経験と新しいトライが必要な最近のビジネスモデル

偏見かも知らんけど若い人のプレゼンを聞いているとどこかで見たことあるようなのを新しいビジネスモデルですみたいな形で提案を受けることが多い。まあ、それでも意欲は買うんだけど投資するという立場に立つと、聞いたことのあるレベルでそれをちょっと上書きしたところで、そんなん今後も山ほど同様のビジネスが出てくるんちゃうのと思ってしまう。

毎回こういうケースが多いんで、なんでかなとよく考えてみると、どうもこの手の提案には経験してからにじみ出てきたことに関する解決策とか工夫があんましないことに気がつく。リアルの経験がないからということにつきるのかもしらん。ネットの系の提案でも実際にに何年も経験してくるとそれはバーチャルではなくてリアルに近づく。そのリアルの経験が薄いということではないかなと思うことも多い。

まあ、そういう中にも1000に1個ぐらいはこれはというのがあったりするんで若手の提案を聞くんだが。最近はだんだん確率が落ちてきたなというきがする。それよりも自分で死ぬほど営業してきますという方が魅力的だったりするんだが。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です