カテゴリーアーカイブ: セブンイレブン

セブンイレブン/セブンカフェホットRサイズに冬季限定デザイン登場

セブン‐イレブンは12月1日、セブンカフェホットRサイズ(税別102円)を冬季限定デザインで販売開始した。 <冬季限定デザイン登場> 季節感のあるウインターカップが2年ぶりに登場。5種類並べて絵柄がしりとりになることに加 […]
The post セブンイレブン/セブンカフェホットRサイズに冬季限定デザイン登場 first appeared on 流通ニュース….

セブンイレブン/南海グループと業務提携1号店オープン

南海電気鉄道、南海フードシステム、セブン‐イレブン・ジャパンの3者は12月20日、業務提携に基づくフランチャイズ店舗第1号店を南海なんば駅(大阪市中央区)にオープンする。 <店舗イメージ> これは、3者が9月28日に締結 […]
The post セブンイレブン/南海グループと業務提携1号店オープン first appeared on 流通ニュース….

セブン&アイ/ウェットタイプの犬のおやつ3種新登場

セブン&アイホールディングスは12月5日、グループ共通のプライベートブランド「セブンプレミアム ライフスタイル」より、ウェットタイプの犬のおやつ3種を全国のセブン‐イレブン、イトーヨーカドー、ヨークベニマル、ヨーク計2万 […]
The post セブン&アイ/ウェットタイプの犬のおやつ3種新登場 first appeared on 流通ニュース….

セブンイレブン/11月29日「いい肉の日」に合わせ新商品2種展開

セブン‐イレブンは11月25日、「いい肉の日」に合わせて新商品2種の発売を発表した。 昨今、毎月29日の「肉の日」は、専門店や飲食店でさまざまなイベントが実施されるなど、食肉を楽しむ機会の定番となっている。同社では現在、 […]
The post セブンイレブン/11月29日「いい肉の日」に合わせ新商品2種展開 first appeared on 流通ニュース….

セブンイレブン/2022年秋冬もフェア強化、11月は「鍋フェア」で地域訴求

セブンーイレブン・ジャパンは11月17日、引き続き集客につながる「フェア」を強化し、毎月一回「フェア」を開催する方針を継続すると発表した。 <青山商品本部長> 取締役執行役員の青山誠一商品本部長兼物流管理本部長兼QC室管 […]
The post セブンイレブン/2022年秋冬もフェア強化、11月は「鍋フェア」で地域訴求 first appeared on 流通ニュース….

セブンイレブン/販売数5000万個突破「お店で揚げたカレーパン」全国販売に

セブン‐イレブン・ジャパンは11月17日、カウンター内の什器で販売中の揚げたてカレーパン「お店で揚げたカレーパン」(本体149円)の販売エリアを全国のセブン‐イレブン2万1342店(2022年10月末現在)に拡大すると発 […]
The post セブンイレブン/販売数5000万個突破「お店で揚げたカレーパン」全国販売に first appeared on 流通ニュース….

セブンイレブン/10月は人流回復で来店機会増加、既存店売上8.0%増

セブン&アイ・ホールディングスが11月10日に発表した10月度のセブンーイレブンの売上状況によると、既存店の売上高は8.0%増、客数0.9%増、客単価7.0%増となった。全店売上高は7.2%増だった。 <10月の売上状況 […]
The post セブンイレブン/10月は人流回復で来店機会増加、既存店売上8.0%増 first appeared on 流通ニュース….

セブンイレブン/マルチコピー機を強化、アプリですべての印刷設定可能に

富士フイルムビジネスイノベーションとセブン‐イレブン・ジャパンは11月1日、全国のセブン‐イレブン店舗(2022年10月末時点2万1342店舗)に設置している「マルチコピー機」で新機能の提供を開始した。 <機能を強化した […]
The post セブンイレブン/マルチコピー機を強化、アプリですべての印刷設定可能に first appeared on 流通ニュース….

セブンイレブン/有名店監修の麺の販売エリア拡大「熱狂!麺フェス」

セブン‐イレブンは11月1日、地区限定で販売している有名店監修麺の取り扱いエリアを、期間限定で拡大する企画第2弾「熱狂!麺フェス」を開始した。 第1弾の「ご当地有名店麺大集合」は今年2月に実施し、好評を得たという。第2弾 […]
The post セブンイレブン/有名店監修の麺の販売エリア拡大「熱狂!麺フェス」 first appeared on 流通ニュース….

セブンイレブン/YouTube広告活用で売上増

セブン‐イレブン・ジャパンは10月27日、両国国技館(東京都墨田区)で開催された「YouTube Brandcast 2022」で、YouTube広告の導入事例について発表した。 <スクリーンに映るセブン‐イレブン・ジャ […]
The post セブンイレブン/YouTube広告活用で売上増 first appeared on 流通ニュース….

セブンイレブン/香川県高松市40店舗に「ペットボトル回収機」設置

セブン‐イレブン・ジャパン、高松市、日本財団は10月20日、限りある資源の有効活用と海洋プラスチックごみ対策を目的としたペットボトル回収事業を開始した。 高松市内のセブン‐イレブン40店舗にペットボトル回収機を新たに設置 […]
The post セブンイレブン/香川県高松市40店舗に「ペットボトル回収機」設置 first appeared on 流通ニュース….

セブン、ファミマ、ローソン/北海道の共同配送で走行距離48%減

流通経済研究所、セブン‐イレブン・ジャパン、ファミリーマート、ローソンは10月17日、北海道における共同配送の実証実験結果を発表した。 <輸送時間23%削減> 内閣府戦略的イノベーション創造プログラム「スマート物流サービ […]
The post セブン、ファミマ、ローソン/北海道の共同配送で走行距離48%減 first appeared on 流通ニュース….

セブンイレブン/福岡でドローンによる配送実験、夜間も対応

ANAホールディングスとセブン-イレブン・ジャパンは10月17日、店舗から離島へ直接配送サービスを2025年度から展開することを目指し、日没後の夜間飛行・配送を含めたドローン配送実験を福岡市で実施すると発表した。 <ドロ […]
The post セブンイレブン/福岡でドローンによる配送実験、夜間も対応 first appeared on 流通ニュース….

セブンイレブン/大阪府堺市内78店舗に「ペットボトル回収機」設置

セブン‐イレブン・ジャパンは10月13日から順次、大阪府堺市内のセブン‐イレブン78店舗に「ペットボトル回収機」を設置・稼働する。 <堺市における循環スキーム> セブン‐イレブン店舗へのペットボトル回収機の設置は、大阪府 […]
The post セブンイレブン/大阪府堺市内78店舗に「ペットボトル回収機」設置 first appeared on 流通ニュース….

セブンイレブン×ヨーカドー/初の合同フェア「#めちゃハピハロウィン」開催

セブン‐イレブン・ジャパンとイトーヨーカ堂は10月13日、初めての合同フェアとなる「#めちゃハピハロウィン」を実施すると発表した。 <#めちゃハピハロウィン> 幅広い顧客ニーズの変化に対応するため、両社の強みを活かした連 […]
The post セブンイレブン×ヨーカドー/初の合同フェア「#めちゃハピハロウィン」開催 first appeared on 流通ニュース….

セブンイレブン/「お店で蒸した ほかふわたまご蒸しケーキ」発売

セブン‐イレブン・ジャパンは10月11日から、「お店で蒸した ほかふわたまご蒸しケーキ」(税別121円)を発売開始した。 <お店で蒸した ほかふわたまご蒸しケーキ> 小麦粉・卵・砂糖・三温糖などを使用した卵の味わいゆたかな蒸しケーキ。卵の卵白を泡立てたメレンゲを入れた生地を、ふっくらと蒸しあげたという。 ■発売エリア 10月11より順次発売するエリア(約1万1000店) 群馬県、栃木県、埼玉県、東京都、神奈川県、千葉県、鳥取県、島根県、広島県、山口県、福岡県、佐賀県、長崎県、大分県、熊本県、宮崎県、…

セブンイレブン/9月は日照時間長く客数回復、既存店売上0.4%増

セブン&アイ・ホールディングスが10月11日に発表した9月度のセブンーイレブンの売上状況によると、既存店の売上高は0.4%増、客数1.4%増、客単価1.0%減となった。全店売上高は2.0%増だった。 <9月の売上状況> 既存店 売上 0.4%増 客数 1.4%増 客単価 1.0%減 全店 売上高 2.0%増   9月度は、複数の台風による大雨等の影響はあったものの、月間では日照時間が長く気温も高く推移したことで人の動きも回復し、客数は前年を上回った。 「関西グルメ巡り」フェアや、人気コンテ…

セブン&アイ/3~8月は海外コンビニ事業が大幅に伸長し増収増益

セブン&アイ・ホールディングスが10月6日に発表した2023年2月期第2四半期決算によると、営業収益5兆6515億500万円(前年同期比55.0%増)、営業利益2347億6700万円(26.1%増)、経常利益2197億6300万円(26.7%増)、親会社に帰属する当期利益1360億8900万円(27.8%増)となった。 <セブン&アイ・ホールディングス> 取締役常務執行役員の丸山好通財務経理本部長は、「上期業績は、エネルギーコストの上昇を吸収したことで、収益・利益ともに前年・計画を上回った。また、セ…

セブンイレブン/南海グループとコンビニのFC化で業務提携

南海電気鉄道と南海フードシステム、セブン‐イレブン・ジャパンは9月28日、南海フードシステムが運営するコンビニエンスストアのフランチャイズ化に関する業務提携契約を締結した。 <南海グループ、セブン‐イレブンロゴ> これにより、南海フードシステムとセブン‐イレブンは連携のうえ、南海フードシステムが運営するコンビニエンスストアをセブン‐イレブンのフランチャイズ店舗に転換し、顧客のさらなる利便性向上を目指していく。 南海グループは、人、まち、暮らしが活気あふれる沿線づくりに努めており、一方のセブン‐イレブ…

セブン&アイ/新PB「セブン・ザ・プライス」低価格指向に対応

セブン&アイ・ホールディングスは9月26日、グループのプライベートブランド(PB)「セブンプレミアム」で、低価格を追求したブランドとして「セブン・ザ・プライス」を新たに開始した。 <新PB「セブン・ザ・プライス」> イトーヨーカ堂のプライベートブランドとして2021年7月にスタートした「ザ・プライス」は、シンプルな商品作りの追求やコスト削減の工夫などにより、品質は変えずに買いやすい価格で食品・日用品を展開している。 好評を得て取り扱いアイテム数は、発売当初から約9倍の約190アイテムに拡大。累計販売…

セブンイレブン/おせちの予約受付開始、計6種ラインアップ

セブンーイレブン・ジャパンは9月26日、2023年の「おせち」予約受付を、全国のセブンーイレブンとセブンミールで開始した。 2023年の正月は、人が集まる機会も増える一方、「おうち」にて少人数で過ごしたいというニーズもあり、過ごし方の多様化が見込まれる。それぞれの過ごし方に合わせ、こだわりの具材を詰め合わせた定番の三段重から、食べきりサイズの一段重まで、計6アイテムを取りそろえた。 <速水もこみち監修おせち 招宝> 「速水もこみち監修おせち 招宝」(税別1万1000円、1~2人前)は、料理に定評のあ…

セブンイレブン/「カップうどん」に使用する小麦をすべて国産へ変更

セブン‐イレブン・ジャパンは9月21日から順次、電子レンジで加熱するタイプの「カップうどん」をリニューアルする。 <和風だし香るコク旨カレー南蛮うどん> うどんに使用する小麦をすべて国産に切り替える。今回発売する「和風だし香るコク旨カレー南蛮うどん」(税別490円)と「ジューシーお揚げのきつねうどん」(390円)のうどんに、小麦本来の香りやもちもちとした食感が特長の国産小麦を使用することで、味や品質の向上を図るとともに持続可能な調達を目指す。 また、地域により、その土地で収穫された小麦を使用した地区…

セブンイレブン/行動制限なしの8月で人流回復、既存店売上4.7%増

セブン&アイ・ホールディングスは9月12日、8月度のセブンーイレブンの売上状況を発表した。 <8月の売上状況> 既存店 売上 4.7%増 客数 1.1%増 客単価 3.6%増 チェーン全店 売上高 5.1%増 店舗数 2万1240店 既存店の売上高は4.7%増、客数1.1%増、客単価3.6%増となった。全店売上高は5.1%増だった。 8月度は、全国的に3年ぶりに行動制限のない月となり、行楽や帰省、各地でのイベント再開等による人の動きの回復がみられ、前年を上回る客数となった。また、継続して実施している…

公引委/雪印メグミルク子会社にセブン向け食品製造の下請代金減額で勧告

公正取引委員会は9月9日、雪印メグミルク100%子会社のエスアイシステムに、下請代金支払遅延等防止法(以下:下請法)第4条第1項第3号(下請代金の減額の禁止)の規定に違反する行為が認められため、同社に対し勧告を行った。 エスアイシステムは、セブン&アイ・ホールディングスのグループ各事業会社へのチルド・フローズン商品の卸売、それに伴う商品保管・配送委託業務、セブン-イレブン・ジャパンの共同配送センター運営を受託している企業。セブン-イレブン・ジャパンと同社フランチャイズチェーンに加盟する事業者に対して…

セブンイレブン/クリスマス商品全61品の予約開始9月19日から

セブン-イレブン・ジャパンは9月19日、クリスマスケーキや関連商品の予約受付を全国のセブン-イレブン店舗 と、セブン-イレブンの配送サービス「セブンミール」で開始する。 今年のクリスマスは自宅だけでなく、家族や友人と、さまざまな場所でも楽しいクリスマスを楽しめるよう、有名パティシエ監修のケーキをはじめ、見た目の可愛らしいケーキや、定番のオリジナルケーキなど多数ラインアップした。予約開始日時は9月19日10時1分から。お渡し期間は12月20日~25日まで。取扱商品は、クリスマスケーキ30品、アイスケー…

セブンイレブン/本社で「セブンカフェ」マイボトル利用促進に関する実証実験

セブン‐イレブン・ジャパン、サーモス、パナソニック、味の素AGF(AGF)、富士電機株式会社は9月1日~30日、「セブンカフェ」マイボトル利用促進に関する実証実験を実施する。 <実証実験のイメージ> 実証実験は、セブンカフェ自販機と高速自動ボトル洗浄機を活用したマイボトルの利用促進によるオフィス内廃棄物の削減効果についての検証を目的とし、セブン‐イレブン・ジャパンの本部ビル5階に勤務する社員約500人を対象に行う。 実証実験では、リユース可能なサーモスのボトルを使用する。また、店頭で稼働しているセブ…

セブンイレブン/PayPayお買い得市、最大30%相当のポイントバック

PayPayとヤフーは9月1日~30日、全国のセブン-イレブンで、対象商品を、キャッシュレス決済サービス「PayPay」で支払うと最大20%相当、「セブン-イレブンアプリ」から「PayPay」で支払うと最大30%相当のPayPayポイントを付与する「セブン-イレブン PayPayお買い得市」を開催する。 <セブン-イレブン PayPayお買い得市> 今回のキャンペーンは、Yahoo! JAPANの広告による告知から店頭販促までを一気通貫で提供するサービス「Yahoo!セールスプロモーション」の「Pa…

セブンイレブン/イトーヨーカドーネットスーパー注文品の店頭受取開始

セブン&アイ・ホールディングスは8月25日、今月から都内のセブン‐イレブン10店舗の店頭レジカウンターで、「イトーヨーカドーネットスーパー」での注文商品の受け取りを開始したと発表した。 <受け取りイメージ> 同取り組みは、都内マンションに併設したセブン-イレブンを中心に展開し、マンション居住者や近隣居住者へのサービス向上を目的としたテストとなる。セブン-イレブン店頭レジカウンターで、「イトーヨーカドーネットスーパー」の野菜や肉・魚などの生鮮品から日用品まで、常温、冷蔵、冷凍の3温度帯の商品が受け取り…

セブンイレブン/廃プラの発生源から近い立地で再資源化実験

セブン-イレブン・ジャパンとマイクロ波化学は8月24日、大阪府の「2022年度 カーボンニュートラル技術開発・実証事業費補助金」に、「マイクロ波加熱技術を適用した小型分散型ケミカルリサイクルシステム構築の開発・実証」事業を申請し、採択されたと発表した。 <ケミカルリサイクルによるサーキュラーエコノミー> 同事業は、ケミカルリサイクルの小型分散型システム構築に向けた実証実験となる。小規模で高効率のリサイクル装置を地域に普及させることにより、廃棄プラスチック(以下:廃プラ)の発生源から近い立地で再資源化…

セブンイレブン/「リテールメディア推進部」を新設

セブン‐イレブン・ジャパンは9月1日付で、組織変更および人事異動を行う。 商品本部に、「リテールメディア推進部」を新設し、広告事業における企画・開発を推進する。 企画本部には、将来の店舗像を構想・具現化する「ラボストア企画部」を新設する。 ラボストア企画部長には山口圭介執行役員が就く。 社名 氏名 新役職名 現役職名 セブン‐イレブン・ジャパン 内田 愼治 執行役員 人事本部副本部長 兼、中国事業管掌 執行役員 海外事業本部付 兼、中国事業管掌 セブン‐イレブン・ジャパン 山口 圭介 執行役員 企画…

コンビニ/7月既存店セブン3.6%増、ファミマ3.7%増、ローソン2.3%増

コンビニエンスストア各社が発表した7月の営業実績によると、既存店売上高の前年同月比は、セブン-イレブン3.6%増、ファミリーマート3.7%増、ローソン2.3%増、ミニストップ0.8%減となった。 <大手4社の売上高> 社名 前年同月比 既存店 全店 セブン-イレブン 3.6%増 4.5%増 ファミリーマート 3.7%増 1.8%増 ローソン 2.3%増 3.8%増 ミニストップ 0.8%減 2.5%減   ■セブン-イレブン(2022年2月期:チェーン全店売上高4兆9527億円) 既存店売…

ANA、セブンイレブン/ドローン活用の物流サービス検討で覚書締結

ANAホールディングス(ANAHD)とセブン-イレブン・ジャパン(SEJ)は7月27日、ドローンを活用した物流サービスの検討に関する覚書を締結した。 ANAHDとSEJは、2020年から共同での実証実験を開始し、日本の離島や山間部における買い物に不便を感じる人々の課題解決をすべく、ドローンを活用した輸送実証を行ってきた。覚書の締結により、両社はパートナーシップを強化し、課題の解決とともに、2025年度のドローン輸送サービスの実現に向けたビジネスモデル構築ならびにシステム連携を含めた運用体制の検討を進…

ヤッホーブルーイング/クラフト低アル飲料をセブンイレブン先行発売

ヤッホーブルーイングは8月2日、醸造系クラフトドリンク「正気のサタン」(350ml、税込み235.44円)を東京都内のセブン-イレブン約2800店舗(2022年6月末現在)限定で先行発売する。 <正気のサタン> ※ヤッホーブルーイング提供写真(以下同) クラフトビールと同じ製法・原材料を採用したアルコール度数0.7%の炭酸飲料で、コロナ禍のプチぜいたく需要に対応。メインターゲットを30~40代の子育て層、仕事に家事に子育てに忙しい「ワーキング家事プレイヤー」と設定している。 <クラフト系醸造ドリンク…

セブンイレブン/加盟店と本部で取り組む省エネ対策を推進

セブン‐イレブン・ジャパンは7月25日、加盟店と本部で取り組む省エネ対策を強化していると発表した。 例年、セブン‐イレブンの店舗運営に伴う電気使用量は、冷暖房機器使用の頻度が高まる夏季と冬季に増加する傾向にある。一方で、今年は電力需給ひっ迫の継続が想定されており、店舗における「省エネ」の取り組みがますます重要になっている。 そこで、セブン‐イレブンでは、従来から加盟店が実施する取り組みに加え、本部としても、各店舗の省エネ対策を推進する「省エネリーダー」選任の推奨や、店舗設備の省エネ効果を高めるポイン…

セブンイレブン/マルチコピー機で「新型コロナワクチン接種証明書」発行

セブン‐イレブン・ジャパンは8月17日、厚生労働省、デジタル庁、地方公共団体情報システム機構と連携し、全国のセブン‐イレブンにて、マルチコピー機を使用した「新型コロナワクチン接種証明書」を発行するサービスを開始する。 <証明書見本(海外用および日本国内用)> 同証明書は、予防接種法に基づき各市区町村で行われた「新型コロナウイルスワクチン接種」の事実を公的に証明するものであり、旅行やイベント参加の際などに提示を求められる場合がある。 これまで証明書を発行するためには、スマートフォンなどにアプリをインス…

セブンイレブン、ローソン、ファミリーマートほか/電動車普及事業に参画

セブン‐イレブン、ローソン、ファミリーマートなどは7月19日、NEDOが着手する「スマートモビリティ社会の構築」プロジェクト(予算総額1130億円)に参画すると発表した。 同取り組みは、福島県、東京都での電動車普及に向けたエネルギーマネジメントシステムの構築・社会実装するというもの。2023年1月~2029年度末にかけて行われ、総勢30社以上の企業が参画する中、大規模なカーボンニュートラル車両(事業全体では約580台)の導入などを実施する。 具体的な3社の活動として、セブン‐イレブンは大規模な電動車…

コンビニ/6月既存店セブン2.9%増、ファミマ5.2%増、ローソン2.3%増

コンビニエンスストア各社が発表した6月の営業実績によると、既存店売上高の前年同月比は、セブン-イレブン2.9%増、ファミリーマート5.2%増、ローソン2.3%増、ミニストップ1.4%減となった。 ■セブン-イレブン(2022年2月期:チェーン全店売上高4兆9527億円) 既存店売上高は、前年同月比2.9%増、客数0.1%減、客単価3.0%増となった。 チェーン全店売上高3.6%増、店舗数は2万1212店だった。 6月度は、例年よりも降雨量が少なく日照時間が多かったことに加え、下旬の猛暑の影響により、…

セブンイレブン/コーヒーマシンに好みで選べる「3つの味わい」機能追加

セブン‐イレブン・ジャパンは7月4日、淹れたての本格コーヒー「セブンカフェ」を抽出するセブンカフェマシンに、味わいを3段階の中から選べる新機能を追加した。 <「セブンカフェ」に3種の味わいを選べる新機能追加> 全国のセブン‐イレブンで販売する「セブンカフェ」のアイス・ホットコーヒー購入時に、「軽め」「ふつう」「濃いめ」の3つから、香りやコクの異なる好みの味わいを選ぶことが可能になった。販売数が年間で最も高くなる夏場に合わせて、幅広い顧客ニーズに対応できるよう、新機能を追加したという。 操作方法は、ま…

セブンイレブン/電力需給ひっ迫注意報で看板のライトダウンなど追加対策

セブン&アイ・ホールディングスは6月29日、セブン‐イレブンの電力需給ひっ迫注意報発令に伴う追加対応を発表した。 セブン‐イレブンでは、加盟店に対し、「日中のみ」において、一部の店内照明において、消灯可能な場合はなるべく消灯することなど協力を呼びかけている。 電力の逼迫(ひっぱく)が想定される時間帯(15時~20時)において、店頭看板のライトダウン(20時まで、店舗の安全性、防犯上の懸念がある店舗は点灯を継続するので全店ではない)、フライヤー(揚げ物の)の調理はなるべくまとめて調理を行い、調理時間外…

セブンイレブン、イトーヨーカドー/電力需給ひっ迫注意報に伴い節電対策

セブン&アイ・ホールディングスは6月27日、「電力需給ひっ迫注意報発令」に伴い、セブン‐イレブン、イトーヨーカドーにおいて、節電対策を行う。 セブン‐イレブンの加盟店に、15時~18時の対応として、電力のひっ迫が予測される同時間帯は店舗の作業スケジュールを確認および見直しを実施する。 フライヤー(揚げ物の)仕込みは前後の時間に振り分け、電源はセーブモードまたはオフにする。 ドリンク類の補充に伴い、ウオークインの開閉はなるべく避け、前後の時間で補充などを行う。 トイレの便座ウオーマーの電源をオフ。給湯…

セブンイレブン/守山市内11店舗に「ペットボトル回収機」設置

セブン‐イレブン・ジャパンは、滋賀県守山市と連携し、滋賀県が定める「びわ湖の日」である7月1日から順次、滋賀県守山市内のセブン‐イレブン11店舗に「ペットボトル回収機」を新たに設置・稼働する。 <守山市における循環スキーム> 滋賀県内のセブン‐イレブンにおける「ペットボトル回収機」設置は、今回が初めて。守山市での稼働を皮切りに、野洲市・草津市・栗東市の4市合計39店舗で順次、設置・稼働する。これまで、2021年7月に守山市と締結した「守山市とセブン‐イレブン・ジャパンとの包括連携に関する協定」に基づ…

セブンイレブン/豊田市内34店舗に「ペットボトル回収機」を設置

セブン‐イレブン・ジャパンは6月22日、愛知県豊田市内のセブン‐イレブン34店舗に「ペットボトル回収機」を順次設置すると発表した。 <豊田市における循環スキーム> 同事業は、限りある資源の有効活用と海洋プラスチックごみ対策を目的としたもの。愛知県内のセブン‐イレブン店舗への「ペットボトル回収機」設置は、今回が初めて。 同社では、2017年12月以降、全国各地の自治体やさまざまな連携企業をはじめ、加盟店や地域住民の協力のもと、店頭へのペットボトル回収機の設置と活用を進めている。今回新たに、愛知県内の店…

セブンイレブン、コカ・コーラ、花王登壇/DXの取り組み紹介7月14日無料開催

セールスフォース・ジャパンは7月12日~15日、「顧客とつながる業界の新しいカタチ ~デジタルで創る変革と企業価値~」をオンライン開催する。 <顧客ニーズにDXで迅速に対応する施策など紹介> 変化が早く、また不確実性の高い現代で企業のデジタル化が劇的に進むなか、これまでになく深く顧客、パートナー、環境とつながることが求められている。革新的な企業は業界特有の課題をどうデジタルで解決し、未来に向かおうとしているのか、実例をもとに考察する。 特に、7月14日は小売・消費財業向けのセミナーを実施。基調講演で…

セブンイレブン/体を整えるD2C食品「Cycle.me」53店舗へ拡大

セブン‐イレブン・ジャパンとドットミーは6月22日、「自然にきりかえる生活」をコンセプトにしたD2Cブランド「Cycle.me」(以下:サイクルミー)の販売店舗を都内のセブン‐イレブン53店舗へ拡大する。 <体を整えるD2C食品「Cycle.me」> 昨今、テレワークが進んで食生活、健康について見直す人が増えている。「サイクルミー」は毎日の生活リズムを整えることをコンセプトに、朝・昼・夜それぞれの時間帯に合わせたウェルビーイング食品。「体を整える」という体験を近くのセブン‐イレブンでも楽しんでもらい…

JR西日本/広島駅在来線中央口改札横にセブンイレブン出店

JR西日本では7月6日、広島駅在来線中央口改札横(橋上階)の増床部に「セブン‐イレブン ハートインJR広島駅中央口店」をオープンする。 <店舗イメージ> 2025年春開業に向けて広島駅ビル建替え工事を進める一環。サービスの向上や、広島駅から広島新駅ビルへの連続的な賑わい創出を目的として、新たに待合室と店舗を開業する。 広島駅ビル建替え工事に伴い、現在営業中の「セブン‐イレブン ハートインエキエ広島店」は、7月5日15時30分をもって閉店し、売場面積を現店舗より約3割拡大し、売場面積213m2の 新店…

セブンイレブン/「街のスイーツ屋」目指し定番スイーツ一新

セブン‐イレブン・ジャパンは6月14日から順次、オリジナルフレッシュフードの主力商品である「チルドスイーツ」の定番商品をリニューアルし、全国のセブン‐イレブン2万1337店舗(5月末現在)で発売する。 6月14日以降順次、「北海道十勝産小豆使用豆大福」本体140円を発売するのを皮切りに、6月16日以降順次、「イタリア栗のモンブラン」320円、6月17日以降順次、「ダブルクリームのカスタード&ホイップシュー」150円、6月18日以降順次、「シュー・パティシエール」160円を発売する。 <シュー・パティ…

スタバ×サントリー/ペットボトルの「カフェラテ」セブン&アイ限定発売

スターバックス・コーポレーションとサントリー食品インターナショナルは6月28日、ペットボトル入りコーヒー飲料「スターバックス CAFE FAVORITES カフェラテ」(税込み151円、280ml)のデザインをリニューアルし、セブン&アイグループ限定で発売する。 <セブン&アイ限定のペットボトルコーヒー> 同商品は、昨年数量限定で登場し好評だったもの。また、「スターバックス CAFE FAVORITES カフェモカ」(151円、280ml)を新たなラインアップに加え、同日から発売する。 おいしさを最…

コンビニ/5月既存店セブン2.6%増、ファミマ4.4%増、ローソン3.0%増

コンビニエンスストア各社が発表した5月の営業実績によると、既存店売上高の前年同月比は、セブン-イレブン2.6%増、ファミリーマート4.4%増、ローソン3.0%増、ミニストップ0.9%減となった。 ■セブン-イレブン(2022年2月期:チェーン全店売上高4兆9527億円) 既存店売上高は、前年同月比2.6%増、客数1.3%増、客単価1.3%増となった。 チェーン全店売上高3.1%増、店舗数は2万1213店だった。 5月度は、行動規制の緩和をうけ、ゴールデンウィーク期間のほか、月間を通して人出が増加した…

セブンイレブン/ハワイ州観光局公認グルメフェア13品発売

セブンイレブン・ジャパンは6月5日、「ハワイときめきグルメ旅」と題し、全国のセブンイレブンでハワイ州観光局公認の13品を発売開始する。 <「ハワイときめきグルメ旅」イメージポスター> 旅行の難しい時勢の中、人気の旅行先であるハワイを自宅で手軽に楽しめるというテーマのもと、同フェアを開催。今回、現地で親しまれているメニューや最新のマーケットなどについてSEVEN-ELEVEN HAWAII,INC.(セブンイレブン・ハワイ)と連携して情報共有を行い、本格的なハワイグルメが実現した。 <スパイシーポキ丼…

凸版印刷/長野県飯綱町のセブンイレブンでスマートグラス活用の買物支援実験

長野県飯綱町、凸版印刷は6月~7月、買い物や移動に課題を抱える住民に向け、スマートグラスを活用した買い物支援の実証実験を実施する。 飯綱町内に店舗を構えるセブン‐イレブン三水普光寺店、社会福祉法人飯綱町社会福祉協議会と協力し、高齢者の一人暮らしなどを想定した個人宅向けの実証実験と買い物支援とコミュ二ティーの活性化などを目的に高齢者向けの集いの場で実証実験を行うもの。 <スマートグラス活用した買い物支援実験> その結果を踏まえ、2022年9月中旬から2回目の実証実験を実施。その後、2023年度以降の本…

セブンイレブン/7月4日から「セブンカフェ」約10~20%値上げ

セブン‐イレブン・ジャパンは6月3日、「セブンカフェ」の一部商品について、価格の見直しを発表した。 <該当商品の一例> 2022年7月4日から順次、税抜価格で約10%~20%程度の価格見直しを予定している。例えば、「セブンカフェ ホットコーヒーR」は本体93円を102円、「同L」は139円を167円、「セブンカフェ アイスコーヒーR」は本体93円を102円、「同L」は167円を195円に値上げする。 「セブンカフェ」は2013年の発売以来、日々の暮らしの中で手軽に味わえる、挽きたて・淹れたてのコーヒ…

セブンイレブン/セブンカフェに「高級コロンビア・スプレモブレンド」

セブン‐イレブン・ジャパンは5月24日、いれたての本格的なコーヒー「セブンカフェ」で、高級豆を使用したアイスコーヒー・ホットコーヒーの新商品「セブンカフェ高級コロンビア・スプレモブレンド」を全国のセブン‐イレブン2万1318店(4月末時点)で順次、発売する。 <商品概要> アイスはレギュラー本体130円、ラージ218円、ホットはレギュラー130円、ラージ181円で販売する。「商品は、コーヒー高級豆14銘柄の1つであるコロンビアスプレモを使用している。一粒一粒、丁寧に手摘みされた豆の中でも、さらに大粒…

コンビニ/4月既存店セブン1.7%増、ファミマ2.9%増、ローソン1.1%増

コンビニエンスストア各社が発表した4月の営業実績によると、既存店売上高の前年同月比は、セブン-イレブン1.7%増、ファミリーマート2.9%増、ローソン1.1%増、ミニストップ1.4%減となった。 ■セブン-イレブン(2022年2月期:チェーン全店売上高4兆9527億円) 既存店売上高は、前年同月比1.7%増、客数0.9%減、客単価2.6%増となった。 チェーン全店売上高2.5%増、店舗数は2万1195店だった。 4月度は、気温の高いエリアが多く、ソフトドリンク等を中心に販売が回復したことに加え、継続…

リコー/セブンイレブンのサラダパッケージにサーマル印字技術を導入

リコーは5月9日、サーマル印字技術「ラベルレスサーマル」が、セブン‐イレブン・ジャパンの商品パッケージに採用されたと発表した。 <セブンイレブンの商品パッケージにサーマル印字技術採用> ラベルレスサーマルとは、リコーが開発したサーマルインクを包装材であるフィルムに部分コーティングし、その部分にサーマルヘッドやレーザー装置で熱を加えることにより直接印字するもの。 セブン‐イレブン店舗で発売したサラダ3種類のパッケージにこの技術が採用され、原材料などの情報が直接印字されている(約1700店、期間限定)。…

セブンイレブン/宇都宮市内の88店舗に「ペットボトル回収機」設置

セブン‐イレブン・ジャパンは5月9日、栃木県宇都宮市内のセブン‐イレブン88店舗に「ペットボトル回収機」を順次設置すると発表した。 <88店舗に「ペットボトル回収機」設置> 資源の有効な活用と海洋プラスチックごみ対策を目的としたペットボトル回収事業を開始。セブン‐イレブン店舗への「ペットボトル回収機」設置は、栃木県では初めてだという。 また、同社は、宇都宮市が推進している市民・事業所におけるごみの減量化・資源化を目的とした「エコショップ等認定制度」の申請を進めている。3R(ごみの発生抑制・再使用・リ…

セブンイレブン/宇都宮市内の88店舗に「ペットボトル回収機」設置

セブン‐イレブン・ジャパンは5月9日、栃木県宇都宮市内のセブン‐イレブン88店舗に「ペットボトル回収機」を順次設置すると発表した。 <88店舗に「ペットボトル回収機」設置> 資源の有効な活用と海洋プラスチックごみ対策を目的としたペットボトル回収事業を開始。セブン‐イレブン店舗への「ペットボトル回収機」設置は、栃木県では初めてだという。 また、同社は、宇都宮市が推進している市民・事業所におけるごみの減量化・資源化を目的とした「エコショップ等認定制度」の申請を進めている。3R(ごみの発生抑制・再使用・リ…

セブンイレブン/ワクワク・驚き訴求で毎月大規模フェア開催

セブンーイレブン・ジャパンは4月28日、2022年度の施策として、お客にワクワク・驚きを訴求するフェアやイベントを毎月開催すると発表した。同日開催した2022年度上期商品政策説明会で、取締役執行役員の青山誠一商品本部長兼物流管理本部長兼QC室管掌が明らかにした。 <青山商品本部長> 1月には、北海道フェアを開催し、1月11日から第1弾として、「北海道産生たらこおにぎり」「ぶたはげ監修豚炭火焼丼」「函館星龍軒監修塩ラーメン」「十勝産小豆のつぶあんホイップ」「北海道産クリームのレアチーズオムレット」を発…

セブンイレブン/湘南台駅構内に「ペットボトル回収機」設置

神奈川県藤沢市とセブン‐イレブン・ジャパン、小田急電鉄、小田急商事は4月25日、神奈川県藤沢市内の小田急線湘南台駅構内にあるセブン‐イレブン小田急マルシェ湘南台店の店頭に「ペットボトル回収機」を設置した。 <ペットボトル回収機> 藤沢市ではこれまでに、セブン-イレブン・ジャパンと連携して2020年8月より市内のセブン‐イレブン店頭に「ペットボトル回収機」を設置し、資源循環を進めてきた(2022年3月時点で30台設置)。 今回、市民が多く利用する小田急線湘南台駅構内に「ペットボトル回収機」を設置するこ…

セブンイレブン/全粒粉など使った健康系サンドイッチ2種を発売

セブン‐イレブン・ジャパンは4月20日、健康系商品の需要拡大に合わせ、複数の穀物を配合したパンを採用したサンドイッチの新商品2品を発売する。 <キャロットラペ&チキンサンド> 今回発売するサンドイッチには、全粒粉の小麦やライ麦、オートミール、大麦など、複数の穀物(マルチグレイン)を配合することで、食物繊維が豊富に摂取できる健康感のあるパンを新たに採用した。 <チリコンカンサンド> さまざまな雑穀の風味や食感が楽しめるパンに、酸味のあるにんじんサラダや蒸し鶏を合わせた「キャロットラペ&チキンサンド」(…

セブンイレブン/次世代型植物工場で生産されたレタス使用のカット野菜

セブン&アイ・ホールディングスは4月19日、カット野菜の新商品「セブンプレミアム 宮城県美里町産5種のリーフレタス」(税別178円)を、東北エリアのセブン‐イレブン1421店(2022年3月末現在)にて発売する。 <次世代型植物工場で生産されたレタス使用のカット野菜> 今回発売するカット野菜は、宮城県美里町に2021年10月に完成した舞台ファームの「美里グリーンベース」で生産されたレタス5種を使用している。 露地栽培と変わらない葉肉の厚さのロメイン、グリーンリーフ、レッドロメイン、サニー、フリルレタ…

セブンイレブン/2月期、外出自粛の反動で増収も販管費増加で減益

セブン&アイ・ホールディングスが4月7日に発表した2022年2月期決算によると、セブンーイレブン・ジャパンの営業総収入は8630億2500万円(1.5%増)、営業利益2230億9100万円(4.4%減)、EBITDA3023億7500万円(2.5%減)となった。 セブンーイレブン・ジャパンは、加盟店の持続的な成長に向けて2019年4月に発表した「行動計画」を遂行し、加盟店が安心して経営に専念できる環境作りに引き続き努めた。 また、新型コロナウイルス感染症の影響により一層の小商圏化が進み、個店ごとのニ…

セブンイレブン/「アーモンドミルクラテ」都内230店舗で販売開始

セブン‐イレブン・ジャパンは4月5日、セブンカフェ初の植物性ミルクを使用したアイスラテ「セブンカフェ アーモンドミルクラテ」(税別204円)を東京都内のセブン‐イレブン約230店にて発売する。 <セブンカフェ アーモンドミルクラテ> 「アーモンドミルクラテ」に使用している「アーモンドミルク」は、昨今の健康志向の高まりからカロリーや糖質、コレステロールの摂取を控えている人、ビタミンE、食物繊維を積極的にとりたいといった美容に気遣う人にも話題となっている。アーモンドミルクは、原料生産過程で排出される温室…

セブンイレブン/2022年度ペットボトル回収機1000台を追加設置

セブン‐イレブン・ジャパンは3月29日、レジ袋の「本部収益相当額」を活用し、2022年度中にペットボトル回収機1000台を追加設置すると発表した。 <ペットボトル回収機> 同社はセブン‐イレブン店舗へのペットボトル回収機の設置に継続して取り組み、ペットボトルの循環型リサイクル「ボトル to ボトル」を推進している。 2017年12月以降、店頭へのペットボトル回収機の設置と活用を進めている。2021年には、有料レジ袋の販売による「本部収益相当額」を元に設置を加速させ、年度内目標であった設置台数1000…

セブンイレブン/高品質なパスタ、カレーなど冷凍食品9品発売

セブン‐イレブン・ジャパンは3月15日、セブン&アイグループのプライベートブランド「セブンプレミアム」や「セブンプレミアム ゴールド」など冷凍食品9品を全国のセブン‐イレブン店舗で順次発売開始する。 <セブンプレミアム ゴールド 金の蟹トマトクリーム> 特に、3月15日発売となる「セブンプレミアム ゴールド 金の蟹トマトクリーム」、4月5日販売予定の「セブンプレミアムゴールド 金のボロネーゼ」(ともに税別398円)は、サンドイッチや惣菜・チルド弁当の一部などを製造している「フジフーズ」の協力の下、温…

セブンイレブン/見た目や味で桜を感じるスイーツやパン4品を期間限定販売

セブン‐イレブン・ジャパンは3月8日から、桜の開花に向けた見た目や味で桜を感じられるスイーツ「さくらクリームシフォン」(税込226.80円)、「さくらあんと2種のお団子パフェ」(300.24円)、「さくらと桃の春ゼリー」(291.60円)と、パン「桜と苺のしっとりロール」(172.80円)を、期間限定で順次発売した。 <さくらクリームシフォン> 「さくらクリームシフォン」は、食感や見た目にアクセントのあるシフォンケーキ。ふわふわの桜風味のシフォン生地に桜風味のクリームを入れ、桜ホイップクリームやチョ…

セブンイレブン/公式アプリに新たな決済手段「Apple Payのnanaco」開始

セブン‐イレブン・ジャパンとセブン・カードサービスは4月から、「セブン‐イレブンアプリ」(iOS版)における「Apple Payのnanaco」の利用を新たに開始する。 <セブン‐イレブンアプリ> 今回、セブン‐イレブンアプリで「Apple Payのnanaco」が利用可能となることで、電子マネーnanacoのマネー残高・ポイント残高確認等、既存のサービスに加え、新たにお支払い・チャージまでがiPhoneひとつで可能になる。また、セブン‐イレブンアプリに登録した「Apple Payのnanaco」で…

セブンイレブン/「サンドイッチ」のパン生地・具材・パッケージを全面刷新

セブン-イレブン・ジャパンは3月2日から、パン生地、具材、パッケージを刷新したサンドイッチを順次発売する。 今回のリニューアルで、パン生地は、小麦粉の中心部の特等粉や一等粉のみを使用し、パン生地の水分量や、きめ細かさを向上させることで、しっとり、ふんわりとした食感に仕上げた。 具材では、「スライスチーズ」で、チェダーチーズの中身を見直してコクを増し、まろやかにした。「ポークハム」は、現行商品と同様に三元豚を使用しながら10%減塩を図った。「たまごサラダ」では、卵の味が濃いこだわりのたまご「ななたま」…

セブンイレブン/桜もち、いちごのレアチーズなどひなまつりスイーツ発売

セブン‐イレブン・ジャパンは2月22日より、ひなまつりに合わせて春を感じられるスイーツを順次発売開始した。 <北海道十勝産小豆使用 桜もち> 3月3日のひなまつりに合わせ、春を彩るひなまつり限定スイーツを5種類用意。北海道十勝産の粒あんを使用した桜もち(税別140円)、草もち(130円)に加えて、甘酸っぱいいちごソースと爽やかなレアチーズムースを合わせた「いちごのレアチーズ」(220円)などがそろう。 <いちごのレアチーズ> ひとくちサイズの和菓子を盛り合わせた「春の三色もち 桜もち・豆大福・草もち…

セブンイレブン/「ご当地有名店麺大集合」を開催

セブン‐イレブン・ジャパンは2月22日より、「ご当地有名店麺大集合」を開催する。 <ご当地有名店麺大集合> セブン‐イレブンでは有名店による監修カップ麺を、全国各地で展開している。セブン‐イレブンの「カップ麺」は、レンジで温める際に得られる蒸らし効果が高い専用容器。二層式にすることで、ストレートスープも実現し、よりつゆ本来の味わいが楽しめる。コロナ禍による在宅ニーズなどを背景に、身近な店舗で手軽に有名店の味わいが楽しめる商品として、継続して販売が伸長しているという。 今回、遠方への移動などの制限が継…

セブンイレブン/プラスチック資源循環促進法対応でカトラリー刷新

セブンーイレブン・ジャパンは4月1日から順次、植物由来(バイオマス)の素材を30%配合したスプーンやフォークなど環境配慮型カトラリーを全国のセブンーイレブンに導入する。 <環境配慮型カトラリー> 4月から施行する「プラスチック資源循環促進法」へ対応する一環。これまで、不要なスプーンやフォーク等のカトラリーの配布抑制として、店舗での声がけを実施するとともに、沖縄県内の全店舗(112店:1月末現在)では、先行して植物由来(バイオマス)素材を30%配合したカトラリーを導入している。 今回の法律施行に基づき…

セブンイレブン/「ネットコンビニ」東京・北海道・広島約1200店舗体制に

セブン‐イレブン・ジャパンは2月17日、スマートフォンで注文した商品を指定の場所まで配達する「セブン‐イレブンネットコンビニ」のテスト実施店舗を約1200店に拡大した。 同サービスは、北海道、東京都、広島県それぞれの一部エリアでテストを実施しており、注文を受けてから最短30分で商品を届けるサービスとして好評を得ている。同日、東京都で実施店舗を約600店追加し、約1200店舗体制となった。 最低注文料金は税別1000円以上、配送料は税込330円(ともに一部エリアにより異なる)。 同サービスは、2017…

セブンイレブン、ファミマ、ローソン/北海道で共同物流の実証実験

内閣府戦略的イノベーションプログラム「スマート物流サービス」プロジェクトは2月15日、セブン-イレブンジャパン、ファミリーマート、ローソンのコンビニ3社と連携し、各社の物流センター、店舗へのチェーン横断的な共同物流の実証実験を実施すると発表した。 コンビニエンスストアは全国で約5万8000店舗あり、駅前の商業施設や大学、病院などさまざまな施設に展開するほか、セブン‐イレブン、ファミリーマート、ローソンは災害対策基本法に基づく指定公共機関にも指定され災害時においても重要な役割を果たしている。そのため、…

セブンイレブン/販売促進部をマーケティング部に名称変更

セブンーイレブン・ジャパンは3月1日付で、組織変更を実施する。 商品本部では、販売促進部を「マーケティング部」に名称変更し、MDサポート部配下の「マーケティング」を統合する。FF・惣菜部を廃止し、「デリカテッセン」「FF・冷凍食食品」をデイリー部に統合する。「ラストワンマイルMD部」を廃止し、「ラストワンマイル」として加工食品・雑貨部に統合する。商品本部直下の「グローバルサポート」を加工食品・雑貨部に統合する。 リクルート本部では、第1~第7リクルート部のエリアを再編し、第8リクルート部を新設する。…

セブンイレブン/川崎市内17店で処方せん医薬品のロッカー受け取り実証実験

セブンーイレブン・ジャパンは2月14日~6月30日、アインホールディングス、ヤマト運輸、Packcity Japanと連携し、セブンーイレブン店舗に設置された宅配便ロッカー「PUDO ステーション」で処方せん医薬品を受け取れるサービスの実証実験を開始する。 <実証実験内容> 対面もしくはオンラインで薬剤師による服薬指導を受けたのち、薬の受け取り場所として、「セブンーイレブン店舗の宅配便ロッカー」を選択すると、ヤマト運輸または薬局スタッフがロッカーに薬を納品する。お客は、通勤途中や、買い物などの際に、…

セブンイレブン徹底研究/営業提案の考え方、加盟店経営の実態解説3月25日開催

マーケティング研究協会は3月25日、「セブン・イレブン徹底研究セミナー~コロナ後を見据えた成長の方向性~」をオンライン開催する。 セブン・イレブンの現状、同社向けの営業提案の考え方、大手コンビニ各社の基本戦力分析、加盟店経営の実態と課題など、CVSをはじめとした小売業の業務改革に長年従事している講師が解説する。 ■開催概要 開催日時:3月25日(金)13:00~17:00 会場:ZOOM社ウェビナーを使用したWEBセミナー 受講料:1人42,000円(税込) ■詳細・申込はこちら http://ww…

PayPay/セブンイレブンアプリで決済金額の最大10倍当たる「ペイペイジャンボ」

PayPayは3月1日~4月30日、全国のセブン-イレブンの店舗において購入商品の代金を「セブン-イレブンアプリ」から「PayPay」で支払うと、抽選で決済金額の10倍(1000%)のPayPayボーナス(付与上限:各月10万円相当)を付与する「セブン-イレブンアプリで当たる!ペイペイジャンボ」を開催する。 <セブンイレブンアプリで決済金額の最大10倍当たる> キャンペーン実施期間中に、全国のセブン-イレブンの店舗で購入商品の代金を「セブン-イレブンアプリ」から「PayPay」で支払うと、支払いと同…

セブンイレブン/バレンタイン狙ったチョコレートのスイーツ・パン8品を発売

セブン-イレブン・ジャパンは2月3日、バレンタインデー向けに、チョコレートを使ったスイーツやパン8商品の発売を開始したと発表した。 「とろける生チョコ」(税込311.04円)、「もっちりクレープショコラオレンジ&ホイップ」(181.44円)、「ショコラピスターシュ」(246.24円)、「しっとりちょこかすてら」(213.84円)「みにどらチョコ」(159.84円)、「ダブルチョコクリームブレッド」(170.64円)、「ショコラブレッド」(149.04円)、「はみだしショコラクロワッサン」(170.6…

アスカネットなど/セブンーイレブンで非接触・空中ディスプレイのレジ実証実験

アスカネット、神田工業、セブンーイレブン・ジャパン、東芝テック、三井化学、三井物産プラスチックは2月1日から順次、都内のセブンーイレブン6店舗で、非接触・空中ディスプレイ技術を採用したキャッシュレスセルフレジ「デジPOS」の実証実験を開始する。 <空中ディスプレイのイメージ> 空中ディスプレイとは、空中に浮かんだ映像を手で触れることなく、タッチパネル操作可能なディスプレイのことで、ディスプレイ、光学素子(空中ディスプレイプレート)、センサーの各モジュールで構成されている。 「デジPOS」の決済手段は…

セブンイレブン永松社長、西友大久保社長登壇/3月1日流通交流フォーラム開催

日本小売業協会、日本経済新聞社は3月1日、東京ビッグサイト(東京都江東区)で「第32回 流通交流フォーラム 新たな時代を迎える小売業の未来戦略」を開催する。 <3月1日流通交流フォーラム開催> 「流通交流フォーラム」は、流通・小売業の振興と発展に寄与することを目的に、流通・小売分野の日本最大級の展示会「日経メッセ 街づくり・店づくり総合展」の初日に開催するメインセミナーとして、1991年の第1回以来毎年開催している。 第32回は、「新たな時代を迎える小売業の未来戦略」をテーマに、デジタル技術の進展で…

セブンイレブン/2022年バレンタイン向けギフトチョコ5品を期間限定で発売

セブン‐イレブン・ジャパンは1月23日から、2022年のバレンタインデー向けギフトチョコレートを期間限定で順次発売する。 <2022年のバレンタインデー向けギフトチョコレート販売のキービジュアル> ゴディバの「ゴディバGキューブミニハート缶 5粒入」(税込1080円)、グテ by セバスチャン・ブイエの「セバスチャン・ブイエ フリュイショコラ」(864円)、テオブロマコレクションの「テオブロマコレクション ショコラ5個」(810円)、Dari K(ダリケー)の「ダリケー ピスタチオ&ミルクトリュフ3…

セブンイレブン/3~11月は増収も荒利率低下と販管費増加で営業利益2.7%減

セブン&アイ・ホールディングスが1月13日に発表した2022年2月期第3四半期決算によると、セブンーイレブン・ジャパンの営業総収入は6546億400万円(2.0%増)、営業利益1770億9600万円(2.7%減)、EBITDA2357億7100万円(1.4%減)となった。 加盟店の持続的な成長に向けて2019年4月に発表した「行動計画」を遂行し、加盟店が安心して経営に専念できる環境作りに努めた。また、新型コロナウイルス感染症の影響により、一層の小商圏化が進み、個店ごとのニーズの違いが顕在化する中で、…

セブン&アイ/セブン-イレブン・インターナショナルを本格スタート

セブン&アイ・ホールディングス(HD)は1月12日、完全子会社のセブン‐イレブン・ジャパンと、米セブン-イレブン(7-Eleven,Inc.Inc.、テキサス州)が、2020年に共同出資で設立した、「セブン-イレブン・インターナショナルLLC(7-Eleven International LLC(7IN)、テキサス州)が活動を本格スタートしたと発表した。 セブン&アイHDでは、全世界でのセブン‐イレブンのブランドの成長と、既存の海外ライセンシーへの価値とサポートの提供に対し、セブン‐イレブン・ジャパ…

セブンイレブン/北海道で賞味期限切れおでんの販売判明

セブン‐イレブン・ジャパンは1月6日、フランチャイズ加盟店である「セブン‐イレブン札幌北26条東21丁目店」において販売したおでんの一部に、賞味期限切れの具材を使用していたことが判明したと発表した。 同店舗ではおでんの販売を休止。該当商品における販売個数などの詳細については現在調査を進めており、現時点で健康被害の報告はないという。 同社は、今回の件について「重く受け止め、判明後速やかに所管保健所に対して報告済みであり、当該店舗については厳正な対処を実施してまいります。また、全国のセブン‐イレブン加盟…

セブンイレブン/「柿安監修 黒毛和牛の 牛すき恵方巻」など予約開始

セブン‐イレブン・ジャパンは12月27日、2022年の節分に向けた「恵方巻」の予約受付を開始した。 <「恵方巻」予約受付開始> 新型コロナウイルス感染拡大の最中にあった2021年の節分は、自宅で過ごす時間の増加等を背景に、「恵方巻」は前年を上回る販売となったという。 2022年は、定着したおうち時間に伴うニーズに合わせ、福を呼び込み、無病息災を願う商品として、こだわりの具材7品を使用した「七品目の幸福恵方巻」、自宅でも有名店の味わいが楽しめるセブン‐イレブン限定商品「柿安監修 黒毛和牛の牛すき恵方巻…

セブンイレブン/ブラックサンダー最高級チョコ「ミルク」「ビター」数量限定販売

有楽製菓は2022年1月9日、チョコレート菓子「ブラックサンダー史上最も高級なミルクチョコ」(55g、参考小売価格:税込170円)と「ブラックサンダー史上最も高級なビターチョコ」(55g、同:170円)を、セブン-イレブンのみで数量を限定し発売する。 2商品は共に、同社のチョコレート菓子「ブラックサンダー」の特長のザクザクとした食感はそのままに、原料にこだわりぬいたチョコレートのおいしさと高級感が味わえる商品に仕上げた。 <ブラックサンダー史上最も高級なミルクチョコ> 「ブラックサンダー史上最も高級…

セブンイレブン/牛乳の消費拡大で割引セールやプレゼントキャンペーン実施

セブン-イレブン・ジャパンは12月25日から、牛乳の割引セールや対象商品購入者へのプレゼントキャンペーンを行う。コロナ禍による需要回復の遅れや、年末年始で学校給食用の消費が減少することを受け、牛乳の消費拡大を目的に実施する。 <セブンプレミアム 毎日の食卓牛乳 1L> 割り引きセールは、PBの「セブンプレミアム 毎日の食卓牛乳 1L」で行う。税抜価格193円から20円引きで販売する。値引き後の税込価格は186.84円。商品名やパッケージは地域によって異なり、沖縄のみ価格も異なる。セール期間は12月2…

伊藤忠食品/「ピエール・エルメ」アイス2種をセブンイレブンで発売

伊藤忠食品は12月21日、ピエール・エルメ氏のブランドを国内で展開するPH PARIS JAPONとのライセンス契約に基づき、「ピエール・エルメ シグネチャー ピスタチオ&ラズベリー」(税別298円、130ml)、「ピエ […]
The post 伊藤忠食品/「ピエール・エルメ」アイス2種をセブンイレブンで発売 first appeared on 流通ニュース….

セブンイレブン×ヤッホーブルーイング/長野・山梨を盛り上げるクラフトビール発売

セブン‐イレブン・ジャパンは12月9日、ヤッホーブルーイングと連携し、希少な国産ホップを使用したクラフトビール「山の上ニューイ」を長野県・山梨県のセブン‐イレブン667店(2021年11月末現在)にて発売する。 <山の上 […]
The post セブンイレブン×ヤッホーブルーイング/長野・山梨を盛り上げるクラフトビール発売 first appeared on 流通ニュース….

セブンイレブン/京都市内141店舗に「ペットボトル回収機」を設置

セブン‐イレブン・ジャパンは12月7日から順次、京都府京都市内のセブン‐イレブン141店舗に「ペットボトル回収機」を新たに設置し、限りある資源の有効な活用と海洋プラスチックごみ対策を目的としたペットボトル回収事業を拡大す […]
The post セブンイレブン/京都市内141店舗に「ペットボトル回収機」を設置 first appeared on 流通ニュース….

セブンイレブン/神戸市内70店舗「ペットボトル回収機」設置

セブン‐イレブン・ジャパンは12月3日から順次、兵庫県神戸市内のセブン‐イレブン70店舗に「ペットボトル回収機」を新たに設置し、限りある資源の有効な活用と海洋プラスチックごみ対策を目的としたペットボトル回収事業を開始した […]
The post セブンイレブン/神戸市内70店舗「ペットボトル回収機」設置 first appeared on 流通ニュース….

セブンイレブン/柿安監修「おにぎり」「牛すき焼丼」など4品を期間限定販売

セブン-イレブン・ジャパンは12月7日から、精肉や惣菜などを手がける「柿安」を展開する柿安本店が監修した、おにぎりやどんぶりなど4商品を期間限定で販売する。 <柿安監修の4商品を期間限定で販売> 「こだわり手巻おにぎり […]
The post セブンイレブン/柿安監修「おにぎり」「牛すき焼丼」など4品を期間限定販売 first appeared on 流通ニュース….

セブンイレブン/東京都・日の出町でネットコンビニのドローン配送実験

ANAホールディングス、セブン-イレブン・ジャパン、ACSLは11月22日、「セブン‐イレブンネットコンビニ」の仕組みを活用して注文された商品を、セブン-イレブン日の出大久野店(東京都西多摩郡日の出町)に設置したドローン […]
The post セブンイレブン/東京都・日の出町でネットコンビニのドローン配送実験 first appeared on 流通ニュース….

セブンイレブン/京都宇治の伊藤久右衛門監修「宇治抹茶シフォンケーキ」

セブン-イレブン・ジャパンは11月23日、京都宇治の老舗茶屋の伊藤久右衛門が監修した宇治抹茶のシフォンケーキ「伊藤久右衛門監修 宇治抹茶シフォンケーキ」(税込170.64円)を発売する。 <伊藤久右衛門監修 宇治抹茶シフ […]
The post セブンイレブン/京都宇治の伊藤久右衛門監修「宇治抹茶シフォンケーキ」 first appeared on 流通ニュース….

セブン&アイ・クリエイトリンク/大阪府松原市と「地域活性化包括連携協定」締結

大阪府松原市とセブン&アイ・クリエイトリンク、セブン‐イレブン・ジャパンは11月13日、多様な分野で包括的な連携と協力関係を築き、松原市の将来にわたる活力ある地域社会の形成・発展や市民サービスの向上に資するため「地域活性 […]
The post セブン&アイ・クリエイトリンク/大阪府松原市と「地域活性化包括連携協定」締結 first appeared on 流通ニュース….

セブン&アイ・クリエイトリンク/大阪府松原市と「地域活性化包括連携協定」締結

大阪府松原市とセブン&アイ・クリエイトリンク、セブン‐イレブン・ジャパンは11月13日、多様な分野で包括的な連携と協力関係を築き、松原市の将来にわたる活力ある地域社会の形成・発展や市民サービスの向上に資するため「地域活性 […]
The post セブン&アイ・クリエイトリンク/大阪府松原市と「地域活性化包括連携協定」締結 first appeared on 流通ニュース….

セブンイレブン/「蒙古タンメン中本白根誠監修 中本丼」発売

セブン‐イレブン・ジャパンは11月16日、チルド弁当の新商品「蒙古タンメン中本白根誠監修 中本丼」(税別510円)を発売する。 <蒙古タンメン中本白根誠監修 中本丼> セブン‐イレブンでは2008年より、辛旨ラーメン店「 […]
The post セブンイレブン/「蒙古タンメン中本白根誠監修 中本丼」発売 first appeared on 流通ニュース….

BAKE/冷凍チーズタルトをセブンイレブンの一部店舗で販売

BAKEは11月16日から、運営する焼きたてチーズタルト専門店「BAKE CHEESE TART」の「焼きたてチーズタルト」を冷凍にした「BAKE CHEESE TART チーズタルト」(税込230円)を、セブン-イレブ […]
The post BAKE/冷凍チーズタルトをセブンイレブンの一部店舗で販売 first appeared on 流通ニュース….

コンビニ/10月既存店セブン1.0%減、ファミマ2.7%増、ローソン1.5%増

コンビニエンスストア各社が発表した10月の営業実績によると、既存店売上高の前年同月比は、セブン-イレブン1.0%減となった。一方で、ファミリーマート2.7%増、ローソン1.5%増、ミニストップ0.7%増と明暗が分かれた。 […]
The post コンビニ/10月既存店セブン1.0%減、ファミマ2.7%増、ローソン1.5%増 first appeared on 流通ニュース….

セブンイレブン/糖質30%オフのロールパン「ローストチキン&エッグ」など2品

セブン-イレブン・ジャパンは11月16日、健康を気遣う人に向けに糖質を抑えたロールパン「たんぱく質が摂れるローストチキン&エッグ」(税込375.84円)と「海老ブロッコリーサラダロール」(386.64円)を発売する。 2 […]
The post セブンイレブン/糖質30%オフのロールパン「ローストチキン&エッグ」など2品 first appeared on 流通ニュース….

セブンイレブン/2021年下期も健康系食品・冷凍食品の開発強化

セブンーイレブン・ジャパンは10月28日、「2021年度下期商品政策説明会」を開催した。下期の新たな取り組みとして、おいしさを追求したパン「糖質控えめ」シリーズを投入する。11月15日から、「糖質を控えたシナモンロール」 […]
The post セブンイレブン/2021年下期も健康系食品・冷凍食品の開発強化 first appeared on 流通ニュース….