営業のビジネスモデルとしても有効なコミュニティの形成ってありましたよね。そういえば

昔からお取引先のコミュニティを作るというのは、お取引先会とかの名称でありました。お取り引き先を招いてセミナーや懇談会をやるというパターンです。企業のトップ同士なんかもこういった場でコミュニケーションを行なっていますね。新年会もその一連です。

ネットを活用する場が増えた今でも必要な要素でしょうね。みんながみんなネットだけで十分コミュニティを形成できるとは限らないからですね。それにニュアンスが伝わるのはリアルの画法が手っ取り早いということもあります。もちろんあとでその時の状況が残らないので、他のかたとの共有というのがむつかしいということもありますが、世の中万能なものはないのです。

ネット時代の若い人の間でイベントが反対に盛り上がり基調だというのもこれと同じ傾向でしょうね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です