カテゴリーアーカイブ: 国分

国分/国分中部とトーカンが経営統合、共同持株会社を設立

国分グループ本社は11月8日、国分中部とトーカンを共同株式移転の方法により、共同持株会社「セントラルフォレストグループ」を設立し経営統合すると発表した。 統合両社を株式移転完全子会社、新たに設立する共同持株会社(資本金1 […]…

国分/地酒蔵元会のウェブサイト全面刷新、モバイルファーストに対応

国分グループ本社は10月18日、地酒蔵元50社で運営する地酒蔵元会のウェブサイト「日本の心 酒 地酒蔵元会」を全面リニューアルした。 <日本の心 酒 地酒蔵元会のウェブサイト> 国分が目利きをした、おすすめの地酒蔵50蔵 […]…

国分/給食・外食向け「川口流通センター」最新自動倉庫導入

国分グループ本社のフードサービス向け物流を担う、三温度帯汎用センター「国分川口流通センター」(埼玉県川口市)は、年間取扱高200億円を目指し、物流改革に取り組んでいる。10月3日同センターを公開した。 <国分川口流通セン […]…

国分/給食・外食向け「川口流通センター」最新自動倉庫導入

国分グループ本社のフードサービス向け物流を担う、三温度帯汎用センター「国分川口流通センター」(埼玉県川口市)は、年間取扱高200億円を目指し、物流改革に取り組んでいる。10月3日同センターを公開した。 <国分川口流通セン […]…

全国大手卸5社/北海道地震で施設被害は軽微も停電により出荷停滞

流通ニュースは9月7日、昨日北海道で発生した大規模地震を受けて、全国展開する大手卸5社(三菱食品、日本アクセス、国分、伊藤忠食品、三井食品)の状況をまとめた。 各社とも人的被害・物的被害はなかったが、停電により受発注シス […]…

国分グローサーズチェーン/10月、国分本社内に「無人店舗」をオープン

国分グロ―サーズチェーンは8月28日、東京・日本橋の国分グループ本社内に、10月を目途に無人店舗をオープンすると発表した。 <無人店舗のイメージ> 無人店舗は、工場内売店や研究所内売店などを無人で運営することで、特定の限 […]…

コミュニティ・ストア/無人店舗開発へ、セルフレジ導入も

コミュニティ・ストアを展開する国分グローサーズチェーン(以下:KGC)は、店舗運営の業務効率化、収益向上を目的とした、無人店舗(省人化)フォーマットの開発を進めている。 <タブレット型セルフPOSシステム> 現在、日本で […]…

コミュニティ・ストア/無人店舗開発へ、セルフレジ導入も

コミュニティ・ストアを展開する国分グローサーズチェーン(以下:KGC)は、店舗運営の業務効率化、収益向上を目的とした、無人店舗(省人化)フォーマットの開発を進めている。 <タブレット型セルフPOSシステム> 現在、日本で […]…

国分/シニア版グローサラント提案、憩い・集いの場に

国分グループは6月27・28日、首都圏・関信越エリア展示会を開催する。 <シニア版グローサラント「峠の茶屋」> 国分関信越では、加工食品の売場提案として、シニア版グローサラント「峠の茶屋~茶屋門前亭~」を展示。 シニアに […]…

国分/中国に三温度帯「青島城陽センター」新設

国分グループ本社は6月14日、中国・山東省青島に三温度帯「青島城陽センター」を新設したと発表した。 <青島城陽センター> 中国における物流を担う子会社・三慧物流は、山東省青島にある2か所の物流センターを統合。 <365日 […]…

国分、オカムラ/常温ワイン売場内に小型冷蔵ケース設置、つまみを販売

国分は、什器メーカーのオカムラと共同で、ワイン定番売場内に小型の冷蔵ケースを設置し、温度管理が必要なチーズ、生ハムを関連販売する提案を開始した。 <常温ゴンドラに冷蔵ケースを組み合わせた新型什器> 常温ゴンドラに冷蔵ケー […]…

国分/購入型クラウドファンディングサイト「食と酒の未来勘所」開設

国分グループ本社は5月22日、日本経済新聞社が展開する「未来ショッピング」と連携し、食品・酒類のプロジェクトを掲載する購入型クラウドファンディングサイト「食と酒に未来勘所(みらいつぼ)」を開設した。 <食と酒に未来勘所の […]…

国分/給食・外食向け3温度帯の物流施設「川口流通センター」新設

国分グループ本社は5月21日、フードサービス向け物流を担う、三温度帯汎用センターである「国分川口流通センター」(埼玉県川口市)の稼働を開始する。 <川口流通センター> 首都圏の給食事業者、高齢者施設、外食業態を中心とする […]…

国分、凸版/食品流通業界向け、食品容器のカテゴリー別動向を予測

国分グループ本社と凸版印刷は12月26日、食品流通業界向けに、未来の食品容器を予測した調査レポート「食品容器の未来を考える」の提供を開始する。 <食品容器の未来を考える> これまでの食品容器の変遷をたどり、市場動向や生活 […]…