交流型コミュニティの作り方で大事なのはやっぱり事務局の動きですね。事務局が出席者などにメリットを中長期にわたって提供できなければ当然出席者の関心度合いはおちます。個別に出席者ごとにメリットを提供できるかどうかが決め手になりますね。あるいはそれが難しければ出席者によるその会へのかかわり度合いを高めることが必要になります。

ごもっともな話で。出席者がわから考えると昔みたいに数やないんですよね。有名なパネラーが来るから出るというのも一理ありますが、そのパネラーの話を聞いたところで本当に価値があるのかどうかは個々の出席者によって違うわけで、長くそれをマッチさせようというのにはちょっと無理があるということなんです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です