カテゴリーアーカイブ: 関西フードマーケット

関西フードマーケット/4~6月はコロナ禍の買いだめ需要減少で営業利益5億円

関西フードマーケットが8月3日に発表した2023年3月期第1四半期決算によると、売上高909億7900万円、営業利益5億1500万円(前期は6億5900万円の利益)、経常利益4億4100万円(前期は7億3900万円の利益)、親会社に帰属する当期利益1億3600万円(前期は4億9200万円の利益)となった。 イズミヤと阪急オアシスでは、一体的な運営を目指しチラシ紙面や販促施策の統一、店舗フォーマットに応じた商品MDの展開など、業務標準化・省力化による生産性向上に取り組んだ。新型コロナウイルス感染症によ…

関西フードマーケット/2025年度売上高4100億円・営業利益136億円目指す

関西フードマーケットは5月11日、中期経営計画を発表した。 同社は2月、イズミヤ、阪急オアシス、新・関西スーパーマーケットを完全子会社とする中間持株会社として発足。統合推進委員会を設置し、エイチ・ツー・オー食品グループとのシナジーを追求している。 地域社会・消費者・取引先・生産者と共に創りあげる「地域共生型」スーパー、顧客一人ひとりにとって「私のスーパー」として支持される「パーソナル型」スーパー(IT・デジタル活用)、立地・マーケット・顧客のニーズに最適な選択肢を提供する「ジャストフィット型」スーパ…

関西フードマーケット/3月期、3社統合初の決算は売上高2842億円

関西フードマーケットが5月11日に発表した2022年3月期決算によると、売上高2842億6500万円、営業利益58億200万円(前期は27億3100万円の利益)、経常利益49億4000万円(前期は30億8600万円の利益)、親会社に帰属する当期利益83億6800万円(前期は20億500万円の利益)となった。 2021年12月15日付で自社を株式交換完全親会社、イズミヤを株式交換完全子会社とする株式交換、並びに、自社を株式交換完全親会社、阪急オアシスを株式交換完全子会社とする株式交換を実施した。 20…

関西フードマーケット/4~12月は営業利益40億2700万円

関西フードマーケットが2月9日に発表した2022年3月期第3四半期決算によると、売上高1927億8800万円、営業利益40億2700万円(前期は26億7700万円の利益)、経常利益33億6500万円(前期は29億5700万円の利益)、親会社に帰属する当期利益29億1900万円(前期は19億7300万円の利益)となった。 2021年12月15日付で自社を株式交換完全親会社、イズミヤを株式交換完全子会社とする株式交換、並びに、自社を株式交換完全親会社、阪急オアシスを株式交換完全子会社とする株式交換を実施…