンマネジメント(SCM)に関する最新の情報についての講演と、コースコーディネーターより、コースの内容等についての説明を行う。 ストラテジックSCMコースは、国内外の第一線で活躍する実務家、コンサルタント、学識経験者が講師となり、国際的な水準を意識したカリキュラム、少人数制による講義とグループ演習によりSCMのプロフェッショナルの…

提案サポート業務強化法/「複雑化する大手チェーンへの提案力の高め方」9月9日WEB開催

マーケティング研究協会は9月9日、オンラインセミナー「食品メーカー向け 提案サポート業務強化法 複雑化する大手チェーンへの提案力の高め方」を開催する。 寡占化によって大手チェーンの重要性が増し、競合メーカーとの競争も激化している。また、複雑化・高度化する大手チェーンからの要望に応え、競合メーカーと差別化された地位を確立するため、提案支援スタッフへの期待が大きくなっている。 セミナーは、食品メーカーの提案支援スタッフやマネージャー、これから提案支援スタッフの部署を新設しようとしている担当者を対象に、業…

マイナビ×流通ニュース/「デジタルシフトで顧客との接点を強化する」8月18日無料WEB開催

マイナビ TECH+セミナー運営事務局、流通ニュースは8月18日、WEB開催で、流通ニュース×TECH+セミナーリテールDX「デジタルシフトで顧客との接点を強化する」を開催する。 <セミナー告知> 新型コロナウイルス感染症拡大により、外出を控えた生活者のニーズや購買行動、そして考え方は一層大きく変化した。ECサイトの台頭によるリアル店舗の在り方、店舗を支える人員の不足など、恒常的な課題も多い小売流通業界は今、 それに対応するための変革を迫られている。 これらの課題に対峙するひとつの手段が、デジタル化…

AI流通革命3.0研究会/会長で西友社長の大久保氏、9月14日ウェビナー開催

AI流通革命3.0研究会とリテイルサイエンスは9月14日、AI流通革命3.0研究会会長を務め、同社の創業者であり西友代表取締役社長である大久保恒夫氏が、3時間じっくり話し尽くす特別ウェビナー「大久保恒夫3時間ワンマン特別講演 小売業のビジネスモデルの改革とDX~タッチポイント業への進化で利益を大幅拡大させる~」を開催する。 <セミナー告知> 小売業の資産はお客の多さと利用頻度の多さにある。小売業が持つデータ等の資産の活用で小売業が販売業からマーケティング業になり価値を創造できる。さらに、タッチポイン…

棚割提案/元CVS・SM商品部長が現場検証した結果を解説、8月26日WEB開催

マーケティング研究協会は8月26日、ZOOMを活用したオンラインセミナー「元CVS・SM商品部長が教える!棚割提案の実例 徹底研究~現場で実践、検証した結果から学ぶ~」を開催する。 自社商品を通じた小売業の課題解決提案には、単なる商品案内ではなく、小売業の方針を理解した上で、実際のデータや店舗・売場調査にもとづいた棚割提案が重要となる。特に、コロナ禍によるチラシ・催事の減少により、大陳やエンドよりも定番棚がこれまで以上に重要になり、さらに新商品よりも定番アイテムが重宝される昨今の状況において、棚割提…

NEC/リテール向けトレンドセミナー2022夏「ちょっと未来の、小売業DX」無料開催

NECは8月24日、25日、無料Webセミナー「リテール向けトレンドセミナー 2022 夏 ちょっと未来の、小売業DX~新たな体験価値の創造~」を開催する。セミナーは、NECソリューションイノベータ、NECネクサソリューションズ、NECプラットフォームズ、NECネッツエスアイが共催する。 <セミナー告知> 消費者行動が大きく変化するなか、お客とのつながりをより深めるためには、新しい顧客体験の創出が不可欠となっている。オンラインセミナーでは、DXが実現する新しい購買体験をテーマに最新の取り組み事例とそ…

消費財メーカー/「営業改革・人材育成の進め方2022」提案型営業への変革、無料開催

マーケティング研究協会は8月24日、ZOOMを活用した無料オンラインセミナー「消費財メーカーの営業改革・人材育成の進め方 2022─提案型営業への変革と定着─」を開催する。 <セミナーの告知> さまざまなカテゴリーのメーカーで、昨今の値上げ対応に追われながらも、目まぐるしく変化する環境に対応するため、デジタルを活用した施策やSDGsに対応した企画提案など、日々営業活動に進化を求められている。 これらに対応していくため、「営業改革をしたいと考えている」「営業改革を推進中である」「提案営業の研修は一通り…

EC・CRM・オムニチャネル/J.フロント、グッデイが登壇・解説、9月8日無料WEB開催

リテール総合研究所、全国スーパーマーケット協会は9月5日~9日、大型オンラインカンファレンス「リテールトレンドWEEK2022」を開催する。 リテールトレンドWEEK2022では、トレンドはどうなるのか?、変えてはならないものはなにか?に着目する。スマートフォンやSNSをはじめとしたデジタルツールの発展と浸透によって、消費者の価値観や購買行動は多様化している。 また未だ収束の見えぬコロナウイルスの影響も相まり、より一層不確実な未来や変化に対応していく必要がある。そんな状況の中、今後の消費・ビジネス環…

アルペン/約400店の作業指示やシフト作成効率化、8月18日無料セミナー開催

ドリーム・アーツとオーエムネットワークはこのほど、アルペンがドリーム・アーツの提供する多店舗オペレーション改革を支援するクラウドサービス「Shopらん(ショップラン)」とオーエムネットワークの提供するシフト管理システム「R-Shift(アールシフト)」の自動連携を開始したと発表した。 アルペンは、1月から利用開始し、3月から全店での本格利用を開始した。そこで、ドリーム・アーツとオーエムネットワークは8月18日、この連携について詳しく紹介する無料セミナーを開催する。 <セミナーの告知> スポーツ用品販…

DX推進を加速/サービス設計・UXデザイン解説、8月3日無料開催

モンスターラボは8月3日、無料ウェビナー「DX推進を加速させるサービス設計・UXデザイン」を開催する。 <セミナー告知> 現在、急速に変化する社会に合わせて、デジタルテクノロジーを活用したビジネスの変革が求められている。多くの企業の課題となっているのが「DX(デジタルトランスフォーメーション)」の推進だ。しかし、いざDX推進に取り組もうと考えても、さまざまな理由で足踏みしてしまっている企業担当者も多い。 「どこから手をつけたらいいかわからない」「自社の解決すべき本質的な課題がわからない」「社内にDX…

JILS/物流コスト&KPI管理入門セミナー(オンライン開催)9月12日

日本ロジスティクスシステム協会(JILS)は9月12日、「コストを構造的につかんで最適化するために」をテーマとして、「物流コスト&KPI管理入門セミナー」を開催する。 <物流コスト&KPI管理入門セミナー> 運賃・人件費の上昇が避けがたい状況にあり、物流を持続可能なものとし、コストの最適化を進めるためには、実運送や実作業の原価の構造を知り、現在のサービスや効率とコストとの因果関係を把握することが不可欠となっている。 セミナーでは物流コストの全体像のつかみ方、運行原価計算、作業原価計算の基礎を、講義と…

2024年問題/「持続可能な物流構造を築く2つのポイント」7月28日無料開催

シーアールイー、ツナググループHC、CBcloudは7月28日、Zoomを活用した無料ウェビナー「物流担当必見 2024年問題を乗り越える!持続可能な物流構造を築く2つのポイント」を開催する。 <セミナー告知> 2024年問題、宅配クライシスなど、昨今の物流業界を取り巻く環境は大きく変化している。中でも人手不足や配送コストの問題は日に日に重要性を増している。「モノ」を扱い顧客に「届ける」ことを生業としている企業にとって、人材や配送インフラの確保、それに伴うコストや業務の最適化は喫緊の課題になってくる…

清永/化粧品・コスメ特化型EC物流を解説、7月28日無料WEB開催

清長は7月28日、化粧品・コスメ販売事業者向けのセミナー「特化型物流アウトソーシング化粧品・コスメ・コンタクト編」を、Zoomを活用した無料オンラインセミナーとして、開催する。 <セミナー告知> 今、私たちは過去に経験したことのない大きな環境変化の中にいる。これまで、化粧品業界ではさまざまな要因によりEC化が進まなかったが、コロナ禍により、化粧品をECで購入するのが一般的になった。この状況はチャンスであると同時に、Webマーケティングの継続的実行ができるかどうかに、成功がかかっている。 そこで、なぜ…

JILS/「超」入門!世界標準のSCMセミナー(全3回)

日本ロジスティクスシステム協会(JILS)は8月31日から計3回にわたり、製造業・流通業等の新任マネージャーなど、その他SCMに携わる人々を対象とした「『超』入門!世界標準のSCMセミナー」を開催する。 セミナーはZoomを利用したオンライン形式で開催する。世界標準の知識体系に沿った講義と演習を通じ、SCMを理解するための「観点」と「基礎知識」の習得を目指す。サブテキストとして、2021年3月刊行の「基礎から学べる!世界標準のSCM教本」(日刊工業新聞社)を1部配布する。 過去の受講者からは、「大変…

アプリ戦略/チラシ廃止でも成功した小売店の秘策、8月2日無料開催

ピーシーフェーズは8月2日、「新時代のアプリ戦略『チラシを廃止しても成功した小売り店の秘策』~導入効果を最大化させるための開発と運用~」を、Zoomを活用したオンラインセミナーで開催する。 <チラシを廃止しても成功した小売り店の秘策> 新型コロナウィルスの感染拡大に伴い、流通小売業を取り巻く環境も変化しデジタルトランスフォーメーション(DX)が一気にトレンドとなった。流通小売企業のDX戦略として、バリューチェーンのあらゆる領域において、デジタルを活用し、業務の効率化や顧客関係強化が図られている。この…

ホームセンター/専門誌の編集長が解説、新業態開発戦略徹底研究

マーケティング研究協会は8月23日、ZOOMを活用したオンラインセミナー「ホームセンター 新業態開発戦略徹底研究 次の成長戦略とメーカーの拡販余地」を開催する。 コロナ禍3年目でチェーン間の格差が明らかになってきた。今回のセミナーでは、次の成長戦略として各社が進めている新業態開発にフォーカスして、主要チェーンの方向性やメーカーの拡販余地などを解説する。なお、申込者には、ダイヤモンド・ホームセンター最新号を全員に進呈する。 ■開催概要 開催日時:2022年8月23日(火)13:30~16:00 開催方…

リゾーム/TOUCH TO GOの阿久津社長登壇「無人化サービス」解説

リゾームは7月26日、無料オンラインセミナーを開催する。今回は、人手不足、地域店舗の維持、人件費高騰による収益悪化といった社会課題を「無人化サービス」で解決するをテーマに、TOUCH TO GOの阿久津智紀社長が登壇する。 <セミナーの告知> 採算が取れていない既存店舗や売上が下がった店舗など、人件費の高騰、労働人口の減少が進むなか、省人化の重要性はますます高まっている。そこで、セミナーでは小売店舗の労働力不足、地域店舗の維持等の課題を解決する、無人AI決済システムソリューションを展開する「TOUC…

ドラッグストア/2022年最新動向解説、8月26日WEB開催(オンデマンドあり)

流通経済研究所は8月26日、ドラッグストア・セミナー2022~業界動向と顧客分析から、ドラッグストアの成長機会と取引先の営業アプローチの方向性を考える~を開催する。セミナーはWebで開催し、オンデマンド配信にも対応する。 近年、ドラッグストア業態は、リアル店舗業態のなかで最も成長性が高く、品揃えの幅や出店エリアを広げながら顧客を獲得し、市場における重要性が高まっている。流通経済研究所の機関誌「流通情報」最新号(No.556/2022年5月号)では、ドラッグストア特集号として、業界の動向と最近の注目点…

ドラッグストア/2022年最新動向解説、8月26日WEB開催(オンデマンドあり)

流通経済研究所は8月26日、ドラッグストア・セミナー2022~業界動向と顧客分析から、ドラッグストアの成長機会と取引先の営業アプローチの方向性を考える~を開催する。セミナーはWebで開催し、オンデマンド配信にも対応する。 近年、ドラッグストア業態は、リアル店舗業態のなかで最も成長性が高く、品揃えの幅や出店エリアを広げながら顧客を獲得し、市場における重要性が高まっている。流通経済研究所の機関誌「流通情報」最新号(No.556/2022年5月号)では、ドラッグストア特集号として、業界の動向と最近の注目点…

開示実務/ESG経営の取り組みが長期的企業価値を高める、無料開催

TISは7月21日、7月28日、2日間に渡ってウェビナー「開示実務担当者向け ESG経営の取り組みが長期的企業価値を高める」を開催する。2日間とも、内容は同じ予定で実施する。 <セミナーの対象者> 2022年4月4日に東証が再編され、東証1部の8割がプライム市場に移行した。ESGや統合報告書の説明(開示)を行う企業も増え、情報発信力が更に企業価値を左右すると考えられる。ESGの取り組みを企業価値に結びつけるためには、サステナビリティ人材の育成、会社内での連携、財務情報だけにとどまらず、非財務情報に関…

ビートレンド/30分で学ぶ「LINEミニアプリ」無料ウェビナー、7月28日開催

ビートレンドは7月28日、30分でサクッと学べる「LINEミニアプリ」解説ウェビナーを開催する。 <30分でサクッと学べる「LINEミニアプリ」解説ウェビナー> 今注目の「LINEミニアプリ」は、9000万人以上が利用する「LINE」上で店舗・企業のサービスを提供できるプラットフォーム。最短5秒で会員証が発行できるため、手軽な自社会員化手段として流通小売・外食企業をはじめとする、さまざまな業種で導入されており、会員数増加につながっている。ウェビナーでは、「LINEミニアプリ」の特長やスマートフォンア…

BIシステム/クラウド化で、日清食品・カルビー・武田薬品が登壇

ジールは8月3日、ウェブセミナー「他社(みんな)はどうしてる?BIシステムのクラウド化~必見!日清食品ホールディングス、カルビー、武田薬品工業のパネルディスカッション~」を開催する。 <ウェブセミナーの告知> BIシステムが本格的に普及し始めてから四半世紀が経とうとしている。この間、システムインフラの主流はオンプレミスからクラウドへと急速に移り変わりつつあり、この流れはこの数年で一気に加速している。 こうした中で、既存のオンプレミスベースのBIシステムのクラウド化は比較的ハードルが低いとされ、早期の…

ロイヤルHD登壇/DXで進化する飲食店経営解説8月4日無料開催

日本経済新聞社は8月4日、「DXで進化する飲食店経営~新しい顧客体験と収益拡大の仕組みづくり~」をオンライン開催する。 <DXを推進した店舗経営戦略を解説> 長期化するコロナ禍によって、飲食店は最も大きな影響を受けた。 今年に入り徐々に規制が緩和され来店者数が戻りつつあるが、予断を許さない状況は続いている。加えて、人手不足やインバウンド需要の低下の不安も多く、いまだ店舗運営は厳しい環境にある。 今後はDXを推進し店舗経営を再構築することで、安全で快適な顧客体験の提供と共に収益性の高い強く安定した経営…

スーパー、ドラッグ、アパレル/業界別本部店舗間の連絡改善7月27日無料公開

ネクスウェイは7月27日、「業界別 本部店舗間コミュニケーションの工夫を公開~情報共有の課題を仕組みで解決!~」をオンライン開催する。 <業界別本部店舗間の連絡改善例を紹介> アパレル・スーパー・専門店・ドラッグストアなど、業界によって本部店舗間コミュニケーションの課題はさまざまだ。 アパレル企業の客注取り寄せの連絡、飲食やスーパーマーケットの衛生管理実施状況の報告、ホームセンターの販促商品の売り場写真報告など、連絡の種類や頻度の高いコミュニケーションは業界ごとに特色がある。 業界別によくある指示・…

アークス、アクシアルリテイリング、スギ登壇/店舗改革・DX解説9月5日無料開催

リテール総合研究所は9月5日~9日、大型オンラインカンファレンス「リテールトレンドWEEK 2022」を開催する。 <店舗改革、AI、顧客体験など有識者が解説> スマートフォンやSNSをはじめとしたデジタルツールの発展と浸透によって、消費者の価値観や購買行動は多様化している。 また、いまだ収束の見えぬコロナウイルスの影響も相まり、より一層不確実な未来や変化に対応していく必要がある。そんな状況の中今後の消費・ビジネス環境から、描くべき未来像にはトレンドをとらえ、変化していくことが不可欠だ。 今回のイベ…

DX成功の鍵/デザインで事業・組織を変える、人材育成紹介7月21日無料開催

モンスターラボは7月21日、「DX成功の鍵は、デザインの力で事業・組織を変えること」をオンライン開催する。 <DXに必要なマインドセットやデザインの重要性を解説> 既存ビジネスのデジタル変革や新規事業の開発には、新しい価値の創造が必要不可欠だ。 そのため、DX推進を担うDX人材には、ユーザーの潜在ニーズをひもといてサービスに取り込むためのデザイン思考が求められている。 しかし、「自社にデザインに関する知見がない」「どのように組織・ビジネスにデザイン思考を取り入れていけばいいのかわからない」と悩んでい…

最新の2020年国勢調査解説/現状とデータの新しい活用方法7月28日無料開催

マップマーケティングは7月28日、無料オンラインセミナー「2020年国勢調査から読み解く日本の現状と統計・推計データの新しい活用方法について」を開催する。 エリアマーケティングGIS「TerraMapシリーズ」を提供するマップマーケティングが、現役の店舗開発や販売促進の担当者に向けて、最新の2020年国勢調査からみえる日本の現状や、国勢調査データやそこから推計される、各種データの新しい活用方法などを解説する、無料オンラインセミナーを開催するもの。 2020年国勢調査データは、「新型コロナウイルス禍の…

東芝テック/導入事例から学ぶRFID活用、紛失リスクを低減7月20日無料開催

東芝テック、NXワンビシアーカイブズは7月20日、「導入事例から学ぶ!RFID活用セミナー」をオンライン開催する。 今注目の自動認識技術「RFID(RadioFrequency Identification)」。いまや生活の一部としても、さまざまなシーンで利用されている。そんなRFIDだが、どのように利用すれば効率化が図れるのか、まだイメージが浮かばない人も多いのではないか。 今回のセミナーでは、導入事例をもとにRFIDの活用方法を紹介する。 「RFIDについて情報収集中」「在庫管理や検品作業をもっ…

ロイヤルHD、グッデイ登壇/小売・外食のDXと店舗ビジネス7月27日無料開催

カンリーは7月27日、「Store Update Day 2022~デジタルと融合した店舗ビジネスの未来を考える~」を開催する。 <顧客起点の店舗ビジネスを解説> コロナ禍で、生活者と店舗の関係が大きく変わった。 店に来られない人が増え、収益構造も大きく変わる状況は短期的に環境に適応するためのDX化を進めた。 しかし、効率だけでなく、人と店舗の関係を見直した人、店舗のさらなる可能性に気づいた人も多いのではないか。 <サービス産業DXについてロイヤルHD菊地会長が紹介> 今回のカンファレンスは基調講演…

デジタル接客/小売ECの顧客体験向上に必要な考え方解説7月28日無料開催

リテール総合研究所は7月28日、「小売流通業ECの顧客体験(CX)向上に必要な考え方」をオンライン開催する。 <デジタル接客などCX向上策を解説> 小売流通業界においても販売チャネルとしてECの重要性は今までにも増して大きなものとなっている。ECと言っても、ネットで買えるようにしておけばいいという簡単な話ではない。 顧客体験を考えて、消費者がストレスなく快適に買い物ができるのかを設計する必要がある。 今回のセミナーでは、基調講演にて、元ココカラファインでEC事業黒字化を達成し、統合マーケティング部長…

LINE来店計測/誘導来店者の隠れた顧客層を可視化7月21日無料開催

ソフトバンクは7月21日、「そのデジタル広告、来店効果は見えてますか?~LINE広告から誘導した来店者の隠れた顧客層を可視化する「LINE来店計測」のご紹介~」をオンライン開催する。 <LINE広告による来店効果を高精度に分析> 昨今のコロナ渦でECサイトへの関心は高まっている一方で、BtoC市場における実店舗購買率は95%と高く、今後も実店舗は最大の売り上げ創出のさまざまな来店施策を実施している企業も少なくない。 今回のウェビナーでは、約9200万人のユーザー基盤をもつLINE広告による来店効果を…

22年下期物流時流予測/荷主が知らないと大変な物流環境7月27日無料開催

船井総研ロジは7月27日、「2022年下期物流時流予測セミナー~荷主が知らないと大変なことになる『物流環境』とは?!~」を開催する。 <荷主が知らないと大変な物流環境を解説> 2022年は社会情勢の影響から、燃料価格の高騰で始まった1年だった。燃料価格の高騰は、全産業においても大きな打撃だったが、特に物流業界においては運賃値上げや燃油サーチャージなど、波及する影響が大きかったのではないだろうか。 今回のセミナーは、燃料価格高騰や2024年問題対策に関連した値上げ動向、長期を見据えた、10年後の物流業…

物流2024年問題/荷主と物流企業の連携による労働時間短縮7月27日無料開催

シーアールイーは7月27日、「荷主目線で考える『2024年問題』~荷主と物流企業の連携による、労働時間短縮への取り組み~」をオンライン開催する。 <荷主と物流企業の連携による労働時間短縮を紹介> ついに2年後に迫った2024年問題。今回は、サンスターグループ コーポレートマネジメント ロジスティクス担当理事の荒木協和氏が、荷主の目線から2024年問題について解説する。働き方改革関連法の順守、ひいてはドライバーの労働時間短縮に向け、荷主側ではどのような行動を取ればよいのだろうか。物流企業と連携し、業界…

DXと店舗ビジネス/ツルハ・マックスバリュ西日本事例紹介7月27日無料開催

リンコムは7月27日、カンリー主催のオンラインカンファレンス「STORE UPDATE DAY 2022 デジタルと融合した店舗ビジネスの未来を考える~」に協賛する。 <小売・飲食・マーケティング視点の店舗DX紹介> 同カンファレンスは、基調講演と合わせて11のセッションが用意されており、店舗ビジネス業界全体のさらなる活性化と発展に貢献するため「店舗ビジネスの未来を店舗ビジネスに関わる全ての方々と一緒に考える日」というコンセプトで開催されるもの。 リンコムからは「ツルハドラッグ、マックスバリュ西日本…

三越伊勢丹、ルイヴィトン/OMO成功の鍵「顧客接点再考」7月25日無料開催

日本経済新聞社は7月25日、日経MJフォーラム「『顧客接点の再考』~ワンランク上の顧客体験を実現~」をオンライン開催する。 <OMO成功の鍵「顧客接点」を解説> OMO(OnlineMerges with Offline)の取り組みをする企業が増えているが、成功の鍵を握るのが顧客接点の設計だ。 オンライン・オフラインを問わず、企業が提供する商品・サービス・場所のすべてが重要な顧客接点で、そこでのコミュニケーションが顧客体験価値に大きな影響を与える。 質の高い顧客体験を創造するための取り組み事例を紹介…

商業施設リーシングの最適化/出退店動向などシステム解説7月20日無料開催

リゾームは7月20日、「『SCの戦略づくり』と『リーシング』に変革をもたらすクラウドサービスのご紹介」をオンライン開催する。 <リーシング業務を最適化するサービス紹介> SC業界内の動向(トレンド)を見ながら、リーシング業務改革に役立つオンラインセミナー。「SC FORCE(エスシーフォース)」という新サービスにて、新しいリーシング業務を提案するもの。 約2年にわたるコロナ禍により、SC業界ではリーシング業務の見直しを迫られている。地域別、業種別、SC立地別のショップ出退店動向やランキングなどからリ…

人流データ活用/価値主導型マーケティングで地域活性化7月14日無料開催

クロスロケーションズは7月14日、「価値主導型マーケティングに基づく地域活性化 まちづくりの実践における人流データ活用」をオンライン開催する。 <政策づくりのためのデータの見方・使い方紹介> 行政政策にエビデンスが求められるなか、統計の基本を知らずしてまちづくりはできないと言われている。7月のロケーションテックセミナーでは、同志社大学政策学部の多田実教授が、まちづくりにおける地域政策立案のための問いの立て方、統計情報の集め方、分析の仕方から、総合的な「まちの診断」方法について解説する。 セミナーは三…

クックパッド/「物価上昇がもたらす食卓の変化」7月28日・8月3日無料開催

クックパッドは7月28日・8月3日、「クックパッドが読み解く『物価上昇がもたらす食卓の変化』」をオンライン開催する。 <消費者の行動、インサイトの変化を読み解く> コロナ禍やウクライナ危機による原材料・燃料価格の上昇や円安の影響など、さまざまなコストアップが商品価格にも影響を与えている。2022年4月以降の相次ぐ値上げに、消費者はどのような対応をとっているのだろうか。 今回のセミナーでは、日本最大の料理レシピサービス「クックパッド」のデータを分析し、価格高騰がもたらしている消費者の行動の変化、インサ…

クレオ/2030年の買物行動「買物に来る次の波」ダイジェスト版無料公開

クレオは7月27日~7月29日、無料オンラインセミナー動画「買い物に来る 次の波~ダイジェスト版~」を公開する。 <生活者を起点に価値を高める施策のヒント提供> クレオは、生活者マーケティングをベースに、店舗・売り場を中心としたマーケティング施策やプロモーション施策を提案している。半世紀ほど生活者マーケティングに取り組んできた経験に基づき、数年先から数十年先の未来の生活者・買い物行動に関するオンラインセミナー動画を公開する。 取り上げる内容は「2030年の買い物行動」。2021年3月~2022年2月…

イトーヨーカドー登壇/組織横断、現場主体の業務デジタル化解説7月21日無料開催

ドリーム・アーツは7月21日、デジタルの民主化DAY「最新事例!DXに不可欠な組織横断の業務デジタル化」を開催する。 <先進的にDX・デジタル化に取り組む企業が登壇> すべての企業が、積極的であるかどうかに関わらず「DX」という波に巻き込まれる時代。今のビジネスが順調でも、デジタルを活用できない企業はいずれ追いつかれ、追い抜かれてしまう。 最も業務に精通する現場部門が自律的にデジタルを活用することで、これまでにないスピードで組織にデジタライゼーションが広がり、組織全体のデジタル・リテラシーと、変革マ…

アパレル生産管理/工場との連携強化でクオリティー向上7月20日無料開催

シタテルは7月20日、「【生産管理を改善したい方向け】アパレル生産のすれ違いをなくしクオリティーを高める~言った言わないをなくし製作を爆速化するコミュニケーション術~」を無料開催する。 <生産のすれ違いなくしクオリティー向上させる施策解説> アパレルブランドの生産管理は、複数アイテムをさまざまな工場の担当者と連携して製作するため、煩雑な業務や情報管理に苦慮している人も多いのではないだろうか。 各工場と連携を行う中で、特に「言った言わない」などのコミュニケーションのミスは、担当者の気がかりのひとつとな…

大久保恒夫氏登壇/小売のビジネスモデルの改革とDX8月10日無料開催

リテイルサイエンスは8月10日、同社ファウンダーであり、西友社長である、大久保恒夫氏が登壇する無料ウェビナー「小売業のビジネスモデルの改革とDX~タッチポイント業への進化で利益を急拡大させる~」を開催する。 <タッチポイント業への進化を解説> 小売業では顧客とのタッチポイントが増え、デジタルマーケティングも発達して顧客のコミュニケーションが変わった。 小売業の資産は顧客の多さと利用頻度の多さだ。 マーケットデータ・売り場データ・販促データ・仕入れ物流データ・生産性データなど、小売業は多くのデータを持…

商業施設・小売のデータ活用/Tableauビジュアライズ事例紹介7月12日無料開催

リゾームは7月12日、「Tableauビジュアライズ分析事例~商業施設・小売業でのダッシュボード作成事例ご紹介~」をオンライン開催する。 <Tableauビジュアライズ事例を紹介> 「データ活用」に課題を感じているビジネスパーソンは少なくない。同社が商談をしている顧客、過去のセミナー参加者からも、「何から始めれば良いかわからない」「具体的なイメージが湧かない」「事例が知りたい」といった声はよく聞かれるという。 今回、Tableauダッシュボードの作成事例を多数紹介するセミナーを企画した。利用するデー…

ソフトバンク/多発する「リテールDX」失敗例を無料で解説

ソフトバンクは7月19日、無料ウェビナーとして、「多発する『リテールDX』失敗例~DX負け組にならない為の道標~」を開催する。小売業界におけるDXについて、専門家の意見を知りたい人、小売業界でDX推進に携わっている企業の担当者の受講を想定したセミナー。 現在、DXに取り組まない企業に未来はない、というような言葉にあおられて形だけのDXに取り組み失敗するリテール企業が後を絶たない。特に、システムの導入が目的になってしまい、ITベンダーとコンサル会社、システム部門だけで「現場視点を失ったデジタル化」を進…

営業戦略の立て方/外資系日雑メーカーマーケティング経験者が解説

マーケティング研究協会は7月26日、「外資系メーカー流 営業戦略の立て方 ー戦略策定とPDCA推進のポイントー」を開催する。 多くのメーカーで、3カ年・半期・単年と戦略を掲げ、その実現に向けてPDCAを回していく、そういった取り組みを当然のようにしているが、「戦略が絵に描いた餅のようになっている」「営業部内で浸透しない」「PDCAがうまく回っていない」というような状態になっているパターンを非常に多く目にする。 これまでのレビューが適切にされていない、戦略に対するゴールや評価指標が定まっていない、など…

海外進出目指すアパレル向け/バイヤーと生産背景の構築法7月13日無料開催

シタテルとJOORは7月13日、「【海外進出を目指すアパレル企業向け】海外進出を成功に導く海外のバイヤーと生産背景とのネットワーク構築法」をオンライン開催する。 <海外でのバイヤーと生産ネットワーク構築法解説> 国内市場の縮小や円安などの市場環境から、海外進出を検討しているアパレル企業は増加傾向にある。近年では、バイヤーの開拓、市場に合わせた生産背景の連携や拡充など、海外進出の鍵となるバイヤー、生産背景の獲得を大きく簡略化する手法ができており、実際に進出を成功させた事例が生まれている。今回のセミナー…

帳票DX/フェリシモの受領書兼請求書の電子配信など解説7月13日無料開催

ウイングアーク1stは7月13日、「帳票DX DAY No.3~有識者と事例企業から学ぶ、法対応と帳票電子化の前進を~」をオンライン開催する。 <受領書兼請求書の電子配信など解説> 改正電子帳簿保存法に加え、2023年10月にはインボイス制度が施行。バックオフィスを取り巻く環境の変化は法制度だけにとどまらない今、まさに紙文化から脱却し、バックオフィスDXを推進するチャンスともいえる。 バックオフィスDXのトレンド、各業種の先進企業が取り組む社内・取引先との帳票業務の最適化、法制度対応の事例を解説する…

ID-POSデータ活用講座3実践編/データ集計・分析強化7月29日・8月5日開催

流通経済研究所は7月29日・8月5日、「ID-POSデータ活用講座3実践編~ID-POSデータ集計・分析の実践的なスキルを磨く~」を開催する。 <ID-POSデータ集計・分析スキルを学ぶ> 同講座は、ID-POSデータ活用の基本を理解している人に、講義と演習から幅広い領域でのID-POSデータ集計・分析に関する実践的なスキルを習得することを目的としている。 課題に応じた分析手法の選択、目的に応じた分析条件(範囲・期間・会員など)の設定、集計結果に応じた深堀り分析の選択・実施、集計結果の評価、解釈、施…

D2CでEC販路拡大/消費者行動予測、ファンが喜ぶ体験解説7月7日無料開催

文藝春秋は7月7日、「2025年の『消費者行動・EC市場』予測~D2CモデルでEC販路を拡大するために必要なこと~」をオンライン開催する。 <デジタル販路拡大を解説> コロナ禍の生活様式の一変により、多くの企業が強化し、市場が急拡大した物販系ECの動向と今後の消費行動の予測にも注目が集まっている。消費者とのリアルの接点が減り、オンラインでのコミュニケーションが進化していく中、オンラインとオフラインを併せたOMO施策により、「探す」という行為から好みに合わせて表示されるものの中から「選ぶ」など、購買体…

セブンイレブン、コカ・コーラ、花王登壇/DXの取り組み紹介7月14日無料開催

セールスフォース・ジャパンは7月12日~15日、「顧客とつながる業界の新しいカタチ ~デジタルで創る変革と企業価値~」をオンライン開催する。 <顧客ニーズにDXで迅速に対応する施策など紹介> 変化が早く、また不確実性の高い現代で企業のデジタル化が劇的に進むなか、これまでになく深く顧客、パートナー、環境とつながることが求められている。革新的な企業は業界特有の課題をどうデジタルで解決し、未来に向かおうとしているのか、実例をもとに考察する。 特に、7月14日は小売・消費財業向けのセミナーを実施。基調講演で…

スーパーバイザーの働き方変革/オンライン臨店で効率化7月6日無料開催

ネクスウェイは7月6日、「オンライン臨店!?スーパーバイザーの働き方を変革~10時間/週 効率化の裏側とは~」をオンライン開催する。 <売り場の陳列状況確認業務を効率化> スーパーマーケットのスーパーバイザーは重要なポジションだけに、とても多忙だ。 本社と店舗をつなぐ立場として、バイヤーが仕入れた商品の売り場作りを指導、本部で決めた販促施策を実行し、店舗の売り場の現状を本社にフィードバック、直接顧客と接するスタッフの意見を吸い上げ、好不調要因の分析などをしなければならない。 その多様な業務のなかから…

営業力強化のDX/ユニフォームメーカー・セロリー事例紹介7月13日無料開催

ジールは7月13日、「ユニフォームメーカー業界を牽引するセロリーが成功した営業DX!Excelから脱却し“営業力強化”に必要不可欠なデータ活用の高度化と効率化を実現」を開催する。 <データ活用の高度化と効率化解説> ウィズコロナ・アフターコロナの時代となり、各企業の売り上げの成長を握る営業部門においてもDXの必要性は例外ではない。 今回のセミナーでは、ジールが提供するクラウド型データ分析基盤「ZEUSCloud」を導入し、データ活用の高度化と効率化により営業力強化に成功したセロリーが登壇し、導入前の…

物流DXで年末を乗り越える/採用&配送コストマネジメント術6月29日無料開催

シーアールイー、ツナググループHC、CBcloudは6月29日、「【物流担当必見】物流DXで年末繁忙を乗り越える!採用&配送コストマネジメント術~人手不足も配送コストもまとめて徹底対策~」を開催する。 <物流コストや業務の最適化解説> 2024年問題、宅配クライシスなど、昨今の物流業界を取り巻く環境は大きく変化している。中でも人手不足、ラストマイルの問題は日に日に重要性を増してきている。 「モノ」を扱い顧客に「届ける」ことを生業としている企業にとって、人材や配送インフラの確保、それに伴うコストや業務…

マーケティング・商品企画のすすめ方/元日経トレンディ編集長登壇7月14日開催

マーケティング研究協会は7月14日、「これからのマーケティング・商品企画のすすめ方~コロナ以降の顧客・市場の変化を事例とキーワードから予測する~」を開催する。 元日経トレンディ編集長の講師が考えるこれからのマーケティング・商品企画を事例とキーワードで徹底解説。コロナ以降のマーケティングの方向性はどうあるべきか、ヒット商品を企画するためのヒントはどこにあるのか深堀りする。 また、マーケティングの基本とされる、プロダクトアウトからマーケットイン、インサイト、差別化などをふまえ、コロナ以降の顧客・市場動向…

物流DXとMaaSを実現/アジャイル手法の基本紹介6月28日無料開催

モンスターラボは6月28日、「物流MaaSの成功確率を上げるアジャイル手法~DX取り組み事例を交えて紹介~」をオンライン開催する。 <DX推進と物流MaaSの実現を解説> コロナ禍で社会情勢が大きく変化した現在、物流業界はより旧来の課題が深刻化している中でデジタルテクノロジーを活用した物流の変革が求められている。多くの物流企業の課題となっているのが「DX(デジタルトランスフォーメーション)」の推進と物流MaaSの実現だ。 しかし、実際に物流DX、MaaSを実現しようにも「スコープが広がりすぎてなかな…

位置情報でDX/顧客・競合店・出店候補地分析を解説6月28日無料開催

Agoopと技研商事インターナショナルは6月28日、「位置情報で実現するDXとビジネス戦略~分析手法と事例・GISデモンストレーション~」をオンライン開催する。 <位置情報で顧客・競合店・出店候補を分析> 近年ビッグデータを活用した正確で詳細な傾向把握や需要予測などから、新たな戦略のヒントを得ている企業は少なくない。 特に位置情報ビッグデータを活用することができれば、今まで把握しきれていなかった競合店舗、施設への来店者数を性年代別、年収、世帯構成、滞在時間別レベルで分析できる。さらに、自店舗、競合店…

新しい工場・生地・資材の探し方/sitateru CLOUD活用6月24日無料開催

シタテルは6月24日、「【sitateru CLOUD活用セミナー】新しい生産背景、生地・資材の探し方」を無料開催する。 <新規サプライヤーの拡充など解説> クリエーティブなデザイナーズブランドにおいて、 「最適な工場を見つけること」「生地・資材の調達」は、重要であると同時に課題でもある。 その要因として、工場や生産者の情報がクローズドであることやコミュニケーションに時間がかかることなどが挙げられる。 今回のセミナーは、sitateru CLOUDで新規サプライヤーの拡充(生産背景の見つけ方)、生地…

飲食・小売のOMO/独自Payとオンライン注文で顧客接点増6月28日無料開催

ジャストプランニング、アララは6月28日、「【飲食・小売り向け】今こそ取り組むべきOMO~独自Payとオンライン注文で顧客接点を増やす~」をオンライン開催する。 <顧客接点の拡大策を紹介> 飲食・小売業界で注目されているOMO。オンラインとオフラインの垣根にとらわれず、人がモノやサービスに触れ得られる体験、経験を主軸に考える新しいマーケティング概念だ。 しかし、OMOとは何か、また、実際に自社のビジネスにどう取り入れ、どう売り上げにつなげればよいか分からない人も多いのではないだろうか。 セミナー前半…

2024問題など放っておけない物流課題を総点検/勘所を紹介7月12日開催

船井総研ロジは7月12日、「2025年のロジスティクス施策セミナー~2024問題を含めた放っておけない物流課題を総点検~」をオンライン開催する。 <物流改善の優先順位と取り組むべきポイントなど紹介> 2024年問題のリスクはクローズアップされているが、その後の物流業界はいかに変化しているのか。これからの変化を明確にし、2025年に荷主企業が備えるべき課題をピックアップした新時代の物流戦略セミナーを実施するもの。 2025年の国内物流はどうなっているのか、荷主企業に必要な準備、優先順位と取り組むべきポ…

顧客視点のBEAMS物流戦略/RFID活用、EC物流内製化の挑戦6月30日無料開催

シーアールイーは6月30日、第82回CREフォーラム「BEAMS RFID SOLUTION~お客様視点のBEAMS物流戦略~」をオンライン開催する。 <RFID活用、EC物流内製化の挑戦を紹介> BEAMSは、1976年に約21m2の小さな洋服店「AMERICAN LIFE SHOP BEAMS」からスタートし、セレクトショップの先駆けとして成長したアパレル小売りの企業。国内外約160店舗を展開し、売り上げ800億円を超えた現在も、自社物流にこだわり続けている。 その理由は、物流部門が顧客視点の物…

AI・映像データによる次世代の集客/マーケティングDX解説6月30日無料開催

ソフトバンクは6月30日、「SoftBank×LINE Biz Conference~顧客体験を変革させる、AI・データ活用の今~」をオンライン開催する。 <マーケティングDX解説> 2021年3月に、ソフトバンクのグループ企業の一員としてLINEが加わり1年が経過した。今回のセミナーでは、両社によるDXの未来、BtoBtoC領域での事業展開、AIなどのテクノロジー、データを活用したソリューションについて紹介する。 飲食業界を活性化させるAI・映像データによる次世代の集客戦略、AI-OCRがもたらす…

SCの戦略・リーシング改革支援/「SC FORCE」活用紹介6月22日無料開催

リゾームは6月22日、「『SCの戦略づくり』と『リーシング』に変革をもたらすクラウドサービスのご紹介」をオンライン開催する。 <「SC FORCE」活用法を紹介> SC業界内の動向(トレンド)を見ながら、リーシング業務改革を支援するオンラインセミナー。「SC FORCE(エスシーフォース)」というサービスにて、新しいリーシング業務を提案する。約2年にわたるコロナ禍により、SC業界ではリーシング業務の見直しを迫られている。地域別、業種別、SC立地別のショップ出退店動向やランキングなどからリーシング業務…

提案力の高め方/自社商品採用率を高める商談のポイント7月20日開催

マーケティング研究協会は7月20日、「提案力の高め方~自社商品の採用率を高める商談のポイント~」をオンライン開催する。 「提案しようと言われるけど、提案とは何か」「どうしたら提案力を高めることができるのだろうか」「どんな提案をすれば自社商品の採用率が高まるのだろうか」といったビジネスパーソンの課題に対応したセミナーを実施する。 「自社・自身の提案力を高めたい」「新たに配属された新人や新任担当者に教育を受けさせたい」「伸び悩んでいる中堅社員を伸ばしたい」などのニーズに応える内容となっている。 ■開催概…

イッセイミヤケ出身の水内氏解説/「適正納期で品質を最大化」無料資料配布

シタテルはこのほど、セミナーリポート「適正納期に合わせてクオリティを最大化するクリエイティブマネジメント」の無料配布を開始した。 <適正納期に合わせてクオリティを最大化する手法紹介> 少数精鋭のブランドやチーム運営では、「限られた人員」と「納期」で最大のクオリティーを出す必要がある。この条件の中、成果を出すためには、どうすればよいだろうか。 今回のセミナーリポートは、イッセイミヤケ出身でさまざまな国内ブランドを中心にアドバイザリー活動を行っているTOKI代表取締役の水内大策氏による、成果を出すための…

小売の「LINE WORKS」活用/情報共有が活発になる店運営6月29日無料開催

ソフトバンクは6月29日、「スタッフ間での情報共有が活発になる店舗運営のポイントとは~事例で見る小売業界での『LINE WORKS』活用術~」をオンライン開催する。 <「LINE WORKS」活用術を紹介> 小売業界での店舗運営では、人手不足や、コミュニケーション不足などの課題に対し、デジタルツールを活用して課題を解消する動きに注目が集まっている。 今回のウェビナーは小売業界の現場へ、35万社を超える企業で利用されているビジネスチャット「LINE WORKS」を導入することで、どのように今の業務が効…

流通経済研究所/根本重之氏登壇、チェーン小売業動向解説6月28日・7月5日開催

流通経済研究所は6月28日・7月5日、「チェーン小売業動向セミナー」をZoomによるWeb配信(ライブ)で開催する。 コロナの影響、さらに会計基準の変更などもあり、小売業の決算数値がこれまでよりも読みにくいものとなっている。コロナの長期化に加え、各種商品の値上げ、さらにウクライナの厳しい情勢もあり、今後、小売業の業績は優劣がこれまで以上にはっきり出てくる可能性がある。 <各業態有力チェーンの情報を提供> 今回のセミナーは、総合スーパー、食品スーパー、コンビニエンスストア、ドラッグストアの主要4業態に…

多店舗運営/業務指示とマニュアルの一体化で進化6月21日無料開催

ネクスウェイは6月21日、「業務指示とマニュアルの一体化で変わる多店舗オペレーション」をオンライン開催する。 <多店舗オペレーションの進化について解説> コロナ禍やウクライナ侵攻などで見通しが利かない今の時代は、未来の予測が難しくなる状況のことを意味するVUCAの状態だ。 このようなVUCAの時代にチェーンストアに必要な対応は、これまでのようにPDCAを回すのではなく、Trial&Errorを素早く繰り返し、環境変化に合わせた速やかな業務見直しが必要になってくる。店舗からのフィードバックや店舗独自の…

Softbank×LINE/顧客体験を変革させるデータ活用、AI電話対応を解説

ソフトバンクは6月30日、「SoftBank×LINE Biz Conference~顧客体験を変革させる、AI・データ活用の今~」をオンライン開催する。 <顧客満足度を向上させる取り組みを紹介> 2021年3月に、ソフトバンクのグループ企業の一員としてLINEが加わり1年が経過した。両社のシナジーがもたらすこれからの顧客体験を紹介する。 AIによる電話対応など顧客満足度を向上させる取り組みを説明する。 ■開催概要 開催日時:6月30日(木)13:00~15:45 場所:SoftBank × LIN…

冷凍・冷蔵倉庫で使える搬送ロボットセミナー/6月15日無料開催

フジテックスは6月15日、「冷凍・冷蔵倉庫で使える搬送ロボットセミナー」を開催する。 <冷凍環境でも使用できる搬送ロボットを紹介> 冷凍食品などの需要増加により、新規での冷凍倉庫の建設が増えている。倉庫内は結露などの課題もあり、使用できる搬送ロボットは世界的にも少なく、ロボットによる省人化は難しいとされている。 今回のセミナーでは、マイナス25度の冷凍環境でも使用できる搬送ロボット「iLogistics」を、事例などを用いて紹介する。 「iLogistics」はフランスのメーカーiFollow社製の…

西友社長・リテイルサイエンス創業者の大久保氏登壇/6月29日無料セミナー

リテイルサイエンスは6月29日、同社ファウンダーで西友社長である、大久保恒夫氏が登壇する無料ウェビナー「デジタルマーケティング研究会記念ウェビナー~小売業のDXとデジタルマーケティング~」を開催する。 <西友社長・リテイルサイエンスファウンダーの大久保氏登壇> 現在は膨大なデータをローコストで処理できる時代になった。 小売業が蓄積している購買データなどをさまざまな角度から分析し、具体的な打ち手につなげることで大きなチャンスにつながる。 デジタルマーケティングの基本と具体策・アプリの活用方法だけでなく…

資生堂、シップス他EC戦略/アンバサダーマーケティング紹介6月30日無料開催

日本経済新聞社は6月30日、「日経MJフォーラムEC事例2022~実践企業に学ぶ課題解決法~」をオンライン開催する。 <EC事業者の課題解決のための具体的な事例を紹介> 新型コロナウイルスは購買行動・心理を変え、ECで買い物をする消費者・企業・社会のデジタル化を早めた。 今後、EC事業者はどのように売り上げを伸ばしていくのか、競争優位に立つためにさまざまな施策を考えていかなければならない。 さらに最近ではメタバースによるバーチャルショップの展開を始める企業も増えており、今後のEC市場はますます拡大し…

サミット、西友、三越伊勢丹登壇/小売DX、購買行動紹介6月24日無料開催

リテール総合研究所は6月24日、「【変わる小売流通業】リテールイノベーション~今と未来を知る~」をオンライン開催する。 <各社のDXへの取り組み紹介> デジタル化の流れが進化し、消費者の購買行動は急速に変化しており、小売流通は大きな変革期にあるといえる。コロナ禍を経験したことも加わり、新たな小売業のスタンダードとなるかもしれない取り組みが随所で行われている。 今回のセミナーは、変わる小売流通業界において今起きていることを知り、来るべき未来に対して業界プロフェッショナルを講師に招き、さまざまな視点から…

デジタルマーケティング戦略/顧客データ統合・活用を解説6月21日無料開催

ソフトバンクは6月21日、「顧客データ利用がもたらす小売流通業界の未来とは~ソフトバンクが推進するデジタルマーケティング戦略~」をオンライン開催する。 <顧客データを活用した具体的なアプローチ手法紹介> 昨今、小売流通業界を取り巻く課題として、少子高齢化による人口減少で国内市場が縮小傾向にある中、消費者ニーズの多様化にも応えなければならない厳しい事態に直面している。 今後は個々の顧客が望む情報の提供が必要になり、それを実現するには散在する顧客データを統合するマーケティング戦略が重要だ。 今回のセミナ…

ニトリ、スギ、カスミ登壇/小売DX・パーソナライズ化解説6月30日無料開催

日本ビジネスプレスは6月30日、「第8回 JBpress リテールDX Forum~リテールDXの実現と新価値創造へ~」をオンライン開催する。 <パーソナライズ化、省人化・無人化など解説> スマートフォンやSNSなどのデジタルツールの浸透が消費者の価値観や購買行動の多様化に拍車をかける一方で、EC市場の伸長によりリアル店舗の在り方を見つめ直す必要性に迫られている。もとより生産性の低さが指摘される日本の小売業では、DXによる生産性の向上が待ったなしの状況だ。 今回のセミナーは、ニトリホールディングス、…

三菱商事など/物流の環境・雇用・ロボサブスク解説6月15日~17日無料開催

プロロジスは6月15日~17日、「PROLOGIS CONNECT#01」をオンライン開催する。 <「環境」「雇用」「ロボサブスク」など紹介> 物流領域において多様な関心を持つ顧客と、新規性や独創性のあるソリューションを提供する企業を結び付ける場として、新たにオンラインセミナー「PROLOGIS CONNECT」を始動する。 初回は、サステナビリティに対する多面的なアプローチをテーマに、「環境」「雇用」「ロボサブスク」のウェビナーを3日間にわたり実施。物流領域での活用事例やユーザーのリアルな声も紹介…

商業施設・小売業/データ活用、Tableauダッシュボード紹介6月14日無料開催

リゾームは6月14日、「Tableauビジュアライズ分析事例 ~商業施設・小売業でのダッシュボード作成事例ご紹介~」をオンライン開催する。 <Tableauのダッシュボード作成事例を紹介> 「何から始めれば良いかわからない」「具体的なイメージが湧かない」「事例が知りたい」「自社で持っているデータを活用できていない」などデータ活用に課題を感じている企業に向け、Tableauダッシュボードの作成事例を多数紹介する。 利用するデータは、商業施設や小売業のPOSデータ、ID-POSデータで、データ活用のヒン…

提案ストーリー構築力強化講座/伝わる提案資料作成など学ぶ7月8日開催

流通経済研究所は7月8日、「提案ストーリー構築力強化講座~説得力のある営業提案作成のためのロジックとストーリー構築を学ぶ~」を開催する。 <伝わる提案資料作成など学ぶ> 同講座は、メーカー・卸売業の営業担当者が、自社製品の販促実施や取り扱い拡大を目的とした商談において、相手の課題を理解し、提案内容を磨き、論理構成のしっかりした、ストーリーのある営業提案を作成する力を養い強化することを目的としている。 提案先の課題を把握するための情報、POSデータ分析の活用、5W1Hで考える、提案内容の「磨き」方、「…

2時間でわかる食品小売/スーパー、ドラッグ、コンビニの強化策解説7月22日開催

マーケティング研究協会は7月22日、「2時間でわかる食品小売マーケット~スーパー、ドラッグ、コンビニの食品強化策を探る~」をオンライン開催する。 コロナ禍を経て拡大した内食・中食市場を巡る競争が激化している。食品の主要購入先であるスーパーマーケットは、新たな食品購入先として存在感を増すドラッグストア、パーソナルユースからファミリーユースへの拡大を図るコンビニエンスストアとどう戦うのか。 主要業態の食品販売に関する方針、売り場、MDの変化を業態横断してわかりやすく解説する。 ■開催概要 開催日時:7月…

人流データ活用/組織力強化・人材育成を学ぶ6月8日無料開催

クロスロケーションは6月8日、ロケーションテックセミナー「位置情報データ活用で見えてきたビジネス変革活用の基礎講座~劇場コンサルタント企業の人流データを活用した人材育成から学ぶ成功事例~」をオンライン開催する。 <組織力強化・人材育成を紹介> 今回のセミナーは、位置情報活用を検討しているなど、新しいデジタルサービスを組織としてどのように活用していくかに悩んでいるマネジメント層向けとなっている。渋谷駅直結高層複合施設「渋谷ヒカリエ」9階にあるヒカリエホールなど全国のさまざまな有名劇場・ホールのコンサル…

J.フロント、データ・ワン、茂木健一郎氏登壇/データ活用経営6月23・24日無料開催

マイナビは6月23日・24日、「TECH+ EXPO 2022 Summer for データ活用 データから導く次の一手」をオンライン開催する。 <データ駆動型経営を解説> テクノロジーを活用した技術革新の加速や産業構造の変化、破壊的イノベーションを起こすディスラプターの登場などにより、現在のビジネスにおいては、意思決定のスピードと質を向上させることが求められている。 経験や勘に基づく経営判断を脱却し、社内外にあるデータの価値を創出できる環境を整備すること、すなわちデータを活用したデータ駆動型経営へ…

店舗・売場観察力育成講座/商談・売場・MD改善に生かす力習得6月24日開催

流通経済研究所は6月24日、「店舗・売場観察力育成講座~商談、売場改善・MD改善に活かせる商圏・店舗・売場の見方」を開催する。 <改善に生かせる特徴・課題を読み取る視点を習得> 店舗や商圏、売り場の客観的な観察と理解は、MD改善、売り場改善を行う上での基礎となる活動。メーカー・卸にとって、取引先小売りに対し説得力のあるMD提案や店舗商談を行ううえで、商圏を含めた店舗や売り場の理解が不可欠となっている。 小売業にとっては、顧客に支持されるための価格以外のポイント、新しい「売り方」や魅力的で買いやすい店…

クラウドカメラで業務改革/スーパーの3つの事例解説6月9日無料開催

ネクスウェイは6月9日、「ここまでできるクラウドカメラ!スーパーマーケットの業務改革事例3選から見る実力はいかに」をオンライン開催する。 <スーパーでの業務改革事例を解説> クラウドカメラの利用用途や活用目的を整理し、その中でも特に業務利用シーンに焦点をあてて解説。臨店を効率的に行いたいスーパーバイザー、ロス率改善に取り組まなければならないバイヤーなど多店舗運営企業の経営企画、商品部、店舗運営部、営業部門、情報システム部門向けの内容となっている。 「クラウドカメラでどんな課題を解決できるのか知りたい…

NEC/小売向けPOSソリューションによるレジ業務改革紹介6月15日無料開催

NECソリューションイノベータは6月15日、「導入事例で紐解くレジ業務改革の3つのポイント~NeoSarf/POSのおすすめ機能・活用シーンのご紹介~」を開催する。 <店舗運営をサポートするソリューション紹介> 小売業向けPOSソリューション「NeoSarf/POS」は、「操作性に優れたユーザーインターフェース、ハードウエアフリー、外部サービスと柔軟に連携可能な拡張性」といった特長で、顧客の課題を解決し店舗運営をサポートする。 さらに、キャッシュレス決済やセルフレジといった、昨今特に注目が集まる販売…

JILS/2021年度「物流技術管理士資格認定講座」の優秀論文を無料公開

日本ロジスティクスシステム協会(JILS)はこのほど、物流技術管理士資格認定講座において、資格認定試験の一環である論文試験の2021年度「優秀論文」をホームページにて公開した。 論文試験では、受講者が講座で学んだ内容をふまえ、5000~6000字の論文を作成。また毎年、特に優れた論文については、講座専門委員会にて「優秀論文」と認定し、表彰を行っている。 ■詳細はこちら https://www1.logistics.or.jp/news/detail.html?itemid=684&disp…

カゴメ、アステラス製薬登壇/人財テックで人事部門改革紹介6月28日無料開催

マイナビは6月28日、「TECH+フォーラム 人事テック Day 2022 Jun.人材の価値を最大限に引き出すために」をオンライン開催する。 <人財テックで人事部門を改革> 技術革新や産業構造の変化により、多くの企業が自社のビジネスの変革を迫られている。変革の大小に関わらず、その要はやはり人材だ。 人事部門のあらゆる業務をデジタルで効率化させ、人材の価値を最大限に引き出すことが、今後、人事部門に求められる役割だと考えられる。今回のイベントでは、「人事テック」をテーマに、変革が求められる時代の人事部…

KDDI、コニカミノルタ、ナビタイム登壇/マーケティングDX解説6月15日~17日無料開催

技研商事インターナショナル Powered by LBMA Japanは6月15日~6月17日、「オルタナティブ データ マーケEXPO 2022」を開催する。 <位置情報活用など販促DX解説> 位置情報(デバイスロケーションデータ)をはじめとする「オルタナティブデータ」を用いた、企業・団体・自治体のマーケティングDX(デジタルトランスフォーメーション)について、各界の専門家が最先端の事例、成功体験を紹介する。 位置情報活用事例から学ぶデータドリブン実践、多店舗チェーンが今やるべきローカル検索対策と…

金融と非金融の融合/決済DXで広がる新たなビジネス・顧客体験を無料配信

TISはこのほど、「決済DXで広がる新たなビジネスと顧客体験~金融と非金融の融合~」の配信を開始した。 2021年9月17日に実施したウェビナーの録画放送を行うもの。 基調講演には、高木 聡一郎 東京大学大学院情報学環 准教授が登壇。デジタル技術が社会にもたらす本質的な変化を「デフレーミング」という概念で捉え、その3つの要素である「分解と組み換え」、「個別最適化」、「個人化」を手掛かりに、最新のビジネス動向を読み解く。それらを踏まえ、不確実性の高い時代におけるビジネス創造の方法と戦略について論じる。…

接客のDX/3倍売れるECサイト解説6月8日無料開催、AWESOME STORE登壇

シルバーエッグ・テクノロジーと「STAFF START(スタッフスタート)」を提供するバニッシュ・スタンダードは6月8日、物販・流通ビジネスのEC担当者を対象としたウェビナー「AWESOME STORE 堀口氏に聞く! “接客のDX”で作る、3倍売れるECサイト」を開催する。 <接客のDXで3倍売れるECサイト解説> 今回のウェビナーでは、AWESOME STOREのEC戦略のかじを取るオーサム専務取締役の堀口 周作氏をゲストに招き、同社の採用するスタッフテックツール「STAFF START」を提供…

ドコモGPS人流データ×パスコ/人流データと商圏分析の連携紹介6月1日無料開催

ドコモGPS統計データを活用した人流分析サービス「Datawise Area Marketer」を開発するデータワイズは6月1日、パスコをゲストに迎え、オンラインセミナー「ドコモGPS人流データ×PASCO MarketPlannerによる新しいマーケティングDX第2回~ここまでできる!人流データ×商圏分析~」を開催する。 <新しい商圏+人流データ分析手法を紹介> ドコモGPS統計データとは、ドコモがアプリユーザー同意のもと取得し、個人を特定できない形式に加工、統計化したデータを指し、属性ごと(性別…

アメリカNY小売研修/アマゾン・ウォルマート・ウェグマンズ体験9月開催

リテール総合研究所は9月14日~9月19日、「アメリカ・ニューヨーク4泊6日小売りトレンド・最前線」を開催する。 <アメリカ小売りトレンドの最前線を学ぶ> アマゾン、ウォルマート、ウェグマンズ、イータリーなどアメリカ小売りトレンドの最前線を現地で集中学習。アメリカ東部の小売り最前線を学ぶ。 ロングアイランド、ブルックリン、ニュージャージー州、ロードアイランド州、コネチカット州、マンハッタンなどの店舗を視察。店舗のICT活用研究所の郡司昇氏、城取フードサービス研究所の城取博幸代表、リテール総合研究所の…

店頭プロモーション企画立案講座/効果的な定石学ぶ6月10日開催、17日よりオンデマンド配信

流通経済研究所は「店頭プロモーション企画立案講座~効果的な店頭販促企画立案に必要な定石を学ぶ~」を6月10日ライブ開催、6月17日よりオンデマンド配信を行う。 同講座では、講義と演習を通じて効果的な販促企画力の育成と説得力のある提案作成のポイントを学ぶ。 <店頭プロモーション企画立案の定石解説> 5W1Hで考える店頭販促企画の要素、店頭販促の各手法の特徴・長所・短所、店頭販促企画におけるデータ・情報源の活用、次回の企画につながる正しい効果検証手順などを説明する。 消費財メーカー・卸売業・小売業で、店…

コンビニ商品の未来/アフターコロナのイノベーションを探る6月23日開催

マーケティング研究協会は6月23日、「CVS商品の未来を探る~アフターコロナのイノベーション~」をオンライン開催する。 コロナ後のコンビニ商品はどう進化するのか。顧客ニーズと環境の変化にかつてないほどの商品・売り場改革が進行中だ。 長年コンビニエンスストアでの商品開発に携わってきた松澤圭子氏を講師に迎え、商品提案に役立つその現在と未来をわかりやすく解説する。 ■開催概要 開催日時:2022年6月23日(木)13:30~17:00 会場:ZOOM社ミーティングを使用したWEBセミナー 受講料:1人受講…

アマゾンvsウォルマート/販売データ活用術を紹介6月7日無料開催

フルカイテンは6月7日、「『アマゾンvsウォルマート』成長の軌跡と未来図~サプライチェーンの終点は小売りから消費者へ~」をオンライン開催する。 <アマゾンとウォルマートの販売データ活用術紹介> 今回のウェビナーでは、四半世紀にわたり米国でアマゾンとウォルマートを追いかけている鈴木敏仁氏が1年ぶりにアンコール登壇。世界の小売業を根底から変えてきた両雄の戦略をひも解き、小売りの未来図を分析する。 両社とも販売データを最大限に活用することでEDLP(エブリデー・ロープライス)やマーケットプレイスを実現、充…

店舗アプリ活用/集客力アップにつながる改善を紹介5月24日無料開催

ピーシーフェーズは5月24日、「集客力アップにつながるアプリの運用改善とは~アプリリリース後によくある課題と改善事例も公開!~」をオンライン開催する。 <集客力アップにつながるアプリの運用改善を解説> 流通小売業における店舗アプリの活用は、顧客のリピート促進、ロイヤルティーの向上をはじめ顧客との良好な関係につながるため、販促やマーケティングを展開していく上で重要な施策だ。流通小売業で、すでにアプリを運用している、または以前アプリを運用していた企業も多い。 しかし、アプリを運用する上で「売り上げに貢献…

製造業向け/「ESGロジスティクス」導入手順公開セミナー6月8日開催

船井総研ロジは6月8日、「製造業必見!KPI項目に照準を定める『ESGロジスティクス』導入手順を大公開!」をオンライン開催する。 <物流戦略的ESGロジスティクスの事例など紹介> ESGロジスティクスとは、モーダルシフト、共同配送、労働環境改善、労働災害の削減など物流に起因し、実行、測定可能な「ESG」(Environmental、Social、Governance)の取り組みを表したもの。 物流業界でもESGやカーボンニュートラルの動きが加速しており、製造業においても、ESGロジスティクスは避けて…