投稿者アーカイブ: rb

イオンモール/体験発信型「平塚プロジェクト」建築開始、23年春開業へ

イオンモールは1月28日、神奈川県平塚市のツインシティ大神地区に出店する「(仮称)平塚プロジェクト」において、2023年春の開業を目指し、建築工事に着手すると発表した。 <(仮称)平塚プロジェクト建築開始> 計画地は、神奈川県の県央部に立地し、県内を南北につなぐ広域幹線道路である国道129号に面している。首都圏中央連絡自動車道(圏央道)、東名高速道路、新東名高速道路のインターチェンジからのアクセスも良い広域からの集客も見込める交通の要衝に位置している。 計画地を含む周辺約69万m2では、神奈川県の掲…

サブウェイ/「イオンモール新利府北館」フードコートに出店

日本サブウェイは1月31日、宮城県宮城郡に「サブウェイ イオンモール新利府北館店」をオープンする。 <サブウェイ イオンモール新利府北館店> 新店舗は、2021年7月にリニューアルオープンした北館と新棟となる南館を合わせた延床面積18万m2を誇る、東北地方最大級のショッピングセンター「イオンモール新利府北館」のフードコートに出店。自動車移動30分圏内に仙台市の中心部を包括しているため、同地域のファミリー層を中心に来店を期待しているという。 サブウェイは好みのオーダーメードスタイルが特徴だが、注文の際…

三菱地所/井の頭線「渋谷」駅直結オフィス・商業・ホテル複合再開発に参画

三菱地所は1月28日、京王井の頭線「渋谷」駅直結となる、オフィス・商業・ホテルの大規模複合再開発に参画すると発表した。 <渋谷マークシティと接続した複合施設> 渋谷区道玄坂二丁目にて事業協力者として権利者と推進してきた「道玄坂二丁目南地区第一種市街地再開発事業」について、1月19日に市街地再開発組合設立について東京都の認可を受け、1月28日再開発組合の設立総会が開催された。これにより同社は、再開発組合の参加組合員としてプロジェクトに参画することとなった。 解体工事開始は2022年度、新築工事着手は2…

BAKE/ブランド複合型旗艦店「BAKE the SHOP」自由が丘に登場

BAKEは2月15日、東京・自由が丘にブランド複合型旗艦店「BAKE the SHOP」をオープンする。 <ブランド複合型旗艦店「BAKE the SHOP」> 2014年開業した「BAKE CHEESE TART 自由が丘店」の跡地に、「BAKE CHEESE TART」「PRESS BUTTER SAND」「RINGO」など、同社が展開するブランドが集まった新業態が登場する。 2月4日〜2月14日はBAKEアプリ・LINE会員向けのプレオープン期間となる。 LINEから事前注文ができるモバイルオ…

2021年「飲食店」倒産/27.1%減の569件、コロナ支援策の効果も

帝国データバンクは1月28日、2021年「飲食店」動向調査結果を発表した。 2021年中に発生した飲食店の倒産は569件(前年比27.1%減)だった。前年から200件超の減少となり、2016年以来5年ぶりの500件台となった。 自主的に事業をたたむ休廃業・解散件数は、前年から8.7%減の494件だった。 飲食店で最も件数が減少したのは、接待などで利用される日本料理店で、前年から29件の減少。次いで、イタリアンやフレンチなどのレストラン(28件減)、中華・エスニック料理店(24件減)、バー・ナイトクラ…

マックスバリュ西日本/無人店舗にネクスウェイ「売場ウォッチ」導入

TISインテックグループのネクスウェイは1月27日、兵庫県と中・四国地方に約400店舗のスーパーマーケットを展開するマックスバリュ西日本の無人店舗に、オンラインで臨店業務を実現するクラウドカメラサービス「売場ウォッチ」を導入したと発表した。 <マックスバリュ西日本の「売場ウォッチ」の利用イメージ> 「売場ウォッチ」は、チェーンストア展開企業の売場づくり業務支援に特化したオンライン臨店サービス。オンライン臨店による業務効率化に加え、売場づくりに最適で「わかると、うれしい。」情報を、クラウドカメラを通じ…

三井住友海上登壇/位置情報活用したマーケティングDX2月16日無料開催

ドコモGPS統計データを活用した人流分析サービス「Datawise Area Marketer」を開発するデータワイズは2月16日、オンラインセミナー「位置情報を活用したマーケティングDX」を開催する。 <位置情報活用したマーケティングDX解説> 今回のセミナーは、位置情報によるマーケティングDXの「今」を、DX推進担当者、マーケティングにおける位置情報データ活用に興味のある、最新の位置情報データ活用事例を知りたいビジネスパーソン向けに紹介するもの。 コロナウイルスの感染拡大から2年半、さまざまな業…

ZOZO/4~12月増収増益、買取・製造販売とUSED販売好調

ZOZOが1月28日に発表した2022年3月期第3四半期決算によると、売上高1237億7800万円(前年同期比14.1%増)、営業利益387億7900万円(14.8%増)、経常利益387億5600万円(14.4%増)、親会社に帰属する当期利益266億5300万円(12.3%増)となった。 第3四半期連結累計期間における商品取扱高は3755億600万円(23.4%増)、その他商品取扱高を除いた商品取扱高は3415億8700万円(13.6%増)。 売上高は、買取・製造販売とUSED販売、広告事業の成長が…

ファミリーマート/ながら食べにも「アイス!?なケーキバー」

ファミリーマートは2月1日、「アイス!?なケーキバー」(税込238円)を発売する。 <アイス!?なケーキバー> 近年「ケーキのような見た目のアイスクリーム」「アイスバーのようなスティックケーキ」といった、見た目のイメージと食べた時のギャップが味わえる商品が人気となり、SNSでも多数投稿が見られる。 ファミリーマートでも2020年11月に、プリンのような見た目をしたチーズケーキ「プリンな!?チーズケーキ」(現在は販売終了)を発売し、好評を得た。 今回新発売する「アイス!?なケーキバー」は、アイスのよう…

セブンイレブン永松社長、西友大久保社長登壇/3月1日流通交流フォーラム開催

日本小売業協会、日本経済新聞社は3月1日、東京ビッグサイト(東京都江東区)で「第32回 流通交流フォーラム 新たな時代を迎える小売業の未来戦略」を開催する。 <3月1日流通交流フォーラム開催> 「流通交流フォーラム」は、流通・小売業の振興と発展に寄与することを目的に、流通・小売分野の日本最大級の展示会「日経メッセ 街づくり・店づくり総合展」の初日に開催するメインセミナーとして、1991年の第1回以来毎年開催している。 第32回は、「新たな時代を迎える小売業の未来戦略」をテーマに、デジタル技術の進展で…

京急百貨店/5階子ども服売場をファミリーフロアにリニューアル

京急百貨店は今春、5階を一部リニューアルする。 <「ABC-MART」は面積拡大> 従来の子ども服売場に加え、ファミリー向けの2店舗が登場、1店舗を刷新する。5階を、家族みんなで楽しい時を過ごすフロアとして提案し、地域の顧客利便性の向上と、新たな顧客の来店機会の創出を図る。 3月4日にオープンする大型専門店「KEYUCA」(ケユカ)は、「Simple&Naturalに暮らす。」をテーマに、食器・バス用品・服飾雑貨など、オリジナル商品を提案するライフスタイルショップ。また、「ABC-MART」は、店舗…

マックスバリュ関東/ショップカウンターでイベントスペース収益化目指す

COUNTERWORKS(以下:カウンターワークス)は1月27日、ポップアップストアの出店プラットホーム「SHOPCOUNTER(ショップカウンター)」において、マックスバリュ関東の運営するスーパーマーケット「マックスバリュ」内のイベントスペースの掲載を開始したと発表した。 <マックスバリュおゆみ野店のイベントスペース> SHOPCOUNTERとは、ポップアップストアやイベントなどの商業スペースを簡単に発見、利用できる日本最大級のオンラインプラットホーム。商業施設、路面店、駅ナカ、オフィスビル、展示…

マックスバリュ関東/ショップカウンターでイベントスペース収益化目指す

COUNTERWORKS(以下:カウンターワークス)は1月27日、ポップアップストアの出店プラットホーム「SHOPCOUNTER(ショップカウンター)」において、マックスバリュ関東の運営するスーパーマーケット「マックスバリュ」内のイベントスペースの掲載を開始したと発表した。 <マックスバリュおゆみ野店のイベントスペース> SHOPCOUNTERとは、ポップアップストアやイベントなどの商業スペースを簡単に発見、利用できる日本最大級のオンラインプラットホーム。商業施設、路面店、駅ナカ、オフィスビル、展示…

ローソン/店内厨房活用した「ゴーストレストラン」25年度1000店導入へ

ローソンは1月27日、デリバリー専用として新たに開発した商品を、店内の厨房で調理して届ける「ゴーストレストラン」の実証実験を東京都内1店舗で開始したと発表した。 <店内厨房イメージ> 同サービスは、顧客がUber Eatsのアプリを通じて注文する仕組みで、店舗では注文を受けた後に調理を行うため、出来立ての商品を提供できる。同時に、朝食やランチ需要に合わせて調理を行っている店内厨房の空き時間活用にもつながるという。 発売する商品は店舗で販売する商品とは別に、デリバリーで人気の高いメニューを参考に開発を…

新型コロナ下の人材派遣業/61.5%の企業が売上減

帝国データバンクは1月27日、新型コロナ下における人材派遣・紹介業の現状についての調査結果を発表した。 同調査は、「新型コロナウイルス感染症に対する企業の意識調査」(2021年12月)と帝国データバンクの企業概要ファイル「COSMOS2」をもとに分析を行った。 人材派遣・紹介業に着目して、新型コロナの業績への影響をみると、人流が大きく制限されていた2020年4月にマイナスの影響を見込む企業は9割超だった。 しかし、それ以降は濃淡があるものの減少傾向で推移。直近の2021年12月では78.5%とやや高…

スターバックス/銀座マロニエ通りの店舗刷新、時間帯ごとのメニュー拡充

スターバックス コーヒー ジャパンは2月3日、コーヒーを片手にイタリアの食文化を一日中楽しめるスターバックスとして「スターバックス リザーブ ストア 銀座マロニエ通り」をリニューアルオープンする。 <時間帯ごとの提供メニューに変化> スターバックス リザーブロースタリー 東京(以下:ロースタリー 東京)で焙煎された、世界的にも希少で個性豊かな「スターバックス リザーブ」ブランドのコーヒーとともに、イタリアンベーカリー「プリンチ」の商品ラインアップを増やし、時間帯ごとに提供メニューに変化を付け、一日を…

BAKE/ 森永乳業とコラボしたブランド初のカップアイス・カップドリンク

BAKEは森永乳業とコラボレーションし、カップアイスの「BAKE CHEESE TARTアイスクリーム」(オープン価格、160ml)を2月7日、カップドリンクの「BAKE CHEESE TARTチーズタルトドリンク」(希望小売価格税別200円、240ml)を2月8日発売する。 <チーズタルトをイメージしたアイス・ドリンク> 森永乳業とコラボしたブランド初のカップアイス・カップドリンクで、全国のコンビニエンスストア、量販店、一般小売店にて期間限定販売する。 「BAKE CHEESE TARTアイスクリ…

ラーメン・カレー・定食/12月既存店売上丸亀製麺4.8%増、幸楽苑2.7%減

ラーメン・カレー・定食8社が発表した12月の月次営業情報によると、既存店売上高は丸亀製麺4.8%増、王将フードサービス5.4%増、リンガーハット9.0%増、ハイデイ日高3.5%増、幸楽苑2.7%減、いきなりステーキ4.4%増、壱番屋3.3%増、大戸屋19.2%増だった。 ■トリドールホールディングス(2021年3月期:売上高1347億円) 全業態既存店売上高6.2%増、客数1.4%増、客単価4.8%増。 全店の売上高7.2%増。 うち丸亀製麺は売上高4.8%増、客数0.4%増、客単価4.3%増。 1…

ファミリーマート/ラーメンデータバンクと共同開発「さんくるげ 辛いらぁ麺」

ファミリーマートは2月1日、ラーメンデータバンクと共同開発したカップ麺「さんくるげ 辛いらぁ麺」 (税込228円)を発売する。 <さんくるげ 辛いらぁ麺> ラーメンデータバンクは、ラーメンに関するイベントの企画・運営をはじめ、さまざまな媒体への情報発信、通販サイトを行っているラーメン総合企業。今回の商品は、ラーメン評論家・大崎裕史さんと全国の「なかなか食べに行けない店」を厳選しカップ麺化したもの。 チキンエキスをベースに、唐辛子、花椒などのスパイスと酸味を利かせたしょうゆベースの特製旨辛スープに、硬…

清涼飲料/12月1位はトンボ飲料「鬼滅の刃シャンメリー」

マーチャンダイジング・オンが発表した新商品の売上ランキングによると、12月の清涼飲料の1位は、トンボ飲料「鬼滅の刃シャンメリー」瓶360mlだった。 トンボ飲料「鬼滅の刃シャンメリー」は、クリスマス向けの乾杯飲料。マスカット味。 <清涼飲料の新商品ランキング> 5週間以内に発売した商品は、10位アサヒ飲料「カルピスソーダマスカット」450ml、11位アサヒ飲料「三ツ矢特濃ライムミックス」500ml、17位コカ・コーラ「ファンタシャインマスカット」410ml、18位サントリー「POPメロンソーダ」60…

モスフード/中央区で自動宅配ロボット活用したデリバリー実験に参加

モスフードサービスは1月26日、ENEOSホールディングス、ZMP、エニキャリに協力し、東京都中央区佃・月島・勝どきエリアにおいて、自動宅配ロボットを活用したデリバリー事業のビジネス性検証を目的とした実証実験に参加すると発表した。 <自動宅配ロボット「デリロ」> 実験は2月1日~28日、営業時間11時~20時で実施する(荒天の場合中止)。配送先は東京都中央区佃・月島・勝どきエリアの配送可能なマンション(約5000戸)、小売店27店舗に注文可能となっている。 多種の店舗が参加するなかで、顧客のニーズを…

F&LC/「培養魚肉」のBlueNaluと提携、日本市場での商業化向け協業

「スシロー」「京樽」などを傘下に持つFOOD&LIFE COMPANIES(以下:F&LC)は1月26日、魚の細胞を培養して水産資源をつくる「培養魚肉」の開発において米国のリーディングカンパニーであるBlueNalu(カリフォルニア州サンディエゴ)との提携を発表した。 今回の業務提携は、水産物の消費量が最も多いアジア太平洋地域(APAC)において、すしレストラン事業を展開するF&LCが調達するクロマグロ、その他すし用食材の新たな供給源を開発するための提携となる。両社は、製品開発およびマーケティングな…

アインHD/旭川市のドローンなどを活用した非対面医療サービス実験に参画

アインホールディングス、ANAホールディングス、NTT東日本-北海道、ORSOは1月26日、北海道旭川市の未来技術社会実装事業における「ドローン・IoT等の未来技術を活用した非対面医療サービスの構築」の地域実装協議会に参画すると発表した。 <未来技術社会実装事業の全体像> 同事業は、地域の医療サービスを継続するためにパーソナルヘルスレコード(以下:PHR)を活用した医療インフラの構築とドローン、AIを組み込んだ未来技術の融合により地域課題の解決へとつなげる取り組みとなる。 地域実装協議会の下、医療分…

デニーズ/全店のラミネート掲示物に石灰石を主原料とする素材採用

セブン&アイ・フードシステムズは1月26日、運営するデニーズ全店(332店舗)のラミネートされた掲示物(ポスター、POPなど)をTBM社の石灰石を主原料とする「LIMEX Sheet」(ライメックス シート)に順次切り替えると発表した。 <全店のラミネート掲示物に「LIMEX Sheet」採用> 「LIMEX」は、炭酸カルシウムなど無機物を50%以上含む、無機フィラー分散系の複合素材。6000以上の企業、自治体にて採用されており、世界40カ国以上で特許を取得。COP、G20の国際会議で紹介された。日…

サミットストア横浜岡野店/1階刷新でデコホーム、ダイソーなど登場

サミットは3月末までに、「サミットストア横浜岡野店」(横浜市西区)において、1階のリニューアルを完了する。 <サミットストア横浜岡野店> 2011年11月のオープンから10年を迎える同店は、1階に入居する店舗のリニューアルを、昨年9月より段階的に進めている。2階フロアの変更はない。 横浜駅周辺の商業施設に行かなくても生活用品がそろい、地域の顧客にとって、より便利になる衣料品、家電、生活雑貨、ドラッグ、ファストフードなど次々とオープンする。 昨年、衣料品店「コルモピア」、家電量販店「ノジマ」、ヘアカッ…

セブン&アイ/バリューアクト社からの提案内容を精査

セブン&アイ・ホールディングスは1月26日、同日一部で報道された米国を本拠とするバリューアクト・キャピタル・マネジメント(以下:バリューアクト社)から取締役会に対して、経営戦略などに関する提案がなされた件について、提案内容を精査中だと発表した。 同社は、バリューアクト社による株式の保有が判明して以降、IR・SR対応方針に沿って、経営層や実務者レベルでの積極的かつ建設的な対話を相当回数にわたり実施。持続的な企業価値向上に向けて意見交換を行ってきたという。「バリューアクト社からのご提案について検討を行い…

すかいらーくHD/2700店舗に「顧客満足度覆面調査」導入

MS&Consultingは1月26日、すかいらーくホールディングスが2700店舗に同社の顧客満足度覆面調査「ミステリーショッピングリサーチ」(以下:MSR)の導入を決定したと発表した。 <「顧客満足度覆面調査」で店舗改善> MSRでは、専門チームの知見と、蓄積された調査データを基に、売上に相関する「感動ポイント」を把握できる設問項目を設計。主要な顧客像またはターゲットの属性・利用時間帯・利用方法などを、そのままモニター(ミステリーショッパー)選定の条件として指定できる。 スタッフのモチベーションを…

イオンイーハート/おひつごはん四六時中・ごはんカフェに「大豆ミート」メニュー

イオンイーハートは2月1日~3月1日、「おひつごはん四六時中」、「ごはんカフェ」において、「大豆ミート」メニューを提供する。 <「おひつごはん」の食べ方が楽しめる大豆ミートメニュー> SDGsやコロナ禍における健康志向の高まりを背景に、外食・食品業界に限らず普段の食生活にも変化が表れ、植物性由来の代替肉「大豆ミート」への注目が高まっている。 イオンイーハートは、地球環境負荷の軽減の取り組みと共に、食ブームに敏感な年代層をターゲットとし、健康志向の顧客に対応した「大豆ミート」のメニュー導入を決定した。…

ドラッグストア/12月アイメーク、ヘアスタイル関連商品の売上が増加

True Dataは1月26日、ドラッグストア、食品スーパーマーケットにおける2021年12月の売り上げ伸長カテゴリを発表した。 <ドラッグストアのカテゴリ別対前年伸び率ランキング> ドラッグストアでは、「アイブロウ」が前年同月比13.2%増、「マスカラ」は8.7%増、「アイライナー」は4.1%増と、売り上げを伸ばした。 ヘアスタイルを整える「ブロー・スタイリング剤」も伸長し、11.3%増、「ヘアトリートメント・パック」が2.8%増だった。 同社は「12月前半は、全国の新型コロナ新規感染者数が100…

ソフトバンク/ホームセンター「グッデイ」のDX解説2月10日無料開催

ソフトバンクは2月10日、「北部九州・山口でホームセンターを運営するグッデイにみる、経験と勘による店舗経営から脱却するためのDXとは~企業の生産性向上を支援するチェンジ福留代表と語る~」をオンライン開催する。 <経験と勘による店舗経営から脱却するためのDX解説> 今回のウェビナーは、地域におけるDXをテーマに実施。登壇者には、北部九州・山口でホームセンターを運営しているグッデイの柳瀬隆志社長と、店舗運営の責任者である玉木敬介氏を招いた。 また、人財研修、テクノロジーの2軸から企業の生産性向上を支援し…

アルコール飲料/12月1位はアサヒ「生ビール 缶」

マーチャンダイジング・オンが発表した新商品の売上ランキングによると、12月のアルコール飲料の1位はアサヒ「生ビール 缶」350ml×24だった。 「マルエフ」の愛称で飲食店に愛され続けてきた「アサヒ生ビール」の缶。1984年から1985年にかけて同社が実施した5000人の嗜好調査において「苦くて重いビールから、のどごしのよいすっきりした味わいのビールへ」という嗜好の変化を捉えた「コクがあってキレがある。さらにまろやかなうまみのある」ビールだという。 <アルコール飲料の新商品ランキング> 2位は、サン…

京王電鉄/下北沢駅高架下に19店舗そろう「ミカン下北」オープン

京王電鉄は3月30日、下北沢駅(東京都世田谷区)の高架下で開発を進める施設「ミカン下北」をオープンする。 <ミカン下北> 施設はA・B・C・D・Eの5街区(延床面積計5310m2)から構成され、未完の街・下北沢を進化させる19店舗の個性的な店舗が集まる。街歩きが楽しい下北沢の魅力を生かした路面店が立ち並ぶ。 下北沢カルチャーを感じさせる物販店と飲食店を中心とした商業エリアに、「遊ぶように働く」を体現するワークプレイスが同居した、遊ぶと働くが混ざる新しい下北沢の形を提案する施設となっている。 店舗・オ…

ミニストップ/恵方ロールをイメージ「アイスケーキ 5種のフルーツロール」

ミニストップは1月25日、アイスのようでケーキのような新感覚スイーツ「アイスケーキ 5種のフルーツロール」(税込298円)を発売した。 <アイスケーキ 5種のフルーツロール> 2020年9月よりシリーズ化しているアイスケーキだが、今回は節分に合わせて、フルーツ5種を入れた恵方ロールをイメージして開発した。 ふんわりとしたスポンジに白桃ダイス、りんごダイス、黄桃ダイス、いちごソース、メロンソースと5種類のフルーツを使っている。
The post ミニストップ/恵方ロールをイメージ「アイスケーキ 5種の…

すかいらーく/千葉市稲毛区に「ラ・オハナ 西千葉店」

すかいらーくレストランツは1月26日、千葉市稲毛区に「ラ・オハナ 西千葉店」をオープンする。 <「ラ・オハナ」イメージ> 「ラ・オハナ」は、「ハワイの上質なリゾートホテルのレストラン」をコンセプトに掲げたブランド。モーニング・ランチ・カフェ・ディナー、どのシーンもおいしいハワイ発の食事とドリンクを楽しめる地域のコミュニティーダイニングを目指している。 フードメニューは、フリフリチキン、ガーリックシュリンプ、ロコモコといったハワイのロコフードから、豪快なステーキ、ハンバーガー、もちもちのオリジナルパン…

パルコ/現実空間にバーチャル上の広告配信できる「XRscape」参画

パルコは1月25日、KDDIとPsychic VR Labの提供する5GやVPSなどのXR技術で実在の都市空間に、バーチャル上の広告やコンテンツを重ねて配信できる空間のメディア化ソリューション「XRscape」に参画すると発表した。 <空間のメディア化の対応施設となる> KDDIの事業共創プログラム「∞の翼(ムゲンノツバサ)」の一環として、東京都渋谷区の渋谷PARCO1階「ナカシブ通り」と10階「ROOFTOP PARK」の2地点を空間のメディア化の対応施設として展開する。 提供料金は個別見積もりと…

モスフード/新業態「キッチンカー MOS50」開始、専用メニューも

モスフードサービスは1月25日、創業50周年を記念した新業態として、「キッチンカー MOS50(モスフィフティ)」を開始すると発表した。 <キッチンカー MOS50> 1号車は、青山商事の協力により「洋服の青山 大田久が原店」(東京都大田区)の駐車場にて、1月29日より営業スタートする。 新型コロナウイルス感染症の拡大により、高まるテークアウト需要に対応し、同社はテークアウト専門店を2020年8月に東京都新宿区、2021年12月に東京都足立区にオープンした。 今回、テークアウト専門業態としてよりフレ…

スタバ×サントリー/「スターバックス さくらホワイトチョコレート」発売

スターバックス・コーポレーションとサントリー食品インターナショナルは2月8日、スターバックスのチルドカップシリーズより「スターバックス さくらホワイトチョコレート WITH ミルクプディング」(税込237円、180g)を期間限定で発売する。 <スターバックス さくらホワイトチョコレート> 華やかなさくらの香りに、クリーミーなミルクと甘くやさしいホワイトチョコレートの風味を合わせた。飲みごたえのあるミルクプディングの食感も加わり、デザートのように楽しめるという。 パッケージは、スターバックス店舗のフラ…

ファミリーマート/「コーヒー」が抽選で200万人にあたるキャンペーン

ファミリーマートは1月25日~2月7日、税込500円以上購入すると抽選で200万人に、ブレンドS(税込100円)またはカフェラテM(150円)があたるキャンペーンを実施する。 <ブレンドまたはカフェラテ抽選で200万人にあたる> ホットコーヒーの需要が最も伸長する時期に、「FAMIMA CAFE」の主力商品「ブレンド」と「カフェラテ」のおいしさを広めるため開催するもの。 世界チャンピオンのバリスタ、粕谷哲氏と2年間にわたり共同開発した自信作「FAMIMA CAFE」の「ブレンド」と「カフェラテ」が抽…

ショッピングセンター/12月既存SC売上6.0%増、2カ月連続でプラス

日本ショッピングセンター協会が1月25日に発表した12月のショッピングセンター(SC)販売状況によると、既存SCの売上高は前年同月比6.0%増、2カ月連続で前年を上回った。2019年比では8.7%減となった。 <既存SC売上高伸長率の推移> 新型コロナウイルス感染者数の減少傾向が、クリスマスや年末といった年間の大きなモチベーション期に重なったことに加え、各SCとも積極的に販促施策を行ったことが奏功し、全ての地域で前年実績を上回った。 苦戦が続いていたテナントは、7.3%増となっている。特にコロナ影響…

日本フードサービス協会/12月外食売上9.5%増、19年比8.0%減

日本フードサービス協会が発表した外食産業市場動向調査によると、外食産業の12月度売上状況は、前年同月比9.5%増となった。 飲食店への営業制限がなかった12月の全体売上はコロナ禍第3波の影響を受けた前年と比べて9.5%増となったものの、コロナ前の一昨年比では8.0%減と、外食産業の売上は厳しい状況が続いている。 年末の帰省需要など、小人数の外食需要の一部で戻りがみられたが、全体としては夜間の外食需要は戻っていないという。特に大口の企業宴会などが戻っていない飲酒業態は、一昨年比で45.3%減となってい…

東急ストア/12月の売上高195億円、既存店2.9%減

東急ストアが発表した月次売上実績によると12月の総売上高は、195億8300万円、既存店売上高は2.9%減だった。 内訳は食料品174億1100万円(2.9%減)、衣料品2億3300万円(2.6%増)、住関品9億4500万円(5.8%減)、その他9億9300万円(0.6%減)となっている。 全店ベースの前年同期比は、総売上高1.9%減、食料品1.3%減、衣料品1.7%減、住関品8.2%減、その他5.9%減。 店舗面積11万8716m2(1.4%減)。店舗数は91店舗。
The post 東急ストア/…

室内用芳香剤/10~12月1位は「Sawaday香るStickパルファムノアール」

True Dataが提供するID-POSデータ分析サービス「TRUE DATA」によると、2021年10月~12月の「室内用芳香・消臭・防臭剤」の購入個数ランキングは、以下の通りとなった。 ■室内用芳香・消臭・防臭剤2021年10月~12月ランキング(購入個数順) 1位は、小林製薬「Sawaday香るStickパルファムノアール詰替」70ml。濃密フレグランスオイルを使用した香水調の香りが、スティックを通して部屋全体に広がるという。温かみのあるバニラ・サンダルウッドなど、コクのある甘さを基調に、上質…

相鉄/グループ総合窓口にフルクラウド型コンタクトセンターシステム導入

電通国際情報サービス(以下:ISID)は1月24日、相鉄グループ向けに、フルクラウド型コンタクトセンターシステムを導入したと発表した。 <システム概要図> 相鉄グループは、関東圏を中心に運輸業、流通業、不動産業、ホテル業などの事業活動を展開している。今回、グループの総合窓口「相鉄お客様センター」において、コンタクトセンターシステムを刷新するにあたり、Web・チャットなどのチャネル拡大による顧客満足度の向上、顧客情報や対応履歴などで得られる情報分析を基にしたサービス改善による相鉄ファン獲得を目指すこと…

ファミリーマート/「小枝みたいなパン」発売

ファミリーマートは1月25日、「小枝みたいなパン」(税込138円)を発売する。 <小枝みたいなパン> 森永製菓の「小枝」は、チョコレートとシュガーコートアーモンド、2種類のパフを組み合わせ、「高原の小枝」の形をヒントに作られたチョコレート菓子で、昨年発売50周年を迎えたロングセラー商品。 「小枝みたいなパン」は、アーモンドをトッピングした、細いスティック状のパンにパフ入りのチョコレートクリームをサンド。チョコレートでコーティングし、本家「小枝」のおいしさの特徴と見た目を再現した。 食感や味わいについ…

ミニストップ/シリーズ累計100万食突破「駅弁風弁当」から鮭はらこ飯

ミニストップは1月25日、発売1周年となる「駅弁風弁当シリーズ」の記念商品として、「駅弁風 鮭はらこ飯」(税込599円)を発売する。 <駅弁風 鮭はらこ飯> コロナ下での旅行・出張などの移動機会減少に伴い、非日常を味わえることをコンセプトに今年立ち上げた「駅弁風弁当」は、シリーズ累計販売100万食を突破した。 1月で発売1周年を迎えた記念商品として、過去最も売れた「鮭はらこ飯」をバージョンアップして提供する。 脂の乗ったサケハラスはそのままに、いくらは銀ザケいくらにグレードアップ。ごはん、いくら、サ…

Uber Eats/5年で登録店舗数15万店を突破

Uber Eatsは1月24日、登録店舗数が15万店を突破したと発表した。 <5年で登録店舗数が15万店を突破> 2016年9月に東京で150のレストランパートナーとサービスをスタート。この5年でサービスエリア、登録店舗数を拡大している。 全国展開のレストラン、地域で人気のレストランはもちろん、コンビニエンスストア、スーパーマーケット、専門店に、料理、食材、日用品、ペットフードや生花など幅広く注文できる。
The post Uber Eats/5年で登録店舗数15万店を突破 first appear…

レミィ町田/3月31日営業終了、4月1日以降「町田センタービル」に

東急モールズデベロップメントは3月31日、「レミィ町田」(東京都町田市)の営業を終了する。 <レミィ町田> 2月上旬~3月下旬改装工事を行い、4月1日以降「町田センタービル」として営業を継続する。 2002年開業の「109MACHIDA」が、2018年4月から「レミィ町田」に屋号を変更していた。 ■レミィ町田 住所:東京都町田市原町田6-8-1 開発年月日:2002年7月20日 TEL:042-709-2109 営業面積:5000m2 テナント数:32 https://www.remy-machid…

サミット/12月の売上高293億円、既存店は2.4%減

サミットが発表した月次売上実績によると、12月度の総売上高は293億5800万円(全店ベース前年比3.4%減)となった。既存店ベースは、売上2.4%減だった。 部門別売上高は、食品270億4100万円(全店ベース3.1%減)、衣料品8億3400万円(8.6%減)、住関品14億7500万円(5.7%減)、その他800万円(13.2%減)。 店舗数は135店で、総店舗面積は23万2090m2(前年同月比3.7%減)となった。 12月1日「亀有駅北店」(1647m2)がオープンした。
The post サ…

ドッグフード/10~12月1位はドギーマン「紗 野菜入り」

True Dataが提供するID-POSデータ分析サービス「TRUE DATA」によると、2021年10月~12月の「ドッグフード」の購入個数ランキングは、以下の通りとなった。 ■ドッグフード2021年10月~12月ランキング(購入個数順) 1位は、ドギーマン「紗 野菜入り」170g。厳選した鶏ささみと抗酸化成分(イミダゾールジペプチド)を含む胸肉に、にんじんとほうれん草を加えた。 2位は、ドギーマン「紗 プレーン」170g。厳選した鶏ささみと抗酸化成分(イミダゾールジペプチド)を含む胸肉を使用して…

店舗業務DX/スマホアプリでピッキング・在庫管理など最新動向無料配布

Scandit(スキャンディット)はこのほど、「店舗業務のDXースマートフォンのスキャンアプリ活用による最新動向ー」の無料配布を開始した。 <棚管理・在庫情報の最適化など解説> 昨今、オンライン注文のフルフィルメントから在庫チェック、荷受けまで、店舗スタッフがやらなければならない作業が増している。 Scanditは、スマートフォンを活用した店舗業務DXの最新動向をまとめた。COPE(会社支給端末)戦略、BYOD(私有端末の業務利用)戦略を実現するために、スタッフが日頃から使い慣れているスマートフォン…

ライフ/「ライフ六町駅前店」刷新、3月にドラッグコーナーも

ライフコーポレーションは1月19日、東京都足立区の「ライフ六町駅前店」をリニューアルオープンした。 <ライフ六町駅前店> 2006年7月5日開店の同店は、商品棚を刷新し、豊富な品ぞろえと選べる楽しさを提供。また、新鮮な野菜を使用した店内手作りのサラダ、生ネタをメインに使用したこだわり寿司「うを鮨」を展開する。インストアベーカリー「小麦の郷」売場を拡大、焼き立て・作り立てのパンがそろう。 3月には、ワンストップショッピング需要に対応できるよう、ドラッグコーナーを設置する予定となっている。 商圏は店舗か…

和菓子の購入場所/「スーパー」7割強「専門店」5割弱

伊藤忠グループのリサーチ会社マイボイスコムは1月17日、4回目となる「和菓子」に関するインターネット調査の結果を発表した。 <和菓子の購入場所1位はスーパー> 2021年12月1日~5日に調査を実施し、1万58件の回答を集めた。 和菓子の購入場所は(複数回答)、「スーパー」が71.1%、「和菓子専門店、お菓子屋」が47.3%、「コンビニエンスストア」が26.8%、「みやげ物屋」「デパート」が各2割弱。「和菓子専門店、お菓子屋」「デパート」は、女性高年代層で比率が高くなった。 和菓子が好きな人は、「好…

イオンモール常滑/自律走行ロボットによる商品配送の実験開始

三菱電機とイオンモールは1月19日、イオンモール常滑において、米国Cartken社の自律走行ロボットによる商品配送サービスの実証実験を開始したと発表した。 <ロボットによる商品配送の実証実験> 今回の実験は、ニューノーマルな生活様式に対応した非接触型配送サービスとして、顧客利便性向上を目的としたもの。アプリから注文した飲食店の商品を、自律走行ロボットにより配送し、離れた場所でも受け取ることができる。 専門店の既存アプリケーションと、今回新たに開発した配送管理アプリケーション(タブレット型)を用いたロ…

中部薬品/愛知県北名古屋市に「V・drug熊之庄店」オープン

中部薬品は1月20日、愛知県北名古屋市に「V・drug熊之庄店」をオープンする。 <V・drug熊之庄店> 愛知県道451号名古屋外環状線「市役所東庁舎西」交差点の北約300mに位置している。同店の開設により、中部薬品グループの事業所は477店舗となる。 ■V・drug熊之庄店 所在地:愛知県北名古屋市熊之庄八幡146-1 TEL:0568-48-4450 建物構造:鉄骨造平屋建 売場面積:973.88m2 駐車場:36台 営業時間:9時~21時
The post 中部薬品/愛知県北名古屋市に「V・…

ファミリーレストラン/12月既存店売上5社そろって増

ファミリーレストラン主要5社が発表した12月の月次営業情報によると、既存店売上高はすかいらーく14.4%増、サイゼリヤ15.8%増、セブン&アイ・フードシステムズ(デニーズ)3.1%増、ジョイフル17.9%増、ロイヤルホスト18.0%増となった。 客数は、すかいらーく14.0%増、サイゼリヤ13.0%増、セブン&アイ・フードシステムズ9.1%増、ジョイフル10.7%増、ロイヤルホスト13.7%増だった。 客単価は、すかいらーく0.4%増、サイゼリヤ2.5%増、セブン&アイ・フードシステムズ5.4%減…

京急ストア/横浜市鶴見区で朝日新聞販売所と当日配送実験

京急ストアは1月24日、京急ストア京急鶴見店(横浜市鶴見区)において、朝日新聞販売所であるASA鶴見と提携し、京急ストアで購入した商品を当日中に配送する当日配送サービスの実証実験を開始する。 <朝日新聞販売所と当日配送実験開始> 利用者は買物後、配送先を用紙に記載。預かり品はバックヤードの集荷場所に集約し、ASAのスタッフがバイクで配達する。 取り扱いは常温商品のみ、平日のみの実施となる。受付時間10時~15時、配送時間16時30分~18時30分。配送地域は鶴見中央・生麦地区、配送料200円(税込)…

ドラッグストア/12月既存店売上ウエルシア1.3%増、ツルハ1.4%減

ドラッグストア主要5チェーンの12月の営業概況によると、既存店売上高は、ウエルシアHD1.3%増、ツルハHD1.4%減、コスモス薬品0.9%減、サンドラッグ2.3%減、マツキヨココカラ&カンパニー合計4.9%減となった。 ■ウエルシアホールディングス(2021年2月期:売上高9496億円) 既存店売上高1.3%増、客数1.0%減、客単価2.3%増。 うち物販売上1.2%減、調剤11.8%増。 全店売上高10.0%増、客数8.9%増、客単価1.1%増。 ウエルシア薬局1.4%増、シミズ薬品2.2%増、…

住居用洗剤/10~12月1位は花王「かんたんマイペット」

True Dataが提供するID-POSデータ分析サービス「TRUE DATA」によると、2021年10月~12月の「住居用洗剤」の購入個数ランキングは、以下の通りとなった。 ■住居用洗剤2021年10月~12月ランキング(購入個数順) 1位は、「かんたんマイペット 詰替」350ml。住まいのふきそうじに幅広く使える、スプレータイプの洗剤。床・照明器具・電気製品や、壁・家具・ドアなど、いろいろな場所に使えるという。 2位は、東邦「ウタマロ クリーナー 詰替」350ml。3位は、「ウタマロ クリーナー…

2021年全国企業「休廃業・解散」/2.5%減の5万4709件、小売13.8%減

帝国データバンクは1月18日、全国企業「休廃業・解散」動向調査(2021年)の結果を発表した。 <2021年は休廃業・解散5万4709件発生> 2021年の休廃業・解散は前年を下回る水準が続き、前年比2.5%減の5万4709件となった。2020年に続き2年連続で減少し、コロナ前の2019年からは4000件超の大幅減少となったものの、減少率は大幅に縮小した。 帝国データバンクでは、「休廃業・解散件数は減少したものの、大幅に減少した倒産件数(法的整理)に比べると減少率は低いほか、対倒産倍率は過去最も高い…

Air Bic Cameraアクアシティお台場店/売場面積2割拡大、美容家電を強化

日本空港ビルデング、ビックカメラが共同出資するAir BICは1月28日、「Air Bic Camera アクアシティお台場店」(東京都港区)を、アクアシティお台場の3階に移転し、リニューアルオープンする。 <Air Bic Camera アクアシティお台場店を刷新> 同店は、売場面積をオープン時(2017年4月)より約2割拡大。取り扱いアイテムの見直しを行った。 女性客が多いことから、ドライヤーやヘアアイロンなどのビューティー家電のアイテム数を約2倍に拡充した。流行のスマートウオッチ、フルワイヤレ…

ロイヤルHD/ラゾーナ川崎に冷食「ロイヤルデリ」期間限定店舗

ロイヤルホールディングスは2月14日まで、「ラゾーナ川崎 1階 FOOD EVENT」に家庭用フローズンミール「ロイヤルデリ」のポップアップストアを出店する。 <レストランの味を家庭でも楽しめる> 「ロイヤルデリ」は、レストランクオリティーの料理を家庭で気軽に楽しめるフローズンミール。ロイヤルオンラインショッピング(ECサイト)を中心に世界の料理52品を展開している。 ロイヤルホスト、天丼てんや、一部専門店、高速サービスエリア売店などでも「ロイヤルデリ」を販売。駅構内商業施設や各地の百貨店において、…

カジュアル衣料/12月既存店ユニクロ11.1%減、西松屋3.7%減

カジュアル衣料4社の12月度の営業概況によると、既存店売上はユニクロ(ファーストリテイリング)11.1%減、しまむら1.6%増、西松屋3.7%減、ハニーズ13.7%増となった。 ■ファーストリテイリング(2021年8月期:売上高2兆1329億円) 既存店(731店)+Eコマースの売上高は11.1%減、客数5.2%減、客単価6.3%減。 直営店(780店)+Eコマースの売上高は8.2%減、客数2.4%減、客単価5.9%減。 出店0、退店は1だった。 12月は、4週目まで気温が高く推移したことから、防寒…

京都ポルタ/自動清掃ロボットで清掃無人化

京都駅前地下街ポルタを運営する京都ステーションセンターは1月18日、自動清掃ロボット「Neo2(ネオ2)」を導入したと発表した。 <自動清掃ロボット「Neo2」> 「Neo2」は、マクニカが取り扱うAvidbots(アヴィドボッツ) Corp.の自動清掃ロボット。最高速4.86kmのスピードと最長5時間の連続稼働時間で、高い作業生産性を実現する。誰でも簡単にマッピングができる独自のマッピング方式を採用しており、「マップ作成・修正にかかる作業負担」というロボット導入時の大きな課題を解決する。 ポルタの…

ライフ/下北沢に首都圏「ビオラル」2号店オープン

ライフコーポレーションは2月26日、首都圏ビオラル2号店となる「ビオラル下北沢駅前店」をオープンする。 <ビオラル下北沢駅前店> 1月20日開業する小田急線「下北沢」駅南西口改札すぐの新複合施設「(tefu)lounge(テフ ラウンジ)」1階に出店。ナチュラルなライフスタイルを提案する「ビオラル」は、自然の恵みを生かしたオーガニック食品、健康にこだわった体に優しい商品、オーガニック・ローカル・ヘルシー・サスティナビリティーをコンセプトとした「BIO-RAL(ビオラル)」ブランドのオリジナル商品など…

NEC/小売向けリアル店舗とネット融合、DXセミナー2月9日・10日無料開催

NECは2月9日・10日、「リテール向けトレンドセミナー2022春~リアル店舗とネットの融合を実現し、DXを成功に導くには~」を開催する。 <小売向けリアル店舗とネット融合、DX解説> 新型コロナウイルス感染症の流行により、小売業の事業環境は大きく変化した。 今回のオンラインセミナーでは、リアル店舗とネットの融合を実現し、DXを成功に導くための最新の取り組み事例と、取るべきアクションを紹介する。 ■開催概要 日時:2月9日(水)13:30~16:00、2月10日(木)13:30~16:00 各定員:…

いなげや/12月の全店売上高185億円、既存店2.6%減

いなげや(2021年3月期:売上高2659億円)が発表した12月の月次売上情報によると、全店売上高は185億8500万円、店舗数は133店となった。 既存店は、売上高2.6%減、客数1.7%減、客単価1.0%減、一点単価1.1%増、一人当たり買上点数2.0%減。 全店は、売上高2.0%減、客数1.5%減、客単価0.5%減、一点単価1.5%増、一人当たり買上点数1.9%減。
The post いなげや/12月の全店売上高185億円、既存店2.6%減 first appeared on 流通ニュース….

いなげや/12月の全店売上高185億円、既存店2.6%減

いなげや(2021年3月期:売上高2659億円)が発表した12月の月次売上情報によると、全店売上高は185億8500万円、店舗数は133店となった。 既存店は、売上高2.6%減、客数1.7%減、客単価1.0%減、一点単価1.1%増、一人当たり買上点数2.0%減。 全店は、売上高2.0%減、客数1.5%減、客単価0.5%減、一点単価1.5%増、一人当たり買上点数1.9%減。
The post いなげや/12月の全店売上高185億円、既存店2.6%減 first appeared on 流通ニュース….

パック/10~12月1位は「毛穴撫子 お米のスキンケア お米のマスク」

True Dataが提供するID-POSデータ分析サービス「TRUE DATA」によると、2021年10月~12月の「パック」の購入個数ランキングは、以下の通りとなった。 ■パック2021年10月~12月ランキング(購入個数順) 1位は、石澤研究所「毛穴撫子 お米のスキンケア お米のマスク」10枚。100%国産米由来の美容成分「ライスセラム」配合のお米のマスクでうるおい毛穴ケア。美容液をたっぷり含んだ厚手のシートマスク。 2位は、VTコスメティクス「VT シカ デイリースージングマスク」30枚。韓国…

新型コロナ/経営破たん計2610件、飲食が最多の450件・アパレル205件

東京商工リサーチが集計した「新型コロナ」関連の経営破たん(負債1000万円以上)は、1月14日16時時点全国で累計2610件(倒産2490件、弁護士一任・準備中120件)となった。 企業倒産は、負債1000万円以上の法的整理、私的整理を対象に集計。原則として、「新型コロナ」関連の経営破たんは、担当弁護士、当事者から要因の言質が取れたものなどを集計している。 12月は過去最多の174件を記録した。2021年に入って2月以降、100件超えが続き、9月以降は4カ月連続で最多を更新した。 緊急事態宣言やまん…

イオンモール/インドネシア5店舗目「イオンモール デルタマス」建設開始

イオンモールは1月17日、インドネシア共和国5店舗目となる商業施設「イオンモール デルタマス」について、2024年上期のオープンに向け建築工事を開始したと発表した。 <イオンモール デルタマス> 計画地は、ジャカルタ特別州を中心とした首都圏(ジャボデタベックエリア)の東部ブカシ県デルタマスシティに位置している。デルタマスシティは、インドネシア不動産最大手のシナルマスランド社と双日による世界最大規模の都市開発事業(約3200ha)。県庁、病院、住宅、日本人学校を含めた教育施設が開発され、都市インフラの…

コープデリ/埼玉県桶川市「桶川デリカセンター」の稼働開始

コープデリ生活協同組合連合会(会員生協:関東信越の7生協)は1月16日、店舗専用の惣菜工場「桶川デリカセンター」(埼玉県桶川市)の稼動を開始した。 <桶川デリカセンター> 桶川デリカセンターは、会員生協の全150店舗(惣菜インストア施設のない店舗を含む)に商品を供給する。 「おいしさと安心を、うれしい価格で。」の目標のもと、品質やおいしさを追求したコープならではの商品開発を進める。また、店舗インストア作業の省力化、生産性の改善、商品力強化に対応し、売場のスタンダードレベル向上を図る。 コープデリ連合…

牛丼3社/12月既存店すき家18.2%増、松屋フーズ3.5%減

牛丼チェーン大手3社が発表した月次報告によると、12月の既存店売上高は、前年同月比すき家18.2%増、吉野家7.4%増、松屋フーズ3.5%減となった。 各社の業績は次の通り。 ■すき家(2021年3月期牛丼カテゴリー売上高2126億円) 既存店売上高18.2%増、客数15.7%増、客単価2.1%増。 全店売上高18.1%増、12月末店舗数は1944店。 ■吉野家(2021年2月期売上高1703億円) 既存店売上高7.4%増、客数1.7%増、客単価5.6%増。 全店売上高売上高9.1%増、客数3.3%…

アインHD/埼玉県行田市で処方箋医薬品の当日配送実験

アインホールディングスは1月17日、日本郵便の「ゆうパック」を利用した処方箋医薬品の当日配送実験を埼玉県行田市内で開始した。 日本郵便が、行田市内で新たに構築・提供する医薬品の当日配送スキームを活用したもの。 自宅で電話や情報通信機器により、服薬指導を受けた患者は当日中に、医薬品を受け取れる。16時30分頃までに対象薬局から日本郵便に差し出された医薬品が対象となる。 実験は2月28日まで実施予定。 ■対象となる薬局 アイン薬局行田店 所在地:埼玉県行田市持田393-4 TEL:048-553-205…

人流データ/流通小売での活用法学ぶ1月19日・26日無料開催

位置情報ビッグデータをAI解析した人流統計データを提供するクロスロケーションズは1月19日・26日、流通小売業界で経営・DX推進・マーケティング担当者に向け、全国の名所・大型の商業施設などの人流分析をサンプルに、人流データの活用を体験学習できるハンズオン無料講座を開催する。 <人流データの流通小売での活用法学べる講座> 講座は、専門的な知識がない人でも参加しやすいように、人流データに関する分かりやすい情報や実際にサービスを体験できるカリキュラムを用意している。 実際のビジネスに活用するために関連する…

クレオ×日本気象協会/POSと気象を解析した52週販促MDカレンダー発売

生活者マーケティングをベースに、店舗・売場のマーケティング支援を行うクレオは1月17日、POSデータと気象データを解析・分析したうえで、チャンスとなるテーマと訴求すべき商品を掲載した「2022年気象MDカレンダー上期」を発売した。 <2022年気象MDカレンダー上期> 気象MDカレンダーは、50年にわたって企業の販促・マーケティング支援を行ってきたクレオと、気象予測・解析のプロフェッショナルである日本気象協会とのコラボ商品。2020年度版の発売から今回3期目を迎えた。2022年上期版では、2022年…

物流「2024年問題」/DXで業務・経営課題解決1月26日無料開催

シーアールイーは1月26日、無料オンラインセミナー「CREフォーラム」を開催する。 <DXによる業務・経営課題解決策を解説> 採用難や従業員の高齢化、業務の属人化、「2024年問題」と称される労働時間上限規制への対応など、物流を取り巻く環境は厳しさを増す一方となっている。 その中で業務・経営課題の解決策として、注目を集めるのがDXだ。 今回のフォーラムでは、トラック運送業におけるDXの正しい知識と、トラック運送業がDXを通じてこれらの課題に打ち勝つためのポイントを、ascendの日下瑞貴代表取締役社…

カスミ/12月の総売上高278億円、既存店売上1.1%減

カスミ(2021年2月期:売上高2880億円)が発表した12月度販売実績によると、総売上高は278億5800万円となった。既存店は、売上高1.1%減、客数0.1%減、客単価1.0%減だった。 内訳は食品270億1600万円(1.0%減)、衣料品5700万円(0.4%増)、住関品7億1700万円(5.5%減)、その他6800万円(0.4%減)となっている。 全店ベースの前年比は、総売上2.4%減、食品2.3%減、衣料品0.4%増、住関品7.2%減、その他0.4%減だった。総店舗数は187店。
The …

かぜ薬/10~12月1位は大正製薬「パブロンゴールドA 微粒」

True Dataが提供するID-POSデータ分析サービス「TRUE DATA」によると、2021年10月~12月の「かぜ薬」の購入個数ランキングは、以下の通りとなった。 ■かぜ薬2021年10月~12月ランキング(購入個数順) 1位は、大正製薬「パブロンゴールドA 微粒」44包。グアイフェネシンがのどに付着した原因物質の排出を助け、かぜ症状を和らげるという。 2位は、全薬工業「小児用ジキニンシロップ」30ml。甘草(カンゾウ)エキス、解熱鎮痛剤アセトアミノフェンを配合した効きめのすぐれた小児用総合…

キャンドゥ/イオングループ出店などで2026年度2000店舗体制へ

イオンとキャンドゥは1月14日、キャンドウの今後の事業戦略について共同記者会見を開催した。 <キャンドゥ城戸社長、イオン吉田社長> 両社は2021年10月14日、イオンの公開買い付けによりキャンドゥをイオングループ連結子会社化することを発表。2回の公開買い付けにより、1月5日イオンのキャンドゥ株式保有率は51.16%、イオングループの連結子会社となった。キャンドゥの上場は維持され、城戸一弥社長ら経営陣は続投となる。 グループの協業により、イオンはキャンドゥの日用雑貨といった商品供給、ファンシー雑貨の…

ビックカメラ/SHOWROOMと資本業務提携、ライブコマース強化

ビックカメラは1月14日、ライブ配信プラットホーム「SHOWROOM」などエンターテインメント事業を展開するSHOWROOMより第三者割当増資を引き受け、資本業務提携したと発表した。 <ビックカメラがSHOWROOMと資本業務提携> ビックカメラは、重要経営課題のひとつとして「顧客エンゲージメントの向上」を掲げ、購買代理人としての販売力強化に取り組んでいる。 ライブ配信事業のパイオニアであるSHOWROOMと、同社が培ってきたライブ配信のノウハウ、ビックカメラが持つ販売員の提案力およびバイヤーの目利…

ファミリーマート/11地域限定のやみつきになる弁当「がっつきメシ」

ファミリーマートは1月18日~2月7日、全国各地のストアスタッフが発案した各地域限定のやみつきになる弁当「がっつきメシ」を、全国11地域(北海道地域、東北・新潟地域、北関東・埼玉・千葉地域、東京地域、神奈川地域、中部・東海地域、北陸地域、関西地域、中国・四国地域、九州地域、沖縄地域)で発売する。 <各地域限定のやみつきになる「がっつきメシ」> ファミリーマートでは、店舗で働くストアスタッフが、商品の発案や選定に参加する「ワクワク働けるお店」を目指した取り組みを積極的に行っている。 2021年9月には…

SCMセミナー/「マーケティング」「経営・操業状況モデル化」に着目3月8日・15日開催

日本ロジスティクスシステム協会は3月、「マーケティング」や「経営・操業状況のモデル化」に着目したSCMに関するセミナー2件をオンライン開催する。 いずれも、サプライチェーン・マネジメント(SCM)の実践に必要な新たな視点を解説するもの。 3月8日「顧客価値創造のためのSCM実践セミナー」、3月15日「基礎から学ぶ!SCMにおけるオペレーションズ・リサーチの活用セミナー」を実施する。 「顧客価値創造のためのSCM実践セミナー」は、戦略的なSCMを実践するためのマーケティングの視点を取り入れた「顧客価値…

ローソン/累計販売数1000万個を突破「生ガトーショコラ」刷新

ローソンは1月24日、「生ガトーショコラ」(税込220円)をリニューアルする。 <生ガトーショコラ> 今回のリニューアルでは、購入者アンケート調査結果やテレビ番組でのスイーツ職人からのアドバイスをもとに、生地に含まれる原材料の配合を変更し、生クリームやクーベルチュールチョコなどを増やすことで、より一層しっとりした口当たりに仕立てたという。 <生ガトーショコラ ほんのりいちご> また、同日「生ガトーショコラ ほんのりいちご」(230円)も発売。リニューアルした「生ガトーショコラ」と同じ生地にいちごソー…

スーパー・小売向け/店舗キャッシュレス化と防災対策1月20日無料開催

アララは1月20日、プライム・スターと共催セミナー「スーパー・小売向け 2022年に取り組む『店舗キャッシュレス化と防災対策』セミナー」を開催する。 <店舗キャッシュレス化と防災対策学ぶ> 現在、多くの企業でキャッシュレス決済が導入されている。しかし、汎用的な決済サービスを導入した企業では、決済手数料の負担が経営課題となっている。 また、汎用的な電子マネー、ポイントを用いたキャンペーンのみでは、消費者の再来店を促しにくく ロイヤルカスタマーの育成につながりにくいなどの相談が寄せられているという。 セ…

マルエツ/12月の総売上高350億円、既存店売上高4.8%減

マルエツ(2021年2月期売上高:3954億円)が発表した12月度売上高実績によると、総売上高は350億9300万円となった。 既存店は、売上高4.8%減、客数4.4%減、客単価0.4%減だった。 全店ベース前年比は4.2%減。内訳は、食品333億6000万円(3.8%減)、衣料品2億8900万円(7.5%減)、住関連13億4700万円(10.8%減)、その他9700万円(24.2%減)となっている。 総店舗数は302店(0.3%増)で、売場面積は33万7146m2(0.2%増)となった。
The …

これからの本部担当営業/商談・提案の課題を探る1月28日無料開催

マーケティング研究協会は1月28日、無料オンラインセミナー「これからの本部担当営業」を開催する。 <これからの営業組織・本部担当営業の課題解説> マーケティング研究協会 トレードマーケティング部ではコロナ禍が長期化する中、小売業とメーカー間での商談状況の変化や、小売業がメーカーからの提案に求める内容の変化を明らかにするために、メーカー・小売業、双方に対しアンケート調査を実施。「商談を減らした」と答えた小売業は74.6%、その中でも「今後も減らしたまま」と回答したのは商談を減らしたことがあるという答え…

イオンモール/中国・浙江省杭州市の第2号店建設開始

イオンモールは1月13日、中国・浙江省杭州市における第2号店として開発中の「(仮称)イオンモール杭州銭塘新区」が2024年のオープンに向け建築工事に着手したと発表した。 <(仮称)イオンモール杭州銭塘新区> 同モールが立地する杭州市は、中国八大古都の一つであり、隋代以降、江南の経済中心地として発展してきた。市中心部の西には世界遺産である西湖があり、国内外から多くの観光客が訪れる観光都市であるとともに、近年は、アリババを中心としたデジタル産業の推進により、一層の発展が見込まれている。 計画地のある銭塘…

ファミリーマート/新規出店を最適化する社長直轄「開発推進室」新設

ファミリーマートは3月1日付で組織変更を行う。 店舗業務企画本部では、エリアサポート本部を「店舗業務企画本部」に名称変更する。 商品本部は、「商品業務部」に商品企画部を統合。デリカ食品部、生活デイリー部、ファストフーズ部を「デリカ食品部」「FF・スイーツ部」に再編する。 デジタル・金融事業本部において、新規事業開発本部を「デジタル・金融事業本部」、新規事業推進部とデジタルコマース推進室を統合し、「デジタル事業部」に名称変更する。 経営企画本部では、「経営企画部」に実験統括室を統合する予定だ。 システ…

東京駅/グラングルメ「グランスタ八重北」に刷新、4月下旬開業

JR東日本クロスステーション デベロップメントカンパニーは1月13日、東京駅構内八重洲北口の改札外に新施設「グランスタ八重北」を2022年4月下旬より順次開業すると発表した。 <グランスタ八重北> 東京駅構内八重洲北口の改札外「グラングルメ(地下1階 黒塀横丁、1階 キッチンストリート、2階 北町ダイニング)」は、2022年4月下旬に「グランスタ八重北(ヤエキタ)」として刷新。2階「北町ダイニング」は、名称のみリニューアルし「北町酒場」となる。 地下1階は、これまでの17年の歴史を継承し「黒塀横丁」…

そごう横浜店/デパ地下グルメを最短40分で届ける「e.デパチカ」開始

そごう横浜店は1月17日、「出前館」の注文システムと提携し、デパ地下グルメを最短40分で届ける「e.デパチカ」を開始する。 <約80ブランド・約300種類注文できる> 約80ブランド・約300種類のデパ地下の名店・人気店を出店。出前館との取り組みは、県内の百貨店では初だという。 配送エリアはそごう横浜店から半径約3~4km圏内。税込800円以上から注文でき、送料は420円(税込1500円以上注文で送料310円)。 参加ブランドは、味の浜藤、いとはん、魚喜、梅の花、銀座ハゲ天、柿安ダイニング、神戸コロ…

スターバックス/ルクア大阪へティーに特化したカフェ西日本初出店

スターバックス コーヒー ジャパンは2月25日、大阪・梅田にティービバレッジに特化した「スターバックス コーヒー LUCUA 2階店」をオープンする。 <スターバックス コーヒー LUCUA 2階店> 色鮮やかで香り豊かなティービバレッジに特化したスターバックス ティー&カフェとしては「スターバックス コーヒー 六本木ヒルズ メトロハット/ハリウッドプラザ店」、「スターバックス コーヒー キラリナ京王吉祥寺店」に続いて3店舗目の出店で、西日本初出店となる。 日本のスターバックスでは、抹茶、ほうじ茶と…

フレッシュネスバーガー/フライドポテト増量キャンペーン

コロワイドグループのフレッシュネスは1月14日~2月27日、「フレッシュネスバーガー」にてフライドポテト増量キャンペーンを実施する。 <フライドポテト増量キャンペーン> 昨今、北米からの輸入遅延により、さまざまな店でフライドポテトが販売休止になる状況が続いている。 SNSでは「ポテトロス」や「ポテト難民」などのワードが上がっているが、フレッシュネスバーガーでは北海道産のフライドポテトを期間限定で25%増量して販売する。じゃがいもは北海道の契約農場で収穫した「北海こがね」を使用している。 イートイン・…

セブン&アイ/3~11月増収増益、国内外のコンビニ回復基調

セブン&アイホールディングスが1月13日に発表した2022年2月期第3四半期決算によると、営業収益6兆1494億7200万円(前年同期比43.8%増)、営業利益3029億2700万円(6.1%増)、経常利益2821億4500万円(2.1%増)、親会社に帰属する当期利益1748億7700万円(33.5%増)となった。 セブン‐イレブン・ジャパン、セブン‐イレブン・沖縄、7-Eleven, Inc.における加盟店売上を含めた「グループ売上」は、10兆2782億3700万円(24.3%増)。 国内コンビニ…

ファミリーマート/3~11月当期損益が大幅改善、既存店日商回復

ファミリーマートは1月13日に発表した2022年2月期第3半期連結決算は、営業収益3485億2100万円(前年同期比2.3%減)、事業利益619億9700万円(13.8%増)、親会社の所有者に帰属する当期利益952億2500万円(前年同期は199億3100万円の当期損失)となった。 親会社所有者帰属利益は、日商回復および販売管理費の改善、前期追加減損の反動、台湾ファミリーマート株式の一部売却などで大幅な改善となっている。 緊急事態宣言の解除後、人流が期待ほど回復しない中でも、新PB「ファミマル」の展…

ファーストリテイリング/9~11月増収増益、アジア・欧米が好調

ファーストリテイリングが1月13日に発表した2022年8月期第1四半期決算によると、売上収益6273億9100万円(前年同期比1.2%増)、営業利益1194億600万円(5.6%増)、税引前利益1342億800万円(25.2%増)、親会社に帰属する当期利益935億9200万円(33.0%増)となった。 アジア・オセアニア地区(東南アジア、オーストラリア、インド)、北米、欧州のユニクロ事業が大幅な増収増益だった。国内、グレーターチャイナのユニクロ事業、ジーユー事業は減収減益となっている。 国内ユニクロ…

吉野家HD/3~11月既存店回復、コスト削減効果などで営業損益が改善

吉野家ホールディングスが1月12日に発表した2022年2月期第3四半期決算によると、売上高1134億7500万円(前年同期比10.6%減)、営業利益13億9500万円(前期は53億3600万円の損失)、経常利益110億9200万円(前期は38億9200万円の損失)、親会社に帰属する当期利益61億5300万円(前期は54億9900万円の損失)となった。 減収の主な要因は、株式譲渡により京樽を連結の範囲から除外したことによるもの。 国内の売上高は、緊急事態宣言が解除された10月以降の来客数は緩やかな回復…

アパレルが勝ち残るための手法/DXなど解説1月26日無料開催

シタテルは1月26日、無料オンラインセミナー「これからのアパレル経営の要諦とは」を開催する。 <アパレルが勝ち残るための手法・変革のポイント解説> 世界的にも「サステナビリティ」「SDGs」がクローズアップされている昨今。今後サステナビリティ、SDGsといった世界的な要請に応えつつ収益を維持していくには、経営手法や考え方に大きな変革が必要だ。 海外では国や企業単位で取り組みが始まっている一方、国内ではいまだ供給過多・大量廃棄といった状況が続いている。 セールを前提とした大量生産もその背景のひとつ。そ…

カルビー/モバイルワーク前提に転居費用を会社が負担

カルビーは1月13日、自宅の業務環境改善・整備を目的として、モバイルワークを基本とする社員を対象に、期間限定で会社による転居費用負担を開始すると発表した。 今回の施策により、社員が自律的に働く場所を選択し、成果を生みだす働き方の実現を加速させる。 モバイルワークを基本とするオフィス勤務者のうち希望する社員に対し、転居費用(転居先への引っ越し費用)を会社が負担する。転居期間は2022年3月1日~2023年4月30日。 新型コロナウイルス感染症拡大を契機として、2020年7月より、オフィス勤務者を対象に…

船井総研ロジ/共同配送の荷主募集説明会(食品編)無料開催

船井総研ロジは1月26日・2月16日・3月17日、「共同配送 荷主募集説明会-食品編」をオンライン開催する。 <コスト削減と積載率の向上の改善を提案> 食品関係の荷主経営幹部または物流部門責任者を対象に、船井総研ロジが提供する「共同配送」を紹介するもの。 同社は、関東では1都6県、関西では2府2県(大阪府、京都府、兵庫県、奈良県)を対象に物流センター、日用品卸、店舗、施設などへ日々配送を行っている。 コンサルティングの目線で荷物および配送条件を整理し、合致する配送網を選定、物流コストの抑制や品質向上…

商圏分析/年収・未来人口・人流活用した地域特性調査1月25日無料開催

マップマーケティングは1月25日、昨年開催し好評を博した「地域特性の徹底調査!推計データを活用した商圏分析セミナー~年収・地域プロファイリング・未来人口から人流データの活用まで~」を再度オンライン開催する。 エリアマーケティングGIS「TerraMapシリーズ」を提供するマップマーケティングが、小売流通・飲食業界をはじめ、多店舗展開企業で店舗開発、販売促進業務に携わる担当者に向けた無料オンラインセミナーを開催するもの。 今回のセミナーでは、日ごろエリアマーケティングGISを利用して商圏分析を実施して…