月別アーカイブ: 6月 2022

ほっともっと/ちくわ天1.5倍の新「のり弁当」など4品販売

プレナスは7月1日、ちくわ天を約1.5倍にボリュームアップした「のり弁当」など4品を販売開始する。 <ちくわ天の重量が約1.5倍「新・海苔弁当」(税込360円)> 「のり弁当」は、年間約2200万食を販売し、長年にわたり支持されている看板商品。ごはんの上におかか昆布とのりをのせ、白身魚のフライと約1.5倍のサイズになったちくわ天を盛り付けた。 <BIGのり弁当(ナポリタン)(580円)> ちくわ天が大きくなったことで、のり弁当とナポリタンを一緒に楽しめる「BIG のり弁当(ナポリタン)」も刷新した。…

セブンイレブン/豊田市内34店舗に「ペットボトル回収機」を設置

セブン‐イレブン・ジャパンは6月22日、愛知県豊田市内のセブン‐イレブン34店舗に「ペットボトル回収機」を順次設置すると発表した。 <豊田市における循環スキーム> 同事業は、限りある資源の有効活用と海洋プラスチックごみ対策を目的としたもの。愛知県内のセブン‐イレブン店舗への「ペットボトル回収機」設置は、今回が初めて。 同社では、2017年12月以降、全国各地の自治体やさまざまな連携企業をはじめ、加盟店や地域住民の協力のもと、店頭へのペットボトル回収機の設置と活用を進めている。今回新たに、愛知県内の店…

ミニストップ/6月環境月間で千葉県と「てまえどり」の取り組み実施

ミニストップは6月24日、6月度環境月間に千葉県とともに食品ロス削減の取り組み「てまえどり」の推進を強化すると発表した。 <啓発販促物> 実施期間は6月24日~8月31日で、実施店舗は千葉県内171店舗。今回、食品ロス削減に関心を持ってもらうため、千葉県が作成した啓発販促物を売場で展開し、「てまえどり」の協力をお願いする。 県民に日頃の買い物の中で、購入後すぐ食べる場合には棚の手前にある商品を積極的に選ぶ「てまえどり」の主旨を一人ひとり、理解してもらうことで食品ロスの削減につなげる。
The pos…

ミニストップ/6月環境月間で千葉県と「てまえどり」の取り組み実施

ミニストップは6月24日、6月度環境月間に千葉県とともに食品ロス削減の取り組み「てまえどり」の推進を強化すると発表した。 <啓発販促物> 実施期間は6月24日~8月31日で、実施店舗は千葉県内171店舗。今回、食品ロス削減に関心を持ってもらうため、千葉県が作成した啓発販促物を売場で展開し、「てまえどり」の協力をお願いする。 県民に日頃の買い物の中で、購入後すぐ食べる場合には棚の手前にある商品を積極的に選ぶ「てまえどり」の主旨を一人ひとり、理解してもらうことで食品ロスの削減につなげる。
The pos…

東京都/イオングループ3社、イトーヨーカ堂と子供を守る覚書締結

東京都は6月22日、イオンリテール・イオンモール・イオンタウン、イトーヨーカ堂と「子供を守る事業者連携事業に関する覚書」を締結した。 <TOKYOこども見守りの輪プロジェクト> 覚書は、地域の子供たちが犯罪等の被害に遭うことなく安全・安心に暮らせるよう、子供と保護者の防犯意識向上及び地域全体で犯罪から子供を守る社会気運醸成に向けて、連携を強化するもの。覚書を機に、東京都が取り組む「TOKYOこども見守りの輪プロジェクト」を円滑に推進するため、積極的に情報交換を実施し、地域の子どもたちが安全・安心に暮…

マルエツ/5月の総売上高307億円、既存店売上高8.2%減

マルエツ(2022年2月期売上高:3858億円)が発表した5月度売上高実績によると、総売上高は307億4200万円だった。 既存店は、売上高8.2%減、客数3.8%減、客単価4.5%減となった。 全店ベースの前年同月比は6.9%減。内訳は、食品294億3300万円(6.6%減)、衣料品2億1900万円(10.1%減)、住関連10億2700万円(9.3%減)、その他6400万円(42.0%減)だった。 総店舗数は304店(1.3%増)で、売場面積は33万7911m2(0.9%増)となった。
The p…

オークワ/5月の売上188億円、既存店3.4%減

オークワ(2022年2月期:売上高2665億円)が発表した月次売上情報によると、5月度の売上高は188億2600万円(既存店前年比3.4%減)、客数4.1%減、客単価0.7%増となった。 部門別売上高は、生鮮食品80億6000万円(3.1%減)、加工食品80億7800万円(4.4%減)、食品合計161億3800万円(3.8%減)。 住居用品21億2400万円(2.9%減)、衣料品5億6300万円(3.9%増)、住居・衣料合計26億8800万円(1.6%減)となった。店舗数は計147店舗、売場面積は4…

外用鎮痛・消炎薬/3月~5月小林製薬「ニューアンメルツ ヨコヨコA」1位

True Dataが提供するID-POSデータ分析サービス「TRUE DATA」によると、2022年3月~5月の「外用鎮痛・消炎薬」の購入個数ランキングは、以下の通りとなった。 ■外用鎮痛・消炎薬2022年3月~5月ランキング(購入個数順) 1位は、小林製薬「ニューアンメルツ ヨコヨコA」80ml。消炎鎮痛成分サリチル酸グリコールが患部に浸透。血行促進成分ノナン酸バニリルアミドが、じんじんという温かな実感とともに、滞った患部の血流を改善し、肩こりや筋肉痛を和らげるという。 2位は、第一三共ヘルスケア…

ビームス/6月30日に「ビームス 仙台」を増床・リニューアルオープン

ビームスは6月30日、「ビームス 仙台」を増床・リニューアルする。 <大きくなってリニューアル「ビームス 仙台」> 1991年にオープンした同店は、1階ウィメンズフロアと2階メンズフロアを増床し、初展開となる「BEAMS LIGHTS」を加えた全9レーベルをラインアップした。 <1階部分内装> ウィメンズの3レーベルを扱う1階部は、カジュアルの「Ray BEAMS」「BEAMS BOY」に加え、大人の女性に向けた「Demi-Luxe BEAMS(デミルクス ビームス)」を、グレージュを基調にシンプル…

コンビニスイーツ/1回当たり購入金額250円~300円がボリュームゾーン

伊藤忠グループのリサーチ会社マイボイスコムは6月21日、9回目となるコンビニスイーツに関する調査結果を発表した。 <2014年以降価格帯が上昇傾向> 調査によると、コンビニスイーツの購入者は6割弱。そのうち、月1回以上購入する人は6割だった。1回あたりの購入金額は「250円~300円未満」がボリュームゾーンで、2014年以降価格帯が上昇傾向にあるという。 <月1回以上購入する人は約35%> コンビニスイーツの購入頻度は、コンビニスイーツの購入者は6割弱、男性では5割弱、女性では7割弱だった。月1回以…

神戸三田プレミアム・アウトレット/「JIL SANDER」オープン

神戸三田プレミアム・アウトレットに7月15日、ラグジュアリーブランドの「JIL SANDER」がオープンする。同ブランドのアウトレット出店は西日本初。 <「JIL SANDER」ロゴマーク> 「JIL SANDER」(ジル サンダー)は、モダニティとソフィスティケーションを象徴するハイエンド・ラグジュアリーブランドで、2017年、ルーシー&ルーク・メイヤーがクリエイティブ・ディレクターに就任。エレガントでピュア、革新的な素材使い、優れたクラフツマンシップが現代的なデザインと融合する独自のクリエイショ…

相鉄/パーク&ライド対象商業施設を拡大、CO2排出量削減に貢献

相鉄ビルマネジメントは6月30日、ジョイナスポイント会員向けに「パークアンドライド」サービスを本格導入する。 <パーク&ライド対象商業施設・駐車場を拡大> 「パークアンドライド」とは、自宅から最寄り駅やバス停に近い周辺の駐車場に車を止め=パーク、公共交通に乗り換える=ライドという方法で目的地に向かうもの。 同社は、SDGsへの取り組みと顧客利便性向上を目的に、2021年10月26日から2022年3月31日までパークアンドライドの試験導入を実施し、約5カ月間で累計990台のサービス利用があった。この利…

ラーメン・カレー・定食/5月既存店売上8社そろって増、店内飲食が回復

ラーメン・カレー・定食8社が発表した5月の月次営業情報によると、既存店売上高は丸亀製麺14.5%増、王将フードサービス17.5%増、リンガーハット23.6%増、ハイデイ日高71.8%増、幸楽苑5.3%増、いきなりステーキ13.1%増、壱番屋3.9%増、大戸屋35.5%増だった。 ■トリドールホールディングス(2022年3月期:売上高1533億円) 全業態既存店売上高16.6%増、客数9.4%増、客単価6.5%増。 全店の売上高19.2%増。 うち丸亀製麺は売上高14.5%増、客数7.3%増、客単価6…

JR東日本グループ/食品ロス削減を目的とした無人販売機「fuubo」設置拡大

JR東日本グループのJR中央線コミュニティデザインとZEROは6月27日、食品ロス削減を目的とした無人販売機「fuubo(フーボ)」の設置箇所を順次拡大する。 <設置エリア> fuuboでは、賞味期限が近いなどの理由から、まだ食べられるにも関わらず流通が難しく廃棄されてしまう食品を、小売価格から3~9割り引きで販売。利用者は専用サイトからキャッシュレス決済で商品を購入し、現地のfuuboを電子ロック解錠することで受け取りが可能となる。 非対面・非接触での購入が可能であるとともに、時間を問わず、さまざ…

新型コロナ/経営破たん飲食573件・アパレル267件・飲食料品卸売業154件

東京商工リサーチが集計した「新型コロナ」関連の経営破たん(負債1000万円以上)は、6月22日16時時点全国で累計3511件(倒産3359件、弁護士一任・準備中152件)となった。 2021年の年間件数は1718件に達し、2020年の843件に比べて2倍に増加した。2022年に入っても毎月100件以上の高水準で、5月までの累計は前年同期の約3割増の817件(前年同期比29.2%増)に達し、6月も22日までに133件とハイペースが続いている。 倒産集計の対象外となる負債1000万円未満の小規模倒産は累…

ラルズ/北海道札幌市「ラルズマート伏古店」改装オープン

アークスグループのラルズは6月24日、北海道札幌市の「ラルズマート伏古店」を改装オープンする。 <味と鮮度にこだわった商品をお買い得価格で提供> 同店は1993年オープン。今回の改装で冷凍食品コーナーにガラス扉付きケースを導入、食品ロス削減のための取り組みなどを実施している。 青果では、人気のベビーリーフなどの洋菜や栄養価が高いブロッコリースプラウトなどの発芽野菜のコーナーを新設。人気のカットサラダや野菜の小分けコーナーの品ぞろえを充実するほか、旬の果物を気軽に食べられるカットフルーツの少量パックを…

三井住友ファイナンス&リース/商業ビル「NEWNO自由が丘」開業

三井住友ファイナンス&リースの戦略子会社、 SMFLみらいパートナーズは6月23日、目黒区自由が丘で開発を進めていた商業ビル「NEWNO自由が丘」を開業した。 <NEWNO自由が丘外観> 洗練された店舗が集積する目黒区自由が丘エリア、東急東横線・大井町線「自由が丘」駅から徒歩2分に位置する、SMFLみらいパートナーズの不動産ブランド「NEWNO」として初となる自社開発物件。自由が丘の街並みに合わせ、建物ファサードをガラスカーテンウォールとし、ビル内で活動する人たちの様子をガラス越しに外部へ発信するこ…

イオンリテール/「土用の丑の日」持続可能な調達も強化

イオンリテールは7月1日、「イオン」「イオンスタイル」約350店舗の店頭とネットスーパー拠点約240店舗で「土用の丑の日」商品を順次、展開する。 <イオンの土用の丑> 同社では、この夏の猛暑による需要増を見込み、特大サイズ蒲焼を過去最大となる5万尾用意。今年の夏はラニーニャ現象の影響での猛暑予測や、7年ぶりの節電要請による夏バテ防止としてうなぎの需要が高まると見込んでいる。 さらに、今年販売するうなぎ蒲焼や白焼きの原料となるシラスウナギは、2018年に策定した「イオン ウナギ取り扱い方針」のなかで掲…

新宿マルイ/対話型ライブコマースがリアル店舗オープン

PinPonは6月24日、次世代のオンライン販売手法であるライブコマースと、リアル店舗の良さを活かした店舗「PinPon Studio」を新宿マルイ本館内3階にオープンする。 <ライブコマース×リアル体験「PinPon Studio」> 次世代のオンライン販売手法ライブコマースとリアル店舗をつなげることで、新しいOMO(オンラインとオフラインを一体的に捉え、消費者体験を最大化するマーケティング施策)店舗のあり方を企画・運営し、次世代型の買い物体験を提供する構えだ。 「PinPon Studio」では…

モスフードサービス/ポテト以外の主力サイドメニュー開発「枝豆コーンフライ」

モスフードサービスは7月13日~11月中旬、「枝豆コーンフライ」(税込み270円)を発売する。 <枝豆コーンフライ> 枝豆とコーンを使用した商品で、それぞれの食感と枝豆の香りやうまみ、コーンの甘みが楽しめる新メニュー。フレンチフライポテト以外にも主力となるサイドメニューとして、スナック感覚で手軽食べられる商品を開発した。 枝豆とコーンを成型し上新粉とパン粉の衣をつけて揚げた、もっちりとした食感のフライとなっている。素材の味を生かすために、塩のみでシンプルな味付けにしたという。
The post モス…

ライフ/大阪府で「ネットスーパー」導入店舗拡大

ライフコーポレーションは6月22日、大阪市旭区の「ライフ高殿(たかどの)店」、大阪府東大阪市の「ライフ新石切(しんいしきり)店」で「ライフネットスーパー」のサービスを開始した。 <大阪府で「ネットスーパー」拡大> 「ライフネットスーパー」は、店舗で販売している商品をパソコンやスマートフォンから注文すると、近隣店舗から商品を配送し、自宅で受け取れるサービス。ライフネットスーパー高殿店・ライフネットスーパー新石切店のオープンにより、同社のネットスーパー導入店舗は、70店舗(近畿圏40店舗・首都圏30店舗…

日本百貨店協会/5月売上高は3カ月連続プラスで57.8%増、客数52.8%増

日本百貨店協会が6月23日に発表した2022年5月の全国百貨店売上高概況によると、全国の百貨店(調査対象72社・189店)の売上総額は約3882億円(前年同月比57.8%増)だった。 5月の売上高57.8%増、入店客数は52.8%増と、共に高い伸びを示した。 前年の緊急事態宣言下における休業(生活必需品売り場を除く)などの反動、外出機会の増加に伴う消費マインドの回復が寄与した。行動制限のないゴールデンウイークでは、物産展・ファミリーイベントなど各社の企画催事が好評だった。 加えて、高額品が引き続き増…

東京地区百貨店/5月売上は9カ月連続プラスの80.6%増、客数76.3%増

日本百貨店協会が6月23日に発表した2022年5月の東京地区百貨店(12社24店)の売上高概況によると、売上高は約1116億円(前年同月比80.6%増)で、9カ月連続のプラスとなった。 5月の東京地区は、売上高80.6%増(9カ月連続)、入店客数76.3%増(8カ月連続)と、前年実績を大きく上回った。 前年、緊急事態宣言下において生活必需品以外の売り場が休業したことの反動に加え、行動制限のないゴールデンウイークの人出増加や高額品需要の強さが寄与した。 コロナ前の2019年比では、入店客数は25.4%…

日本百貨店協会/5月の外国人売上47.7%増の62億円

日本百貨店協会が6月23日に発表した2022年5月の外国人観光客の売上高・来店動向によると、インバウンド推進委員店(88店)での免税総売上高は、約62億円(前年同月比47.7%増)となった。 一般物品売上高は約56億円(96.8%増)、消耗品売上高(化粧品、食料品など)は約6億円(1.7%減)だった。 購買客数は約1万5000人(85.0%増)。1人あたりの購買単価は、約41万円(13.1%減)となっている。 外国人観光客に人気の商品順位は、化粧品、ハイエンドブランド、食料品、婦人服飾雑貨、婦人服と…

ドラッグストア/5月既存店売上ウエルシアのみプラスで0.1%増、4社マイナス

ドラッグストア主要5チェーンの5月の営業概況によると、既存店売上高は、ウエルシアHD0.1%増、ツルハHD2.9%減、マツキヨココカラ&カンパニー合計1.7%減、コスモス薬品1.4%減、サンドラック4.7%減となった。 ■ウエルシアホールディングス(2022年2月期:売上高1兆259億円) 既存店売上高0.1%増、客数0.7%減、客単価0.8%増。 うち物販売上1.6%減、調剤8.3%増。 全店売上高8.5%増、客数8.9%増、客単価0.4%減。 ウエルシア薬局0.0%、シミズ薬1.0%増、丸大サク…

ファミマ/累計販売数170万食「ラーメンデータバンク」コラボカップ麺第6弾発売

ファミリーマートは6月28日、ラーメンデータバンクと共同開発したファミリーマート限定カップ麺シリーズの第6弾として、モヒカンらーめん監修「モヒカンらーめん 豚骨」(税込み228円)を発売する。 <モヒカンらーめん 豚骨> ラーメンデータバンクは、ラーメンに関するイベントの企画・運営をはじめ、さまざまな媒体への情報発信、通販サイト運営を行っているラーメン総合企業。今回の共同開発では、ラーメン評論家・大崎裕史さんと全国の「なかなか食べに行けない店」を5店厳選し、国内大手カップ麺メーカー5社(エースコック…

サツドラHD/5月期営業利益16.7%増、買上点数増加で客単価増

サツドラホールディングスが6月22日に発表した2022年5月期決算によると、売上高829億500万円(前期比0.4%減)、営業利益7億4700万円(16.7%増)、経常利益7億9300万円(30.5%増)、親会社に帰属する当期利益3億1600万円(44.9%減)となった。 2026年5月期を最終年度とする中期経営計画において「地域の生活総合グループへの進化」をテーマに、店舗の生活総合化戦略、地域プラットフォーム戦略、コラボレーション戦略の三つの成長戦略を推進している。 店舗の生活総合化戦略としては、…

D2CでEC販路拡大/消費者行動予測、ファンが喜ぶ体験解説7月7日無料開催

文藝春秋は7月7日、「2025年の『消費者行動・EC市場』予測~D2CモデルでEC販路を拡大するために必要なこと~」をオンライン開催する。 <デジタル販路拡大を解説> コロナ禍の生活様式の一変により、多くの企業が強化し、市場が急拡大した物販系ECの動向と今後の消費行動の予測にも注目が集まっている。消費者とのリアルの接点が減り、オンラインでのコミュニケーションが進化していく中、オンラインとオフラインを併せたOMO施策により、「探す」という行為から好みに合わせて表示されるものの中から「選ぶ」など、購買体…

そごう広島店/20年ぶりにリニューアルし美容・高級品を強化、新館は営業終了

そごう広島店(広島市中区)は6月22日、20年ぶりとなる全館リニューアルを実施すると発表した。 改装後のグランドオープンは2023年秋を予定している。2022年末ごろより順次売り場の改装工事を進める。 そごう広島店は、1974年10月、隣接する「広島センター街」(現「アクア広島センター街」)と共に、バスターミナルを擁する商業施設としてオープンし、2024年には開店50周年を迎える。 節目の年を迎えるにあたり、リニューアルを実施。新サッカースタジアムの誕生、旧広島市民球場跡地の整備をひかえ、大きく変貌…

ミニストップ/やみつキッチン王道の「フライドポテト」6月24日発売

ミニストップは6月24日、定番の細切りのシューストリングポテト「フライドポテト」(税抜212円)を発売する。 <王道のサクサクポテト「フライドポテト」> 幅広い世代に人気の、細切りのシューストリングポテト。サクサク食感&塩味付きの衣でやみつきになるという。「フライドポテト」3個分を2個分の値段でお得に食べられる「バケツフライドポテト」(424円)もラインアップする。
The post ミニストップ/やみつキッチン王道の「フライドポテト」6月24日発売 first appeared on 流通ニュース…

2022年5月の売上高/アパレル関連企業の18%が19年比で売上半分以下に

東京商工リサーチは6月22日、第22回「新型コロナウイルスに関するアンケート」調査結果を発表した。 調査によると、新型コロナウイルスの発生による企業活動への影響は、「影響が継続している」で68.7%(6472社中、4446社)が最多だった。前回調査(4月)は70.0%だったが1.3ポイント改善した。一方、「影響が出たがすでに収束した」は15.1%(977社)だった。前回調査(11.0%)を4ポイント以上上回り、過去最高となっている。 ■5月売上高企業の6割超がコロナ前に戻らず 2022年5月の売上高…

三井不動産/D2Cブランド向けリアル店舗とEC連携のOMOサービス構築へ

三井不動産は6月22日、D2C支援事業を提供するSUPER STUDIOへリードインベスターとして出資したと発表した。 <D2Cブランド向けリアル店舗とEC連携サービス開発へ> SUPER STUDIOは、2014年12月に創業し、D2Cトータルソリューション、自社でブランド企画や運営を進めるR&D事業を行ってきた。D2Cブランド運営者向けのソリューションとして、クラウド型のECプラットフォーム「ecforce」を開発し、スタートアップから大企業まであらゆるビジネスのEC化を支援している。 自社ブラ…

コクヨ/メタバース上にショップをオープン、文具や家具を3Dで体験

コクヨは6月22日、凸版印刷が提供するバーチャルショッピングモール「メタパ」に「KOKUYOショップ」をオープンする。 <「KOKUYOショップ」展示イメージ> 今後拡大が見込まれるメタバース市場において、新たな顧客接点でのコミュニケーション実験として、文具・家具、WEBメディアの展示により、メタバース空間ならではのユニークなショッピング体験を実現するという。 <テープのりをモチーフにした店舗空間> テープのりの定番「ドットライナー」をモチーフにした店舗空間。ドットライナー型の店舗はエレベーターで上…

アルペン/愛知県に大型倉庫開設、店舗までのリードタイム大幅短縮

アルペンは6月22日、迅速かつ効率的な供給ができる物流システムを構築するため、福玉との協業で愛知県大口町に4万3000m2の大型倉庫(大口ディストリビューションセンター)を2024年初旬に稼働すると発表した。 <大口ディストリビューションセンターのイメージ図> 同倉庫には村田機械の搬送機器「シャトル型自動倉庫」と、省スペースで高能力を実現した仕分け機「クロスベルトソーター」を導入。最新マテハンによる物流業務削減の省人化効果は既存対比6割を見込んでいる。アパレル、シューズカテゴリの専用倉庫として一つの…

赤ちゃん本舗/茨城県つくば市の商業施設「トナリエつくばスクエア」に出店

赤ちゃん本舗は7月29日、茨城県つくば市で日本エスコンが運営する商業施設「トナリエつくばスクエア」キュート2階に「アカチャンホンポ トナリエつくば店」をオープンする。店舗では、地域に愛される店をめざし、子育て環境の変化や多様化する生活スタイルに合わせて、「赤ちゃんのいる暮らし」をサポートする。 <アカチャンホンポ トナリエつくば店> 具体的には、出産・子育てのシーンに特化した「ライフスタイル・ショップ」で、売場を編成する。赤ちゃんと生活するシーンをよりイメージしやすくするため、はじめての外出や赤ちゃ…

JR東日本クロスステーション/川口駅に「京樽・スシロー」など4店出店

JR東日本大宮支社とJR東日本クロスステーションは6月下旬から順次、川口駅の旧みどりの窓口・券売機跡地に、新たに4店舗を開業する。今回の新店舗により、彩りや活気、高揚感を添えてお客の生活に寄り添うサービスや商品を提供するという。 <出店場所> 新しい「おいしさ」に出会う場所として、「ちょっと良い味覚」が、期間限定で入れ替わるショップ「コレもう食べた?」が6月23日にオープンする。食を通じ、毎日に彩りを提供するため、スイーツだけにとどまらない、人に教えたくなるような、いま食べたい「食」を提案する。開業…

串カツ田中/沖縄に「たまごかけご飯とたまご料理専門店」オープン

串カツ田中ホールディングスは6月22日、鳥玉の関連ブランドとして「たまごかけご飯とたまご料理の専門店 Egg farm TORITAMA大謝名店」を、鳥玉商品の共同開発会社であるみたのクリエイト運営のもと、沖縄県宜野湾市にオープンした。 <「たまごかけご飯セット」などが楽しめる> 新ブランドではたまごかけご飯を主軸としたメニューを展開。外食市場内での非アルコール業態の占める割合は、アルコール業態の14倍を超え、圧倒的な規模となっている。そのなかで、卵料理、鳥料理は朝・昼・晩とどの食事の場面でも、どの…

中部薬品/富山市「ショッピングタウン北の森」に隣接出店

中部薬品は6月23日、富山市北部に位置する「スーパーマーケットバロー北の森店」などが入店する「ショッピングタウン北の森」に隣接して、「V・drug北の森店」を開設する。 <V・drug北の森店> 同社は、医薬品・健康食品・化粧品・日用品などを主として販売するドラッグストアと処方せんに基づく保険 調剤を行う調剤薬局を愛知・岐阜・三重・静岡・石川・富山・福井・滋賀・京都・大阪に展開している。 医薬品や健康食品の提供を通じ、地域の健康・病気の予防に貢献するだけでなく、食品や日用品までワンストップで提供でき…

ベルーナ/越境ECプラットフォーム「DOKODEMO」に出店

ベルーナはこのほど、グルメ専門通販「ベルーナグルメ」で、ベガコーポレーションが運営する越境ECプラットフォーム「DOKODEMO」へ商品の出店を開始した。 <DOKODEMO> 越境ECプラットフォーム「DOKODEMO」で、ベルーナグルメで展開している商品の販売を開始したもの。豪華純米大吟醸や越乃五蔵大吟醸のセット商品などを販売している。国境を越えて世界の国々にも、ベルーナグルメの商品を届ける。 DOKODEMOとは、「日本製品を世界中のユーザーに届ける」をモットーに、決済・物流・CSなど、越境E…

カジュアル衣料/5月既存店ユニクロ17.5%増、しまむら1.8%増

カジュアル衣料4社の5月度の営業概況によると、既存店売上はユニクロ17.5%増、しまむら1.8%増、西松屋1.2%減、ハニーズ26.7%増となった。 ■国内ユニクロ事業(2021年8月期:売上高8426億円) 既存店(709店)+Eコマースの売上高は17.5%増、客数9.6%増、客単価7.3%増 直営店(785店)+Eコマースの売上高は19.8%増、客数11.7%増、客単価7.3%増 出退店は、出店0店、退店1店だった。 5月は、ゴールデンウィーク商戦や感謝祭が盛況だったことに加え、夏物コア商品を中…

F&LC/障がい者雇用推進に関わる子会社設立

FOOD&LIFE COMPANIESは6月22日、障がい者雇用推進に関わる子会社「F&LCサポート(仮)」を7月に設立すると発表した。子会社の資本金は1000万円で、子会社の資本金額が当社の資本金の額の100分の10以上に相当するため、特定子会社となる。 事業内容は、清掃事業などの予定で、グループにおける障がい者雇用を推進し、障がい者雇用の推進と安定に寄与することで社会的責任を果たすという。 ■子会社の概要
The post F&LC/障がい者雇用推進に関わる子会社設立 first appeare…

そごう横浜店/地下2階の富澤商店を刷新、レンタルキッチン増設

そごうは7月1日、横浜店地下2階の製菓・製パン材料、器具専門店「富澤商店」をリニューアルオープンする。 <富澤商店そごう横浜店の店舗イメージ> 今回、客自身が実際に料理・お菓子・パン作りを楽しめるレンタルキッチンスペース「TOMIZAWA SHOUTEN COMMUNITY SPACE」を増設。こだわりの調理器具・道具・型も試すことができ、材料の持ち込みはもちろん、店頭で購入した商品をその場で調理することが可能。調理からラッピングまで完結できるスペースづくりとなっている。富澤商店のレンタルキッチンス…

いなげや/シェアサイクルサービス「HELLO CYCLING」設置拡大

いなげやは6月22日、OpenStreetのシェアサイクルサービス「HELLO CYCLING」を「いなげや川崎登戸店」に設置したと発表した。 <いなげやシェアサイクル設置店舗イメージ> いなげやでの「HELLO CYCLING」の設置は、今回で9店舗目。店舗の敷地内に同ステーションを設置することで、多様化する生活スタイルの変化への対応やCO2を排出しない環境に優しい移動手段として、利便性向上や地域の活性化などにつなげるとしている。 ■「HELLO CYCLING」設置店舗 いなげや立川幸店 東京都…

ツルハHD/5月期、巣ごもり需要の反動減や水道光熱費の増加などで減収減益

ツルハホールディングスが6月21日に発表した2022年5月期決算によると、売上高9157億円(前年同期比0.4%減)、営業利益405億6800万円(16.1%減)、経常利益400億5200万円(16.0%減)、親会社に帰属する当期利益213億8800万円(18.6%減)となった。 前期の巣ごもり需要の反動減や季節商材の不振などにより既存店売上高・来店客数が前年を下回る水準で推移したことに加え、消毒剤をはじめとする新型コロナウイルス感染症対策商材の在庫評価の見直し、原油価格の高騰などによる水道光熱費の…

セールスフォース/TikTokと提携、ソーシャルコマースサービスの拡大

米セールスフォースは6月22日、TikTokと提携することを発表した。 <セールスフォース×TikTok提携イメージ> Commerce Cloudを利用するマーチャントとTikTokユーザーのエンゲージメントをより容易にし、TikTok上で広告を掲載し、商品をより見つけやすくするために行うもの。ソーシャルコマースがますます重要なチャネルとなる中、今回の提携は、企業が今日のソーシャルショッパーをより的確に理解し、月間10億人のTikTokユーザーに対し、高度にパーソナライズされたコンテンツの提供を可…

セブンイレブン、コカ・コーラ、花王登壇/DXの取り組み紹介7月14日無料開催

セールスフォース・ジャパンは7月12日~15日、「顧客とつながる業界の新しいカタチ ~デジタルで創る変革と企業価値~」をオンライン開催する。 <顧客ニーズにDXで迅速に対応する施策など紹介> 変化が早く、また不確実性の高い現代で企業のデジタル化が劇的に進むなか、これまでになく深く顧客、パートナー、環境とつながることが求められている。革新的な企業は業界特有の課題をどうデジタルで解決し、未来に向かおうとしているのか、実例をもとに考察する。 特に、7月14日は小売・消費財業向けのセミナーを実施。基調講演で…

スーパーバイザーの働き方変革/オンライン臨店で効率化7月6日無料開催

ネクスウェイは7月6日、「オンライン臨店!?スーパーバイザーの働き方を変革~10時間/週 効率化の裏側とは~」をオンライン開催する。 <売り場の陳列状況確認業務を効率化> スーパーマーケットのスーパーバイザーは重要なポジションだけに、とても多忙だ。 本社と店舗をつなぐ立場として、バイヤーが仕入れた商品の売り場作りを指導、本部で決めた販促施策を実行し、店舗の売り場の現状を本社にフィードバック、直接顧客と接するスタッフの意見を吸い上げ、好不調要因の分析などをしなければならない。 その多様な業務のなかから…

日本チェーンストア協会/5月既存店0.9%増、衣料品・住関品が堅調に推移

日本チェーンストア協会が6月22日に発表した5月のチェーンストア販売概況(会員企業56社、1万861店)によると、総販売額は1兆949億円(店舗調整後の前年同月比0.9%増)となった。 部門別の販売額では、食料品7539億円(3.6%減)、衣料品655億円(13.1%増)、住関品2011億円(8.3%増)、サービス22億円(7.0%増)、その他721億円(25.1%増)だった。 5月度は、新型コロナウイルス感染症の感染者下げ止まり傾向が続いている中、外出需要が増えたことなどから食料品の動きは鈍かった…

スポーツドリンク/3月~5月「アクエリアス エアーボトル」1位

True Dataが提供するID-POSデータ分析サービス「TRUE DATA」によると、2022年3月~5月の「スポーツドリンク」の購入個数ランキングは、以下の通りとなった。 ■スポーツドリンク2022年3月~5月ランキング(購入個数順) 1位は、コカ・コーラ「アクエリアス エアーボトル」500ml(希望小売本体価格140円)。「エアーボトル」は、握りやすくスタイリッシュ、環境にもやさしい500mlPETボトル。人間工学の研究文献では、男女共に55mmが握り幅としては最も高い握力が得られており、こ…

Uber/元警視総監がシニア・アドバイザーに就任

Uberは6月22日、元警視総監の樋口建史氏がUber Japanのシニア・アドバイザーに就任したと発表した。 <シニア・アドバイザーに就任した樋口氏> 第89代警視総監をはじめ、和歌山県警察本部長、北海道警察本部長、警察庁生活安全局長などの役職を歴任。30年以上にわたる警察庁および警視庁での豊富な経験を有している。退官後はミャンマー大使や大手企業で顧問、監査役を歴任し、ビジネス現場での安全やコンプライアンスに関する課題解決について助言を行ってきた。 同氏をシニア・アドバイザーとして迎えることで、フ…

そごう横浜店/Makuakeのオンライン催事と連動

そごう・西武は6月21日11時~7月30日18時、新しいもの・体験の応援購入サービスを運営する「Makuake(マクアケ)」のオンライン催事上で、中小・新興企業の新商品を集めた特集「Dear Gift」を開催する。 <新商品特集「Dear Gift」> 頑張った自分や大切な人たちに幸せを届ける「Gift」をコンセプトに、中小・新興企業の商品を募集。近年、自分の気持ちを伝える新しいコミュニケーション手段のカジュアルギフトとして提案。すべての商品が今回の取り組みのために新発売される商品で、そごう横浜店の…

イオン/PB「トップバリュ」約5000品目は7月以降も価格維持に努める

イオンは6月21日、お客のくらしを守ることを最優先に考え、7月以降も引き続き企業努力によりプライベートブランド「トップバリュ」で大半の商品の価格維持に努めると発表した。 これまで、プライベートブランド「トップバリュ」の食料品約3000品目・日用品約2000品目、合計約5000品目の価格を維持してきたが、7月以降のこの方針を踏襲する。ただし、食料品・日用品約5000品目のうち、3品目は、原料・エネルギー高騰や急激な円安が重なり、7月4日から値上げ幅を最小限に抑えた価格改定を実施する。 <マヨネーズ売場…

カインズ/ららぽーと湘南平塚にライフスタイルDIY「StyleFactory」出店

カインズは6月24日、ライフスタイルDIYショップ「StyleFactory ららぽーと湘南平塚店」(神奈川県平塚市)をグランドオープンする。 <「StyleFactory ららぽーと湘南平塚店」オープン> ららぽーと湘南平塚店は、カインズが提案するライフスタイルテーマのうち、「食べるDIY」「Well Being」「空間DIY」の3つのゾーンを中心に構成した店舗で、くらしの時間の流れを感じながら店内をまわる売場レイアウトになっている。作業のできるワークスペース(DIY Square)では、売場に散…

プロント/全国のPRONTOで利用可能な「デジタルギフト」登場

プロントコーポレーションは6月21日、全国の「PRONTO」で利用可能な「プロントマネーデジタルギフト」の販売をギフティが運営するeギフトの販売サービス「giftee」で開始した。 <プロントマネーデジタルギフトイメージ> 「プロントマネーデジタルギフト」は、スマートフォンのブラウザで表示されるバーコード画面をレジで見せるだけで、全国のプロントで利用できる決済手段。「giftee」では「500円」「1000円」「3000円」のギフト3種類を販売。有効期限内であれば残高が0円になるまで何回でも利用でき…

リアルゲイト/東京都港区南青山にショップやオフィスの複合施設登場

リアルゲイト(東京都渋谷区)は6月21日、東京都港区南青山三丁目にショップ・サービス店舗・オフィス・ショールームが入居可能な複合施設「THE BATON-Minami Aoyama(ザ バトン 南青山)」を8月中旬にオープンすると発表した。 <THE BATON-Minami Aoyama外観イメージ> 南青山三丁目交差点至近に位置する同施設は、かつてホテルとして利用されていたビル1棟をリノベーションし、南青山の新たな発信地として「これまでとこれからをつなぐ場所」をコンセプトとした複合施設として生ま…

ワタミ/パチンコ店「ダイナム」の駐車場に「から揚げの天才」出店

ワタミは6月18日、埼玉県三郷市のパチンコ店「ダイナム 戸ヶ崎店」の駐車場に「から揚げの天才 戸ヶ崎店」をオープンした。 <から揚げの天才 戸ヶ崎店> 全国46都道府県にパチンコホールを展開するダイナムと業務提携を行い、駐車場の空きスペースを有効活用したいダイナム側の意向と、10坪程度の小規模なスペースでも出店できるコンテナタイプという「から揚げの天才」独自のビジネスモデルが合致し、出店する運びとなった。今回の出店をきっかけに日本全国に展開するダイナムの駐車場の空きスペースに「から揚げの天才」の出店…

営業力強化のDX/ユニフォームメーカー・セロリー事例紹介7月13日無料開催

ジールは7月13日、「ユニフォームメーカー業界を牽引するセロリーが成功した営業DX!Excelから脱却し“営業力強化”に必要不可欠なデータ活用の高度化と効率化を実現」を開催する。 <データ活用の高度化と効率化解説> ウィズコロナ・アフターコロナの時代となり、各企業の売り上げの成長を握る営業部門においてもDXの必要性は例外ではない。 今回のセミナーでは、ジールが提供するクラウド型データ分析基盤「ZEUSCloud」を導入し、データ活用の高度化と効率化により営業力強化に成功したセロリーが登壇し、導入前の…

物流DXで年末を乗り越える/採用&配送コストマネジメント術6月29日無料開催

シーアールイー、ツナググループHC、CBcloudは6月29日、「【物流担当必見】物流DXで年末繁忙を乗り越える!採用&配送コストマネジメント術~人手不足も配送コストもまとめて徹底対策~」を開催する。 <物流コストや業務の最適化解説> 2024年問題、宅配クライシスなど、昨今の物流業界を取り巻く環境は大きく変化している。中でも人手不足、ラストマイルの問題は日に日に重要性を増してきている。 「モノ」を扱い顧客に「届ける」ことを生業としている企業にとって、人材や配送インフラの確保、それに伴うコストや業務…

マーケティング・商品企画のすすめ方/元日経トレンディ編集長登壇7月14日開催

マーケティング研究協会は7月14日、「これからのマーケティング・商品企画のすすめ方~コロナ以降の顧客・市場の変化を事例とキーワードから予測する~」を開催する。 元日経トレンディ編集長の講師が考えるこれからのマーケティング・商品企画を事例とキーワードで徹底解説。コロナ以降のマーケティングの方向性はどうあるべきか、ヒット商品を企画するためのヒントはどこにあるのか深堀りする。 また、マーケティングの基本とされる、プロダクトアウトからマーケットイン、インサイト、差別化などをふまえ、コロナ以降の顧客・市場動向…

ロフト/nonowa武蔵小金井EASTに「コスメロフト」出店

ロフトは7月13日、JR中央線武蔵小金井駅直結の商業施設「nonowa武蔵小金井EAST」にコスメ専門店「コスメロフト」の第6号店として「コスメロフトnonowa武蔵小金井店」をオープンする。 <コスメロフトnonowa武蔵小金井店> nonowa武蔵小金井店の営業面積は約136m2、扱い商品は、トータルでおよそ3700種類を品ぞろえ、コスメをメインとして健康雑貨(3500種類)、傘やハンカチなどのバラエティ雑貨(200種類)を駅横店舗ならではのトレンド雑貨を合わせて編集し、バランス良く構成した使い…

東映アニメ/渋谷PARCOと心斎橋PARCOに新業態「Anibirth」オープン

東映アニメーションは8月、渋谷PARCO、心斎橋PARCOに展開するキャラクターグッズショップ「LB POP-UP THEATER」を、体験型のエンタメコンテンツとグッズを同時展開する新業態「Anibirth(アニバース)」としてリニューアルオープンする。 <店舗イメージ> 「Anibirth(アニバース)」は、「アニメから楽しさを生む・作りだす場所」というコンセプトのもと、東映アニメーション作品の新たな発信基地としてさまざまなイベントとグッズ展開をお客に楽しんでもらう場を提供する店舗。 ショップ内…

モスフードサービス/社長を委員長とする「サステナビリティ委員会」を設置

モスフードサービスは6月21日、持続可能な社会の実現に向けた取り組みの強化を図るため、「サステナビリティ委員会」を設置したと発表した。 <コーポレート・ガバナンス体制図> 同社では、経営理念である「人間貢献・社会貢献」を根底に、企業価値の向上を図るとともに、事業を通じた社会課題の解決に向けたさまざまな活動に取り組んできた。また、こうした取り組みを改めて社会的要請に照らし、本業を通じて社会課題の解決に貢献するため、環境・社会・ガバナンス(ESG)の観点から事業におけるマテリアリティ(重要課題)を特定し…

クスリのアオキ/富山県砺波市に「庄川店」オープン

クスリのアオキは6月22日、富山県砺波市に「庄川店」をオープンする。庄川店は富山県において85店舗目、砺波市では5店舗目の出店となる。また、営業エリア全域で合計842店舗となる。 ヘルス・ビューティの専門性を強化するとともに、食品や生活用品などの品揃えを充実させて利便性を高め、地域のお客に支持される店づくりを目指す。 <出店地> ■クスリのアオキ庄川店 所在地:富山県砺波市庄川町示野167番地3 営業時間:9時~22時
The post クスリのアオキ/富山県砺波市に「庄川店」オープン first …

ヤマダHD/インドネシアにベスト電器ブランドの直営店「スナヤンシティ店」

ヤマダホールディングスは6月17日、ベスト電器ブランドで展開する海外事業において、新たにインドネシア共和国の首都ジャカルタにある「スナヤンシティ」に直営店舗1号店をグランドオープンした。 <スナヤンシティ店> ヤマダホールディングスは、日本国内市場の少子高齢化・世帯数減少等による市場環境の変化を見据え、東南アジア地域への事業展開拡大を進めている。インドネシア共和国におけるベスト電器ブランドの直営店舗は、既に進出しているシンガポール共和国、マレーシアに次ぐ3カ国目として、ベストシンガポール社を親会社と…

ファミリーマート/ラインソックスの新色、レインポンチョ発売

ファミリーマートは6月21日から、オリジナルブランド「コンビニエンスウェア」の「ラインソックス」の新色(税別390円)、「今治タオルハンカチ」(490円)、「今治フェイスタオル」(990円)、「レインポンチョ」(1990円、ブラック、ワンサイズ)など新商品7種類を順次発売する。 <ラインソックスの蛍光グリーン、レインポンチョ> 「コンビニエンスウェア」は、ファッションデザイナー落合宏理氏との共同開発のもと、「いい素材、いい技術、いいデザイン。」のコンセプトを掲げ、2021年3月から全国展開をしている…

ローソン/涼感スイーツ第1弾「マンゴープリン」「珈琲ゼリー」

ローソンは6月28日、暑い夏でもつるっと・さらっと食べられる涼感スイーツシリーズの第1弾として、「Uchi Cafe まるでマンゴーみたいなマンゴープリン」、「Uchi Cafe まるでカフェラテみたいな珈琲ゼリー」(各税込み322円)を発売する。 <まるでマンゴーみたいなマンゴープリン> 「Uchi Cafe まるでマンゴーみたいなマンゴープリン」は、酸味のある甘さと優しいくちどけのマンゴープリンの上に、ぷるっとした食感が楽しめるマンゴーゼリー、ダイスカットしたマンゴーの果肉入りマンゴーソースをの…

ミニストップ/「黄金ハンバーグ(デミグラスソース)」発売

ミニストップは6月22日、最もおいしいとされる黄金比率(牛肉:豚肉=7:3)で配合し、焼き方にもこだわった「黄金ハンバーグ(デミグラスソース)」(税別258円)を発売する。 <黄金ハンバーグ> 何度も試作を重ね、研究し、時間がたっても固くなりにくい焼き加減を追求した。ダイスカットした肉&玉ねぎをプラスし、うま味と食感がぜいたくに感じられる仕立てとなっている。高温鉄板焼成の本格的な鉄板焼きハンバーグで、まるでレストランのような、本格的な味わいを楽しめるという。 デミグラスソースは別添えとなっている。 …

資生堂/ドルチェ&ガッバーナ ビューティ伊勢丹新宿店を閉店

資生堂は8月21日、「ドルチェ&ガッバーナ ビューティ伊勢丹新宿店」を閉店する。 <ドルチェ&ガッバーナ ビューティ内装> 同店舗は、イタリアのファッションブランド「ドルチェ&ガッバーナ」のメイクブランドとして、2019年10月30日にカウンターをオープンした。今後の商品の購入に関しては、三越伊勢丹化粧品オンラインストアmeecoで引き続き可能だという。 <伊勢丹新宿店サンクスキャンペーン> 7月1日~8月21日、同店で商品を購入した場合、先着2500名に「オリジナルトリオノートブックセット」がプレ…

スーパーマーケット/5月の既存店売上3.2%減、値上げによる節約志向が影響

オール日本スーパーマーケット協会、日本スーパーマーケット協会、全国スーパーマーケット協会は6月21日、5月実績速報版のスーパーマーケット販売統計調査を発表した(集計企業270社)。 総売上高は9814億6124万円(既存店前年同期比3.2%減)となった。うち食品合計は8951億3089万円(3.6%減)、非食品663億8987万円(0.7%減)、その他199億4100万円(6.0%減)だった。 食品合計のうち、生鮮3部門合計3378億5497万円(4.4%減)、内訳は、青果1376億8285万円(1…

日本生協連/5月の総供給高0.3%増、3カ月連続の前年越え

日本生活協同組合連合会(日本生協連)が6月21日に発表した、全国63主要地域生協の5月の供給状況(速報値)によると、総供給高は2369億2000万円(前年同月比0.3%増)となった。 <主要地域生協の5月度供給高> 内訳は、店舗761億400万円(3.6%減)、宅配1558億7200万円(2.1%増)、宅配のうち個配1146億4300万円(3.2%増)だった。その他供給高は49億4300万円(5.1%増)。 店舗は、3年ぶりに行動制限のない大型連休を迎えたことも影響し、3.6%減で前年割れとなったが…

東急ストア/5月の売上高165億円、既存店4.9%減

東急ストアが発表した月次売上実績によると5月の総売上高は、165億9700万円、既存店売上高は4.9%減だった。 内訳は食料品149億7600万円(5.4%減)、衣料品1億8500万円(9.8%増)、住関品7億2800万円(3.6%減)、その他7億700万円(1.8%増)となっている。 全店ベースの前年同期比は、総売上高4.6%減、食料品4.9%減、衣料品3.6%増、住関品4.1%減、その他0.4%減。 店舗面積11万8801m2(0.0%)。店舗数は92店舗。
The post 東急ストア/5月の…

ミニストップ/やみつキッチン「タレ弁」2品リニューアル

ミニストップは6月21日、やみつキッチンの「タレ弁」シリーズ2品をリニューアルして販売する。 <タレ弁 豚生姜焼き弁当> 「タレ弁豚生姜焼き弁当」(税抜528円)は、豚肉と玉ねぎの炒め工程を別々にし、豚肉は高温短時間調理として、見た目、食感、おいしさを感じられる仕上がりとなった。 <タレ弁 チャーシュー弁当> 「タレ弁 チャーシュー弁当」(556円)はチャーシューの漬け込みを改良し、ご飯の上に竹の子と沢庵をのせ、食感にこだわった。
The post ミニストップ/やみつキッチン「タレ弁」2品リニュー…

ホットパレット/八重洲地下街に「ペッパーランチ」の新型省人化店舗

ペッパーランチを運営するホットパレットは6月21日、東京駅直結の商業施設「八重洲地下街」に、新型モデル店舗「ペッパーランチ 八重洲地下街店」をオープンする。厨房の小型化・省人化を実現した店舗で20日、関係者向け内覧会を開催した。 <ペッパーランチ 八重洲地下街店の看板> ホットパレットの松本純男社長は、「コロナ禍により、外食がリスクとなり、外食は日常ではなくなった。規制や行動制限がある中で、1回の外食が貴重なものとなっている。外食は日々の生活の中で、『自分と、大切な人との』より大切で貴重な時間になっ…

キリンビール/ペットボトル活用の業務用サーバー「TAPPY」で飲食店支援

キリンビールは6月20日、東京駅直結の商業施設「八重洲地下街」に出店する「ペッパーランチ八重洲地下街店」で、2021年から全国展開を開始した新型業務用サーバー「TAPPY(タッピー)」のオペレーション実演を実施した。 <タッピー> タッピーは従来のステンレス製の樽生容器ではなく、3Lペットボトルで「キリン一番搾り生ビールや「キリンサワー」を提供できるツータップの新たなサーバー。これまでの樽生容器は、常温保存のビールをサーバーで冷やしていたが、タッピーはサーバー自体が冷蔵機能を持ち、直接3Lペットボト…

イオン北海道/札幌市に「マックスバリュ東札幌店」を刷新

イオン北海道は6月25日、北海道札幌市の「マックスバリュ東札幌店」をリニューアルオープンする。 <マックスバリュ東札幌店 外観> 今回のリニューアルでは、店内を快適に回れるようレイアウトを一新し、惣菜や冷凍食品などの売場を拡大。手づくりパン専門店「ボストンベイク」の商品を新たに品ぞろえするほか、水産部門で製造する「魚屋のお寿司」を取り扱うなど商品を拡充していく。このリニューアルを機に、省エネ什器の導入やセルフレジを新規導入する。 <店内レイアウト> 冷凍食品売場を拡大し、弁当用惣菜や麺類、米飯類など…

U.S.M.H/プライべートブランドのレタス工場が本格始動

ユナイテッド・スーパーマーケット・ホールディングスは6月17日、プランテックス(東京都中央区)と2020年の基本合意以来、協働して本格稼働に向けて準備を進めてきた植物工場「THE TERRABASE(ザ・テラベース)土浦」での生産を本格的に開始すると発表した。 <THE TERRABASE外観と栽培棚> 植物工場ではU.S.M.Hの新しいプライベートブランド「Green Growers(グリーングロワーズ)」の商品第1号となるレタスを生産し、6月19日以降、店舗とネットスーパーで販売を開始する。 レ…

京王百貨店/化粧品売場のLINEミニアプリにオンライン販売機能追加

アイリッジは6月20日、京王百貨店が提供するLINEミニアプリ「Keio BEAUTY」のオンライン接客機能を開発支援したと発表した。 <ビデオ通話接客機能イメージ> 「Keio BEAUTY」は、京王パスポートカード会員向けに、デジタル会員証やアプリ会員限定サービスなどを提供し、売り場のファンづくりを行うLINEミニアプリ。京王パスポートカードを持つ顧客は、店頭などに設置されたQRコードからLINEミニアプリ登録画面にアクセスし、京王パスポートカード会員情報を入力することで、会員限定の特別優待、自…

モスバーガー/7月13日から主力商品20~40円値上げ

モスバーガーは7月13日、製品コスト増加に伴うモスバーガー商品の価格改定を実施する。 <おもな価格改定> これまで価格の維持に取り組んできたが、コロナ禍による経済環境の変化や、ウクライナ危機の影響により、コストの増加に直面。管理コストや原材料の調達、物流などさまざまな過程で、できる限りの効率化を進めてきたが、内部努力による吸収のみでは賄いきれない状況となった。 商品とサービスの品質維持のため、メニュー価格を一部変更する。主力の「モスバーガー」や「ロースカツバーガー」などは20円~40円の値上げとなる…

戸田建設/茨城県に「TSUTAYA BOOKSTORE 常総IC店」2023年春オープン

戸田建設は6月20日、茨城県常総市において、「(仮称)TSUTAYA BOOKSTORE 常総IC店」の工事を開始したと発表した。 <(仮称)TSUTAYA BOOKSTORE 常総IC店イメージ> 同社が公民連携のPPP事業協力者(Public Private Partnership)として参画する「アグリサイエンスバレー構想(茨城県常総市)の一環となるもの。 2023年春のまちびらきを目指す「アグリサイエンスバレー構想」は、圏央道常総インターチェンジ周辺地域を中心とし、食と農と健康をテーマに農業…

マックスバリュ関東/木更津請西店をリニューアルオープン

マックスバリュ関東は6月24日、千葉県木更津市の「マックスバリュ木更津請西店」をリニューアルオープンする。年商目標は23億円。 <店内イメージ> 鮮度と品質にこだわった生鮮素材をウリにしており、木更津・君津地区の地元生産者約30名が生産した旬の野菜や果物に加え、南房総などから直送する。魚売場では、南房総館山の船形漁港直送鮮魚を中心に、客との会話を交えながら楽しく選べる鮮魚対面販売を実施。船形漁港水揚鮮魚を原料とした干物も品ぞろえしていく。肉売場では横浜育ちの「はまぶた」を提供する。 惣菜では、鮮魚素…

大創産業/「外国人の受入れに関する基本指針」を発表

大創産業は6月20日、加盟する国民生活産業・消費者団体連合会(生団連)が定めた「外国人の受入れに関する基本指針」に賛同し、「外国人の受入れに関する基本指針」(日本国内のダイソーグループにおいて)を制定した。 基本方針として、「人権の尊重に基づく雇用関係の構築」「国籍等による差別的扱いの禁止」「共生社会の構築」を掲げた。 人権の尊重に基づく雇用関係の構築のため、ダイソーグループは、外国人を雇用するにあたり、一人ひとりの自由な意志に基づく就労であることを確認し、その意志と人権尊重に基づいて雇用関係を構築…

オンワード/AIによるバーチャル試着サービスのトライアル開始

オンワードデジタルラボは6月20日、オンワードグループ公式ファッション通販サイト「ONWARD CROSSET(オンワード・クローゼット)」において、AIによるバーチャル試着サービス「kitemiru(キテミル)」のトライアルを開始したと発表した。 <AIによるバーチャル試着サービスのトライアル開始> トライアルを行う「kitemiru」は、データグリッドが提供するバーチャル試着サービス。ユーザーがスマートフォンで自分の全身写真をアップロードするだけで、AIがECサイト上のアイテムの試着イメージを生…

静岡・三島駅南口/住宅・商業・オフィス・健康医療拠点の複合施設開発

ミサワホーム、ミサワホーム静岡、東レ建設、野村不動産、三菱地所レジデンスは6月20日、「三島駅南口東街区A地区第一種市街地再開発事業」(静岡県三島市)において、市街地再開発組合が設立されたと発表した。 <健幸都市みしまの新しいランドマークとして開発> 三島駅南口東街区A地区市街地再開発組合は、静岡県三島市のJR三島駅前で推進する「三島駅南口東街区A地区第一種市街地再開発事業」において、5月31日に静岡県知事より組合設立の認可を受け、6月17日に総会を開催し、市街地再開発組合として設立された。同地区に…

すかいらーく/2022年末までに800店舗以上で「セルフレジ」導入

すかいらーくホールディングスは6月19日、すかいらーくグループのガスト、バーミヤン、ジョナサン、しゃぶ葉など800店舗以上に7月から順次、「セルフレジ」を導入すると発表した。 <セルフレジ> セルフレジを導入することで、会計の待ち時間を解消することによる、顧客満足度の向上を図るとともに、会計時間の短縮により、従業員が他のサービスに時間を費やすことによるサービス品質の向上を目指す。同時に、店舗運営の効率化を図る。 決済方法は、現金を除く、クレジット、電子マネー、QRコード決済で、ポイント付与もできる。…

ヤマダHD/ヤマダPayにヤマダNEOBANKからの即時口座振替機能導入

ヤマダホールディングスは6月20日、決済サービス「ヤマダ Pay」に「ヤマダ NEOBANK」からの即時口座振替機能を導入した。 <「ヤマダ Pay」に新機能追加> 「ヤマダ Pay」において、ヤマダファイナンスサービスを通じて提供する「ヤマダ NEOBANK」口座をひもづけることにより、ヤマダデジタル会員アプリを使って「ヤマダ NEOBANK」口座からの支払いが可能となるもの。 「ヤマダ Pay」と「ヤマダ NEOBANK」の銀行口座開設を事前に設定すると、同口座残高の範囲内で利用可能。「ヤマダ …

ミニストップ/「レモンティー レモンスライス入り」発売

ミニストップは6月21日、「レモンティー レモンスライス入り」(税別218円、300g)を発売する。 <レモンティー レモンスライス入り> チルドカップ飲料ならではのフレッシュなレモンの味わいを生かせるよう、レモンスライスがまるごと1枚入ったレモンティー。これからの季節にぴったりな300gの大容量サイズとなっている。 イタリア・シチリア産のレモン果汁と、紅茶はすっきりと上品な味わいのディンブラ紅茶を使用している。
The post ミニストップ/「レモンティー レモンスライス入り」発売 first …

ファミリーマート/パウチサラダのパッケージ変更、年間4.2トンのプラ削減

ファミリーマートは6月20日、ファミマルKITCHENパウチサラダのパッケージを変更すると発表した。 <パウチサラダのパッケージ変更> パウチサラダの包材を幅125mmから115mmに縮小し、石油系プラスチックを従来品より年間約4.2トンの削減を見込む(内容量に変更なし)。 新パッケージの導入にあわせて、定番商品「ほくほくじゃがいものポテトサラダ」(税別119円)と「国産じゃがいもの明太ポテトサラダ」(139円)の2種類をリニューアルし、6月21日より順次発売する。 「ほくほくじゃがいものポテトサラ…

物流DXとMaaSを実現/アジャイル手法の基本紹介6月28日無料開催

モンスターラボは6月28日、「物流MaaSの成功確率を上げるアジャイル手法~DX取り組み事例を交えて紹介~」をオンライン開催する。 <DX推進と物流MaaSの実現を解説> コロナ禍で社会情勢が大きく変化した現在、物流業界はより旧来の課題が深刻化している中でデジタルテクノロジーを活用した物流の変革が求められている。多くの物流企業の課題となっているのが「DX(デジタルトランスフォーメーション)」の推進と物流MaaSの実現だ。 しかし、実際に物流DX、MaaSを実現しようにも「スコープが広がりすぎてなかな…

3分でわかるユニフォーム制作の基本とコツ/資料を無料配布

シタテルはこのほど、「3分でわかる!ユニフォーム制作の基本とコツ」の無料配布を開始した。 <ユニフォーム制作における重要なポイントを解説> 施設・店舗において、コンセプト体現の手段として重要な役割を果たすユニフォーム。従業員のモチベーション向上、顧客へ与える企業イメージを大きく左右する。また、コミュニケーションツールの一つにもなり得るものだ。 外観や内装など店舗の設計、企画は、計画通り実施できている施設が多いのに対し、ユニフォーム制作は、オリジナルから既製品まで制作方法が多岐にわたるため、検討する時…

コンビニエンスストア/5月既存店売上3.2%増、3カ月連続プラス

日本フランチャイズチェーン協会が発表した5月のコンビニエンスストア統計調査月報によると、既存店ベースの売上高8864億6900万円(前年同月比3.2%増)、来店客数12億7671万6000人(2.5%増)、平均客単価694.3円(0.7%増)となった。 全店ベースの売上高9234億5200万円(3.5%増)、店舗数は5万5904店(0.03%増)、来店客数13億3700万7000人(3.0%増)、平均客単価690.7円(0.5%増)だった。 売上高は全店は6カ月連続のプラス、既存店は3カ月連続のプラ…

ファミリーマート/飲むデザート「とけちゃった!アイス 白桃果肉入り」

ファミリーマートは6月21日、果肉入りデザート飲料「とけちゃった!アイス 白桃果肉入り」(税別239円)を発売する。 <とけちゃった!アイス 白桃果肉入り> 同社では、2020年6月より発売を開始した「めっちゃメロンです。」などの「めっちゃ〇〇です。」シリーズや「とろ~り杏仁豆腐」など、飲むデザートを多数開発し、好評を得ている。 今回、ミルクが引き立たせるフルーツのおいしさや食感を楽しめるデザート飲料として「とけちゃった!アイス 白桃果肉入り」が登場。アイスを溶かしたようなミルクの味わいに白桃果肉を…

位置情報でDX/顧客・競合店・出店候補地分析を解説6月28日無料開催

Agoopと技研商事インターナショナルは6月28日、「位置情報で実現するDXとビジネス戦略~分析手法と事例・GISデモンストレーション~」をオンライン開催する。 <位置情報で顧客・競合店・出店候補を分析> 近年ビッグデータを活用した正確で詳細な傾向把握や需要予測などから、新たな戦略のヒントを得ている企業は少なくない。 特に位置情報ビッグデータを活用することができれば、今まで把握しきれていなかった競合店舗、施設への来店者数を性年代別、年収、世帯構成、滞在時間別レベルで分析できる。さらに、自店舗、競合店…

日本生協連/エシカル消費対応商品の2021年度供給高は1%増の2036億円

日本生協連は6月17日、2021年度のコープ商品のエシカル消費対応商品の供給金額(売上高)は前年比1%増となる2036億円だったと発表した。既存商品のプラ製容器・紙製品の環境対応が進み、エコマーク認定商品(前年比34%増)とFSC認証商品(前年比16%増)の供給金額が伸長した。 <エシカル消費対応商品供給金額の推移> 日本生協連は、2018年6月に採択した「コープSDGs行動宣言」に基づき、身近に取り入れやすいエシカル消費対応商品の開発に注力している。そこで、コープのペットボトル飲料の中でも主力商品…

日本生協連/21年度供給高3兆922億円、コロナ前の19年比11%増

日本生協連は6月17日、2021年度業績と2022年度方針について発表した。全国63主要地域生協の2021年度の供給高(売上高)は3兆922億円(推計値、2020年比1.1%減)となった。宅配・店舗事業ともに前年割れとなったが、新型コロナ感染拡大前となる2019年との比較では宅配事業は14.8%増、店舗事業は3.4%増と伸長を維持した。 <全国生協 宅配事業供給高2020年比・2019年比> 宅配事業供給高は2兆1148億円(推計値、2020年比0.8%減)と前年を下回るも2019年比では14.8%…

ダイエー/イオンのトータルアプリ「iAEON」利用開始

ダイエーは6月21日、イオングループ全体共通のタッチポイントとなる、イオンのトータルアプリ「iAEON」(アイイオン)を利用開始する。 <iAEONの画面イメージ> 「iAEON」はイオンが2021年9月より配信を開始したアプリで、イオングループの提供するコード決済「AEON Pay」(イオンペイ)や電子マネー「WAON」での支払い、「WAON POINT」の利用・付与・照会・交換、「お気に入り店舗」のキャンペーン情報の確認ができるなど、イオングループが提供するサービスをまとめて一つのアプリで利用可…

トライアル/「スーパーセンタートライアル二色浜店」刷新

トライアルカンパニーは6月17日、「スーパーセンタートライアル二色浜店」を最先端スマートストアとしてリニューアルオープンした。 <関西地方に初導入、次世代型スマートショッピングカート> スマートストアとは、トライアルグループのIoT機器やAI技術を導入し、データの利活用をもとに新しい購買体験を提供したり、効率的な運営を可能にしたりする店舗形態を指す。ここで利用できる「スマートショッピングカート」は、専用のプリペイドカードをカートに登録の上、付属するスキャナーで利用客自らが商品バーコードを読み取ること…

ロシアのウクライナ侵攻/飲食料品小売業の97%にマイナス影響

東京商工リサーチは6月17日、第2回「ロシアのウクライナ侵攻に関するアンケート」調査結果を発表した。 <ロシアのウクライナ侵攻の影響> 出典:東京商工リサーチホームページ(以下同) 6月1日~9日にかけて、「ロシアのウクライナ侵攻」についてアンケート調査を実施。有効回答6126社を集計・分析した。ウクライナ情勢で経営にマイナスの「影響を受けている」企業が50.9%(6126社中、3123社)、「現時点で受けていないが、今後影響が見込まれる」は33.9%(2082社)で、これを合計すると企業の84.9…

イオンモール/今夏の電力需要ひっ迫に備え節電・省エネ強化

イオンモール、イオンリテールは6月17日、今夏の電力需要のひっ迫に備え、全国のイオンモールで節電・省エネ対応を強化すると発表した。 <電力需要のひっ迫に備え節電・省エネ強化> 政府では、今夏の電力需給に関して「極めて厳しい状況」との見解を示し、企業や消費者に対しても、7月1日から9月30日までの3カ月間、生活や経済活動に支障をきたさない範囲での節電省エネ要請を出すことが決定している。 イオンモールは、既に6月8日より「イオン ライトダウンキャンペーン」として、商業施設の屋外照明や周辺の照明を消灯する…

ワタミ/九州エリアに初の直営店「かみむら牧場」福重拾六町店

ワタミのグループ企業で、国内有数の和牛生産者であるカミチクホールディングスとの合弁会社、ワタミカミチクは6月17日、直営店としては九州エリア初出店となる「かみむら牧場」福重拾六町店をオープンした。 <幸せの焼肉食べ放題「かみむら牧場」福重拾六町店> 2020年5月に生まれた「かみむら牧場」は、A4ランクの黒毛和牛を手ごろな価格で食べ放題で楽しむことができるほか、特急レーンや配膳ロボットの導入による非接触、焼肉業態ならではの高い換気性能による感染症対策を進めたニューノーマルな店舗であることから、コロナ…

大創産業/広島県に「Standard Products」を初出店

大創産業は6月30日、広島県広島市中区八丁堀に「Standard Products by DAISO(スタンダードプロダクツ バイ ダイソー)」を出店する。国内外で通算9店舗目、約621m2と Standard Productsとして最大店舗面積で出店する。Standard Productsとしては、大創産業本社のある広島県および、中四国エリアでの初出店となる。 <Standard Products 広島八丁堀店イメージ> また、Standard Productsとして、初の2階建てで、4月にリブラ…