カテゴリーアーカイブ: テクノロジーズ

ソフトバンク/安価で高精度なAI需要予測・映像解析で流通DX支援

消費者の購買行動が多様化する中、これまでの経験や勘に頼ったオペレーションだけでは、最適な店舗運営は難しくなっている。積極的にさまざまな業界のDX(デジタルトランスフォーメーション)に取り組むソフトバンクは、リテール向けにも多様なソリューションを展開し、顧客の課題解決を支援している。ソフトバンクが提供するAI需要予測サービスとAI映像解析サービスの二つのAIを活用したリテール向けDXソリューションを紹介する。 「サステナブルなフードチェーンの実現」を目指して AI需要予測サービス「サキミル」は、ソフト…

シャープ/デジタルサイネージ運用支援、クラウドで経費削減・視聴分析提供

流通小売業でデジタルサイネージの導入が進んでいる。とはいえ、導入や運用、効果に関してさまざまな懸念があるのも事実だ。そうした懸念を払拭(ふっしょく)して、最適なコンテンツ配信・管理が実現できるデジタルサイネージソリューションを提供するシャープに、デジタルサイネージの市場動向から、提供しているソリューションの紹介など幅広く話を聞いた。 デジタルサイネージ導入に関する懸念 店舗の入り口では本日の特売品情報が商品の画像とともに次々と映し出され、店内の商品陳列棚ではその商品を使ったお勧め料理の動画が流れる─…

凸版印刷/コスト抑えて商品情報管理・販促支援「PROMO CORE for cloud」

流通小売業では近年、販促手法の多様化が進んでいる。サイネージや電子棚札などデジタル系の販促媒体が急速に増えたことで、時間と手間の増大が大きな課題になっており、人手だけの管理では実績を把握しきれない、また販促を最適化できない状況となっている。コロナ禍によるチラシ販促の縮小、ネットスーパーやECなど顧客の購買方法の多様化により、商品情報の運用が大きな負荷になっている。こうした課題を解決するために凸版印刷では「PROMO CORE for cloud」を提供している。流通小売業が抱える課題から「PROMO…

スキャンディット/スキャン技術でオーケーネットスーパーのスタッフ負担削減

これまでバーコードを読み取るためには、専用のバーコードリーダーやハンディ端末を用いることが多かった。しかし今、高性能のバーコード読み取りソフトウエアを搭載したスマートデバイスを用いる方法が注目を集めている。Scandit […]
The post スキャンディット/スキャン技術でオーケーネットスーパーのスタッフ負担削減 first appeared on 流通ニュース….

日本ユニシス/ライフとのAI需要予測・発注自動化への取り組み

日本ユニシスは小売業の未来像「New Retail Trinity Model」を掲げ、リテール領域における取り組みを強化している。2021年1月にはライフコーポレーションとの共同開発のAI需要予測自動発注サービス「AI […]
The post 日本ユニシス/ライフとのAI需要予測・発注自動化への取り組み first appeared on 流通ニュース….

日立/需要予測型自動発注で流通DX、在庫最適化・店舗負担を軽減

小売店にとって商品発注と在庫管理は、利益に直結する重要な業務の一つだ。しかし、商品の種類が多いほどその商品ごとにさまざまな条件を考慮しなくてはならず、熟練した担当者でさえ最適な発注、適切な在庫確保、タイムリーな商品入れ替 […]
The post 日立/需要予測型自動発注で流通DX、在庫最適化・店舗負担を軽減 first appeared on 流通ニュース….