投稿者アーカイブ: rb

IHI×三菱地所/豊洲でオフィス・店舗・インキュベーション施設などを再開発

IHIと三菱地所は7月1日、両社が推進する「(仮称)豊洲4-2街区開発計画」の新築工事に着手したと発表した。 <オフィス・店舗・インキュベーション施設の複合施設> 2025年6月の完工に向けて工事を開始。豊洲2・3丁目地区における最後の大規模再開発として、豊洲エリアに新たな魅力を創出し、エリア全体の価値向上に資する施設を目指す。 <豊洲2・3丁目地区における最後の大規模再開発> A・B棟の2棟の建物、街区中心部には大屋根を有した中心広場、街区周縁部には豊かな緑化空間を計画している。2階レベルでは、2…

ローソン/「からあげクン とろ~り濃厚チーズ味」発売

ローソンは7月5日、「からあげクン とろ~り濃厚チーズ味」(税込み259円)を発売する。 <からあげクン とろ~り濃厚チーズ味> 4月に発売し、2009年以降に発売した定番以外のフレーバー商品のからあげクンのうち、歴代1位の販売数を記録した「からあげクン たっぷりタルタルソース味」に続く「ソースin」シリーズ第2弾となる商品。チェダー、ゴーダ、パルメザンの3 種類のチーズをブレンドしたチーズソースを衣の中に閉じ込め、肉や衣にもチーズの味を付けて濃厚な味わいに仕上げた。溶けたチーズのとろ~りとした食感…

ローソン/「からあげクン とろ~り濃厚チーズ味」発売

ローソンは7月5日、「からあげクン とろ~り濃厚チーズ味」(税込み259円)を発売する。 <からあげクン とろ~り濃厚チーズ味> 4月に発売し、2009年以降に発売した定番以外のフレーバー商品のからあげクンのうち、歴代1位の販売数を記録した「からあげクン たっぷりタルタルソース味」に続く「ソースin」シリーズ第2弾となる商品。チェダー、ゴーダ、パルメザンの3 種類のチーズをブレンドしたチーズソースを衣の中に閉じ込め、肉や衣にもチーズの味を付けて濃厚な味わいに仕上げた。溶けたチーズのとろ~りとした食感…

イオンリテール/「イオン 超!ナツ夏祭り」Z世代向け商品を拡充

イオンリテールは7月15日、「イオン」「イオンスタイル」など約350店舗とオンラインショップにて「イオン 超!ナツ夏祭り」を開催する。 <イオン 超!ナツ夏祭り> 3年ぶりの規制のない今年の夏は、猛暑や7年ぶりの節電要請により、おでかけ・ごちそうはもちろん、夏を快適に過ごす商品・サービスの需要が増えると予想されている。同社では、夏イベントの再開に向け、Z世代をターゲットにした、ゆかたや水着、アウトドアグッズを拡充するほか、人気動画クリエイターとのコラボレーションも行う。 さまざまなコーディネートを楽…

サミット/3年ぶりに「サミット総選挙」開催

サミットは7月2日~10日、3年ぶりに「サミット総選挙」を開催する。 <3年ぶりに「サミット総選挙」開催> 同企画は、各商品担当バイヤーがそれぞれの公約を掲げて立候補し、顧客が投票する「選挙企画」。今回は 「総菜総選挙 」、「ベーカリー総選挙」だけでなく、 「サミットでしか買えない商品総選挙」を加えた三つの選挙で投票を受け付けている。 各選挙で立候補者となったバイヤーは得票数が1位となった場合の「公約」を掲げ、1位となった商品については、後日「公約実現セール」を行う。 対象店舗はサミットストア119…

コカ・コーラ/「綾鷹カフェ ほうじ茶ラテ」出荷本数2500万本突破

コカ・コーラシステムは7月4日、緑茶ブランド「綾鷹」から誕生した「綾鷹カフェ」シリーズ第2弾「綾鷹カフェ ほうじ茶ラテ」が、発売から約3カ月で出荷本数2500万本を突破したと発表した。 <「綾鷹カフェ ほうじ茶ラテ」出荷本数2500万本突破> 急須でいれたような本格的なお茶の味わいを目指す緑茶ブランド「綾鷹」から2021年に誕生した「綾鷹カフェ」シリーズは、京都・宇治の老舗茶舗「上林春松本店」とスペシャルティコーヒー専門店「猿田彦珈琲」の監修商品。昨年3月に発売したシリーズ第1弾「綾鷹カフェ 抹茶ラ…

中部薬品/福井県福井市に「V・drug福井大安寺薬局」オープン

中部薬品は7月1日、福井県福井市に「V・drug福井大安寺薬局」をオープンした。 <V・drug福井大安寺薬局> 処方箋に基づいて医薬品を交付する調剤薬局としては150店舗目の開設となり、同社グループの事業所は491店舗となった。 ■V・drug福井大安寺薬局 所在地:福井県福井市天菅生町7字一ノ久保36番地4 TEL:0776-59-1275 営業時間:月・火・水・木・土9時~17時、金9時~12時 定休日:日曜日・祝日
The post 中部薬品/福井県福井市に「V・drug福井大安寺薬局」オー…

商業施設・小売のデータ活用/Tableauビジュアライズ事例紹介7月12日無料開催

リゾームは7月12日、「Tableauビジュアライズ分析事例~商業施設・小売業でのダッシュボード作成事例ご紹介~」をオンライン開催する。 <Tableauビジュアライズ事例を紹介> 「データ活用」に課題を感じているビジネスパーソンは少なくない。同社が商談をしている顧客、過去のセミナー参加者からも、「何から始めれば良いかわからない」「具体的なイメージが湧かない」「事例が知りたい」といった声はよく聞かれるという。 今回、Tableauダッシュボードの作成事例を多数紹介するセミナーを企画した。利用するデー…

経産省/6月30日18時で電力需給ひっ迫注意報を解除

経済産業省は6月30日、東京電力管内の電力需給は、このままの需要で推移すれば、十分な予備率を確保できる見込みとなったことから、同日18時をもって電力需給ひっ迫注意報は解除すると発表した。 同注意報は6月26日から発令されていた。 今後も、熱中症にならないよう暑い時間帯には引き続き冷房などを活用しつつ、照明の間引き、使用していない機器の電源を切る、使用していない照明を消すなど、無理のない範囲で、節電への協力を呼びかけている。
The post 経産省/6月30日18時で電力需給ひっ迫注意報を解除 fi…

ローソン/要冷機器照明の消灯など節電対策を全国の店舗に展開

ローソンは7月1日、全国のローソン店舗において節電の取り組みについてを展開する。 同社は6月28日から東京電力管内のローソン店舗にて、節電の取り組みを実施していたが、全国での節電協力要請を受け、全国に拡大するもの。 全時間帯で、トイレの便座保温機能をオフ。昼間では、商品陳列用の要冷機器照明の消灯、店内照明の一部消灯(ガラス面側)に取り組む。 電力需給ひっ迫警報が発令された日の夜間は、店頭ライン看板、店外サインの消灯も検討している。 対象店舗は、全国のローソン約1万4600店舗(2022年5月末時点、…

イオン/京都の8店舗で循環型プラットフォーム「Loop」展開

イオンは7月12日、京都府の「イオン」「イオンスタイル」8店舗とネットスーパーにて、循環型プラットフォーム「Loop(ループ)」の展開を開始する。 <Loopの仕組み> 「Loop」は日用消耗品や食品などを、繰り返し使えるリユース可能な容器で販売し、使用済み容器を回収して洗浄、製品を詰めて再販する循環型ショッピングプラットフォーム。Loopの展開は西日本では初となるという。 「Loop」はグローバルに展開するソーシャルエンタープライズである米テラサイクルが開発。従来、使い捨てされていた洗剤やシャンプ…

イオンスーパーセンター/9月末まで屋外看板・店舗看板などの屋外照明を消灯

イオンスーパーセンターは6月30日、「イオンスーパーセンター ライトダウンキャンペーン」を同社22店舗において実施すると発表した。 <9月末まで屋外看板・店舗看板などの屋外照明を消灯> この取り組みは、店舗の屋外照明消灯と、店内での消費電力を抑え、地球温暖化に影響を及ぼすCO2排出量の削減を目指すもの(防犯上の理由や、安全・安心に著しく影響のある場合は除く)。 また、この夏の電力需給に関する懸念をきっかけに、店内での電力使用の削減を進め、顧客にも、店内放送や店頭掲示物にて、不要な照明の消灯を呼びかけ…

ライフ/大阪でネットスーパーの配送エリア拡大

ライフコーポレーションは6月29日、堺市西区の「ライフ福泉(ふくいずみ)店」で「ライフネットスーパー」のサービスを開始した。 <ライフネットスーパー> これまで近隣のライフから配送していたエリアに加えて、堺市内の配達エリアを拡大。隣接する高石市内と和泉市内の一部地域でも「ライフネットスーパー」が利用可能となった。 また、同日堺市南区の「ライフ城山台(しろやまだい)店」でも「ライフネットスーパー」のサービスをスタート。これまで近隣のライフから配送していたエリアに加えて、堺市内の配達エリアを拡大した。隣…

アマゾン/関税局と模倣品の水際取り締まり協力に関する覚書に調印

アマゾンジャパンは6月30日、知的財産侵害物品等(以下、模倣品等)の国内流入防止を目的に、財務省関税局と模倣品等の水際取り締まりに関する協力関係の強化についての覚書を締結したと発表した。 財務省関税局がEC事業者と覚書を締結するのは、今回が初めてだという。 模倣品はすべての小売チャネルに影響を与える業界全体のグローバルな課題であり、アマゾンでは、模倣品対策には複数のステークホルダーが効果的に協力することが重要であると考えている。 今回の覚書の締結により、アマゾンジャパンと財務省関税局は、模倣品等の国…

ファミリーマート/電力需給ひっ迫で一部照明の消灯など追加対策

ファミリーマートは6月30日、電力需給ひっ迫を受け、これまでの取り組みに加え、追加の対策を実施すると発表した。 需給ひっ迫注意報発令時を含む全時間帯について、店内天井照明の照度調整(60%ダウン)、店内ATM看板・店内イートイン・店外殺虫機などにおける電源・一部照明の消灯、トイレの便座保温機能電源オフなどの対策を追加した。 また、需給ひっ迫警報発令時には、店頭看板の消灯、店内冷蔵ケース照明の消灯、店内天井照明の照度調整(60%ダウン)、店内ATM看板・店外殺虫機・店内イートインにおける電源・一部照明…

平和堂/建物の老朽化などで「甲西中央店」8月28日閉店

平和堂は6月30日、「平和堂甲西中央店」(滋賀県湖南市)を閉店すると発表した。 同店は1986年に開店以来36年間にわたり店舗を営業してきたが、建物や施設、設備の老朽化に伴い、8月28日をもって営業を終了する。
The post 平和堂/建物の老朽化などで「甲西中央店」8月28日閉店 first appeared on 流通ニュース….

名鉄レジャック/来年3月末で閉店、ビルの老朽化と賃貸借契約終了で

メルサは6月30日、名鉄レジャック(名古屋市中村区)をビルの老朽化と、建物オーナーとの賃貸借契約が満了するため、2023年3月末日をもって営業終了すると発表した。 同施設は1972年11月オープン。営業終了までの9カ月間に向けては、今秋以降、さまざまなキャンペーンを実施する予定だ。
The post 名鉄レジャック/来年3月末で閉店、ビルの老朽化と賃貸借契約終了で first appeared on 流通ニュース….

イトーヨーカドー/9月末まで空調調整、照明の一部消灯で電力需給ひっ迫対応

イトーヨーカ堂は9月30日まで全国のイトーヨーカドー129店舗(2022年5月末現在)にて、夏の電力需給逼迫(ひっぱく)への対応として、順次実施してきた店内照明の明るさや店内空調の調整の実施に加え、売り場照明の一部消灯などを実施する。 <照明の明るさを調節して節電> 店内空調は冷房設定温度28度を推奨(店舗ごとに調整)。塔屋は現状の閉店1時間前消灯を継続する。 店内では、フロア照度を通常時より約2割~3割低下させた。 間接照明のスポットの間引きを拡大し(最大50%消灯)、グロサリー・デーリー・青果・…

コメリ/「パワー・PRO推進部」を新設

コメリは6月30日、「パワー・PRO推進部」を新設すると発表した。 コメリパワー業態は、2003年のコメリパワー1号店開店から来年で20年目を迎え、事業規模1000億円を超える重要なフォーマットの一つとなった。 今回、事業のさらなる発展のためにこれまでの「パワー事業部」を廃止し、新たに「パワー・PRO推進部」を設置。コメリパワー、コメリPRO業態ならではのサービス、それを実現するための教育体制を一層強化するという。
The post コメリ/「パワー・PRO推進部」を新設 first appeare…

三井アウトレットパークマリンピア神戸/建替拡張に伴い来年1月15日に閉館

三井不動産は6月30日、「三井アウトレットパーク マリンピア神戸」(開業当時の施設名:マリンピア神戸ポルトバザール)を、2023年1月15日をもって一時閉館すると発表した。 <三井アウトレットパーク マリンピア神戸> 隣接地も含めた施設の一体的な建て替え計画に伴うもの。 閉館までの期間、セールやイベントなど実施。7月13日~31日には、閉館前「最後の夏のSUPER OUTLET SALE」を開催する。8月1日~21日は、「最後の夏のSUPER OUTLET SALE FINAL OFF」を行い、旅行…

J・フロントリテイリング/3~5月休業の反動などで大幅な増収増益

J・フロントリテイリングが6月30日に発表した2023年2月期第1四半期決算によると、売上収益819億500万円(前年同期比10.5%増)、営業利益75億6000万円(前期は38億1900万円の損失)、税引前利益68億5600万円(前期は44億1300万円の損失)、親会社に帰属する当期利益59億7400万円(前期は30億6200万円の損失)となった。 前年の店舗休業等の反動影響も加わり、売上収益は大幅増収、事業利益は大幅増益、営業利益は前年の休業に伴う費用、ヌーヴ・エイの株式譲渡に伴う損失計上などの…

海外進出目指すアパレル向け/バイヤーと生産背景の構築法7月13日無料開催

シタテルとJOORは7月13日、「【海外進出を目指すアパレル企業向け】海外進出を成功に導く海外のバイヤーと生産背景とのネットワーク構築法」をオンライン開催する。 <海外でのバイヤーと生産ネットワーク構築法解説> 国内市場の縮小や円安などの市場環境から、海外進出を検討しているアパレル企業は増加傾向にある。近年では、バイヤーの開拓、市場に合わせた生産背景の連携や拡充など、海外進出の鍵となるバイヤー、生産背景の獲得を大きく簡略化する手法ができており、実際に進出を成功させた事例が生まれている。今回のセミナー…

高島屋/昨年の休業の反動から3~5月営業利益など大幅増

高島屋が6月30日に発表した2023年2月期第1四半期決算によると、営業収益1013億1300万円、営業利益66億3200万円(前期は7億1700万円の損失)、経常利益73億円(前期は1億4800万円の利益)、親会社に帰属する当期利益53億4500万円(前期は13億500万円の損失)となった。 百貨店業での営業収益は744億900万円(前年同期は1382億600万円)、営業利益は34億8500万円(前年同期は営業損失31億6000万円)。なお、収益認識会計基準等の適用により、当期の営業収益は1009…

平和堂/3~5月営業収益987億円、巣ごもり消費の反動

平和堂が6月30日に発表した2023年2月期第1四半期決算によると、営業収益987億4700万円、営業利益18億8500万円(前期は28億9600万円の利益)、経常利益22億100万円(前期は32億4300万円の利益)、親会社に帰属する当期利益12億300万円(前期は20億3800万円の利益)となった。 行動制限の解除により前期のような営業時間の短縮や休業は発生しなかったものの、「巣ごもり消費」の恩恵を受けていた商品については需要が減少しているという。 また、供給面の不安や原材料価格の動向により、商…

ホームセンター/5月の売上高は3.9%減の3101億円(経産省調べ)

経済産業省が6月29日に発表した商業動態統計速報によると、ホームセンターの5月の売上高は3101億円(前年同月比3.9%減)、店舗数は4404店(1.0%増)だった。 <ホームセンター販売額・前年同月比増減率の推移> 商品別にみると、DIY用具・素材690億円(5.7%減)、電気144億円(9.2%減)、インテリア180億円(13.3%減)、家庭用品・日用品606億円(4.3%減)、園芸・エクステリア752億円(0.9%増)となっている。 また、ペット・ペット用品236億円(6.6%減)、カー用品・…

家電大型専門店/5月の売上高は3.3%減の3704億円(経産省調べ)

経済産業省が6月29日に発表した商業動態統計速報によると、5月の家電大型専門店の売上高は3704億円(前年同月比3.3%減)で、店舗数は2659店(2.7%増)となった。 <家電大型専門店販売額・前年同月比増減率の推移> 部門別売上高は、AV家電457億円(8.4%減)、情報家電727億円(9.7%減)、通信家電268億円(8.2%増)、カメラ類95億円(15.5%増)、生活家電1743億円(3.2%減)、その他416億円(4.8%増)だった。
The post 家電大型専門店/5月の売上高は3.3…

菓子卸USTなど2社/破産手続き開始決定受ける、負債計40億円

帝国データバンクは6月30日、UST(奈良県生駒郡)は、6月8日に奈良地裁へ自己破産を申請し、同月21日に破産手続き開始決定を受けたと発表した。 破産管財人は高橋和宏弁護士、財産状況報告集会期日は9月26日午前10時30分。 USTは、1927年5月創業、1954年5月に植嶋商店として法人改組した菓子卸売業者。業歴90年以上を有する老舗として、近畿圏を中心とした食料品小売業者やドラッグストア、コンビニエンスストア、100円均一ショップなどに対して、大手菓子メーカーから仕入れた菓子類全般を販売していた…

マツキヨココカラ&カンパニー/店舗を5つのフォーマットに再構築

マツキヨココカラ&カンパニーは6月29日、「マツモトキヨシ」ブランド戦略の一環として、全国の店舗を新たに5つの店舗フォーマットに再構築し、リニューアルを開始したと発表した。 <2023年までに新店・改装店で120店舗を新フォーマットに> 2022年3月には、マツモトキヨシ の「マ」をシンボリックに用いたスクエア型の新ロゴを発表。今後は次世代に向けた新たなブランドイメージ確立を目指し、全国店舗を一新する。 今回のリニューアルでは、これまでのマツモトキヨシ店舗をさらに進化させた「スタンダードタイプ」「郊…

セブンイレブン/電力需給ひっ迫注意報で看板のライトダウンなど追加対策

セブン&アイ・ホールディングスは6月29日、セブン‐イレブンの電力需給ひっ迫注意報発令に伴う追加対応を発表した。 セブン‐イレブンでは、加盟店に対し、「日中のみ」において、一部の店内照明において、消灯可能な場合はなるべく消灯することなど協力を呼びかけている。 電力の逼迫(ひっぱく)が想定される時間帯(15時~20時)において、店頭看板のライトダウン(20時まで、店舗の安全性、防犯上の懸念がある店舗は点灯を継続するので全店ではない)、フライヤー(揚げ物の)の調理はなるべくまとめて調理を行い、調理時間外…

恵比寿ガーデンプレイス/シェアリングアイテムを集めたショールームを開設

サッポロ不動産開発は6月29日、シェアリングサービス事業者が提供する複数のアイテム(以下、シェアリングアイテム)をリアル空間に集め、生活者が必要とするさまざまアイテムを共有するサステナブルなライフスタイル提案「シェアコレクション(略称:シェアコレ)」の実証実験を開始すると発表した。 三越伊勢丹の営業本部外商統括部 法人外商グループによるシェアリング事業者のマッチングなどを支援を受け、新たな顧客体験の提供に貢献する。実験は、恵比寿ガーデンプレイス時計広場に設置のトレーラーハウス内で、実施。実験期間は7…

三越伊勢丹HD/富裕層の取り込み強化で22年度個人外商売上860億円目指す

三越伊勢丹ホールディングスは6月29日、「外商」事業説明会を開催した。 同社は近年富裕層を中心に外商事業を強化しており、今年4月には、優良顧客の個人・法人を束ねる「外商統括部」を設置した。個人と法人部門を集約化することで、百貨店、グループ企業の全てのコンテンツ・サービスを個人・法人全ての外商顧客に提供する体制を構築し、高感度上質消費の拡大を図っている。 従来の店舗ごとに、店舗にある商品を紹介し販売するスタイルから、旗艦店2店舗を中心に、店舗にないグループ内外の商品供給、旅行・イベントなどコト消費を加…

有隣堂/伊勢佐木町本店にYouTubeスタジオ「有隣堂しか知らない世界」配信強化

有隣堂は7月11日、伊勢佐木町本店のレイアウト変更し、現在の7フロア(地下1階地上6階)から6フロア(地下1階地上5階)へと移行する。 <伊勢佐木町本店の外観> 最上階の6階フロアの商品を4階フロアに移動し、多層階売り場であることの課題である、上層階への買い物という顧客の不便を解消し、売り場の利便性を高める。新たに6階には、イベントスペースやYouTube撮影スタジオを設置。地域住民が参加できるイベントの開催、オンラインイベントの実施、動画での情報発信など、創業の地・横浜に根差した文化の拠点として、…

旅行動向を分析/主な客層把握で観光地の施策の効果測定、無料資料公開

ソフトバンクの子会社で、位置情報を活用したビッグデータ事業を手掛けるAgoop(アグープ)は6月29日、長引くコロナ禍により変化した主要な観光地や繁華街、首都圏の人の流れを分析した「経済復興支援分析」リポートの第3回「ついに旅行支援が全国に拡大!近距離・遠距離旅行の動向分析」を公開した。 <近距離・遠距離旅行の動向を分析> 今回のリポートでは、7月から全国への旅行を支援する「全国旅行支援」に向けて、各観光地における最適な観光施策立案の一助となるよう、関東近郊の観光地と関東から遠方の観光地に…

イオンリテール/リハビリのデイサービス「イオンスマイル新浦安店」オープン

イオンリテールは8月1日、「イオンスタイル新浦安」(千葉県浦安市)に介護予防・リハビリのデイサービス「イオンスマイル新浦安店」をオープンする。 <軽度介護者向けのリハビリのデイサービスを提供> リハビリデイサービス「イオンスマイル」は、「小売業のノウハウを生かし、地域の皆さまの暮らしに密着し貢献できるサービスを届けたい」との思いのもと、同社が取り組んでいる介護事業。2013年9月、「イオン葛西店」へ初出店し、2022年6月現在で首都圏の「イオン」の店舗を中心に9店舗展開している。 軽度介護者向けの機…

丸井グループ/海外の「フードテック」ブランドの日本展開をサポート

丸井グループは6月29日、海外のフードテックブランドである「Agrain」(アグレイン)、「CookingPal」(クッキングパル)の日本上陸をサポートすると発表した。 丸井グループは、すべての人が「食」を楽しめる社会を目指している。今回、日本進出をサポートする両ブランドはともに、身体にいいものを選びたい人、動物や人・環境に優しい選択をしたい人が、おいしく楽しい「食」を選択できる社会の実現を目指しており、そうした方向性は、同社グループの考え方と共通するため、2ブランドの日本展開のサポートを決めたとい…

ファミリーマート/発売8日で「ピカチュウのパインフラッペ」100万杯突破

ファミリーマートは6月29日、「ピカチュウのパインフラッペ」(税別297円)の販売数が発売から8日で100万杯を突破したと発表した。 <ピカチュウのパインフラッペ> ポケモンが提供する2周年を迎えたNintendo Switch版・スマートフォン版(iOS/Android対応)で配信中のパズルゲーム「ようこそ!ポケモンカフェ ~まぜまぜパズル~」(略称:『ポケまぜ』)とタイアップした商品。6月21日発売で、ファミリーマートのフラッペ初のパイナップルフレーバーとなっている。ゴールデンパイナップルの果肉…

三越伊勢丹/22秋冬メンズは上質なベーシックアイテム、こだわりコスメで訴求

三越伊勢丹は6月28日、「ISETAN MEN’S 22FW PRESS REVIEW」を開催した。 今年の秋冬のイセタンメンズ注目カテゴリーを発表。ビジネスでもプライベートにも対応できるジャケット、シャツなど上質なベーシックアイテム、プライベートでも着られるゴルフウェア、ファッションのように楽しむコスメ、こだわりの靴などを提案する。 <ジャケットなど上質なベーシックアイテム提案> コロナ禍による生活様式の変化に対応するべく、各種SNSでも人気のアイテムを拡充、インフルエンサーなど生活者との双方向コ…

プロント/パスタ自動調理ロボ・配膳ロボで店舗DX推進、独自マネーも好調

プロントコーポレーションは、店舗にパスタ自動調理ロボット「P-Robo」、配膳ロボットを導入するなど、DXを推進している。 6月30日、東京・丸ビルにTechMagicと共同開発したパスタ自動調理ロボット「P-Robo」を導入した新業態「エビノスパゲッティ」をオープンする。 パスタ自動調理ロボット「P-Robo」は、特許取得した世界初の技術で一連の調理工程を自動で行い、1食目は約75秒、連続調理時の2食目以降は約45秒でパスタを調理。独自開発した形状のフライパンと高出力のIHで調理することで、調理ス…

お茶の山口園など2社/破産手続き開始決定、負債計29億円

帝国データバンクは6月28日、お茶の山口園(長崎県長崎市)と関係会社の山口園商事(同)は、6月17日に長崎地裁より破産手続き開始決定を受けたと発表した。 お茶の山口園は、1962年2月に創業、1971年3月に法人改組した茶類の小売業者。長崎県を中心に九州各県・山口県において、「お茶の山口園」の店舗名で、自社加工した九州産の緑茶やウーロン茶などの贈答用商品の販売および卸売りを手がけていた。 テレビCMの放映、新聞のチラシなど積極的な宣伝活動により、相応の知名度を有しており、ピーク時にはショッピングセン…

イオン北海道/ネットスーパー配送拠点をイオン札幌苗穂店に、配送時間短縮

イオン北海道は7月1日、イオン札幌苗穂店(札幌市東区)にネットスーパーの配送拠点オープンする。 <ネットスーパーの配送拠点をイオン札幌苗穂店に設置> 近年ネットスーパーを利用するニーズが増え、今後もさらに増えると予想される。同社は、2008年12月よりネットスーパーのサービスを開始して以来、即日配送や取扱品目の拡大を実施し、現在では離島を除く北海道内全ての世帯に届けられる体制を整えている。 今回、イオン札幌苗穂店に配送拠点を設置することにより、札幌市内の北東エリア(中央区、東区、白石区、豊平区の一部…

セブンイレブン、イトーヨーカドー/電力需給ひっ迫注意報に伴い節電対策

セブン&アイ・ホールディングスは6月27日、「電力需給ひっ迫注意報発令」に伴い、セブン‐イレブン、イトーヨーカドーにおいて、節電対策を行う。 セブン‐イレブンの加盟店に、15時~18時の対応として、電力のひっ迫が予測される同時間帯は店舗の作業スケジュールを確認および見直しを実施する。 フライヤー(揚げ物の)仕込みは前後の時間に振り分け、電源はセーブモードまたはオフにする。 ドリンク類の補充に伴い、ウオークインの開閉はなるべく避け、前後の時間で補充などを行う。 トイレの便座ウオーマーの電源をオフ。給湯…

イオンモール/ダナン市とショッピングモール開発に関する包括的覚書を締結

イオンモールは6月27日、ベトナム・ダナン市と、「ダナン市におけるショッピングモール開発に関する投資および事業推進についての包括的覚書」を締結したと発表した。 <ダナン市の投資セミナーの様子> ベトナム中部に位置する同市は、ベトナム中央政府管轄下五つの中央直轄市の一つで、約119万人の人口を有している。古くから国際的な貿易港として栄え、現在も中部最大都市として近代的な発展を続け、アジア6カ国に就航する国際空港を備える戦略的経済ハブの一つにもなっている。 また、メコン地域圏の戦略的立地(東西経済回廊)…

帳票DX/フェリシモの受領書兼請求書の電子配信など解説7月13日無料開催

ウイングアーク1stは7月13日、「帳票DX DAY No.3~有識者と事例企業から学ぶ、法対応と帳票電子化の前進を~」をオンライン開催する。 <受領書兼請求書の電子配信など解説> 改正電子帳簿保存法に加え、2023年10月にはインボイス制度が施行。バックオフィスを取り巻く環境の変化は法制度だけにとどまらない今、まさに紙文化から脱却し、バックオフィスDXを推進するチャンスともいえる。 バックオフィスDXのトレンド、各業種の先進企業が取り組む社内・取引先との帳票業務の最適化、法制度対応の事例を解説する…

ID-POSデータ活用講座3実践編/データ集計・分析強化7月29日・8月5日開催

流通経済研究所は7月29日・8月5日、「ID-POSデータ活用講座3実践編~ID-POSデータ集計・分析の実践的なスキルを磨く~」を開催する。 <ID-POSデータ集計・分析スキルを学ぶ> 同講座は、ID-POSデータ活用の基本を理解している人に、講義と演習から幅広い領域でのID-POSデータ集計・分析に関する実践的なスキルを習得することを目的としている。 課題に応じた分析手法の選択、目的に応じた分析条件(範囲・期間・会員など)の設定、集計結果に応じた深堀り分析の選択・実施、集計結果の評価、解釈、施…

ミニストップ/「コーンスナック 鶏炭火焼風」発売

ミニストップは6月28日、「鶏炭火焼」をイメージし「みやざき地頭鶏」のチキンパウダーを使用したオリジナルスナック菓子「コーンスナック 鶏炭火焼風」(税別148円)を発売する。 <コーンスナック 鶏炭火焼風> 宮崎名物「鶏炭火焼」の味わいを再現したコーンスナック。チキンパウダーは「みやざき地頭鶏」のパウダーを使用した。鶏のうまみと香ばしい炭火焼きの風味、あとからふわっと香るゆずこしょうの風味がたまらない味わい。ノンフライ製法で、サクサク食感、あっという間に完食してしまうような、軽やかなコーンスナックに…

しまむら/3~5月増収増益、インフルエンサー企画好調

しまむらが6月27日に発表した2023年2月期第1四半期決算によると、売上高1493億1900万円(前年同期比4.8%増)、営業利益146億1500万円(12.3%増)、経常利益149億5900万円(12.5%増)、親会社に帰属する当期利益102億1200万円(15.1%増)となった。 主力のしまむら事業は、ブランド力を進化させるため自社開発ブランド(Private Brand、以下PB)とサプライヤーとの共同開発ブランド(Joint Development Brand、以下JB)の品ぞろえを拡充し…

オークワ/3~5月営業利益74.1%減、食品・住居関連の売り上げ減

オークワが6月27日に発表した2023年2月期第1四半期決算によると、営業収益581億3200万円、営業利益2億7300万円(74.1%減)、経常利益3億4600万円(68.8%減)、親会社に帰属する当期利益2億300万円(63.0%減)となった。 部門別売上高をみると食料品計469億9100万円(既存店前年同期比2.1%減)、衣料品計15億300万円(3.7%増)、住居関連用品計63億300万円(2.5%減)だった。 新規出店は「中津川中村店」(岐阜県中津川市)を3月にオープン。既存店舗の活性化は…

日本フードサービス協会/5月外食売上20.4%増、パブ・居酒屋は苦戦続く

日本フードサービス協会が発表した外食産業市場動向調査によると、外食産業の5月度売り上げ状況は、前年同月比20.4%増となった。 昨年は大都市圏での緊急事態宣言により、酒類提供店や商業施設等への休業要請があったが、今年はゴールデンウイークが3年ぶりに行動制限のない大型連休となり、家族客を中心に客足が回復した。しかし飲酒業態などを中心に夜間の客足の戻りは鈍く、さらに業界の人手不足が売り上げ回復の足かせになって、特に「パブ・居酒屋」はいまも苦戦が続いている。 ファストフード業態は、全体売り上げは5.7%増…

家電量販店経営のアリウム商事/特別清算開始命令受ける、負債126億円

帝国データバンクは6月27日、アリウム商事(旧・カコイエレクトロ、鹿児島県鹿児島市、登記面=東京都港区浜松町2-2-15)は6月14日に東京地裁より特別清算開始命令を受けたと発表した。 当社は1959年(昭和34年)9月に鹿児島新日電販売の商号で設立した。1970年12月に家電量販店大手のベスト電器(当時、福岡市、東証1部上場)と鹿児島県内のフランチャイズ契約を締結、数度の商号変更を経て1989年8月にカコイエレクトロへ変更した。 ベスト電器FC店のほか、携帯電話販売店「エディオンテレックス」、「a…

コンビニスイーツ/1回当たり購入金額250円~300円がボリュームゾーン

伊藤忠グループのリサーチ会社マイボイスコムは6月21日、9回目となるコンビニスイーツに関する調査結果を発表した。 <2014年以降価格帯が上昇傾向> 調査によると、コンビニスイーツの購入者は6割弱。そのうち、月1回以上購入する人は6割だった。1回あたりの購入金額は「250円~300円未満」がボリュームゾーンで、2014年以降価格帯が上昇傾向にあるという。 <月1回以上購入する人は約35%> コンビニスイーツの購入頻度は、コンビニスイーツの購入者は6割弱、男性では5割弱、女性では7割弱だった。月1回以…

相鉄/パーク&ライド対象商業施設を拡大、CO2排出量削減に貢献

相鉄ビルマネジメントは6月30日、ジョイナスポイント会員向けに「パークアンドライド」サービスを本格導入する。 <パーク&ライド対象商業施設・駐車場を拡大> 「パークアンドライド」とは、自宅から最寄り駅やバス停に近い周辺の駐車場に車を止め=パーク、公共交通に乗り換える=ライドという方法で目的地に向かうもの。 同社は、SDGsへの取り組みと顧客利便性向上を目的に、2021年10月26日から2022年3月31日までパークアンドライドの試験導入を実施し、約5カ月間で累計990台のサービス利用があった。この利…

ラーメン・カレー・定食/5月既存店売上8社そろって増、店内飲食が回復

ラーメン・カレー・定食8社が発表した5月の月次営業情報によると、既存店売上高は丸亀製麺14.5%増、王将フードサービス17.5%増、リンガーハット23.6%増、ハイデイ日高71.8%増、幸楽苑5.3%増、いきなりステーキ13.1%増、壱番屋3.9%増、大戸屋35.5%増だった。 ■トリドールホールディングス(2022年3月期:売上高1533億円) 全業態既存店売上高16.6%増、客数9.4%増、客単価6.5%増。 全店の売上高19.2%増。 うち丸亀製麺は売上高14.5%増、客数7.3%増、客単価6…

JR東日本グループ/食品ロス削減を目的とした無人販売機「fuubo」設置拡大

JR東日本グループのJR中央線コミュニティデザインとZEROは6月27日、食品ロス削減を目的とした無人販売機「fuubo(フーボ)」の設置箇所を順次拡大する。 <設置エリア> fuuboでは、賞味期限が近いなどの理由から、まだ食べられるにも関わらず流通が難しく廃棄されてしまう食品を、小売価格から3~9割り引きで販売。利用者は専用サイトからキャッシュレス決済で商品を購入し、現地のfuuboを電子ロック解錠することで受け取りが可能となる。 非対面・非接触での購入が可能であるとともに、時間を問わず、さまざ…

新型コロナ/経営破たん飲食573件・アパレル267件・飲食料品卸売業154件

東京商工リサーチが集計した「新型コロナ」関連の経営破たん(負債1000万円以上)は、6月22日16時時点全国で累計3511件(倒産3359件、弁護士一任・準備中152件)となった。 2021年の年間件数は1718件に達し、2020年の843件に比べて2倍に増加した。2022年に入っても毎月100件以上の高水準で、5月までの累計は前年同期の約3割増の817件(前年同期比29.2%増)に達し、6月も22日までに133件とハイペースが続いている。 倒産集計の対象外となる負債1000万円未満の小規模倒産は累…

モスフードサービス/ポテト以外の主力サイドメニュー開発「枝豆コーンフライ」

モスフードサービスは7月13日~11月中旬、「枝豆コーンフライ」(税込み270円)を発売する。 <枝豆コーンフライ> 枝豆とコーンを使用した商品で、それぞれの食感と枝豆の香りやうまみ、コーンの甘みが楽しめる新メニュー。フレンチフライポテト以外にも主力となるサイドメニューとして、スナック感覚で手軽食べられる商品を開発した。 枝豆とコーンを成型し上新粉とパン粉の衣をつけて揚げた、もっちりとした食感のフライとなっている。素材の味を生かすために、塩のみでシンプルな味付けにしたという。
The post モス…

ライフ/大阪府で「ネットスーパー」導入店舗拡大

ライフコーポレーションは6月22日、大阪市旭区の「ライフ高殿(たかどの)店」、大阪府東大阪市の「ライフ新石切(しんいしきり)店」で「ライフネットスーパー」のサービスを開始した。 <大阪府で「ネットスーパー」拡大> 「ライフネットスーパー」は、店舗で販売している商品をパソコンやスマートフォンから注文すると、近隣店舗から商品を配送し、自宅で受け取れるサービス。ライフネットスーパー高殿店・ライフネットスーパー新石切店のオープンにより、同社のネットスーパー導入店舗は、70店舗(近畿圏40店舗・首都圏30店舗…

日本百貨店協会/5月売上高は3カ月連続プラスで57.8%増、客数52.8%増

日本百貨店協会が6月23日に発表した2022年5月の全国百貨店売上高概況によると、全国の百貨店(調査対象72社・189店)の売上総額は約3882億円(前年同月比57.8%増)だった。 5月の売上高57.8%増、入店客数は52.8%増と、共に高い伸びを示した。 前年の緊急事態宣言下における休業(生活必需品売り場を除く)などの反動、外出機会の増加に伴う消費マインドの回復が寄与した。行動制限のないゴールデンウイークでは、物産展・ファミリーイベントなど各社の企画催事が好評だった。 加えて、高額品が引き続き増…

東京地区百貨店/5月売上は9カ月連続プラスの80.6%増、客数76.3%増

日本百貨店協会が6月23日に発表した2022年5月の東京地区百貨店(12社24店)の売上高概況によると、売上高は約1116億円(前年同月比80.6%増)で、9カ月連続のプラスとなった。 5月の東京地区は、売上高80.6%増(9カ月連続)、入店客数76.3%増(8カ月連続)と、前年実績を大きく上回った。 前年、緊急事態宣言下において生活必需品以外の売り場が休業したことの反動に加え、行動制限のないゴールデンウイークの人出増加や高額品需要の強さが寄与した。 コロナ前の2019年比では、入店客数は25.4%…

日本百貨店協会/5月の外国人売上47.7%増の62億円

日本百貨店協会が6月23日に発表した2022年5月の外国人観光客の売上高・来店動向によると、インバウンド推進委員店(88店)での免税総売上高は、約62億円(前年同月比47.7%増)となった。 一般物品売上高は約56億円(96.8%増)、消耗品売上高(化粧品、食料品など)は約6億円(1.7%減)だった。 購買客数は約1万5000人(85.0%増)。1人あたりの購買単価は、約41万円(13.1%減)となっている。 外国人観光客に人気の商品順位は、化粧品、ハイエンドブランド、食料品、婦人服飾雑貨、婦人服と…

ドラッグストア/5月既存店売上ウエルシアのみプラスで0.1%増、4社マイナス

ドラッグストア主要5チェーンの5月の営業概況によると、既存店売上高は、ウエルシアHD0.1%増、ツルハHD2.9%減、マツキヨココカラ&カンパニー合計1.7%減、コスモス薬品1.4%減、サンドラック4.7%減となった。 ■ウエルシアホールディングス(2022年2月期:売上高1兆259億円) 既存店売上高0.1%増、客数0.7%減、客単価0.8%増。 うち物販売上1.6%減、調剤8.3%増。 全店売上高8.5%増、客数8.9%増、客単価0.4%減。 ウエルシア薬局0.0%、シミズ薬1.0%増、丸大サク…

ファミマ/累計販売数170万食「ラーメンデータバンク」コラボカップ麺第6弾発売

ファミリーマートは6月28日、ラーメンデータバンクと共同開発したファミリーマート限定カップ麺シリーズの第6弾として、モヒカンらーめん監修「モヒカンらーめん 豚骨」(税込み228円)を発売する。 <モヒカンらーめん 豚骨> ラーメンデータバンクは、ラーメンに関するイベントの企画・運営をはじめ、さまざまな媒体への情報発信、通販サイト運営を行っているラーメン総合企業。今回の共同開発では、ラーメン評論家・大崎裕史さんと全国の「なかなか食べに行けない店」を5店厳選し、国内大手カップ麺メーカー5社(エースコック…

サツドラHD/5月期営業利益16.7%増、買上点数増加で客単価増

サツドラホールディングスが6月22日に発表した2022年5月期決算によると、売上高829億500万円(前期比0.4%減)、営業利益7億4700万円(16.7%増)、経常利益7億9300万円(30.5%増)、親会社に帰属する当期利益3億1600万円(44.9%減)となった。 2026年5月期を最終年度とする中期経営計画において「地域の生活総合グループへの進化」をテーマに、店舗の生活総合化戦略、地域プラットフォーム戦略、コラボレーション戦略の三つの成長戦略を推進している。 店舗の生活総合化戦略としては、…

D2CでEC販路拡大/消費者行動予測、ファンが喜ぶ体験解説7月7日無料開催

文藝春秋は7月7日、「2025年の『消費者行動・EC市場』予測~D2CモデルでEC販路を拡大するために必要なこと~」をオンライン開催する。 <デジタル販路拡大を解説> コロナ禍の生活様式の一変により、多くの企業が強化し、市場が急拡大した物販系ECの動向と今後の消費行動の予測にも注目が集まっている。消費者とのリアルの接点が減り、オンラインでのコミュニケーションが進化していく中、オンラインとオフラインを併せたOMO施策により、「探す」という行為から好みに合わせて表示されるものの中から「選ぶ」など、購買体…

そごう広島店/20年ぶりにリニューアルし美容・高級品を強化、新館は営業終了

そごう広島店(広島市中区)は6月22日、20年ぶりとなる全館リニューアルを実施すると発表した。 改装後のグランドオープンは2023年秋を予定している。2022年末ごろより順次売り場の改装工事を進める。 そごう広島店は、1974年10月、隣接する「広島センター街」(現「アクア広島センター街」)と共に、バスターミナルを擁する商業施設としてオープンし、2024年には開店50周年を迎える。 節目の年を迎えるにあたり、リニューアルを実施。新サッカースタジアムの誕生、旧広島市民球場跡地の整備をひかえ、大きく変貌…

2022年5月の売上高/アパレル関連企業の18%が19年比で売上半分以下に

東京商工リサーチは6月22日、第22回「新型コロナウイルスに関するアンケート」調査結果を発表した。 調査によると、新型コロナウイルスの発生による企業活動への影響は、「影響が継続している」で68.7%(6472社中、4446社)が最多だった。前回調査(4月)は70.0%だったが1.3ポイント改善した。一方、「影響が出たがすでに収束した」は15.1%(977社)だった。前回調査(11.0%)を4ポイント以上上回り、過去最高となっている。 ■5月売上高企業の6割超がコロナ前に戻らず 2022年5月の売上高…

三井不動産/D2Cブランド向けリアル店舗とEC連携のOMOサービス構築へ

三井不動産は6月22日、D2C支援事業を提供するSUPER STUDIOへリードインベスターとして出資したと発表した。 <D2Cブランド向けリアル店舗とEC連携サービス開発へ> SUPER STUDIOは、2014年12月に創業し、D2Cトータルソリューション、自社でブランド企画や運営を進めるR&D事業を行ってきた。D2Cブランド運営者向けのソリューションとして、クラウド型のECプラットフォーム「ecforce」を開発し、スタートアップから大企業まであらゆるビジネスのEC化を支援している。 自社ブラ…

串カツ田中/沖縄に「たまごかけご飯とたまご料理専門店」オープン

串カツ田中ホールディングスは6月22日、鳥玉の関連ブランドとして「たまごかけご飯とたまご料理の専門店 Egg farm TORITAMA大謝名店」を、鳥玉商品の共同開発会社であるみたのクリエイト運営のもと、沖縄県宜野湾市にオープンした。 <「たまごかけご飯セット」などが楽しめる> 新ブランドではたまごかけご飯を主軸としたメニューを展開。外食市場内での非アルコール業態の占める割合は、アルコール業態の14倍を超え、圧倒的な規模となっている。そのなかで、卵料理、鳥料理は朝・昼・晩とどの食事の場面でも、どの…

セブンイレブン、コカ・コーラ、花王登壇/DXの取り組み紹介7月14日無料開催

セールスフォース・ジャパンは7月12日~15日、「顧客とつながる業界の新しいカタチ ~デジタルで創る変革と企業価値~」をオンライン開催する。 <顧客ニーズにDXで迅速に対応する施策など紹介> 変化が早く、また不確実性の高い現代で企業のデジタル化が劇的に進むなか、これまでになく深く顧客、パートナー、環境とつながることが求められている。革新的な企業は業界特有の課題をどうデジタルで解決し、未来に向かおうとしているのか、実例をもとに考察する。 特に、7月14日は小売・消費財業向けのセミナーを実施。基調講演で…

スーパーバイザーの働き方変革/オンライン臨店で効率化7月6日無料開催

ネクスウェイは7月6日、「オンライン臨店!?スーパーバイザーの働き方を変革~10時間/週 効率化の裏側とは~」をオンライン開催する。 <売り場の陳列状況確認業務を効率化> スーパーマーケットのスーパーバイザーは重要なポジションだけに、とても多忙だ。 本社と店舗をつなぐ立場として、バイヤーが仕入れた商品の売り場作りを指導、本部で決めた販促施策を実行し、店舗の売り場の現状を本社にフィードバック、直接顧客と接するスタッフの意見を吸い上げ、好不調要因の分析などをしなければならない。 その多様な業務のなかから…

営業力強化のDX/ユニフォームメーカー・セロリー事例紹介7月13日無料開催

ジールは7月13日、「ユニフォームメーカー業界を牽引するセロリーが成功した営業DX!Excelから脱却し“営業力強化”に必要不可欠なデータ活用の高度化と効率化を実現」を開催する。 <データ活用の高度化と効率化解説> ウィズコロナ・アフターコロナの時代となり、各企業の売り上げの成長を握る営業部門においてもDXの必要性は例外ではない。 今回のセミナーでは、ジールが提供するクラウド型データ分析基盤「ZEUSCloud」を導入し、データ活用の高度化と効率化により営業力強化に成功したセロリーが登壇し、導入前の…

物流DXで年末を乗り越える/採用&配送コストマネジメント術6月29日無料開催

シーアールイー、ツナググループHC、CBcloudは6月29日、「【物流担当必見】物流DXで年末繁忙を乗り越える!採用&配送コストマネジメント術~人手不足も配送コストもまとめて徹底対策~」を開催する。 <物流コストや業務の最適化解説> 2024年問題、宅配クライシスなど、昨今の物流業界を取り巻く環境は大きく変化している。中でも人手不足、ラストマイルの問題は日に日に重要性を増してきている。 「モノ」を扱い顧客に「届ける」ことを生業としている企業にとって、人材や配送インフラの確保、それに伴うコストや業務…

マーケティング・商品企画のすすめ方/元日経トレンディ編集長登壇7月14日開催

マーケティング研究協会は7月14日、「これからのマーケティング・商品企画のすすめ方~コロナ以降の顧客・市場の変化を事例とキーワードから予測する~」を開催する。 元日経トレンディ編集長の講師が考えるこれからのマーケティング・商品企画を事例とキーワードで徹底解説。コロナ以降のマーケティングの方向性はどうあるべきか、ヒット商品を企画するためのヒントはどこにあるのか深堀りする。 また、マーケティングの基本とされる、プロダクトアウトからマーケットイン、インサイト、差別化などをふまえ、コロナ以降の顧客・市場動向…

モスフードサービス/社長を委員長とする「サステナビリティ委員会」を設置

モスフードサービスは6月21日、持続可能な社会の実現に向けた取り組みの強化を図るため、「サステナビリティ委員会」を設置したと発表した。 <コーポレート・ガバナンス体制図> 同社では、経営理念である「人間貢献・社会貢献」を根底に、企業価値の向上を図るとともに、事業を通じた社会課題の解決に向けたさまざまな活動に取り組んできた。また、こうした取り組みを改めて社会的要請に照らし、本業を通じて社会課題の解決に貢献するため、環境・社会・ガバナンス(ESG)の観点から事業におけるマテリアリティ(重要課題)を特定し…

ファミリーマート/ラインソックスの新色、レインポンチョ発売

ファミリーマートは6月21日から、オリジナルブランド「コンビニエンスウェア」の「ラインソックス」の新色(税別390円)、「今治タオルハンカチ」(490円)、「今治フェイスタオル」(990円)、「レインポンチョ」(1990円、ブラック、ワンサイズ)など新商品7種類を順次発売する。 <ラインソックスの蛍光グリーン、レインポンチョ> 「コンビニエンスウェア」は、ファッションデザイナー落合宏理氏との共同開発のもと、「いい素材、いい技術、いいデザイン。」のコンセプトを掲げ、2021年3月から全国展開をしている…

ローソン/涼感スイーツ第1弾「マンゴープリン」「珈琲ゼリー」

ローソンは6月28日、暑い夏でもつるっと・さらっと食べられる涼感スイーツシリーズの第1弾として、「Uchi Cafe まるでマンゴーみたいなマンゴープリン」、「Uchi Cafe まるでカフェラテみたいな珈琲ゼリー」(各税込み322円)を発売する。 <まるでマンゴーみたいなマンゴープリン> 「Uchi Cafe まるでマンゴーみたいなマンゴープリン」は、酸味のある甘さと優しいくちどけのマンゴープリンの上に、ぷるっとした食感が楽しめるマンゴーゼリー、ダイスカットしたマンゴーの果肉入りマンゴーソースをの…

ミニストップ/「黄金ハンバーグ(デミグラスソース)」発売

ミニストップは6月22日、最もおいしいとされる黄金比率(牛肉:豚肉=7:3)で配合し、焼き方にもこだわった「黄金ハンバーグ(デミグラスソース)」(税別258円)を発売する。 <黄金ハンバーグ> 何度も試作を重ね、研究し、時間がたっても固くなりにくい焼き加減を追求した。ダイスカットした肉&玉ねぎをプラスし、うま味と食感がぜいたくに感じられる仕立てとなっている。高温鉄板焼成の本格的な鉄板焼きハンバーグで、まるでレストランのような、本格的な味わいを楽しめるという。 デミグラスソースは別添えとなっている。 …

スーパーマーケット/5月の既存店売上3.2%減、値上げによる節約志向が影響

オール日本スーパーマーケット協会、日本スーパーマーケット協会、全国スーパーマーケット協会は6月21日、5月実績速報版のスーパーマーケット販売統計調査を発表した(集計企業270社)。 総売上高は9814億6124万円(既存店前年同期比3.2%減)となった。うち食品合計は8951億3089万円(3.6%減)、非食品663億8987万円(0.7%減)、その他199億4100万円(6.0%減)だった。 食品合計のうち、生鮮3部門合計3378億5497万円(4.4%減)、内訳は、青果1376億8285万円(1…

日本生協連/5月の総供給高0.3%増、3カ月連続の前年越え

日本生活協同組合連合会(日本生協連)が6月21日に発表した、全国63主要地域生協の5月の供給状況(速報値)によると、総供給高は2369億2000万円(前年同月比0.3%増)となった。 <主要地域生協の5月度供給高> 内訳は、店舗761億400万円(3.6%減)、宅配1558億7200万円(2.1%増)、宅配のうち個配1146億4300万円(3.2%増)だった。その他供給高は49億4300万円(5.1%増)。 店舗は、3年ぶりに行動制限のない大型連休を迎えたことも影響し、3.6%減で前年割れとなったが…

東急ストア/5月の売上高165億円、既存店4.9%減

東急ストアが発表した月次売上実績によると5月の総売上高は、165億9700万円、既存店売上高は4.9%減だった。 内訳は食料品149億7600万円(5.4%減)、衣料品1億8500万円(9.8%増)、住関品7億2800万円(3.6%減)、その他7億700万円(1.8%増)となっている。 全店ベースの前年同期比は、総売上高4.6%減、食料品4.9%減、衣料品3.6%増、住関品4.1%減、その他0.4%減。 店舗面積11万8801m2(0.0%)。店舗数は92店舗。
The post 東急ストア/5月の…

京王百貨店/化粧品売場のLINEミニアプリにオンライン販売機能追加

アイリッジは6月20日、京王百貨店が提供するLINEミニアプリ「Keio BEAUTY」のオンライン接客機能を開発支援したと発表した。 <ビデオ通話接客機能イメージ> 「Keio BEAUTY」は、京王パスポートカード会員向けに、デジタル会員証やアプリ会員限定サービスなどを提供し、売り場のファンづくりを行うLINEミニアプリ。京王パスポートカードを持つ顧客は、店頭などに設置されたQRコードからLINEミニアプリ登録画面にアクセスし、京王パスポートカード会員情報を入力することで、会員限定の特別優待、自…

戸田建設/茨城県に「TSUTAYA BOOKSTORE 常総IC店」2023年春オープン

戸田建設は6月20日、茨城県常総市において、「(仮称)TSUTAYA BOOKSTORE 常総IC店」の工事を開始したと発表した。 <(仮称)TSUTAYA BOOKSTORE 常総IC店イメージ> 同社が公民連携のPPP事業協力者(Public Private Partnership)として参画する「アグリサイエンスバレー構想(茨城県常総市)の一環となるもの。 2023年春のまちびらきを目指す「アグリサイエンスバレー構想」は、圏央道常総インターチェンジ周辺地域を中心とし、食と農と健康をテーマに農業…

オンワード/AIによるバーチャル試着サービスのトライアル開始

オンワードデジタルラボは6月20日、オンワードグループ公式ファッション通販サイト「ONWARD CROSSET(オンワード・クローゼット)」において、AIによるバーチャル試着サービス「kitemiru(キテミル)」のトライアルを開始したと発表した。 <AIによるバーチャル試着サービスのトライアル開始> トライアルを行う「kitemiru」は、データグリッドが提供するバーチャル試着サービス。ユーザーがスマートフォンで自分の全身写真をアップロードするだけで、AIがECサイト上のアイテムの試着イメージを生…

静岡・三島駅南口/住宅・商業・オフィス・健康医療拠点の複合施設開発

ミサワホーム、ミサワホーム静岡、東レ建設、野村不動産、三菱地所レジデンスは6月20日、「三島駅南口東街区A地区第一種市街地再開発事業」(静岡県三島市)において、市街地再開発組合が設立されたと発表した。 <健幸都市みしまの新しいランドマークとして開発> 三島駅南口東街区A地区市街地再開発組合は、静岡県三島市のJR三島駅前で推進する「三島駅南口東街区A地区第一種市街地再開発事業」において、5月31日に静岡県知事より組合設立の認可を受け、6月17日に総会を開催し、市街地再開発組合として設立された。同地区に…

ヤマダHD/ヤマダPayにヤマダNEOBANKからの即時口座振替機能導入

ヤマダホールディングスは6月20日、決済サービス「ヤマダ Pay」に「ヤマダ NEOBANK」からの即時口座振替機能を導入した。 <「ヤマダ Pay」に新機能追加> 「ヤマダ Pay」において、ヤマダファイナンスサービスを通じて提供する「ヤマダ NEOBANK」口座をひもづけることにより、ヤマダデジタル会員アプリを使って「ヤマダ NEOBANK」口座からの支払いが可能となるもの。 「ヤマダ Pay」と「ヤマダ NEOBANK」の銀行口座開設を事前に設定すると、同口座残高の範囲内で利用可能。「ヤマダ …

ミニストップ/「レモンティー レモンスライス入り」発売

ミニストップは6月21日、「レモンティー レモンスライス入り」(税別218円、300g)を発売する。 <レモンティー レモンスライス入り> チルドカップ飲料ならではのフレッシュなレモンの味わいを生かせるよう、レモンスライスがまるごと1枚入ったレモンティー。これからの季節にぴったりな300gの大容量サイズとなっている。 イタリア・シチリア産のレモン果汁と、紅茶はすっきりと上品な味わいのディンブラ紅茶を使用している。
The post ミニストップ/「レモンティー レモンスライス入り」発売 first …

ファミリーマート/パウチサラダのパッケージ変更、年間4.2トンのプラ削減

ファミリーマートは6月20日、ファミマルKITCHENパウチサラダのパッケージを変更すると発表した。 <パウチサラダのパッケージ変更> パウチサラダの包材を幅125mmから115mmに縮小し、石油系プラスチックを従来品より年間約4.2トンの削減を見込む(内容量に変更なし)。 新パッケージの導入にあわせて、定番商品「ほくほくじゃがいものポテトサラダ」(税別119円)と「国産じゃがいもの明太ポテトサラダ」(139円)の2種類をリニューアルし、6月21日より順次発売する。 「ほくほくじゃがいものポテトサラ…

物流DXとMaaSを実現/アジャイル手法の基本紹介6月28日無料開催

モンスターラボは6月28日、「物流MaaSの成功確率を上げるアジャイル手法~DX取り組み事例を交えて紹介~」をオンライン開催する。 <DX推進と物流MaaSの実現を解説> コロナ禍で社会情勢が大きく変化した現在、物流業界はより旧来の課題が深刻化している中でデジタルテクノロジーを活用した物流の変革が求められている。多くの物流企業の課題となっているのが「DX(デジタルトランスフォーメーション)」の推進と物流MaaSの実現だ。 しかし、実際に物流DX、MaaSを実現しようにも「スコープが広がりすぎてなかな…

3分でわかるユニフォーム制作の基本とコツ/資料を無料配布

シタテルはこのほど、「3分でわかる!ユニフォーム制作の基本とコツ」の無料配布を開始した。 <ユニフォーム制作における重要なポイントを解説> 施設・店舗において、コンセプト体現の手段として重要な役割を果たすユニフォーム。従業員のモチベーション向上、顧客へ与える企業イメージを大きく左右する。また、コミュニケーションツールの一つにもなり得るものだ。 外観や内装など店舗の設計、企画は、計画通り実施できている施設が多いのに対し、ユニフォーム制作は、オリジナルから既製品まで制作方法が多岐にわたるため、検討する時…

コンビニエンスストア/5月既存店売上3.2%増、3カ月連続プラス

日本フランチャイズチェーン協会が発表した5月のコンビニエンスストア統計調査月報によると、既存店ベースの売上高8864億6900万円(前年同月比3.2%増)、来店客数12億7671万6000人(2.5%増)、平均客単価694.3円(0.7%増)となった。 全店ベースの売上高9234億5200万円(3.5%増)、店舗数は5万5904店(0.03%増)、来店客数13億3700万7000人(3.0%増)、平均客単価690.7円(0.5%増)だった。 売上高は全店は6カ月連続のプラス、既存店は3カ月連続のプラ…

ファミリーマート/飲むデザート「とけちゃった!アイス 白桃果肉入り」

ファミリーマートは6月21日、果肉入りデザート飲料「とけちゃった!アイス 白桃果肉入り」(税別239円)を発売する。 <とけちゃった!アイス 白桃果肉入り> 同社では、2020年6月より発売を開始した「めっちゃメロンです。」などの「めっちゃ〇〇です。」シリーズや「とろ~り杏仁豆腐」など、飲むデザートを多数開発し、好評を得ている。 今回、ミルクが引き立たせるフルーツのおいしさや食感を楽しめるデザート飲料として「とけちゃった!アイス 白桃果肉入り」が登場。アイスを溶かしたようなミルクの味わいに白桃果肉を…

位置情報でDX/顧客・競合店・出店候補地分析を解説6月28日無料開催

Agoopと技研商事インターナショナルは6月28日、「位置情報で実現するDXとビジネス戦略~分析手法と事例・GISデモンストレーション~」をオンライン開催する。 <位置情報で顧客・競合店・出店候補を分析> 近年ビッグデータを活用した正確で詳細な傾向把握や需要予測などから、新たな戦略のヒントを得ている企業は少なくない。 特に位置情報ビッグデータを活用することができれば、今まで把握しきれていなかった競合店舗、施設への来店者数を性年代別、年収、世帯構成、滞在時間別レベルで分析できる。さらに、自店舗、競合店…

ロシアのウクライナ侵攻/飲食料品小売業の97%にマイナス影響

東京商工リサーチは6月17日、第2回「ロシアのウクライナ侵攻に関するアンケート」調査結果を発表した。 <ロシアのウクライナ侵攻の影響> 出典:東京商工リサーチホームページ(以下同) 6月1日~9日にかけて、「ロシアのウクライナ侵攻」についてアンケート調査を実施。有効回答6126社を集計・分析した。ウクライナ情勢で経営にマイナスの「影響を受けている」企業が50.9%(6126社中、3123社)、「現時点で受けていないが、今後影響が見込まれる」は33.9%(2082社)で、これを合計すると企業の84.9…

イオンモール/今夏の電力需要ひっ迫に備え節電・省エネ強化

イオンモール、イオンリテールは6月17日、今夏の電力需要のひっ迫に備え、全国のイオンモールで節電・省エネ対応を強化すると発表した。 <電力需要のひっ迫に備え節電・省エネ強化> 政府では、今夏の電力需給に関して「極めて厳しい状況」との見解を示し、企業や消費者に対しても、7月1日から9月30日までの3カ月間、生活や経済活動に支障をきたさない範囲での節電省エネ要請を出すことが決定している。 イオンモールは、既に6月8日より「イオン ライトダウンキャンペーン」として、商業施設の屋外照明や周辺の照明を消灯する…

セブンイレブン/体を整えるD2C食品「Cycle.me」53店舗へ拡大

セブン‐イレブン・ジャパンとドットミーは6月22日、「自然にきりかえる生活」をコンセプトにしたD2Cブランド「Cycle.me」(以下:サイクルミー)の販売店舗を都内のセブン‐イレブン53店舗へ拡大する。 <体を整えるD2C食品「Cycle.me」> 昨今、テレワークが進んで食生活、健康について見直す人が増えている。「サイクルミー」は毎日の生活リズムを整えることをコンセプトに、朝・昼・夜それぞれの時間帯に合わせたウェルビーイング食品。「体を整える」という体験を近くのセブン‐イレブンでも楽しんでもらい…

タカシマヤフードメゾン新横浜店/2023年2月中旬で閉店

高島屋は6月17日、JR新横浜駅「キュービックプラザ新横浜」にテナントとして出店している「タカシマヤフードメゾン新横浜店」(横浜市港北区)の営業を、契約満了に伴い、2023年2月中旬に終了すると発表した。 ■ 「タカシマヤフードメゾン新横浜店」の概要 所在地:神奈川県横浜市港北区新横浜2-100-45 キュービックプラザ3階・4階 開店日:2008年3月26日 契約面積:1638m2 営業終了日:2023年2月中旬(予定)
The post タカシマヤフードメゾン新横浜店/2023年2月中旬で閉店 …

千趣会/JFLAホールディングスと合弁会社、ワインECなど

千趣会は6月17日、JFLAホールディングスと合弁会社「ウェルサーブ」を設立すると発表した。 千趣会はJFLAHDと、5月30日に、ECを中心とした酒類・飲料・食品の企画・販売事業を行う合弁会社の設立に向け基本合意書を締結。同社の顧客基盤と、JFLAHDが持つ食のバリューチェーンを補完し合うことで、ワインのEC事業を手始めに、「食」領域における共創モデルを構築し、酒類・食品の企画、販売事業を行うことを目的に、6月17日合弁会社を立ち上げた。 ■ウェルサーブ 所在地:東京都台東区寿3-15-12 代表…

ファミリーマート/「ポケまぜ」とタイアップ「ピカチュウのパインフラッペ」

ファミリーマートは6月21日~7月18日、Nintendo Switch・スマートフォン(iOS/Android対応)で配信中のパズルゲーム「ようこそ!ポケモンカフェ~まぜまぜパズル~」(略称:ポケまぜ)とのタイアップキャンペーンを実施する。 <「ポケまぜ」とタイアップ> 6月21日より、ファミリーマートの人気商品「フラッペ」と「ポケまぜ」がタイアップした「ピカチュウのパインフラッペ」(税別297円)を発売する。ゴールデンパイナップルの果肉が入ったゴロゴロ食感と甘酸っぱく爽やかな味わいが特徴。フラッ…

新しい工場・生地・資材の探し方/sitateru CLOUD活用6月24日無料開催

シタテルは6月24日、「【sitateru CLOUD活用セミナー】新しい生産背景、生地・資材の探し方」を無料開催する。 <新規サプライヤーの拡充など解説> クリエーティブなデザイナーズブランドにおいて、 「最適な工場を見つけること」「生地・資材の調達」は、重要であると同時に課題でもある。 その要因として、工場や生産者の情報がクローズドであることやコミュニケーションに時間がかかることなどが挙げられる。 今回のセミナーは、sitateru CLOUDで新規サプライヤーの拡充(生産背景の見つけ方)、生地…

フェアウェイソリューションズ/富永貿易に需給調整システム、食品ロス30%減

フェアウェイ ソリューションズはこのほど、需給調整PSIソリューション「φ-Pilot Series」を富永貿易に導入し、食品ロスを2020年比30%減を実現したと発表した。 <出荷期限切れになりそうな商品の早期発見を実現> 「φ-Pilot Series」はサプライチェーンの計画と調整を支援する業務ソリューション。従来の生産管理やERPではシステム化対象外であった「予定在庫」を日別に把握・可視化し、日々変動する需給バランスの適正コントロールをサポートする。 需要予測に基づき、いくつ・いつまでに生産…

飲食・小売のOMO/独自Payとオンライン注文で顧客接点増6月28日無料開催

ジャストプランニング、アララは6月28日、「【飲食・小売り向け】今こそ取り組むべきOMO~独自Payとオンライン注文で顧客接点を増やす~」をオンライン開催する。 <顧客接点の拡大策を紹介> 飲食・小売業界で注目されているOMO。オンラインとオフラインの垣根にとらわれず、人がモノやサービスに触れ得られる体験、経験を主軸に考える新しいマーケティング概念だ。 しかし、OMOとは何か、また、実際に自社のビジネスにどう取り入れ、どう売り上げにつなげればよいか分からない人も多いのではないだろうか。 セミナー前半…