カテゴリーアーカイブ: 決算

アインHD/5~10月、処方せん枚数回復などで増収増益

アインホールディングスが12月2日に発表した2023年4月期第2四半期決算によると、売上高1712億400万円(前年同期比11.9%増)、営業利益67億8400万円(17.5%増)、経常利益72億8300万円(18.9% […]
The post アインHD/5~10月、処方せん枚数回復などで増収増益 first appeared on 流通ニュース….

サミット/服部社長「ネットスーパーは想定通り順調にスタート」

サミットの服部哲也社長は、11月15日行われた決算会見で「10月開始したネットスーパーは、想定通りに順調にスタートを切った。砧店1店舗だけでの取り扱いだけだが、会員数、アクティブ会員数、客単価、1日の受注件数など堅調に推 […]
The post サミット/服部社長「ネットスーパーは想定通り順調にスタート」 first appeared on 流通ニュース….

サミット/4~9月期当期利益52.2%減、水光熱費高騰が響く

サミットが11月15日発表した2023年3月期第2四半期の決算によると、売上高1525億8000万円(前年同期比3.6%減)、営業利益29億4200万円(47.7%減)、経常利益29億800万円(49.8%減)、当期利益 […]
The post サミット/4~9月期当期利益52.2%減、水光熱費高騰が響く first appeared on 流通ニュース….

サンドラッグ/4~9月はディスカウントストア事業好調で増収増益

サンドラッグが11月14日に発表した2023年3月期第2四半期決算によると、売上高3392億2300万円(前年同期比3.8%増)、営業利益185億1100万円(3.2%増)、経常利益187億6900万円(2.9%増)、親 […]
The post サンドラッグ/4~9月はディスカウントストア事業好調で増収増益 first appeared on 流通ニュース….

マツキヨココカラ/4~9月増収増益、通期の利益面を上方修正

マツキヨココカラ&カンパニーが11月14日に発表した2023年3月期第2四半期決算によると、売上高4650億7500万円(前年同期比67.9%増)、営業利益283億2200万円(81.5%増)、経常利益306億3500万 […]
The post マツキヨココカラ/4~9月増収増益、通期の利益面を上方修正 first appeared on 流通ニュース….

日本マクドナルドHD/1~9月営業利益5.0%減、通期も利益面を下方修正

日本マクドナルドホールディングスが11月14日に発表した2022年12月期第3四半期決算によると、売上高2599億3000万円(前年同期比9.9%増)、営業利益271億2500万円(5.0%減)、経常利益265億9200 […]
The post 日本マクドナルドHD/1~9月営業利益5.0%減、通期も利益面を下方修正 first appeared on 流通ニュース….

三越伊勢丹HD/4~9月売上・利益ともに大幅回復、首都圏店舗が好調

三越伊勢丹ホールディングスが11月11日に発表した2023年3月期第2四半期決算によると、売上高2228億7400万円(前年同期比18.6%増)、営業利益89億4000万円(前期は77億5800万円の損失)、経常利益95 […]
The post 三越伊勢丹HD/4~9月売上・利益ともに大幅回復、首都圏店舗が好調 first appeared on 流通ニュース….

バローHD/4~9月営業利益23.2%減、水光熱費・店舗費用増

バローホールディングスが11月11日に発表した2023年3月期第2四半期決算によると、営業収益3746億6100万円(前年同期比2.4%増)、営業利益95億6700万円(23.2%減)、経常利益111億600万円(20. […]
The post バローHD/4~9月営業利益23.2%減、水光熱費・店舗費用増 first appeared on 流通ニュース….

バローHD/4~9月営業利益23.2%減、水光熱費・店舗費用増

バローホールディングスが11月11日に発表した2023年3月期第2四半期決算によると、営業収益3746億6100万円(前年同期比2.4%増)、営業利益95億6700万円(23.2%減)、経常利益111億600万円(20. […]
The post バローHD/4~9月営業利益23.2%減、水光熱費・店舗費用増 first appeared on 流通ニュース….

すかいらーくHD/1~9月は、新型コロナ第7波の長期化などで営業損失41億円

すかいらーくHDが11月11日に発表した2022年度12月期第3四半期決算によると、売上収益2218億7000万円(前年同期比17.0%増)、営業損失41億8000万円(前期は74億2000万円の利益)、税引前損失62億 […]
The post すかいらーくHD/1~9月は、新型コロナ第7波の長期化などで営業損失41億円 first appeared on 流通ニュース….

トリドールHD/4~9月営業利益21.1%減、中国事業の整理費用増

トリドールホールディングスが11月11日に発表した2023年3月期第2四半期決算によると、売上収益919億7000万円(前年同期比20.0%増)、営業利益64億7900万円(21.1%減)、税引前利益74億6400万円( […]
The post トリドールHD/4~9月営業利益21.1%減、中国事業の整理費用増 first appeared on 流通ニュース….

ヤオコー/4~9月営業利益7.5%減

ヤオコーが11月10日に発表した2023年3月期第2四半期決算によると、営業収益2798億5600万円(前年同期比3.9%増)、営業利益159億6500万円(7.5%減)、経常利益157億3000万円(7.5%減)、親会 […]
The post ヤオコー/4~9月営業利益7.5%減 first appeared on 流通ニュース….

ロイヤルHD/1~9月売上高26.4%増、行動制限の緩和で需要回復

ロイヤルホールディングスが11月10日に発表した2022年12月期第3四半期決算によると、売上高743億7300万円(前年同期比26.4%増)、営業利益4億1600万円(前期は71億5900万円の損失)、経常利益7億80 […]
The post ロイヤルHD/1~9月売上高26.4%増、行動制限の緩和で需要回復 first appeared on 流通ニュース….

日本KFC/原材料価格コスト上昇で業績予想を下方修正

日本KFCホールディングスは11月9日、2023年3月期の業績予想を下方修正した。 売上高は970億円(前回予想比4.2%減)、営業利益22億円(54.2%減)、経常利益26億円(45.8%減)、親会社株主に帰属する当期 […]
The post 日本KFC/原材料価格コスト上昇で業績予想を下方修正 first appeared on 流通ニュース….

コロワイド/4~9月は、既存店苦戦で事業損失25億円

コロワイドが11月9日に発表した2023年3月期第2四半期決算によると、売上収益1046億5600万円(前年同期比33.5%増)、事業損失25億3100万円(前期は34億6400万円の事業利益)、当期損失30億3000万 […]
The post コロワイド/4~9月は、既存店苦戦で事業損失25億円 first appeared on 流通ニュース….

日本KFC/4~9月、期間限定商品を継続投入も減収減益

日本KFCホールディングスが11月9日に発表した2023年3月期第2四半期決算によると、売上高467億8100万円(前年同期比2.8%減)、営業利益14億6700万円(63.5%減)、経常利益18億8100万円(59.2 […]
The post 日本KFC/4~9月、期間限定商品を継続投入も減収減益 first appeared on 流通ニュース….

PPIH/7~9月は、人流制限解除で国内事業が回復し増収増益

PPIHが11月8日に発表した2023年6月期第1四半期決算によると、売上高4736億9400万円(前年同期比6.3%増)、営業利益238億7000万円(48.4%増)、経常利益286億8500万円(74.2%増)、親会 […]
The post PPIH/7~9月は、人流制限解除で国内事業が回復し増収増益 first appeared on 流通ニュース….

いなげや/4~9月営業利益88.8%減、電気料金高騰が響く

いなげやが11月8日発表した2023年3月期第2四半期の決算は、営業収益1231億5700万円(前年同期比4.6%減)、営業利益2億3000万円(88.8%減)、経常利益3億4300万円(84.5%減)、親会社株主に帰属 […]
The post いなげや/4~9月営業利益88.8%減、電気料金高騰が響く first appeared on 流通ニュース….

ヤマダHD/4~9月はデンキ事業苦戦で減収減益

ヤマダHDが11月4日に発表した2023年3月期第2四半期決算によると、売上高7746億3400万円(前年同期比3.2%減)、営業利益197億7600万円(43.6%減)、経常利益233億8500万円(40.5%減)、親 […]
The post ヤマダHD/4~9月はデンキ事業苦戦で減収減益 first appeared on 流通ニュース….

クオールHD/4~9月は薬価改定・調剤報酬改定などで増益減益

クオールHDが11月4日に発表した2023年3月期第2四半期決算によると、売上高824億5900万円(前年同期比0.8%増)、営業利益40億2200万円(3.7%減)、経常利益41億7400万円(2.3%減)、親会社に帰 […]
The post クオールHD/4~9月は薬価改定・調剤報酬改定などで増益減益 first appeared on 流通ニュース….

松屋フーズHD/4~9月は、既存店売上高回復などで増収増益

松屋フーズホールディングスが11月4日に発表した2023年3月期第2四半期決算によると、売上高511億1300万円(前年同期比13.1%増)、営業利益2億3200万円(前期は21億3600万円の損失)、経常利益24億47 […]
The post 松屋フーズHD/4~9月は、既存店売上高回復などで増収増益 first appeared on 流通ニュース….

エディオン/4~9月は、季節家電・生活家電好調で増収増益

エディオンが11月4日に発表した2023年3月期第2四半期決算によると、売上高3511億1500万円(前年同期比0.7%増)、営業利益103億3300万円(3.2%増)、経常利益101億6900万円(9.2%減)、親会社 […]
The post エディオン/4~9月は、季節家電・生活家電好調で増収増益 first appeared on 流通ニュース….

F&LC/9月期は国内スシロー事業苦戦で営業利益55.8%減

あきんどスシローなどを展開するFOOD&LIFE COMPANIESが11月4日に発表した2022年9月期決算によると、売上高2813億100万円(前年同期比16.8%増)、営業利益101億2300万円(55.8%減)、 […]
The post F&LC/9月期は国内スシロー事業苦戦で営業利益55.8%減 first appeared on 流通ニュース….

ジョイフル本田/7~9月は売場演出強化やEDLP商品拡充で増収増益

ジョイフル本田が11月2日に発表した2023年6月期第1四半期決算によると、売上高309億6600万円(前年同期比0.3%増)、営業利益30億7200万円(5.6%増)、経常利益33億200万円(3.3%増)、四半期純利 […]
The post ジョイフル本田/7~9月は売場演出強化やEDLP商品拡充で増収増益 first appeared on 流通ニュース….

関西フードマーケット/4~9月売上高1849億円、巣ごもり需要の反動で既存店売上が減少

関西フードマーケットが11月1日に発表した2023年3月期第2四半期の売上高は1849億4100万円、営業利益18億3900万円、経常利益15億1400万円、親会社株主に帰属する四半期純利益7億8700万円だった。 同社 […]
The post 関西フードマーケット/4~9月売上高1849億円、巣ごもり需要の反動で既存店売上が減少 first appeared on 流通ニュース….

日本調剤/4~9月は電子処方せん対応推進などで増収増益

日本調剤が10月31日に発表した2023年3月期第2四半期決算によると、売上高1523億3100万円(前年同期比4.2%増)、営業利益28億1300万円(16.4%増)、経常利益28億4900万円(12.7%増)、親会社 […]
The post 日本調剤/4~9月は電子処方せん対応推進などで増収増益 first appeared on 流通ニュース….

ベルーナ/4~9月、アパレル・雑貨事業苦戦などで減収減益

ベルーナが10月31日に発表した2023年3月期第2四半期決算によると、売上高987億7900万円(前年同期比6.6%減)、営業利益36億8900万円(22.4%減)、経常利益46億7100万円(8.4%減)、親会社に帰 […]
The post ベルーナ/4~9月、アパレル・雑貨事業苦戦などで減収減益 first appeared on 流通ニュース….

アクシアルリテイリング/4~9月営業利益8.9%減、電気料金高騰が響く

アクシアル リテイリングが11月1日に発表した2023年3月期第2四半期決算によると、売上高1257億1900万円(前年同期比2.5%増)、営業利益52億1200万円(8.9%減)、経常利益54億4400万円(8.3%減 […]
The post アクシアルリテイリング/4~9月営業利益8.9%減、電気料金高騰が響く first appeared on 流通ニュース….

三菱食品/4~9月、連結子会社増加などで営業利益20.6%増

三菱食品が11月1日に発表した2023年3月期第2四半期決算によると、売上高9986億300万円(前年同期比1.0%減)、営業利益100億6000万円(20.6%増)、経常利益110億8100万円(23.4%増)、親会社 […]
The post 三菱食品/4~9月、連結子会社増加などで営業利益20.6%増 first appeared on 流通ニュース….

伊藤忠食品/4~9月増収増益、外食・GMS・SM取引が拡大

伊藤忠食品が10月31日に発表した2023年3月期第2四半期決算によると、売上高3260億200万円(前年同期比6.0%増)、営業利益34億1900万円(29.5%増)、経常利益41億1600万円(23.2%増)、親会社 […]
The post 伊藤忠食品/4~9月増収増益、外食・GMS・SM取引が拡大 first appeared on 流通ニュース….

王将フードサービス/4~9月売上高が過去最高に、客数・客単価が増加

王将フードサービスが10月31日に発表した2023年3月期第2四半期決算によると、売上高451億3600万円(前年同期比11.5%増)、営業利益38億2000万円(19.7%増)、経常利益48億5600万円(18.8%減 […]
The post 王将フードサービス/4~9月売上高が過去最高に、客数・客単価が増加 first appeared on 流通ニュース….

ZOZO/4~9月増収増益、アクティブ会員数が増加

ZOZOが10月28日に発表した2023年3月期第2四半期決算によると、売上高837億6700万円(前年同期比9.9%増)、営業利益272億1000万円(14.4%増)、経常利益274億3300万円(15.5%増)、親会 […]
The post ZOZO/4~9月増収増益、アクティブ会員数が増加 first appeared on 流通ニュース….

ZOZO/4~9月増収増益、アクティブ会員数が増加

ZOZOが10月28日に発表した2023年3月期第2四半期決算によると、売上高837億6700万円(前年同期比9.9%増)、営業利益272億1000万円(14.4%増)、経常利益274億3300万円(15.5%増)、親会 […]
The post ZOZO/4~9月増収増益、アクティブ会員数が増加 first appeared on 流通ニュース….

コメリ/4~9月、ガーデニング・家庭菜園堅調も営業利益3.8%減

コメリが10月25日に発表した2023年3月期第2四半期決算によると、営業収益1978億8800万円(前年同期比0.5%増)、営業利益170億7600万円(3.8%減)、経常利益165億800万円(7.6%減)、親会社に […]
The post コメリ/4~9月、ガーデニング・家庭菜園堅調も営業利益3.8%減 first appeared on 流通ニュース….

カワチ薬品/4~9月、セルフレジ導入も営業利益は減益

カワチ薬品が10月26日に発表した2023年3月期第2四半期決算によると、売上高1425億5900万円、営業利益40億3000万円(前期は44億5800万円の利益)、経常利益45億6800万円(前期は49億5500万円の […]
The post カワチ薬品/4~9月、セルフレジ導入も営業利益は減益 first appeared on 流通ニュース….

Genky DrugStores/7~9月営業利益8.8%減、大型店のテコ入れと採用増で

Genky DrugStoresが10月24日に発表した2023年6月期第1四半期決算によると、売上高426億1300万円(前年同期比8.9%増)、営業利益15億8400万円(8.8%減)、経常利益16億8800万円(8 […]
The post Genky DrugStores/7~9月営業利益8.8%減、大型店のテコ入れと採用増で first appeared on 流通ニュース….

アークス/3~8月当期利益7.9%減、人件費・水道光熱費が大幅増

アークスが10月14日に発表した2023年2月期第2四半期決算によると、売上高2812億4900万円、営業利益74億900万円(前期は83億7300万円の利益)、経常利益82億4900万円(10.8%減)、親会社に帰属す […]
The post アークス/3~8月当期利益7.9%減、人件費・水道光熱費が大幅増 first appeared on 流通ニュース….

プレナス/3~8月増収増益、ほっともっと・やよい軒の既存店が好調

プレナスが10月14日に発表した2023年2月期第2四半期決算によると、売上高732億7700万円(前年同期比3.2%増)、営業利益24億2000万円(12.9%増)、経常利益38億6100万円(1.4%増)、親会社に帰 […]
The post プレナス/3~8月増収増益、ほっともっと・やよい軒の既存店が好調 first appeared on 流通ニュース….

ドトール・日レスHD/3~8月売上高15.6%増、昨年の営業規制の反動で

ドトール・日レスホールディングスが10月14日に発表した2023年2月期第2四半期決算によると、売上高621億3500万円(前年同期比15.6%増)、営業利益14億7400万円(前期は7億7400万円の損失)、経常利益1 […]
The post ドトール・日レスHD/3~8月売上高15.6%増、昨年の営業規制の反動で first appeared on 流通ニュース….

サイゼリヤ/8月期は客数回復で営業利益4億円

サイゼリヤが10月12日に発表した2022年8月期決算によると、売上高1442億7500万円(前年同期比14.0%増)、営業利益4億2200万円(前期は22億6400万円の損失)、経常利益107億7400万円(211.8 […]
The post サイゼリヤ/8月期は客数回復で営業利益4億円 first appeared on 流通ニュース….

吉野家HD/3~8月は客数回復で営業利益10億6200万円

吉野家ホールディングスが10月12日に発表した2023年2月期第2四半期決算によると、売上高818億1100万円(前年同期比10.1%増)、営業利益10億6200万円(46.9%増)、経常利益47億6000万円(3.2% […]
The post 吉野家HD/3~8月は客数回復で営業利益10億6200万円 first appeared on 流通ニュース….

ABCマート/3~8月SNSによるデジタル販促強化し営業収益39.8%増

エービーシー・マートが10月12日に発表した2023年2月期第2四半期決算によると、売上高1361億9100万円(前年同期比12.3%増)、営業利益199億9500万円(39.8%増)、経常利益205億100万円(38. […]
The post ABCマート/3~8月SNSによるデジタル販促強化し営業収益39.8%増 first appeared on 流通ニュース….

近鉄百貨店/3~8月は外商・免税売上復調で営業損失縮小

近鉄百貨店が10月12日に発表した2023年2月期第2四半期決算によると、売上高513億6000万円(前年同期比8.6%増)、営業損失1億2700万円(前期は14億3500万円の損失)、経常利益1億7500万円(前期は9 […]
The post 近鉄百貨店/3~8月は外商・免税売上復調で営業損失縮小 first appeared on 流通ニュース….

ファーストリテイリング/8月期は売上収益・営業利益とも過去最高を更新

ファーストリテイリングが10月13日に発表した2022年8月期決算によると、売上収益2兆3011億2200万円(前年同期比7.9%増)、営業利益2973億2500万円(19.4%増)、税引前利益4135億8400万円(5 […]
The post ファーストリテイリング/8月期は売上収益・営業利益とも過去最高を更新 first appeared on 流通ニュース….

ファミリーマート/3~8月は40%増量キャンペーンなど好調も事業利益19.7%減

ファミリーマートが10月13日に発表した2023年2月期第2四半期決算によると、営業収益2317億3500万円(前年同期比3.9%減)、事業利益389億2400万円(19.7%減)、親会社の所有者に帰属する当期利益219 […]
The post ファミリーマート/3~8月は40%増量キャンペーンなど好調も事業利益19.7%減 first appeared on 流通ニュース….

良品計画/8月期、営業収益は過去最高も円安・輸送費高騰などで営業減益

良品計画が10月13日に発表した2022年8月期決算によると、営業収益4961億7100万円(前年同期比9.4%増)、営業利益327億7300万円(22.8%減)、経常利益372億1400万円(18.0%減)、親会社に帰 […]
The post 良品計画/8月期、営業収益は過去最高も円安・輸送費高騰などで営業減益 first appeared on 流通ニュース….

ビックカメラ/8月期は一部店舗で臨時休業継続、営業利益178億円

ビックカメラが10月12日に発表した2022年8月期決算によると、売上高7923億6800万円、営業利益178億6300万円(前期は182億1700万円の利益)、経常利益208億800万円(前期は216億2900万円の利 […]
The post ビックカメラ/8月期は一部店舗で臨時休業継続、営業利益178億円 first appeared on 流通ニュース….

コスモス薬品/6~8月も価格競争力強化で営業利益89億円

コスモス薬品が10月11日に発表した2023年5月期第1四半期決算によると、売上高2061億2200万円(前年同期比8.8%増)、営業利益89億円(4.0%増)、経常利益96億2600万円(3.5%増)、親会社に帰属する […]
The post コスモス薬品/6~8月も価格競争力強化で営業利益89億円 first appeared on 流通ニュース….

J.フロントリテイリング/3~8月売上収益7.5%増、大丸神戸店は19年度越えの回復

J.フロントリテイリングが10月11日に発表した2023年2月期第2四半期決算によると、売上収益1691億2900万円(前年同期比7.5%増)、営業利益132億3700万円(前期は13億8800万円の損失)、税引前利益1 […]
The post J.フロントリテイリング/3~8月売上収益7.5%増、大丸神戸店は19年度越えの回復 first appeared on 流通ニュース….

高島屋/3~8月ラグジュアリーブランド・宝飾けん引し利益面が改善

高島屋が10月11日に発表した2023年2月期第2四半期決算によると、営業収益2090億1200万円、営業利益128億1200万円(前期は20億1400万円の損失)、経常利益145億9700万円(前期は5億5900万円の […]
The post 高島屋/3~8月ラグジュアリーブランド・宝飾けん引し利益面が改善 first appeared on 流通ニュース….

コーナン商事/3~8月は新規出店継続で営業利益134億円

コーナン商事が10月11日に発表した2023年2月期第2四半期決算によると、営業収益2222億2400万円、営業利益134億9900万円(前期は160億3000万円の利益)、経常利益127億9600万円(前期は151億5 […]
The post コーナン商事/3~8月は新規出店継続で営業利益134億円 first appeared on 流通ニュース….

ライフ/人件費・光熱費高騰で営業利益41.6%減、通期も利益面下方修正

ライフコーポレーションが10月11日発表した2023年2月期第四半期の連結決算によると、営業収益3775億6300万円、営業利益89億1400万円(前年同期比41.6%減)、経常利益93億3100万円(40.2%減)、親会社株主に帰属する四半期純利益64億1200万円(40.5%減)だった。 <電気代の高騰で利益面が減少と岩崎社長> 「収益認識に関する会計基準」(企業会計基準第29号)等を第1四半期連結会計期間の期首から適用し、比較対象となる会計処理方法が異なるため、営業収益の対前期増減率は記載して…

ベルク/3~8月は販促施策を継続実施し営業利益70億9300万円

ベルクが10月7日に発表した2023年2月期第2四半期決算によると、営業収益1508億2500万円、営業利益70億9300万円(前期は73億9200万円の利益)、経常利益72億7100万円(6.6%減)、親会社に帰属する当期利益48億7500万円(7.1%減)となった。 <ベルク> 販売政策では、各種感染拡大の防止策を講じながら通常営業を継続し、商品供給に努め、地域のライフラインとしての役割を果たした。4月には豪華景品が当たる大型のキャンペーンを実施し、また、SNSを利用したおすすめ情報の発信を行う…

薬王堂/3~8月は、小商圏ドミナント出店を推進し営業利益28億円

薬王堂ホールディングスが10月5日に発表した2023年2月期第2四半期決算によると、売上高646億8300万円、営業利益28億2200万円(前期は26億4700万円の利益)、経常利益29億8600万円(前期は28億2300万円の利益)、親会社に帰属する当期利益20億6000万円(前期は20億8400万円の利益)となった。 <薬王堂> ドラッグストア業界では、新型コロナウイルス感染症の再拡大に伴い、解熱鎮痛剤などを中心に医薬品は伸長し、化粧品も回復傾向にあるものの、食品や日用品の値上げの動きが一段と強…

セブン&アイ/3~8月は海外コンビニ事業が大幅に伸長し増収増益

セブン&アイ・ホールディングスが10月6日に発表した2023年2月期第2四半期決算によると、営業収益5兆6515億500万円(前年同期比55.0%増)、営業利益2347億6700万円(26.1%増)、経常利益2197億6300万円(26.7%増)、親会社に帰属する当期利益1360億8900万円(27.8%増)となった。 <セブン&アイ・ホールディングス> 取締役常務執行役員の丸山好通財務経理本部長は、「上期業績は、エネルギーコストの上昇を吸収したことで、収益・利益ともに前年・計画を上回った。また、セ…

ローソン/3~8月営業総収入38.6%増、改装・店内厨房・冷食好調

ローソンが10月6日に発表した2023年2月期第2四半期決算によると、営業総収入4835億300万円(前年同期比38.6%増)、営業利益289億9300万円(8.6%増)、経常利益289億5100万円(4.0%増)、親会社に帰属する当期利益154億900万円(11.5%減)となった。 日常需要を取り込むべく進めている店舗改装、商品刷新により、まちかど厨房、冷凍食品などが販売好調となった。6月から開始した「ハピろー!」などのマーケティング施策効果、人流回復により、既存店売上高前年比が2.4%増と計画を…

ミニストップ/3~8月は構造改革で経費効率化し営業利益500万円

ミニストップが10月5日に発表した2023年2月期第2四半期決算によると、営業総収入426億4300万円、営業利益500万円(前期は15億8800万円の損失)、経常利益4億6700万円(前期は14億5800万円の損失)、親会社に帰属する当期利益150億5800万円(前期は29億5200万円の損失)となった。 <藤本社長> 藤本明裕社長は、「国内のミニストップ単体では、構造改革による経費の効率化が進み4年ぶりに営業利益が黒字化した。2021年はTVCMなどマスメディアを活用し認知度を高めたが、2022…

イオン/3~8月営業収益・各利益は過去最高を更新

イオンが10月5日に発表した2023年2月期第2四半期決算によると、営業収益4兆4871億8400万円(前年同期比3.3%増)、営業利益958億7700万円(23.3%増)、経常利益953億2100万円(22.3%増)、親会社に帰属する当期利益180億3800万円(293.1%増)となった。 コロナ感染第7波の到来、光熱費の高騰があったが、営業収益、営業利益、経常利益は過去最高を更新。四半期純利益は前年比約4倍となっている。 営業収益、すべての段階利益がコロナ前水準を上回った。水道光熱費が約250億…

イオン九州/3~8月営業利益21.1%増と上半期過去最高に、食品好調

イオン九州が10月5日に発表した2023年2月期第2四半期決算によると、営業収益2359億9100万円、営業利益31億2200万円(21.1%増)、経常利益35億1600万円(24.7%増)、四半期純利益24億7700万円(42.1%増)となった。 光熱費など販管費は増加しているものの、好調な食品がけん引し全体の売り上げが伸び、各利益面は上半期で過去最高となっている。 <食品が好調と柴田社長> 同日行われた決算説明会で、柴田祐司社長は「会計基準変更の影響を除くと、増益要因はトップラインの増加によるも…

イオン北海道/3~8月営業利益53.8%増、GMSに客足戻る

イオン北海道が10月5日に発表した2023年2月期第2四半期決算によると、売上高1553億4800万円(前年同期比2.9%減)、営業利益32億1400万円(53.8%増)、経常利益32億6400万円(57.2%増)、四半期純利益18億2500万円(75.2%増)となった。 「収益認識に関する会計基準」(企業会計基準第29号、2020年3月31日)を期初より採用しており、収益認識会計基準を適用しなかった場合の売上高は1610億8500万円(0.6%増)と過去最高だった。 販売費および一般管理費は、水道…

マックスバリュ東海/3~8月営業利益9.4%減、巣ごもり反動影響

マックスバリュ東海が10月5日に発表した2023年2月期第2四半期決算によると、営業収益1735億9000万円、営業利益45億7200万円(9.4%減)、経常利益45億8200万円(10.9%減)、親会社に帰属する当期利益29億4000万円(5.5%減)となった。 新型コロナウイルス感染症影響による需要の高まりが落ち着き、既存店売上高は前年同期比1.8%減だった。また、電力単価高騰により水道光熱費が増加している。 営業面は、食料品の値上げに伴う節約志向の高まりに対応すべく、一部品目を除き価格据え置き…

フジ/3~8月営業収益144.2%増の3861億円、住居関連品が回復

フジが10月4日に発表した2023年2月期第2四半期決算によると、営業収益3861億7100万円(前年同期比144.2%増)、営業利益51億800万円(54.6%増)、経常利益60億3900万円(29.5%増)、親会社に帰属する当期利益59億4300万円(98.1%増)となった。 同社はマックスバリュ西日本との経営統合に伴う持株会社体制へ移行しており、2024年3月の合併による統合新会社設立を目指している。 マックスバリュ西日本がグループに加わったことで2022年8月末時点でのグループ店舗数は519…

ウエルシアHD/3~8月増収増益、医薬品関連が売上をけん引

ウエルシアホールディングスが10月4日に発表した2023年2月期第2四半期決算によると、売上高5627億5200万円(前年同期比10.7%増)、営業利益239億8800万円(5.5%増)、経常利益279億7400万円(11.2%増)、親会社に帰属する当期利益170億8800万円(10.1%増)となった。 物販部門は、コロナウイルス第7波の感染拡大により医薬品部門の関連商品が売り上げをけん引したが、化粧品部門はコロナ以前の売り上げには戻らない状況が続いているという。 調剤部門においては、調剤報酬改定・…

クスリのアオキ/6~8月増収増益、調剤併設・フード&ドラッグ推進

クスリのアオホールディングスが10月3日に発表した2023年5月期第1四半期決算によると、売上高917億6600万円(前年同期比13.8%増)、営業利益44億7600万円(35.2%増)、経常利益60億6900万円(72.9%増)、親会社に帰属する当期利益41億4400万円(76.5%増)となった。 地域のかかりつけ薬局として調剤併設率の向上を図るとともに、既存店の改装を中心に生鮮食品の品ぞろえ強化を行うことで「フード&ドラッグ」施策を推進している。 店舗は、ドラッグストアを北信越に11店舗、東北に…

U.S.M.H/3~8月営業利益57.8%減、客数減・光熱費増が響く

ユナイテッド・スーパーマーケット・ホールディングスが10月4日に発表した2023年2月期第2四半期決算によると、営業収益3531億7500万円、営業利益22億2300万円(57.8%減)、経常利益23億6700万円(56.2%減)、親会社に帰属する当期利益8億3200万円(71.3%減)となった。 <マックスバリュ関東の買物体験型店> ※マックスバリュエクスプレス幕張店 既存店前年同四半期比において客数は1.9%減、客単価は1.2%減となっている。客数は、コロナによる行動抑制の反動、リモートワークの…

イオンモール/3~8月、増収増益も特別損失計上で当期利益44.5%減

イオンモールが10月4日に発表した2023年2月期第2四半期決算によると、営業収益1941億400万円(前年同期比26.0%増)、営業利益228億2600万円(16.0%増)、経常利益185億3300万円(14.5%増)、親会社に帰属する当期利益71億2200万円(44.5%減)となった。 <イオンモール> 特別損失として、新型コロナウイルス感染症の影響による一時休業期間中の固定費等として新型コロナウイルス感染症による損失を17億8200万円(前期は24億500万円)、老朽化した一部の施設におけるス…

しまむら/3~8月、主力のしまむら事業堅調で増収増益

しまむらが10月3日に発表した2023年2月期第2四半期決算によると、売上高3013億4800万円(前年同期比5.9%増)、営業利益289億1900万円(14.1%増)、経常利益296億8000万円(14.9%増)、親会社に帰属する当期利益206億2000万円(18.3%増)となった。 <しまむら> 主力のしまむら事業は、ブランド力の進化のため、自社開発ブランド(Private Brand、以下PB)とサプライヤーとの共同開発ブランド(Joint Development Brand、以下JB)の品揃…

クリエイトSD/6~8月、EDLP推進とワンストップショッピングで増収増益

クリエイトSDホールディングスが10月3日に発表した2023年5月期第1四半期決算によると、売上高945億3000万円(前年同期比6.2%増)、営業利益47億3200万円(0.2%増)、経常利益48億7200万円(0.8%増)、親会社に帰属する当期利益32億9700万円(0.9%増)となった。 <ドラッグストアクリエイト> ドラッグストア事業は、いつ来店しても求めやすい価格で提供するEDLP(エブリデイ・ロープライス)を推進しつつ、日常生活に必要なものが一カ所で揃うワンストップショッピングのニーズに…

オークワ/3~8月営業利益58.4%減、光熱費が増加

オークワが10月3日に発表した2023年2月期第2四半期決算によると、営業収益1206億5300万円、営業利益10億2600万円(58.4%減)、経常利益11億7900万円(54.8%減)、親会社に帰属する当期利益6億3500万円(56.2%減)となった。 生活者の行動制限などは緩和されたものの、既存店客数は前年同期比約3%減、直営売上高は計画より4.5%減少した。 また、地政学リスク増でエネルギー価格が想定以上に高騰し、光熱費も計画比約10%超過したため、利益面を圧迫した。 店舗面では、「中津川中…

オークワ/3~8月営業利益58.4%減、光熱費が増加

オークワが10月3日に発表した2023年2月期第2四半期決算によると、営業収益1206億5300万円、営業利益10億2600万円(58.4%減)、経常利益11億7900万円(54.8%減)、親会社に帰属する当期利益6億3500万円(56.2%減)となった。 生活者の行動制限などは緩和されたものの、既存店客数は前年同期比約3%減、直営売上高は計画より4.5%減少した。 また、地政学リスク増でエネルギー価格が想定以上に高騰し、光熱費も計画比約10%超過したため、利益面を圧迫した。 店舗面では、「中津川中…

ニトリ/4~9月、円安進行や原油高で営業利益10.9%減

ニトリホールディングスが9月30日に発表した2023年3月期第2四半期決算によると、売上高4230億7200万円(前年同期比2.1%増)、営業利益690億4500万円(10.9%減)、経常利益704億3000万円(10.9%減)、親会社に帰属する当期利益514億6200万円(4.5%減)となった。 国内のニトリ事業では、ニトリ18店舗、デコホーム20店舗と積極的な出店を進めた。なかでも、2022年4月には、実際の部屋をイメージした部屋型プレゼンテーションを多数展開した新たな旗艦店の目黒通り店をオープ…

スギHD/3~8月、調剤薬局拡大・アプリ活用で営業利益154億円

スギホールディングスが9月27日に発表した2023年2月期第2四半期決算によると、売上高3324億1100万円、営業利益154億5500万円(前期は161億3100万円の利益)、経常利益156億7000万円(前期は166億7800万円の利益)、親会社に帰属する当期利益89億7700万円(前期は98億3600万円の利益)となった。 <スギ薬局> ドラッグストア業界では、新型コロナウイルスの感染再拡大や記録的な猛暑の影響により一部商品の需要に増加の動きが見られたものの、4月に実施された薬価および一部調剤…

平和堂/3~8月減収減益、仕入価格・光熱費高騰で通期下方修正

平和堂が9月29日に発表した2023年2月期第2四半期決算によると、営業収益2032億1000万円、営業利益48億2500万円(前期は70億5400万円の利益)、経常利益55億6700万円(前期は76億5900万円の利益)、親会社に帰属する当期利益29億8200万円(前期は51億4900万円の利益)となった。 2021年8月 2022年8月 (参考)2022年8月 適用前 実績 実績 実績 前期比 前期差 営業収益 215,961 203,210 215,496 99.8 △464 営業利益 7,0…

ツルハHD/6~8月、100円ショップ導入、調剤併設化推進で増収増益

ツルハHDが9月20日に発表した2023年5月期第1四半期決算によると、売上高2431億8100万円(前年同期比3.2%増)、営業利益133億1700万円(3.3%増)、経常利益133億5700万円(3.2%増)、親会社に帰属する当期利益75億100万円(0.5%減)となった。 <ツルハ> ドラッグストア業界では、巣ごもり需要の反動減や水道光熱費の高騰により経営環境がより厳しくなる一方、出店競争は続いており、これまで以上に採算を重視した経営戦略が迫られている。 このような状況のもと、グループではお客…

アスクル/6~8月はBtoB、BtoCとも売上好調も営業利益9.6%減

アスクルが9月15日に発表した2023年5月期第1四半期決算によると、売上高1100億8700万円(前年同期比7.5%増)、営業利益29億5600万円(9.6%減)、経常利益29億4700万円(9.1%減)、親会社に帰属する当期利益18億9100万円(12.1%減)となった。 <アスクル> eコマース事業の売上高は1076億9000万円(7.5%増)、売上総利益は265億3500万円(6.8%増)だった。主力分野であるBtoB事業は、夏の記録的猛暑、人流制限の無い夏季休暇期間中における観光・飲食店等…

サツドラHD/6~8月増収増益、調剤薬局が堅調

サツドラホールディングスが9月16日に発表した2023年5月期第1四半期決算によると、売上高214億9600万円(前年同期比0.8%増)、営業利益7200万円(23.5%増)、経常利益7600万円(11.1%増)、親会社に帰属する当期利益3000万円(12.0%減)となった。 中心となるリテール事業の売上高は212億5700万円(0.6%増)、セグメント利益は7900万円(113.3%増)。 新型コロナウイルス感染症の影響を受けていた感冒薬や化粧品の需要が徐々に持ち直し、客単価は上昇したものの、物価…

くら寿司/11~7月、営業損失3億8200万円も国内、台湾事業堅調

くら寿司が9月6日に発表した2022年10月期第3四半期決算によると、売上高1347億5600万円(前年同期比21.8%増)、営業損失3億8200万円(前期は8億1700万円の損失)、経常利益29億8900万円(111.6%増)、親会社に帰属する当期利益17億1100万円(121.0%増)となった。 <くら寿司の回転レーン> 国内外食産業は、2022年4月以降、営業制限により2年以上に渡り営業自粛を続けていた居酒屋などの飲食店が再開するなど、外食市場は徐々に回復の兆しが見られる。しかしながら、正常化…

アインHD/5~7月増収増益、リテール事業回復

アインホールディングスが9月2日に発表した2023年4月期第1四半期決算によると、売上高814億7000万円(前年同期比8.6%増)、営業利益27億5300万円(5.4%増)、経常利益30億8900万円(7.9%増)、親会社に帰属する当期利益17億400万円(30.2%増)となった。 ファーマシー事業は、売上高は724億8200万円(8.5%増)、セグメント利益は47億3100万円(3.0%減)。 店舗はM&Aを含め、グループ全体で合計117店舗を出店し、5店舗の閉店、1店舗の事業譲渡により、グルー…

マツキヨココカラ/4~6月売上高65.3%増、統合で顧客接点拡大へ

マツキヨココカラ&カンパニーが8月12日に発表した2023年3月期第1四半期決算によると、売上高2272億900万円(前年同期比65.3%増)、営業利益123億6000万円(72.8%増)、経常利益135億6300万円(69.8%増)、親会社に帰属する当期利益79億3000万円(56.2%増)となった。 <統合シナジーが表れている> ※出典:マツキヨココカラ&カンパニー2023年3月期1四半期決算説明資料 2021年10月1日付で実施されたココカラファイングループ(旧ココカラファイン)との経営統合に…

サンドラッグ/4~6月営業利益5.6%減、化粧品需要減少が継続

サンドラッグが8月12日に発表した2023年3月期第1四半期決算によると、売上高1664億5500万円(前年同期比1.4%増)、営業利益90億5800万円(5.6%減)、経常利益91億6900万円(6.0%減)、親会社に帰属する当期利益62億9800万円(7.4%減)となった。 ドラッグストア事業の売上高は1084億9000万円(0.5%減)、営業利益は56億3600万円(8.7%減)。 ドラッグストア事業は、生鮮食料品導入などの積極的な店舗改装を実施したが、郊外型店舗は、一昨年の巣ごもり消費需要の…

トリドールHD/4~6月過去最高の当期利益36億円、全セグメントが増収

トリドールホールディングスが8月12日に発表した2023年3月期第1四半期決算によると、売上収益438億1600万円(前年同期比17.1%増)、営業利益46億9100万円(1.6%減)、税引前利益53億5200万円(19.2%増)、親会社に帰属する当期利益36億2200万円(21.5%増)となった。 国内においては、商品力の強化と来店動機の促進に取り組むと同時に、テークアウトの強化などにも注力した。海外ではアジアを中心に積極的に出店したほか、グローバル展開を見据えたリブランディングも開始した。 これ…

ワタミ/4~6月営業損失約3億円、国内外食業が苦戦

ワタミが8月12日に発表した2023年3月期第1四半期決算によると、売上高178億4400万円(前年同期比27.6%増)、営業損失2億9500万円(前期は20億5000万円の損失)、経常利益12億5600万円(前期は11億8200万円の損失)、親会社に帰属する当期利益8億8200万円(前期は17億5300万円の損失)となった。 国内外食事業における売上高は58億2900万円(103.9%増)、セグメント損失は5億8200万円(前年同期は21億6700万円の損失)。 10店舗の新規出店と8店舗の撤退を…

モスフードサービス/原材料費・物流費高騰で4~6月営業利益73.6%減

モスフードサービスが8月12日に発表した2023年3月期第1四半期決算によると、売上高193億8800万円(前年同期比4.0%増)、営業利益2億2600万円(73.6%減)、経常利益3億2100万円(63.1%減)、親会社に帰属する当期利益3億500万円(59.9%減)となった。 国内モスバーガー事業の売上高は153億6000万円(1.8%増)だったが、営業利益については原材料費や物流費の高騰などの影響を受けて7億8100万円(42.0%減)。 <モスバーガー店舗イメージ> 全国一律、画一的ではなく…

すかいらーくHD/1~6月営業損失24億円、原材料・光熱費高騰が響く

すかいらーくホールディングスが8月12日に発表した2022年度12月期第2四半期決算によると、売上収益1415億9300万円(前年同期比11.8%増)、営業損失24億2300万円(前期は4億5900万円の利益)、税引前損失37億9700万円(前期は19億4300万円の損失)、親会社に帰属する当期損失27億8000万円(前期は5億500万円の損失)となった。 売り上げ面では、3月のまん延防止等重点措置解除以降、ヤングファミリー層が増加したが、ゴールデンウィーク明けの売り上げは再び鈍化。5月26日からの…

ヤオコー/4~6月営業利益5.7%減の76億円

ヤオコーが8月10日に発表した2023年3月期第1四半期決算によると、営業収益1369億9900万円(前年同期比4.2%増)、営業利益76億7400万円(5.7%減)、経常利益75億8500万円(6.0%減)、親会社に帰属する当期利益52億100万円(4.1%減)となった。 商品面は、独自化・差別化につながる品ぞろえを実現するべく、食事の献立の提案や料理のアドバイスなどなども行うミールソリューションの充実に注力した。 販売面では、ヤングファミリー層の支持を固めるべく、EDLP(常時低価格施策)や「厳…

PPIH/22年6月期は売上高7.2%増の約1兆8313億円、33期連続増収増益

パン・パシフィック・インターナショナルホールディングス(以下:PPIH)が8月12日発表した2022年6月期の連結決算は、売上高1兆8312億8000万円(前期比7.2%増)、営業利益886億8800万円(9.2%増)、経常利益1004億4200万円(23.3%増)、親会社株主に帰属する当期純利益619億2800万円(15.2%増)だった。 <売上高事業別増減> ※出典:PPIH2022年6月期決算業績説明資料 売り上げ面は、海外事業がゲルソンズの新規連結、出店拡大で貢献。ディスカウントストア事業が…

バローHD/4~6月営業利益17.9%減、水道光熱費・賃料が増加

バローホールディングスが8月10日に発表した2023年3月期第1四半期決算によると、営業収益1866億3000万円(前年同期比2.2%増)、営業利益53億100万円(17.9%減)、経常利益60億4000万円(16.8%減)、親会社に帰属する当期利益30億9600万円(18.4%減)となった。 売上面では、スーパーマーケット事業では、生鮮・総菜部門の強化を支える食品加工業、卸売業が貢献するとともに、前期に子会社化した企業が寄与。また、ドラッグストア事業では、店舗の新設、既存店舗への調剤薬局併設が貢献…

いなげや/4~6月営業損失3億2000万円、売上・客数ともに苦戦

いなげやが8月9日に発表した2023年3月期第1四半期決算によると、営業収益601億円(前年同期比6.8%減)、営業損失3億2000万円(前期は9億6100万円の利益)、経常損失2億4400万円(前期は10億5200万円の利益)、親会社に帰属する当期損失2億9600万円(前期は6億6400万円の利益)となった。 <いなげや店舗イメージ> 営業収益が601億円(6.8%減)、売上高が575億1700万円(7.0%減)。また、売上総利益率は0.5ポイント減少して27.4%となり、売上総利益は157億32…

丸井グループ/4~6月グループ総取扱高は過去最高の9357億円

丸井グループが8月5日に発表した2023年3月期第1四半期決算によると、売上収益510億6800万円(前年同期比5.1%増)、営業利益74億6500万円(7.0%増)、経常利益72億1800万円(5.9%増)、親会社に帰属する当期利益38億4300万円(15.4%増)となった。 3月末にまん延防止等重点措置が解除されたことを受け、店舗の休業などの要請がなかったことから、前年同期と比較すると営業日数が増加し、客数も大幅に伸長した。 グループ総取扱高は9357億円(19%増、前年同期比1511億円増)、…

ヤマダHD/4~6月営業利益42.8%減、先行仕入れの反動・販管費増

ヤマダホールディングスが8月4日に発表した2023年3月期第1四半期決算によると、売上高3758億5900万円(前年同期比1.9%減)、営業利益122億6300万円(42.8%減)、経常利益144億4000万円(39.1%減)、親会社に帰属する当期利益146億8000万円(15.7%減)となった。 売り上げ面は、一過性の巣ごもり需要反動減、物価上昇に伴う消費者マインドの低下、一部製品の供給不足などにより減収だった。 利益面では、一部製品の供給不足や前期の半導体不足懸念対策の先行仕入れ反動による仕入れ…

クオールHD/4~6月薬価改定などで営業利益9.3%減

クオールホールディングスが8月5日に発表した2023年3月期第1四半期決算によると、売上高405億5000万円(前年同期比0.5%増)、営業利益16億5800万円(9.3%減)、経常利益17億6000万円(7.1%減)、親会社に帰属する当期利益10億100万円(3.0%減)となった。 保険薬局事業は、売上高371億5700万円(0.1%減)、営業利益21億3900万円(6.4%減)。 前期に実施したM&Aや新規出店の寄与と、在宅・施設調剤の推進により受付回数が増加した。一方、薬価改定・調剤報酬改定の…

F&LC/スシローの「おとり広告」響き9月期当期利益77%減に下方修正

FOOD&LIFE COMPANIESが8月4日に発表した2022年9月期第3四半期決算によると、売上収益2119億3700万円(前年同期比18.6%増)、営業利益123億7200万円(32.2%減)、税引前利益101億7300万円(41.2%減)、親会社に帰属する当期利益52億4700万円(51.3%減)となった。 国内スシロー事業の売上収益は1678億2200万円(4.2%増)、セグメント利益は115億5900万円(40.1%減)。 まん延防止等重点措置が2022年3月に終了し、店内飲食は徐々に…

H2O/4~6月売上高30.7%増、高級品などけん引し百貨店事業が回復

エイチ・ツー・オー リテイリングが8月4日に発表した2023年3月期第1四半期決算によると、売上高1493億5200万円(前年同期比30.7%増)、営業利益6億6400万円(前期は20億4400万円の損失)、経常利益18億6700万円(前期は9億4900万円の損失)、親会社に帰属する当期利益6億5100万円(89.6%減)となった。 百貨店事業は新型コロナウイルス感染症による影響の緩和、消費意欲の回復傾向をうけて、国内既存店売上高はコロナ前の水準を上回った。また、前年のコロナ拡大に伴うおよそ1カ月半…

エディオン/4~6月は消費マインド好転で営業利益27.1%増

エディオンが8月3日に発表した2023年3月期第1四半期決算によると、売上高1648億5400万円(前年同期比0.1%減)、営業利益31億2100万円(27.1%増)、経常利益29億7300万円(15.1%増)、親会社に帰属する当期利益21億7100万円(25.0%増)となった。 一部の店舗で休業や営業時間の短縮を実施した前年に比べると、消費マインドが好転しつつある。商品別では、エアコンなど季節家電や、冷蔵庫などの生活家電が好調であったほか、住宅設備や携帯電話が前年を上回りました。一方で、テレビなど…

ジョイフル本田/6月期はコストコントロールを継続し営業利益122億円

ジョイフル本田が8月3日に発表した2022年6月期決算によると、売上高1235億5500万円、営業利益122億3800万円(前期は115億600万円の利益)、経常利益132億2400万円(前期は127億7300万円の利益)、四半期純利益110億9800万円(前期は89億8500万円の利益)となった。 「売上高伸長への再挑戦」においては、「必要必在」と「生活提案」で、地域社会の喜びと夢を共創する企業ミッションに注力した。「必要必在」への取り組みでは、日用消耗品・雑貨などのオリジナル企画商品の販売強化や…

関西フードマーケット/4~6月はコロナ禍の買いだめ需要減少で営業利益5億円

関西フードマーケットが8月3日に発表した2023年3月期第1四半期決算によると、売上高909億7900万円、営業利益5億1500万円(前期は6億5900万円の利益)、経常利益4億4100万円(前期は7億3900万円の利益)、親会社に帰属する当期利益1億3600万円(前期は4億9200万円の利益)となった。 イズミヤと阪急オアシスでは、一体的な運営を目指しチラシ紙面や販促施策の統一、店舗フォーマットに応じた商品MDの展開など、業務標準化・省力化による生産性向上に取り組んだ。新型コロナウイルス感染症によ…

三菱食品/4~6月、コロナ禍の影響軽減で減収増益

三菱食品が8月3日に発表した2023年3月期第1四半期決算によると、売上高4892億7000万円(前年同期比2.3%減)、営業利益40億4000万円(10.7%増)、経常利益47億4900万円(14.4%増)、親会社に帰属する当期利益32億7100万円(7.7%増)となった。 第1四半期連結累計期間の売上高は、新型コロナウイルス感染症の影響軽減に伴う人流回復により、一部の業態で回復基調が見られたものの、家庭内食品需要の落ち込みによる減少や取引の見直し等により減収となった。営業利益は取引の見直しに伴う…

アクシアルリテイリング/4~6月は電気料金・資材の値上げなどで営業減益

アクシアルリテイリングが8月2日に発表した2023年3月期第1四半期決算によると、売上高608億7200万円(前年同期比1.3%増)、営業利益24億1300万円(17.5%減)、経常利益25億8500万円(13.3%減)、親会社に帰属する当期利益17億3400万円(14.3%減)となった。 売上高は、新規出店による店舗数の増加、商品・原材料などの仕入価格上昇の影響と梅雨明けが早かったことによる気温上昇により増加した。 利益面では、急激な家計負担増加を懸念し、販売価格への転嫁を抑制していることによる売…

三越伊勢丹HD/4~6月売上高14.7%増、高級品など好調

三越伊勢丹ホールディングスが8月1日に発表した2023年3月期第1四半期決算によると、売上高1016億1500万円(前年同期比14.7%増)、営業利益39億6500万円(前期は60億2700万円の損失)、経常利益45億2700万円(前期は57億4200万円の損失)、親会社に帰属する当期利益56億5200万円(前期は86億7300万円の損失)となった。 百貨店業は、売上高917億8000万円(18.3%増)、営業利益19億4400万円(前年同四半期は営業損失82億3900万円。 3月にまん延防止等重点…

ZOZO/4~6月、買取・製造販売とUSED販売など好調で増収増益

ZOZOが7月29日に発表した2023年3月期第1四半期決算によると、売上高425億9000万円(前年同期比9.6%増)、営業利益143億1200万円(13.7%増)、経常利益142億9600万円(14.1%増)、親会社に帰属する当期利益99億6000万円(14.1%増)となった。 売上高は、商品取扱高に対する売上高比率が高い買取・製造販売とUSED販売、広告事業の成長ならびに商品取扱高に対する売上高比率が低いBtoB事業の商品取扱高における構成比が減少した事が主な要因となり、前年同期比で商品取扱高…