投稿者アーカイブ: ra

西武池袋本店/屋上空中庭園に鯖カレー店「ホクトカレー」オープン

そごう・西武は2月1日、「西武池袋本店」屋上空中庭園内の屋上フードカートに「身体が喜ぶカレー屋」をコンセプトとしたカレー専門店「ホクトカレー in カレーピクニック」をオープンする。 カレーとは縁のなかったオーナーの二人が「鯖カレー」との出会いをきっかけに2021年6月に調布市仙川に開いた「ホクトカレー」の5番目の店舗となる。 <ホクトカレー in カレーピクニック> 店名に付けた「in カレーピクニック」は、店主がこどもの頃、百貨店の屋上遊園地で遊ぶことが最高の贅沢だった記憶から、オープンエアーの…

ライフ/大阪市「巽店」リニューアルで生活関連売場を2階に移設

ライフコーポレーションは1月29日、大阪市で1993年に開店した「ライフ巽店」を改装オープンする。 店舗が所在する「巽」エリアは、住宅街を中心に昔ながらの街並みが広がり、70代以上のシニア層が多い地域となっている。都心部へのアクセスの良さから、大阪メトロ千日前線「北巽」駅周辺には、近年20~30代の少人数世帯が増加している。 <ライフ巽店> 今回の改装では、水産・惣菜売場に対面調理場を設置するなど、買い物の「ワクワク感」をより感じることができる売場に生まれ変わり、ライフ自慢の新商品を販売。プライベー…

三菱地所/タイの大型アウトレット「Central Village」第二期増床エリア開業

三菱地所は1月28日、タイ小売り最大手であるCentral Group傘下の大手商業デベロッパーCentral Pattana Public Company Limited(以下、CPN社)社と共同で2019年から推進してきた大型アウトレットモール「Central Village」の第二期増床エリアを開業した。 今回の増床により、「Central Village」には、新たに約70店舗が出店し、合計約220店舗、店舗面積約3万6000m2と東南アジア最大級の大型アウトレットモールとなる。 <第二期増…

ZOZO/2023年8月稼働予定の物流拠点「ZOZOBASEつくば3」自動化推進

ファッション通販サイト「ZOZOTOWN」を運営するZOZOは1月28日、2023年8月に稼働開始予定の新たな物流拠点「ZOZOBASEつくば3」において、設備投資による業務の自動化を推進し、約30%の省人化を目指すと発表した。 <ZOZOBASEつくば3> 「ZOZOBASEつくば3」は、今後の商品取扱高の成長を見据えて開設予定の5拠点目となるZOZOBASEで、延床面積や商品保管数などの設備能力は社内で最大規模となる。 豊田自動織機トヨタL&Fカンパニーのピッキングした商品を注文ごとに自動で仕分…

沖縄市/初のオンライン開催「沖縄市産業まつり」実施

沖縄市は1月21日~2月28日、「第45回沖縄市産業まつり」を初めてオンラインで開催している。毎年多くのお客が来場する産業まつりだが、コロナ禍により今年は開催を中止し、「第45回沖縄市産業まつり ONLINE SHOP」をオープンした。 <第45回沖縄市産業まつり> オンラインショップでは、地元で長く愛されている商品や県産素材を生かした菓子など、沖縄市ならではの魅力が詰まった人気商品が目白押しとなっている。期間中は新しい商品を随時追加する予定だ。 また、税込3000円以上購入すると先着200名は送料…

コーナン商事/和歌山県東牟婁郡「ホームストック勝浦店」改装オープン

コーナン商事は1月29日、和歌山県東牟婁郡の「ホームストック勝浦店」を改装オープンする。同店は、2002年1月31日に開店して以来、多くのお客が来店している。 <ホームストック勝浦店> 今回の改装により、園芸用品・DIY用品をはじめ、売場全体のレイアウト変更・商品の新規導入を行ない、お客の利便性向上につながる取り組みを実施している。 ホームストック勝浦店は今後も幅広い商品を取り揃え、地域の住まいと暮らしをサポートするという。 ■ホームストック勝浦店 所在地:和歌山県東牟婁郡那智勝浦町大字築地6丁目1…

イオンタウン郡山/大型カプセルトイ専門店「ガシャポンのデパート」出店

バンダイナムコアミューズメントは1月28日、福島県郡山市の商業施設「イオンタウン郡山」に、福島初出店となる大型カプセルトイ専門店「ガシャポンのデパートイオンタウン郡山店」をオープンした。 <店舗イメージ> ガシャポンのデパートは、バンダイナムコアミューズメントが企画・運営・プロデュースするカプセルトイ専門店で、日頃から新しい商品を探しているカプセルトイファンの「ガシャポン活動(ガシャ活)を豊かにする」をコンセプトに、デパートと呼ぶにふさわしい設置面数と商品構成、知識豊富なスタッフを通じてカプセルトイ…

フジ・アグリフーズ/太陽光オンサイト型サービス導入

フジ・アグリフーズは2月1日、愛媛県松山市の本社流通センター屋上スペースを有効活用し、アーバンエナジーと共同で、PPAモデル「ゼロエミプランオンサイト型サービス」による自家消費型の太陽光発電設備を設置する。 <太陽光発電設備> PPAモデルとは「Power Purchase Agreement(電力販売契約)モデル」の略で、PPA事業者に敷地や屋根などのスペースを提供し、太陽光発電システムを設置し、発電した電力を電力需要家に販売する事業モデル。 本社流通センター屋上スペースに、太陽光発電システムを設…

アスカネットなど/セブンーイレブンで非接触・空中ディスプレイのレジ実証実験

アスカネット、神田工業、セブンーイレブン・ジャパン、東芝テック、三井化学、三井物産プラスチックは2月1日から順次、都内のセブンーイレブン6店舗で、非接触・空中ディスプレイ技術を採用したキャッシュレスセルフレジ「デジPOS」の実証実験を開始する。 <空中ディスプレイのイメージ> 空中ディスプレイとは、空中に浮かんだ映像を手で触れることなく、タッチパネル操作可能なディスプレイのことで、ディスプレイ、光学素子(空中ディスプレイプレート)、センサーの各モジュールで構成されている。 「デジPOS」の決済手段は…

加工食品/12月の1位はオタフク「お好み焼こだわりセット」4人前

マーチャンダイジング・オンが発表した新商品の売上ランキングによると、12月の加工食品の1位は、オタフク「お好み焼こだわりセット」4人前(税別標準小売価格431円)で、9月1日にリニューアルした定番商品。環境へ配慮してパッケージもリニューアル。プラスチック使用量削減につながる一部の包装廃止や包装資材の変更などを行った。11月は2位にランクインしていた。 <加工食品の新商品ランキング> 2位は、ハウス「カリー屋カレー」中辛180g(税別参考小売価格145円)だった。8月9日発売の商品で、レンジ加熱に対応…

物語コーポレーション/全国92店舗目「寿司・しゃぶしゃぶ ゆず庵 伊勢崎店」出店

物語コーポレーションは2月1日、群馬県伊勢崎市に、全国92店舗目となる「寿司・しゃぶしゃぶ ゆず庵 伊勢崎店」をグランドオープンする。 <ゆず庵 伊勢崎店出店の告知> ゆず庵は、創業から続く和食料理屋のノウハウを結集した、寿司・しゃぶしゃぶの食べ放題専門店。素材にこだわった四季折々の寿司のほか、肉や旬の野菜、竹筒つみれや水餃子などバラエティ豊かなしゃぶしゃぶの具材、デザート(甘味)など、全てのメニューを食べ放題で提供する。 また、茶碗蒸しや串揚げなど、こだわりの逸品メニューも充実。しゃぶしゃぶのだし…

スーパーマーケット/12月既存店売上、ヤオコー・バロー前年越えも8社前年割れ

流通ニュースがまとめた全国主要スーパーマーケット10社の12月の営業概況によると、既存店売上高(前年同月比)は、ヤオコー0.6%増、バロー2.0%増だった。 一方で、ライフコーポレーション0.8%減、U.S.M.H3.3%減、マルエツ4.8%減、カスミ1.1%減、マックスバリュ西日本3.4%減、アークス2.5%減、ヨークベニマル0.9%減、サミット2.4%減となった。 ■ライフコーポレーション(2021年2月期:売上高7591億円) 既存店売上高0.8%減、客数1.5%減、客単価0.7%増 全店売上…

パルコ/組織改定で組織体制における機能を整理集約

パルコは3月1日付で、組織改定を実施する。2022年度は、長期化する新型コロナウイルス感染症の影響も見据えながら、J.フロントリテイリングとの連携を深め、SC事業セグメントにおけるビジネスモデル変革、デベロッパー事業セグメントの成長と拡大をより迅速かつ効率的に実行する。そのためこれまでの組織体制における機能の整理集約を行い、各部門間の連携をより強化しながら業務を推進する体制へと変更する。 まず、新規事業推進グループの機能を精査し、PARCO SC事業グループおよび業態創造事業グループ内に再編集約する…

JINS/地域が抱える課題に向き合う新組織「地域共生事業部」設立

ジンズホールディングス(JINS)は1月27日、社内に「地域共生事業部」を新設したと発表した。 現在、「Magnify Life(マグニファイ・ライフ)=人々の生活を拡大し、豊かにする」というビジョンを実現するため、サステナビリティ共通ビジョンや2030年・2050年に向けたサステナビリティ目標を策定するなど、持続可能な社会づくりや企業づくりに取り組んでいる。 こうした取り組みの一環として、2021年9月1日付けで地域が抱える課題に民間企業として向き合い、共に成長していくことを目指して「地域共生事業…

イオンタウンふじみ野/就労継続支援B型事業「リハスワーク」開設

「福祉が地域を⽀える社会の実現」というビジョンを掲げ、医療や介護が必要な人であっても働ける事業所やサービスを運営・提供する金沢QOL支援センターは4月1日、埼玉県ふじみ野市にあるショッピングセンター「イオンタウンふじみ野」に、就労継続支援B型事業「リハスワークふじみ野」を開設する。 <金沢QOL支援センター> 就労継続支援B型事業「リハスワーク」は、平均工賃5万円を目指し、「障がいがあっても地域を支える!」の実現を目指す事業所。18歳以上の精神(発達)、知的、身体に障がいのある人を対象に、国産の木材…

グラニフ/Tシャツ専門店を佐野プレミアム・アウトレットに出店

グラニフは2月4日、栃木県佐野市の「佐野プレミアム・アウトレット」に「グラニフ佐野プレミアム・アウトレット店」をオープンする。 <グラニフ佐野プレミアム・アウトレット店> 関東最大級のアウトレットモールにオープンする「グラニフ佐野プレミアム・アウトレット店」は、約115.7m2の空間に常時200種類以上のグラフィックTシャツを中心としたアイテムを展開する。グラフィックの存在感を際立たせる白を基調とした店内で、買い物を楽しめる。 今回のオープンを記念して2月4日~13日、グラニフ公式アプリ会員登録の上…

GENDA SEGA/静岡市「ベイドリーム清水」にカプセルトイ専門店「GORON!」

GENDA SEGA Entertainmentは1月26日、静岡市の商業施設「ベイドリーム清水」に、カプセルトイのショップインショップとしてGORON!(ゴロン)5号店「GORON!セガベイドリーム清水」をオープンした。 <GORON!セガベイドリーム清水> カプセルトイは近年、人気のキャラクターだけでなく、斬新なアイディアや、ご当地モノ、さらに大人の嗜好にも耐えうる精巧なフィギュアなど、ジャンルやターゲットに縛られず多種多様に広がり続けている。 そこで、カプセルトイが持つ、「何が出てくるかわから…

F&LC/中国の回転寿司事業拡大で孫会社設立

FOOD&LIFE COMPANIESは1月26日、100%子会社である寿司郎(中国)投資有限公司が、子会社(孫会社)を設立すると発表した。 3月に四川省成都市に、資本金約650万元(約1億円)で回転寿司の経営を担う新会社を設立する予定だ。 回転寿司事業の更なる拡大を視野に、今後、中国における回転寿司の拡大が見込まれるなか、新たに子会社(孫会社)を設立する。なお、孫会社の資本金額がF&LCの資本金の額の 100分の10以上に相当するため、特定子会社となる。
The post F&LC/中国の回転寿司…

やよい軒/テイクアウト限定でおうち定食100円引き

プレナスは2月2日~3月1日、「おうち定食」4商品を100円引きの特別価格で提供するキャンペーンを実施する。 <キャンペーンの告知> 現在、自宅などでも店舗と同じように定食を楽しめるよう、ごはん・汁物・おかずを、別々の容器で提供するテイクアウトメニュー「おうち定食」を販売している。 今回、定番メニューの [テイクアウト]しょうが焼(通常価格640円)、[テイクアウト]チキン南蛮(760円)、[テイクアウト]サバの塩焼(790円)、[テイクアウト]ハンバーグとエビフライとから揚げの人気トリオ(1000…

カワチ薬品/4~12月はセルフレジ導入などコスト削減も営業利益28.3%減

カワチ薬品が1月27日に発表した2022年3月期第3四半期決算によると、売上高2114億9800万円(前年同期比2.1%減)、営業利益62億5800万円(28.3%減)、経常利益70億700万円(25.8%減)、親会社に帰属する当期利益46億3400万円(25.8%減)となった。 ドラッグストア業界では、前年同時期に感染症拡大の影響から、予防関連商材や内食需要が増加したこと対し、今期は一時感染者数が減少傾向となったこと等から、前年の需要増加の反動減の影響を受けるなど、厳しい環境が続いた。 このような…

JR西日本SC開発/今春「天王寺ミオ」一新で約60店舗リニューアル

JR西日本SC開発が運営する天王寺・阿倍野エリア最大級の「ファッション」と「食」を中心としたJR天王寺駅直結のショッピングセンター「天王寺ミオ」は、2月から4月にかけて春のリニューアルを実施し、約60ショップが順次、オープンする。 リニューアルでは、コロナ禍を経てますます多様化する「ライフスタイル」や「価値観」に焦点を当て、ミオの来館客それぞれの「自分らしさ」に出会うきっかけを提供するべく、衣・食・住にわたる多彩で鮮度の高いショップを新たに導入し、いつでも「わたしの」好きなものが見つかる場としてリニ…

ZHDグループ/「Yahoo!マート by ASKUL」都内で本格展開

Zホールディングス(ZHD)のグループ企業であるヤフー、アスクル、出前館は1月26日、食料品や日用品のクイックコマース(即配サービス)「Yahoo!マート by ASKUL(以下、Yahoo!マート)」を本格展開した。 <Yahoo!マート> 「Yahoo!マート」は、ユーザーが出前館のサービス上で、アスクルが販売する食料品や日用品を中心とした約1500種の幅広い商品の中から選択し注文・決済すると、最短15分で商品を受け取ることができるサービス。注文を受けた後、出前館の配達員が都内の専用倉庫(店舗)…

総合スーパー/12月はイオン0.8%減、PPIH1.2%増、ヨーカドー1.1%増

流通ニュースがまとめた総合スーパー主要3グループの月次営業情報によると、12月の既存店売上(前年同月比)は、イオンリテール0.8%減、PPIH(国内リテール主要4社)1.2%増、イトーヨーカドー1.1%増となった。 ■イオンリテール(2021年2月期:売上高1兆8161億円) 既存店0.8%減、全店4.7%減 イオンリテールにおいて家庭で簡便においしい食事をしたいというニーズや帰省シーンに対応したデリカ部門が既存店売上高前期比3.6%増と好調に推移し、食品売上は15カ月連続で前年・前々年の既存店実績…

千趣会/保育従事者向け専門通販サイト「えがおのせんせい」オープン

千趣会は2月1日、保育備品関連の商品を専門に扱った保育従事者向け通販サイト「えがおのせんせいオンラインショップ」をオープンする。 <えがおのせんせいオンラインショップ> 現在、千趣会では、保育従事者向け通販カタログ「えがおのせんせい」を全国の認可保育所・小規模保育所・幼稚園・認定こども園・企業主導型保育所等、全国約5万4000施設へ配布している。 カタログでは、通販事業ベルメゾンで展開している商品を中心に、保育施設で使うことを想定した商品を取り扱ってきたが、今回の通販サイトオープンにより、保育に特化…

イケア/家具の下取り・還元サービスを一新

イケア・ジャパンは6月1日、家具の下取り・還元サービスをリニューアルする。同サービスは、昨年1月から全国のイケアストアで開始し、1年間で3800の家具が下取り、還元された。 <ベビーベッドの利用例> 今回、ベビー向けの対象商品(ベビーベッド、チェンジングテーブル、ベビーチェア)を、一年以内に返却すると期間に応じて最大で商品代金の50%をリターンカードで還元するサービスを開始する。還元率は、購入後90日以内で50%、180日以内で40%、365日以内で30%還元となる。 また、家具の組立てに便利な電動…

エディオン/商品統括部配下に商品管理部を新設

エディオンは2月1日付で、機構改革を実施する。営業事業部配下を、営業統括部、商品統括部、情報通信統括部、マーケティング統括部、フランチャイズ統括部、教育事業統括部に再編する。 商品統括部配下に、商品管理部を新設する。マーケティング統括部配下を、販促企画部、顧客戦略部、新設のマーケティング戦略部に再編。営業統括部配下に、eコマース部、営業支援部、営業管理部を再編する。
The post エディオン/商品統括部配下に商品管理部を新設 first appeared on 流通ニュース….

バーガーキング/国内150店突破「チェダリッチ チキンナゲット」150円に

ビーケージャパンホールディングスは1月28日~2月3日、「150店舗突破記念キャンペーン」として人気のサイドメニュー「チェダリッチ チキンナゲット 5ピース」を通常価格210円のところ、60円引きの150円で販売する。 <150店突破キャンペーン> バーガーキングは、1月27日オープン予定の「バーガーキング赤羽東口店」をもって、国内の店舗数が150店となる。150店舗突破を記念し「チェダリッチ チキンナゲット 5ピース」をお得な特別価格150円で販売するキャンペーンを1週間限定で実施するもの。 「チ…

吉野家HD/連結子会社グリーンズプラネットを売却

吉野家ホールディングス1月25日、連結子会社であるグリーンズプラネットが発行し、吉野家HDが保有するグリーンズプラネットの全株式を、フライドグリーントマト(FGT)へ譲渡する株式譲渡契約を締結したと発表した。 グリーンズプラネットは商業施設を中心に複数ブランドを展開してきた。一方で、新型コロナウイルス感染症拡大影響により市場環境が大きく変化する中、吉野家HDは事業ポートフォリオの最適化を進めている。 株式譲渡先であるFGTの代表取締役栗原幹雄氏は、新業態開発に造詣が深く、さまざまな新規事業を立ち上げ…

J.フロント/組織変更で経営戦略統括部を再編

J.フロントリテイリングは3月1日付で、組織の一部改正を実施する。経営戦略統括部の再編として、経営戦略統括部に「事業ポートフォリオ変革推進部」を新設し、経営戦略統括部に「CRE企画部」を新設する。 財務戦略統括部の再編では、財務戦略統括部「構造改革推進部」の業務を経営戦略統括部経営企画部、人財戦略統括部グループ人財政策部、業務統括部総務部に新設する「コスト構造改革・SS推進担当」に移管し、同部を廃止する。 グループデジタル戦略統括部の再編として、「グループデジタル統括部」を新設し、配下に現行の「デジ…

ミニストップ/戦略実現タスクフォースを新設

ミニストップは2月21日付で、組織変更を実施する。経営と執行の役割を明確にし、持続可能な組織体制を構築する。 また、戦略実現タスクフォースを新設し、将来へ向けた取り組みを加速させる。部長職に女性と若手社員を抜擢し、多様性を推進することでイノベーションを誘発する組織体制を構築する。
The post ミニストップ/戦略実現タスクフォースを新設 first appeared on 流通ニュース….

大丸松坂屋百貨店/社長直下に「ブランディング戦略室」を新設

大丸松坂屋百貨店は3月1日付で、組織の一部改正を実施する。本社関係では、社長直下に「ブランディング戦略室」を新設。経営戦略本部財務部に「営業経理担当」を新設する。 営業本部営業企画部に「広報担当」を新設し、これに伴い、現行の「販売促進・広報・インバウンド担当」を「販売促進・インバウンド担当」に改称する。 現行の「福利厚生担当」の全部業務(J.フロント健康保険組合、J.フロント共済会、大丸松坂屋企業年金基金業務)をJ.フロントリテイリング人財戦略統括部に新設する「グループ福利厚生部」に移管する。これに…

イオン九州/北九州市「イオン若松SC」にホームワイド若松店出店

イオン九州は3月3日、北九州市の商業施設「イオン若松ショッピングセンター」に、大分・宮崎を中心に31店舗展開するホームセンター事業「ホームワイド」店舗の新店「ホームワイド若松店」をオープンする。 <ホームワイド若松店> ホームワイド若松店は、「暮らしに癒しと楽しさの提案」をコンセプトとしてミレニアル世代のファミリーをはじめ、イオン若松ショッピングセンターに来店する子どもから大人までさまざまな世代に対応するライフスタイル型ホームセンター。「趣味を楽しむお客」をターゲットとしてペット・アウトドア・園芸用…

ニトリ/東京、岐阜、石川、神奈川、埼玉に同時出店

ニトリは1月28日、東京都港区に「ニトリEXPRESSアクアシティお台場店」、岐阜県岐阜市に「ニトリEXPRESS岐阜オーキッドパーク店」、石川県七尾市に「ニトリパトリア七尾店」、神奈川県横浜市に「デコホームサミットストア横浜岡野店」、埼玉県上尾市に「デコホーム北上尾PAPA店」を同時オープンする。 グループの店舗としては、798店舗(国内ニトリ470店舗、デコホーム139店舗、EXPRESS22店舗、島忠56店舗、N+18店舗、海外93店舗)となる。 <店舗イメージ> グループでは、お客の立場に立…

近鉄百貨店/今春、四日市店に「Plugs Market」FC形態で出店

近鉄百貨店は4月、近鉄百貨店四日市店に地域の暮らし密着・発見・発信型マーケットとして2020年からスタートした「Plugs Market」をフランチャイズ形態でオープンする。 「東急ハンズ」とのコラボレーションによる「Plugs Market」の近鉄百貨店での導入は、国内1号店である近鉄百貨店草津店に次いで2店舗目で、東海地方では初出店となる。 <Plugs Market> Plugs Market(プラグスマーケット)とは、東急ハンズが「地域を元気に!」をキーワードに、地域密着型で特徴ある店づくり…

Genky DrugStores/7~12月、レギュラー店出店継続で営業利益29億円

Genky DrugStoresが1月25日に発表した2022年6月期第2四半期決算によると、売上高762億4100万円、営業利益29億2100万円(前期は32億3000万円の利益)、経常利益31億2600万円(前期は34億2200万円の利益)、親会社に帰属する当期利益21億3200万円(前期は24億3600万円の利益)となった。 グループは「近所で生活費が節約できるお店」をコンセプトに、地域シェアを高めるためドミナントエリア構築に邁進した。また、お客の節約志向に応えるため青果や精肉などの生鮮食品の…

日本百貨店協会/12月売上高は3カ月連続プラスで8.8%増

日本百貨店協会が1月25日に発表した2021年12月の全国百貨店売上高概況によると、全国の百貨店(調査対象73社・189店)の売上総額は約5920億円(前年同月比8.8%増)だった。 12月の売上高は8.8%増(3カ月連続)、入店客数は14.1%増(2カ連続)と高伸した。新型コロナ感染者の減少継続を背景とした、外出機運や消費意欲の高まりに加え、各社が展開した外商催事、会員向施策、イベント等も奏功した。年末商戦は活況で、増勢が続く高額品の他、重衣料や防寒商材も好調に推移した。前々年比では売上高6.1%…

日本チェーンストア協会/12月既存店1.7%増、年末年始の行動自粛で内食増加

日本チェーンストア協会が発表した12月のチェーンストア販売概況(会員企業56社、1万1897店)によると、総販売額は1兆3010億円(店舗調整後の前年同月比1.7%増)となった。 部門別の販売額では、食料品8800億円(1.0%増)、衣料品773億円(0.2%増)、住関品2505億円(0.3%増)、サービス41億円(23.5%増)、その他889億円(13.7%増)だった。 12月度は、新型コロナウイルス感染症の感染者数は減少したものの、年末年始における行動自粛の呼び掛けもあり内食化の需要が見られ食料…

東京地区百貨店/12月売上は4カ月連続プラスの11.1%増

日本百貨店協会が1月25日に発表した2021年12月の東京地区百貨店(12社24店)の売上高概況によると、売上高は約1636億円(前年同月比11.1%増)で、4カ月連続のプラスとなった。 12月の東京地区は、新型コロナ新規感染者数が低水準で推移し、外出機会が増加したことで、売上高(11.1%増/4カ月連続)、入店客数(19.7%増/3カ月連続)共に高伸した。コロナ禍前の前々年(2019年)比では、売上高6.5%減、入店客数22.9%減だが、前月より売上高は3.2ポイント、入店客数は3.9ポイント改善…

日本百貨店協会/12月の外国人売上6.5%増の36億6000万円

日本百貨店協会が1月25日に発表した2021年12月の外国人観光客の売上高・来店動向によると、インバウンド推進委員店(88店)での免税総売上高は、約36億6000万円(前年同月比6.5%増)となった。 一般物品売上高は約31億7000万円(32.7%増)、消耗品売上高(化粧品、食料品など)は約4億9000万円(53.1%減)だった。 購買客数は約8000人(12.6%減)。一人あたりの購買単価は、約44万1000円(21.8%増)となっている。 外国人観光客に人気の商品順位は、化粧品、ハイエンドブラ…

コーナン商事/京都府亀岡市に「コーナンPRO亀岡篠店」オープン

コーナン商事は1月26日、京都府亀岡市に「コーナンPRO亀岡篠店」をオープンする。 <コーナンPRO亀岡篠店> コーナンPROとして京都府亀岡市内に初出店となる「コーナンPRO亀岡篠店」は、「ホームセンターコーナン亀岡篠店」に隣接し、建築資材・工具・金物など専門性の高い商品を幅広く取りそろえるなど、地域のお客・建築職人の人々から愛され信頼される店づくりを目指す。 ■コーナンPRO亀岡篠店 所在地:京都府亀岡市篠町野条井ホラ32番地1 営業時間:月~土6時30分~21時、日9時~21時
The pos…

JR西日本/テナントスタッフによるコーディネート提案で来店促進

JR西日本SC開発とJR西日本アーバン開発は1月21日、バニッシュ・スタンダードが提供する「STAFF START(スタッフスタート)」を導入すると発表した。 JR西日本SC開発が運営する大型ショッピングセンター「ルクア大阪」「天王寺ミオ」、JR西日本アーバン開発が運営する「ピオレ姫路」の各公式サイトにおいて、2月1日から「STAFF START」を導入し、テナントスタッフのコーディネートをきっかけとした、SCへの来店促進を図る。 <取り組みの概要> JR西日本グループのSCでは、新しい生活様式にも…

NEWoMan新宿/日本初出店となる「GREY」コンセプトストア出店

ニューバランスジャパンは3月2日、JR新宿駅直営の商業施設「NEWoMan新宿」に日本初出店となる「GREY」コンセプトのライフスタイルストアをオープンする。 <店舗イメージ> ブランドを象徴するカラーである「GREY」をテーマに誕生したライフスタイルストアは、北京、香港、上海に次ぐ4店舗目として日本で初めてオープンする。コンクリートと温かみのあるウッドでデザインされたクリーンでニュートラルな空間で、Made in U.S.A.、Made in U.K.のほか、TOKYO DESIGN STUDIO…

丸井グループ/伝票レスシステムを導入し店舗DXを推進

丸井グループのシステム・ソフトウエア開発や情報管理などを担うエムアンドシーシステムは1月21日、アイエントとの共創を通じ、同社の提供する伝票レスシステム「POPPO」に独自のカスタマイズを加えたシステムをマルイ店舗に順次、導入すると発表した。 現在、マルイ店舗では、商品の取置き・取寄せ・修理に関して紙の伝票を使用しており、個人情報保護のために起票から保管、削除にいたるまで多くの作業時間がかかっている。また、紙の伝票使用枚数は年間約10万枚におよび、環境負荷も課題となっていた。 これらの課題を解決する…

レゴジャパン/三井アウトレットパーク北陸小矢部に「レゴストア」出店

レゴジャパンは2月1日、富山県小矢部市の商業施設「三井アウトレットパーク北陸小矢部」に、北陸エリア初出店となるレゴブランドストア「レゴストア北陸小矢部店」(運営会社:シナテック)をオープンする。 <レゴストア北陸小矢部店> レゴストア北陸小矢部店は、AR(拡張現実)を使った「デジタルボックス」で、飛び出すレゴモデルを楽しむことができる。そのほかにも、自分だけのオリジナルミニフィギュアを作成できる「Build a Mnifigure(ビルド・ア・ミニフィギュア)」や、自分の好きな色や形のレゴブロックを…

キリンビール/2021年「氷結無糖レモン」年初計画2倍の1020万箱達成

キリンビールはこのほど、「キリン氷結無糖レモン」シリーズの2021年の年間販売数量が年初計画の約2倍となる1020万箱(250ml×24本換算)を達成したと発表した。 「甘さはいらないが果実感は欲しい」「食事と一緒に楽しみたい」「自分の体を気遣いたい」というニーズを捉えた「氷結無糖レモン」シリーズは、「甘くなくレモンの果実味が引き立つ爽快なおいしさ」「無糖」という価値で支持を獲得し、過去10年間で発売したキリンRTD商品において最速で2億本を突破した。 RTDとは、Ready To Drinkの略で…

アルパーク/西棟の大規模改装で世界最大の「無印良品」が出店

大和ハウス工業は1月24日、広島市西区のショッピングセンター「ALPARK(アルパーク)」西棟の大規模改装の概要を発表した。 <リニューアル後の内観イメージ> 施設は、世界最大の「無印良品」やスーパーマーケット「フレスタ」などを核テナントとして、アウトドアショップ「Alpen Outdoors」やアニマルカフェ「Moff animal cafe」などの店舗が出店する。さらに、お客の生活を豊かにする各種専門店や、多彩なジャンルを取りそろえるフードコートを設け、大人も子どもも楽しめる約20店舗で構成する…

ロフト/アリオ加古川に標準店舗「加古川ロフト」オープン

ロフトは3月25日、兵庫県加古川市の商業施設「アリオ加古川」1階に「加古川ロフト」をオープンする。 <加古川ロフト店舗イメージ> 出店により、ロフトは兵庫県内では4店舗目、国内では144店舗目(FC含む/3月25日時点)となる。「アリオ加古川」は、イトーヨーカドー加古川店の大規模改装にともない2021年10月にオープンした商業施設で、最寄りの山陽電鉄別府駅から300m、大阪と福岡をつなぐ国道2号線からもほど近く、車のアクセスも便利な場所に位置する。ターゲット層は若年層からファミリー層までと幅広い地元…

カスミ/つくば市にドラッグと融合した新業態「BLANDE」出店

カスミは1月28日、茨城県つくば市に新業態店舗「BLANDE」1号店として「BLANDEつくば並木店」をオープンする。新業態「BLANDE」は、カスミが提案する新たなスーパーマーケットのカタチで、「人」「食」「生活」「文化」が、商品・サービスを通じて交じり合う店舗を目指す。 「BLANDEつくば並木店」は、Food、Health、Beauty&Wellnessをコンセプトに、ドラッグストアのウエルシア薬局との融合による、食と健康美をテーマとした新たな売場展開で、地域のお客に新しい買い物体験の場と商品…

ジンズ/新潟県三条市に初出店、伝統建築から着想を得たロードサイド店舗

ジンズは、新潟県三条市に初出店となるロードサイド店舗「JINS燕三条店」をオープンする。 ものづくりの街としても知られ、刃物・金物や洋食器の生産が盛んな三条市と燕市。店舗は、この「燕三条」エリア内の国道8号線付近に位置し、JR燕三条駅からも程近く、家族連れで立ち寄りやすい立地となっている。 <店舗外観イメージ> 外観は、新潟県などの豪雪地方で見られる「雁木造り」から着想を得てデザインした。家の軒の庇(ひさし)を前に長く張り出し通路とする伝統的な造りをイメージした。地域に根付く歴史を伝承し、永く愛され…

オークワ/「和歌山中之島店」改装でセミセルフレジ導入

オークワは1月28日、和歌山県和歌山市の「オークワ和歌山中之島店」を改装オープンする。 同店は、2005年5月に開店し、16年の長きにわたり営業している。今回、お客にとってより便利な店になるため、店内レイアウトを変更した。 <店内レイアウト> 店舗では、食料品を中心にオークワならではの「低価格・良品質・安全・安心」をキーワードに毎日の買い物に「楽しさ・驚き・感動」を提案する。 好評の魚屋の寿司やベーカリーコーナーをリニューアルし、こだわり商品の品揃えを強化した。また、レンジアップ商品や冷凍食品、安全…

ローソン/地域密着×個客・個店主義で組織変更

ローソンは3月1日付で、組織変更を実施する。ローソングループ「Challenge2025」で目指す、新しい便利を追求した「新・マチのほっとステーション」の実現に向けて、2022年度は「地域密着×個客・個店主義」を戦略コンセプトに掲げている。よりお客に近い現場で、顧客価値の創造を徹底追求する体制を強化するため、組織を改革する。 北海道カンパニーでは、配下に「北海道エリア戦略」「北海道商品部」「北海道エリア管理部」「北海道営業部」「北海道開発部」を設置。近畿カンパニーでは、配下に「近畿エリア戦略」「近畿…

高知大丸/東館2階に登山・アウトドアの「好日山荘」オープン

登山・アウトドア・クライミング用品総合専門店、クライミングジムを運営する好日山荘は3月4日、高知市の百貨店「高知大丸」東館2階にフランチャイズ14店舗目となる「好日山荘 高知大丸店」をグランドオープンする。高知大丸の32年振りの大型改装の一環。 <高知大丸> 今年で75周年を迎える高知大丸は、土佐電鉄・はりまや橋駅から徒歩2分とアクセスも良く、高知県唯一の百貨店として地域の人々に親しまれている。近辺には独特の植生や景観が楽しめるハイキングエリアや、全国的にも人気が高い清流・仁淀川の美しい仁淀ブルーな…

東急ハンズ/高知大丸に「Plugs Market」オープン

東急ハンズは3月25日、高知県高知市の「高知大丸」本館4階に「Plugs Market(プラグス マーケット)高知店」をオープンする。「Plugs Market」は、暮らし密着・発見・発信型マーケットとして2020年からスタートした業態。店舗運営は、高知大丸によるフランチャイズ形式となる。 <Plugs Market> 大丸百貨店とのコラボレーションによる「Plugs Market」の出店は、下関店(山口県)に続いて2店舗目となる。今回は「働く女性と地元3世代ファミリーが『高知のしあわせ』を感じる店…

ヤマダデンキ/宮崎県都城市に「ヤマダアウトレット都城店」オープン

ヤマダデンキは1月21日、宮崎県都城市に「ヤマダアウトレット都城店」を新規オープンする。近年のエシカル消費の高まりを受け、現在、アウトレット・リユース業態の全国展開を視野に店舗を拡大する一環。 <店舗外観イメージ> 今回、新規オープンする「ヤマダアウトレット都城店」は37都道府県77店舗目の展開となり、宮崎県初出店となる。アウトレット・リュース店舗では、全国のヤマダデンキ店舗から集約した旧モデル品等の掘り出し物のほか、買取りをした家電を入念に洗浄・点検の工程を経たリユース商品を多数取り揃えている。 …

インストア・マーチャンダイジング基礎講座/2月10日~3月21日配信

流通経済研究所は2月10日~3月21日、「インストア・マーチャンダイジング基礎講座(オンデマンド)~製配販の共通言語、売場づくりの原理原則~」を配信する。 今回の講座は、小売、メーカー、卸で売場づくり、MD提案、棚割提案、販促提案に関わる全ての関係者がマスターしたい、売場づくりの原理・原則であるインストア・マーチャンダイジングの基礎を短時間で習得することを目的としている。 <インストア・マーチャンダイジングの概要> 流通経済研究所では30年以上にわたり、小売・卸・メーカー数十社の協力のもと、店内での…

インストア・マーチャンダイジング基礎講座/2月10日~3月21日配信

流通経済研究所は2月10日~3月21日、「インストア・マーチャンダイジング基礎講座(オンデマンド)~製配販の共通言語、売場づくりの原理原則~」を配信する。 今回の講座は、小売、メーカー、卸で売場づくり、MD提案、棚割提案、販促提案に関わる全ての関係者がマスターしたい、売場づくりの原理・原則であるインストア・マーチャンダイジングの基礎の短時間での習得を目的としている。 <インストア・マーチャンダイジングの概要> 流通経済研究所では30年以上にわたり、小売・卸・メーカー数十社の協力のもと、店内での買物行…

スーパー売場の見方/商談の説得力を向上させる視点解説、2月16日開催

マーケティング研究協会は2月16日、LIVE型のオンラインセミナー「同行・OJTが出来ていない新人、中堅営業担当者のための売場の見方~スーパーマーケット編~」を開催する。 バイヤーはメーカー営業に売場理解力を求めているが、質の高い提案には、売場を理解する事が不可欠となる。一方で、「売場の見方を教わった事がない」「メンバーや部下に売場の見方を教えていない」「商談で売場の話をしていない」などの課題もある。 セミナーでは、売場を見るための考え方から見るべきポイント、売場の情報を提案に活かすコツを徹底的に解…

スーパーマーケット/12月の既存店売上2.0%減、2カ月連続前年割れ

オール日本スーパーマーケット協会、日本スーパーマーケット協会、全国スーパーマーケット協会は1月21日、12月実績速報版のスーパーマーケット販売統計調査を発表した(集計企業270社)。 総売上高は1兆1242億2724万円(既存店前年同期比2.0%減)で、2カ月連続でマイナスとなった。 うち食品合計は1兆146億9719万円(2.0%減)、非食品809億3715万円(4.6%減)、その他285億9331万円(3.2%減)だった。 食品合計のうち、生鮮3部門合計は3901億8167万円(2.6%減)、内…

日本生協連/12月の総供給高は3カ月ぶり前年超えの0.5%増

日本生活協同組合連合会(日本生協連)が1月21日に発表した、全国65主要地域生協の12月度の供給状況(速報値)によると、総供給高は2804億4200万円(前年同月比0.5%増)となった。 内訳は、店舗838億5100万円(3.1%減)、宅配1903億1900万円(1.9%増)、宅配のうち個配1369億3000万円(2.7%増)だった。その他供給高は62億7200万円(10.5%増)だった。 12月度の総供給高は0.5%増で、3カ月ぶりに前年超えとなった。店舗は前年割れだったが、部門別では、引き続き総…

流通・マーケティングの『流通情報』/1月号「ECが流通と消費者にもたらす影響と変革」特集

流通経済研究所の資料情報センターは1月19日、流通・マーケティングの研究情報誌『流通情報』最新号(第554号)を発行した。 『流通情報』は、流通活動・マーケティングにまつわる重要テーマをめぐり、研究考察や提言を掲載する会員向けの研究情報誌(隔月刊、冊子/電子版)。メーカーや流通に関わる企業を中心に、約480の法人等が購読している。 <流通情報2022年1月発行> 最新号では、「ECが流通と消費者にもたらす影響と変革」を特集した。 新型コロナウイルス感染症の拡大により、3密を避けるためのネットショッピ…

無印良品/12月既存店売上はECが伸び悩み1.7%減

無印良品を展開する良品計画(2021年8月期売上高:4536億円)が発表した12月の月次概況によると、オンラインストアを含む直営既存店は、前年比で売上高1.7%減、客数1.1%増、客単価2.7%減となった。 オンラインストアを含む直営全店は売上高5.1%増、客数8.7%増、客単価3.3%減だった。 直営既存店の部門別売上前年比は、衣服・雑貨2.3%減、生活雑貨0.1%減、食品6.2%減となった。また、直営全店の部門別売上前年比は、衣服・雑貨3.9%増、生活雑貨6.3%増、食品3.5%増だった。 店舗…

Wolt/函館に配達専用スーパー「Wolt Market」オープン

デリバリーサービス「Wolt(ウォルト)」を展開するWolt Japanの関連会社、Wolt Market Japanは1月27日、北海道函館市に配達専用スーパー「Wolt Market函館本町店」をオープンする。 <オープン告知> 出店により、食料品や日用品など約2000品目の商品を注文から約30分程度で届ける即時配達サービスを函館市で開始する。また、札幌市に市内3店舗目となる「Wolt Market札幌麻生店」を同日オープンする。 両店とも営業時間は月~日の9時30分〜22時。取扱商品は、生鮮、…

キリンビバレッジ/2022年販売数量目標は前年比2%増の2億950万箱

キリンビバレッジは1月20日、2022年の清涼飲料の販売数量目標を前年比2%増の2億950万箱とすると発表した。 同日開催した、2022年キリンビバレッジ事業方針発表会で吉村透留社長は、「2021年は、特保・機能性表示食品9%増、無糖飲料カテゴリー4%増など健康カテゴリーが好調だった。一方で、自動販売機・コンビニは依然としてコロナ前まで客足は戻り切っていない。また、量販・ECチャネルは好調に推移した」と昨年の市場を解説した。 <吉村社長> 2021年の販売数量は、清涼飲料合計で2億589万箱(3%減…

物語コーポレーション/和歌山市に175店舗目「丸源ラーメン 紀三井寺店」出店

物語コーポレーションは1月28日、和歌山県和歌山市に全国175店舗目となる「丸源ラーメン 紀三井寺店」をグランドオープンする。 <出店告知> オープン記念として、2月6日まで全国の「丸源ラーメン」で利用できる100円引クーポンを配布する。 「看板メニューの『熟成醤油ラーメン肉そば』は、注文が入るごとに、手鍋で一杯ずつ豚肉と炊き込んだスープにコシのある自社製多加水麺、柚子こしょうおろし、青ネギなどの和のトッピングで仕上げた。​スープの決め手である熟成醤油がえしは、うまみが豊富な小豆島産の本仕込み醤油、…

あきんどスシロー/府中駅南口直結の商業施設「府中くるる」に出店

あきんどスシローは1月27日、京王線の主要駅である府中駅南口直結の好立地に位置する商業施設「府中くるる」の地下1階に「スシロー府中くるる店」をオープンする。 <オープン告知> 再開発が進む府中駅前には商業施設が立ち並んでおり、平日週末を問わず近隣のファミリーをはじめ多くの人が集まっている。店舗内には、専用システムでチェックインすると自動で席を案内してくれる「自動案内」や、予め注文した持ち帰り商品を、店舗でスムーズに受け取れる「自動土産ロッカー」を導入し、利便性に特化した快適な店舗環境を提供する。 <…

丸井/オンラインの商業施設出店サービス「OMEMIE」本格スタート

丸井は1月20日、COUNTERWORKS(カウンターワークス)との協業により、リアル店舗への出店サービス「OMEMIE(オメミエ)」の運用を本格的にスタートした。 OMEMIEとは、マルイ店舗への出店の検討から問い合わせ、契約までの手続きがオンラインで行える出店サービス。1月のサービスインでは25店舗、合計約150の区画をサイトに掲載し、まずは短期出店での申込みを中心にスタートし、将来的には長期出店の希望への対応も視野に拡大する。 <サイトイメージ> 出店の検討材料を見える化したのが特徴で、区画の…

家庭用・オフィス用家具市場/2020年の市場規模は前年比1.3%減の1兆373億円

矢野経済研究所は1月20日、国内における家庭用・オフィス用家具を調査し、市場規模、参入企業の動向、将来展望を明らかにした。 調査によると、2020年の家庭用・オフィス用家具市場規模は前年比1.3%減の1兆373億円だった。家庭用家具は、コロナ禍で巣ごもり需要が拡大したことにより好調であったが、オフィス用家具は、オフィスの改装や移転の動きが停滞したことで家具の需要が減少したことから、市場全体では微減となった。 <家庭用・オフィス用家具市場規模推移・予測> 2020年は、家庭用家具、オフィス用家具ともに…

バンダイナムコ/ららぽーと福岡に複合エンタメ施設「ガンダムパーク」出店

BANDAI SPIRITSとバンダイナムコアミューズメントは、4月に開業予定の「三井ショッピングパーク ららぽーと福岡」に、「機動戦士ガンダム」シリーズの世界観を楽しめる複合エンターテインメント施設「ガンダムパーク福岡」をオープンする。 <ガンダムパーク> 「ガンダムパーク福岡」は、3つのエリアからなる複合エンターテインメント施設。ガンダムのさまざまな情報の発信や、グッズを取り扱うエリア「GUNDAM SIDE-F(ガンダム サイドエフ)」を中心に、ガンダムとコラボレーションした体感型アクティビテ…

JR北海道/札幌駅前再開発でマリオットと提携

JR北海道は1月19日、札幌駅に隣接する北5西1・西2地区の再開発において、JR北海道ホテルズが世界最大のホテルチェーンであるマリオット・インターナショナルと提携すると発表した。 <外観イメージ> 2019年10月に札幌市が公表した「札幌駅交流拠点北5西1・西2地区再開発基本構想」に掲げる、北海道・札幌の国際競争力をけん引する「国際水準のホテル」の実現に向け検討をすすめていた。 マリオットは、138の国と地域に30のブランド、あわせて7900軒以上の宿泊施設を展開する。日本では、6つのラグジュアリー…

ニトリ/BEAMS DESIGNとの共同企画家具、取扱店舗を拡大

ニトリは1月21日、ビームスのブランドBEAMS DESIGNと共同で企画した家具シリーズの取り扱いを、18都道府県46店舗に拡大する。 昨年4月から、ニトリネットと首都圏6店舗で販売を開始した「新しい暮らし方のためのツールby BEAMS DESIGN」は、家具であると同時に、家具以上のものをという思いを込めて作った家具シリーズ(全5型)となっている。 <新しい暮らし方のためのツールby BEAMS DESIGN> 発売直後から、インテリアやファッションに高い関心をもつお客からも好評で、「実物を見…

すき家/冷凍スイーツ「アイスティラミス」発売

すき家が展開する牛丼チェーン店「すき家」は1月26日、「アイスティラミス」(税込180円を全国の約2000店舗で販売する。 <アイスティラミス> 「アイスティラミスは、マスカルポーネを使用したティラミスクリームと、コーヒーシロップを染み込ませたスポンジを合わせた商品。ティラミスクリームのコクと甘みを、キレの良いコーヒーを使用したすき家特製コーヒーシロップと、ほろ苦いココアパウダーが引き立たせる。冷凍したアイスティラミスは、さくふわっなアイス食感からふわとろっなクリーム食感へ、あっさりから濃厚な甘みへ…

コンビニエンスストア/12月既存店売上3.2%増、3カ月ぶりのプラス

日本フランチャイズチェーン協会が発表した2021年12月度のコンビニエンスストア統計調査月報によると、既存店ベースの売上高9325億9600万円(前年同月比3.2%増)、来店客数12億7894万4000人(0.03%減)、平均客単価729.2円(3.2%増)となった。 全店ベースの売上高は9714億5300万円(3.6%増)、店舗数は5万5950店(0.05%増)、来店客数13億3925万7000人(0.5%増)、平均客単価725.4円(3.1%増)だった。 12月は、クリスマスや年末年始商品が好調…

ゼビオ/町田市「スーパースポーツゼビオ多摩境店」倉庫型店舗に一新

ゼビオは1月19日、東京都町田市で営業中の「スーパースポーツゼビオ多摩境店」を2021年末にリニューアルしたと発表した。 <スーパースポーツゼビオ多摩境店> 多摩境店は、圧倒的商品陳列量を誇るグループ初の倉庫型店舗となる。店舗では、お客が商品を選びやすいように、またセルフで購入しやすいように他店舗とは異なるシンプルな什器配列と陳列を行っている。 <シンプルな什器で商品を陳列> 売場各コーナーでは、最大限商品を陳列し、特にシューズは約2万点と圧倒的な商品量を保持した。中でもナイキ、ニューバランス、ホカ…

コメリ/札幌市2店舗目となる「コメリパワー北野店」オープン

コメリは2月2日、北海道札幌市2店舗目となる「コメリパワー北野店」を新規開店する。 <コメリパワー北野店> 2014年12月に北海道で初めて「コメリパワー苫小牧東店」をオープンし、地域の暮らしに寄り添えるよう努めてきた。2021年9月に札幌市内に初めてオープンした「コメリパワー札幌発寒店」に続き、札幌市清田区に「コメリパワー北野店」を開店することで、より一層お客の暮らしと仕事をサポートする。 パワー北野店の開店により、北海道内の店舗数はパワー9店舗、ハード&グリーン14店舗の合計23店舗となる。パワ…

アスクル、日野自動車など/小型BEVトラック電動車最適稼働マネジメント実証実験

アスクル、CUBE-LINX(キューブリンクス)、日野自動車は1月19日~5月31日、「アスクル新木場物流センター」で、日野が開発した小型BEV(Battery Electric Vehicle)トラック「日野デュトロZ EV」を用いて、電動車の最適稼働マネジメントの実証実験を行う。 今回、アスクルの配送業務において実証実験を行い、車両の使い勝手の検証に加え、配送現場での効率的な車両の運行管理、最適な充電管理とエネルギー利用量最適化の効果を確認する。実証で得られた知見を今後の電動車の開発・改良、導入…

U.S.M.H/Scan&GoアプリにOnline Deliveryサービスを搭載

ユナイテッド・スーパーマーケット・ホールディングスは1月18日、スマートフォン決済サービス「Scan&Go Ignica」に、Online Delivery(オンラインデリバリー)サービスを搭載した。 <オンラインデリバリー> Scan&Go(店内スマホ決済サービス)とオンラインデリバリー(食品宅配サービス、インターネットショッピング)を、Scan&Goアプリ内に搭載したもの。これにより、店舗でのScan&Goとネットでのオンラインデリバリーが、1つのアプリで利用できる。 現在、店内で注文するギフト…

JR東海/新ショッピングサイト「JR東海MARKET」オープン

JR東海は1月19日、駅やホテルの人気商品やオリジナル鉄道グッズなどを取り揃えた多彩なオンラインショップが集う新ショッピングサイト「JR東海MARKET」をオープンした。 <JR東海MARKET> 2月7日10時から販売を開始する予定で今後、グループ以外の企業とも連携し、ショップ数や商品数を増やすとともに、ECサイトと実店舗を連携させることにより、駅を便利かつ快適に利用できる取組みを進める。 JR東海MARKETでは、人気商品やご当地土産を事前に購入して店舗で受け取りできるなど、ECサイトと実店舗を…

八重洲地下街/TOKYO CURRY QUARTET開業、カレー専門店4店舗集結

八重洲地下街は2月2日、東京駅から徒歩1分の商業施設「八重洲地下街」(通称ヤエチカ)に、ヤエチカ初の編集ゾーン「TOKYO CURRY QUARTET」(トウキョウ カレー カルテット)をオープンする。 <TOKYO CURRY QUARTET> 国家戦略特区に指定された東京駅八重洲地区再開発に伴い、街づくりの一翼を担うリニューアルを順次推進する一環。 東京駅周辺で働くオフィスワーカーをはじめ、国内外から多くの人が訪れるヤエチカに、日本人に馴染みの深いカレーの人気店が集結した新たな編集ゾーンを開業す…

アスクル/廃棄ロス削減「Go Ethical」で花王グループ商品販売

アスクルは1月19日から、従来は廃棄処分対象にしていた品質に問題のない花王グループ商品を「Go Ethical」上で販売開始した。 <Go Ethicalの概要> 一般消費者向け(BtoC)インターネット通販サービス「LOHACO」(ロハコ)が展開する商品廃棄ロス削減を目的とした取り組み「Go Ethical」に、今回、花王グループカスタマーマーケティングが新規参画したもの。まずは第一弾として日やけ止めブランド「ALLIE」の「アリィー エクストラ UV ジェル N〈ミニ〉」の販売から開始し、今後順…

クオール/東京都港区「みなと認知症サポート店」に認定

全国に保険薬局を展開するクオールは1月19日、「みなと認知症サポート店」として、東京都港区内の保険薬局で初めて4店舗が認定されたと発表した。 <クオール薬局高輪店> 東京都港区では、認知症の人が安心して利用できる環境整備・支援に取り組む店舗や事業所などを「みなと認知症サポート店」として認定している。認知症に関する知識をいかし、適切な対応や見守りを行うと共に、認知症への理解を促している。 今回、「QOLサポートクオール薬局田町店」「クオール薬局高輪店」「クオール薬局古川橋店」「クオール薬局虎ノ門店」が…

DCM/俳優のとよた真帆氏がアンバサダーに就任

全国でホームセンター事業を展開するDCMは1月18日、俳優でDIYerとして精力的に活躍されている、とよた真帆氏(SPICA所属)がアンバサダーへ就任したと発表した。 <とよた真帆氏> とよた真帆氏は、自宅で本格的なDIYにチャレンジしメディアやネットにおいてDIYの実践やハウツーについて積極的に情報発信を行うなど、幅広く活躍している。また、DCMは自分で物づくりを楽しむDIYから、住まいを自ら補修・リフォームする本格的なDIYに至るまで、ニーズに合ったDIYの提案に力を注いでいる。 この中で、初心…

ウエルシア薬局/子会社再編で金光薬品を吸収合併

ウエルシアホールディングスは1月18日、完全子会社のウエルシア薬局と金光薬品を合併すると発表した。 6月1日に、ウエルシア薬局を存続会社、金光薬品を消滅会社とする吸収合併を行う予定だ。 グループは、2019年6月、グループの近畿から中国地方における事業基盤をより強固なものとするため、金光薬品を子会社とする経営統合を行った。統合後、基幹システムとPOSレジ、商品政策、販促計画において統合を進め、全面改装や調剤開局などを実施した。 このような状況の中で、コロナの感染症拡大の影響により、特に調剤専門店の調…

ウエルシアHD/コクミン、フレンチと資本業務提携

ウエルシアホールディングスは1月18日、コクミンとフレンチの株式を取得し、資本業務提携(子会社化)すると発表した。 コクミンとフレンチは、「国民の美と健康に奉仕する」を企業理念とし、ビジョンである「お客に寄り添い、健やかな暮らしを支える専門家を目指します」に則り、専門性の高いドラッグストアを北海道・関東・関西・九州など主要都市の大型商業施設・空港・駅前駅中・繁華街・住宅地等の好立地に出店している。 また、調剤事業も、大学病院や大型総合病院の門前を中心に、クリニックモール内や駅ターミナルなど、多様な立…

アルペン/「ゴルフ5プレステージ」を名古屋に初出店

アルペンは2月18日、大名古屋ビルヂング2階に「ゴルフ5プレステージ名古屋店」をオープンする。ゴルフ5プレステージは2016年10月、第1号店を東京・日本橋にオープン。「ゴルフ用品を売るだけでなく、新しいゴルフライフをお客へ提案する」ことをコンセプトに、高い専門性を持ったスタッフがお客一人ひとりに最適なフィッティングを提供している。 <店舗イメージ> 今回、5店舗目となる店舗を愛知県名古屋市、大名古屋ビルヂング2階にオープンする。2月18日のグランドオープンに先駆け、1月21日から試打室を先行して開…

新宿マルイ本館/完全無人で行う「セルフ美容ボックス eclat」オープン

丸井グループは1月18日、新宿マルイ 本館5階に、完全無人で行う「セルフ美容ボックスeclat(エクラ)」をオープンした。 <セルフ美容ボックスeclat(エクラ)> 「セルフ美容ボックスeclat(エクラ)」は、新しい時代に沿った美容・医療体験を可能にするE-Medicalが展開する、完全無人・非接触でセルフエステ・セルフネイルを行うことができるボックス。 今回、新宿マルイ本館5階エスカレーターホールで、セルフネイルボックスのサービスの提供を開始した。セルフネイルボックス内には、ネイルシールと業務…

フジグラン岩国/大型カプセルトイ専門店「ガシャポンのデパート」出店

バンダイナムコアミューズメントは1月21日、山口県岩国市の「フジグラン岩国」5階に大型カプセルトイ専門店「ガシャポンのデパート」フジグラン岩国店をオープンする。 <ガシャポンのデパートフジグラン岩国店> ガシャポンのデパートは、バンダイナムコアミューズメントが企画・運営・プロデュースするカプセルトイ専門店で、日頃から新しい商品を探しているカプセルトイファンの「ガシャポン活動(ガシャ活)を豊かにする」をコンセプトに、デパートと呼ぶにふさわしい設置面数と商品構成、知識豊富なスタッフを通じてカプセルトイの…

日本調剤/「お薬手帳プラス」にチャットボット機能追加

日本調剤は1月18日、自社開発した電子お薬手帳「お薬手帳プラス」のコミュニケーション機能「つながる」に、薬に関する相談ができるチャットボットを追加した。 薬の服用方法や服用後の体調について、いつでも疑問が生じた際に気軽に相談できる。 <チャットボットのイメージ> つながる機能は、薬局と患者がショートメッセージ形式でコミュニケーションをとることができる会員限定の機能。服用期間中のフォローアップや残薬の確認などを行うことで、患者をサポートする。 今回、つながる機能に薬について相談できる窓口用チャットボッ…

ゴンチャ/LINEモバイルオーダーを一部店舗で先行スタート

ゴンチャ ジャパンは1月17日、多くのお客から要望を得ていたオンラインで事前に商品の購入、決済ができる「ゴンチャ LINEモバイルオーダー」を一部店舗で開始した。 <モバイルオーダーの利用方法> 「ゴンチャ LINEモバイルオーダー」は、店頭に設置するQRコードからゴンチャ公式LINEアカウントの友だち追加で利用できる。受け取りたい店舗を指定して、商品、カスタマイズを選択、決済まで行えるため、来店時の待ち時間が短縮され、よりスムーズに購入できる。「ゴンチャ LINEモバイルオーダー」を利用すると、独…

バーガーキング/東京・名古屋・大阪で3店舗を連続出店

ビーケージャパンホールディングスは1月18日から20日、愛知県名古屋市「イオンメイトピア店」、東京都文京区「本郷三丁目店」、大阪府八尾市「イズミヤ八尾店」の3店舗をグランドオープンする。新規出店する3店舗を合わせて全国に149店舗(1月25日時点)となる。 <店舗イメージ> アクセスの良い駅前や全国の大型ショッピングモールに出店することで、通勤・通学の行き帰りや買い物中の休憩や食事に、バーガーキング自慢の直火焼きの100%ビーフパティを使用した本格バーガーのおいしさを気軽に体験して欲しいという。 ビ…

ニトリ/マレーシアに進出、現地のららぽーとに出店

ニトリホールディングスは1月20日、マレーシアへ初出店する。三井不動産が同日、マレーシア クアラルンプールに開業する商業施設「三井ショッピングパーク ららぽーと ブキッ・ビンタン シティ センター(BUKIT BINTANG CITY CENTRE)」に出店するもの。 <店内イメージ> マレーシアの店舗は「NITORI」というブランド名で展開する。今後も、住まいの豊かさを世界の人々に提供するというロマンを実現するため、積極的に海外展開を進める。 <ららぽーと ブキッ・ビンタン シティ センター> ■…

ドトールコーヒー/東京都交通局とコラボレーション企画

東京都交通局は1月20日、ドトールコーヒーとコラボレーション企画として、ドトールコーヒーショップ「都営馬喰横山店」の利用客に、2000部限定でオリジナルブックカバーを進呈する。 <オリジナルブックカバー表> 都営馬喰横山店は、2021年7月にリニューアルオープンし、改札内と改札外の両方から利用できるようになった。店内の壁面には、懐かしさを感じる都電の風景と、最近の風景パネルを掲出し、新旧の移り変わりとともに都営交通の雰囲気を感じられる空間となっている。 <オリジナルブックカバー裏> オリジナルブック…

クリエイト・レストランツ/3~11月は人件費・家賃等固定費を圧縮し営業黒字化

クリエイト・レストランツ・ホールディングスが1月14日に発表した2022年2月期第3四半期決算によると、売上収益557億2100万円(前年同期比1.8%減)、営業利益117億2000万円(前期は92億3000万円の損失)、税引前利益114億6600万円(前期は98億1600万円の損失)、親会社に帰属する当期利益74億4900万円(前期は87億7900万円の損失)となった。 グループでは、感染拡大防止に協力するとともに、お客と従業員の健康を守るべく、政府や各自治体からの営業時間短縮や、酒類提供禁止の要…

ニトリ/昭島モリタウン、西国分寺マイン、トナリエ南千里に出店

ニトリは1月21日、東京都昭島市に「ニトリ昭島モリタウン店」、東京都国分寺市に「デコホーム西国分寺マイン店」、大阪府吹田市に「デコホームトナリエ南千里アネックス店」をオープンする。 <ニトリの店舗イメージ> グループの店舗としては、793店舗(国内ニトリ469店舗、デコホーム137店舗、EXPRESS20店舗、島忠56店舗、N+18店舗、海外93店舗)となる。ニトリでは、お客の立場に立って、より多くのお客に豊かな暮らしを提供することを目指し、積極的に新規出店を行っている。 ■店舗概要 店名:ニトリ昭…

ロフト/愛知県「iias春日井」に標準店舗をオープン

ロフトは3月11日、愛知県春日井市の商業施設「iias(イーアス)春日井」2階に「春日井ロフト」をオープンする。愛知県内7店舗目、国内展開141店舗目(FC含む)となる。 <春日井ロフト> ロフトは、創業以来の精神「時の器」をテーマに、時代の変化や空気をしなやかに感じ取り、新しい生活提案をする、雑貨のプロデュースカンパニーとして、雑貨の「今」を提案してきた。 「iias春日井」は、昨秋10月にオープンした商業施設で、名古屋駅から直線距離で12km、名古屋市と長野市を結ぶ国道19号線に面し、広域からの…

ANA X/成城学園前に地場産品を販売する直営店舗「TOCHI-DOCHI」オープン

ANA X、ANAあきんど、Peach Aviation(Peach)は1月16日、東京都世田谷区の成城学園前の「成城石井本店」横の併設スペースに、地場産品を販売する実店舗「TOCHI-DOCHI(トチドチ)」を開店した。 <TOCHI-DOCHI> 今回、ANA XとANAあきんどは、それぞれのデジタルとリアルの強みを活かし、東京都世田谷区成城学園前の生活導線に、「世界中の美味しさをオンデマンドで」をコンセプトとした「その土地でしか手に入らない地場産品」を販売する直営店舗を出店し、オンライン(デジ…

東急/沿線でオープン型ラストワンマイル配送プラットフォーム開始

東急は1月17日、東急線沿線で、新しいラストワンマイル配送の仕組み「オープン型ラストワンマイル配送プラットフォーム」を開始すると発表した。 物流不動産の所有・運営・開発のリーディング・グローバル企業であるプロロジス(日本本社)、共同配送管理システムと物流サービスを提供するウィルポートと協業し、「オープン型ラストワンマイル配送プラットフォーム」を構築し、東急線沿線エリアにおいて2月1日から本運用を開始する。 <オープン型ラストワンマイル配送プラットフォームのイメージ> 「オープン型ラストワンマイル配送…

セブン&アイ/12月はイトーヨーカドー1.1%増、ベニマル0.9%減

セブン&アイ・ホールディングスが発表した主要事業会社の月次営業情報によると、12月のイトーヨーカ堂の既存店の総売上計(SC計)は1.1%増となった。 内訳は、商品売上0.3%減、客数0.9%減、客単価0.6%増、テナント4.6%増となった。全店は、総売上計1.4%減、うち商品売上3.2%減、テナント他3.2%増だった。 ヨークベニマルの既存店は、売上高0.9%減、客数2.0%減、客単価1.1%増。全店売上は0.1%減となっている。 そごう・西武は、既存店売上5.9%増、全店売上2.5%増だった。 セ…

ビバモールさいたま新都心/新型コロナワクチン接種の予約代行窓口設置

ビバホームは1月17日~2月28日、さいたま市の「ビバモールさいたま新都心」に新型コロナワクチン接種の予約窓口を設置する。 <店舗所在地> 予約代行窓口はさいたま市の委託業者が行い、ビバホームはその設置場所としてビバモールさいたま新都心の一部スペースを提供する。 窓口は、期間中の10時~18時に対応。新型コロナワクチンのインターネット予約に不安がある人に対して予約を代行する。 ■窓口の設置場所 施設名:ビバモールさいたま新都心 場所:1階エレベーター前 所在地:埼玉県さいたま市上浦和区木崎1-13-…

マルイファミリー溝口/中古スマホECサイト初の常設店「にこスマSHOP」出店

伊藤忠商事グループのBelongは1月14日、川崎市の「マルイファミリー溝口」7階に、中古スマートフォンのECサイト「にこスマ」初の常設店となる「にこスマSHOPマルイファミリー溝口店」をオープンした。 <にこスマSHOPマルイファミリー溝口店のイメージ> にこスマSHOPマルイファミリー溝口店は、中古スマートフォンが初めての人も詳しい人も、日常の買い物の中で、気軽に入りやすく中古スマホを手に取ることができる新業態の中古スマホショップ。 小さな子どもから年配の人まで全世代の生活インフラになっているス…

ヤオコー/組織改正でサポートセンター内の部・担当部を見直し

ヤオコーは3月1日付けで、組織改正を実施し、第66期経営方針に基づく組織体制を整備する。具体的には、サポートセンター内の部・担当部を見直すことで効率化を図る。また、執行役員体制を強化し、業務執行および意思決定スピードの向上を図る。 組織改正では、店舗サポート部内の「都市型小型店事業」担当部を廃止、「カイゼン」担当部を営業統括本部直轄とする。営業企画部内の「商品開発」担当部を営業統括本部直轄組織とする。 情報システム部の名称を「デジタル統括部」に変更、同部内の「デジタル推進」担当部の名称を「CX企画」…